国際新型コロナ細胞治療研究会。 テラがストップ高、コロナ治療薬研究がメキシコ大統領に報告されたとの投稿が話題

新型コロナ治療薬開発は本当か?東大医科研発の創薬ベンチャー

国際新型コロナ細胞治療研究会

4月28日、 医師や製薬会社らでつくる「国際新型コロナ細胞治療研究会」が、幹細胞を使った新型コロナウイルスの感染症に対する新薬開発を開発するとして、記者会見を行った。 新薬への期待も大きいが、目を引いたのは、同会の共同発起人の顔ぶれだ。 鳩山友紀夫(由紀夫から改名)元首相とともにアメリカ合衆国前大統領のバラク・オバマ氏も名前を連ねていたからだ。 ふたりは、同時期に日米のリーダーを務めた仲。 ガン免疫の細胞ワクチン療法の技術を持ち、今回の新薬開発に携わるテラ株式会社(東京都新宿区)がオバマ氏に持ちかけたところ「ハトヤマがやるならば」と快諾したという。 幹細胞は人間の体の各部位に変化する前の細胞で、分裂して自分と同じ細胞を複製したり、様々な細胞に分化したりする能力を持つ。 その幹細胞がなぜ、コロナウイルスの新薬になるのか。 新薬の開発プロジェクトに携わるセネジェニックスジャパン(東京都中央区)の藤森徹也代表がこう説明する。 藤森氏は、医師であり技官として厚労省にいた経歴もある。 「新型コロナで感染者が重症化するのは、免疫系が過剰反応を起こすサイトカインストームと呼ばれる現象が原因とみられています。 本来ならばウイルスを攻撃する免疫細胞が過剰反応を起こして、正常な細胞まで攻撃し、制御不可能な暴走状態におちいってしまうのです」 サイトカインストームは、2005年に流行した鳥インフルエンザが高致死率となった要因の一つとされ、第1次世界大戦末期のスペイン風邪において多くの死者を出した原因とも言われている。 新薬は、臍帯から採取される幹細胞を患者に投与することで免疫機能を正常に整え、体内のサイトカインストームを抑える作用があるのだという。 そうすることで、ウイルスの数が減っても肺炎が進行する重症例も改善できる可能性が出てくる。 幹細胞を使った免疫治療は、関節リウマチやアトピー治療などでも実績があるという。 (以下略) AERA dot. 5月7日.

次の

<新型コロナに対する幹細胞治療による治験を実施中>新たにアメリカ合衆国及びメキシコでの薬事承認申請を実施 申請準備のための契約を本日締結|CENEGENICS JAPAN株式会社のプレスリリース

国際新型コロナ細胞治療研究会

CENEGENICS JAPAN株式会社 レムデシビルやアビガンでは抑制困難なサイトカインストームに有効とされる幹細胞治療で重症化防ぐ 先端医療支援事業を手掛けるCENEGENICS JAPAN 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤森徹也 以下「セネジェニックス・ジャパン」)と幹細胞治療の研究開発を行うテラ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平智之 以下「テラ」)は共同で、2020年5月14日から開始した新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する幹細胞治療法開発に向けたメキシコでの臨床研究において、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めて新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療の臨床試験に成功したことをお知らせいたします。 2020年5月13日から、セネジェニックス・ジャパンが提携関係を有するCENEGENICS Mexico Inc. (以下「セネジェニックス・メキシコ」)が保有し、メキシコ国内で承認を得ている米国FDAの基準を満たした臍帯由来幹細胞(UC-MSC)を用いて、コロナウィルス感染症により中等度以上の呼吸器症状が出現している新型コロナ肺炎患者(18歳~75歳)総計75名を対象に、臨床研究を行っております。 第一例目の投与がなされて以来、5月26日までの時点で重度のCOVID-19肺炎患者として登録された症例数は9例であり、引き続き50症例まで登録数を増やすことを目指し、治療を続けてまいります。 判定には2週間以上の経過観察が必要なため、現段階では効果判定に至った症例はなく、治療が続いている状況ですが第一例目の患者は、肺炎と呼吸機能の改善が認められ、引き続き経過観察中です。 (人工呼吸器をつけた重症患者が、投与後3日後には、人工呼吸器を外すほど回復しました。 )治療プロトコル及び臨床研究の成果を、セネジェニックスジャパンを介してテラ株式会社に提供し、引き続き幹細胞を使った治療法の確立を目指してまいります。 研究成果は、同年7月に発表予定です。 対象者は、臍帯由来幹細胞治療と同様に、COVID-19によって重症化した患者に対して行い、目標症例は30症例を予定しており、標準治療を行う比較対象群は、15症例を予定しています。 2020年5月26日(メキシコ時間25日)時点で、COVID-19の悪化で人工呼吸器に依存する重度のCOVID-19肺炎患者10症例が登録され二重盲検法により子宮内膜由来幹細胞が投与され、副作用および治療効果を観察しています。 臍帯由来幹細胞治療と同様、2020年9月に終了予定です。 我々は、COVID-19に対して免疫を調節する臍帯由来幹細胞および子宮内膜由来幹細胞を利用した治療法の開発に貢献し、倫理的に問題が少ない、副作用の少ない治療法を提供する事で、患者の皆様への貢献と、企業価値の向上を実現してまいります。 子宮内膜由来幹細胞は、臍帯由来幹細胞と同じく安全で倫理的問題が少ないだけでなく、経血から作製することができるため、臍帯等と比べ原材料の供給が容易です。 13、No. 1: 87-101. Gargett C. et al. Chen et al. 【間葉系幹細胞での治療について】 現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する有効な治療薬の開発は人類共通の喫緊の課題となっています。 この度開始する臨床研究で使用する幹細胞は、へその緒などから採取できる臍帯由来のものであるため、事前に準備しておくことができ、骨髄や脂肪から採取する幹細胞に比べ原材料の入手にも比較的余裕があります。 そのため、患者への安定的かつ迅速な対応が期待できます。 ARDS を引き起こす原因が、ウイルスによる直接の損傷なのか、免疫系の過剰反応による損傷なのかは正確にはわかっていませんが、COVID-19 による重症例の多くの患者さんがARDS を発症していることから、COVID-19 の重症化を避けるために はARDS の治療法の開発が必要と考えられています。 しかし、幹細胞の中でも MSCs 間葉系幹細胞 は、自分の骨髄、脂肪組織、胎盤、臍帯、歯髄等から取得することができるため、このような批判を回避することができます。 MSCs は、自分の身体から取得するため、投与時の安全性が高く、倫理的問題が少ないと考えら れ、再生医療分野での応用が期待されている幹細胞です。 このため再生医療分野で、骨、血管、心筋等の再構 築に利用する研究が進められている一方で、免疫反応を抑制する効果も証明されており、ARDS の治療への適用も期待されています。 PR 研究特徴について: (臍帯由来幹細胞及び子宮内膜由来幹細胞) 1. 対象患者は、PCR検査で陽性と判断され、酸素飽和度92%以下となった重度患者が対象。 メキシコ内で3つの研究施設を利用して実施。 患者への投与について: 1. 既にメキシコで承認を取得している幹細胞を使用するため、迅速に臨床研究に入ることができる。 他家細胞(他人の細胞)を培養したものを使うため、今後治療が必要な方へ時間を置かずに治療を行うことができる。 患者1人につき、約1億5000万個の臍帯由来幹細胞を点滴静注で投与する。 【今後のスケジュール】 5月13日 メキシコにて、臨床研究を開始 5月27日 臨床研究の中間報告 PR 7月中 メキシコでの臨床研究終了、結果報告 変更となる可能性もございますが、今秋中の国内治験開始、新薬承認を目指しております。 【国際新型コロナウイルス細胞治療研究会】() 新型コロナウイルスに対する、幹細胞治療の有効性を確認し、世界の各研究機関と連携して研究成果をより発展していくための団体「国際新型コロナウイルス細胞治療研究会」が発足しました。 コロナウイルスに対して、様々な研究が進む学術交流の場として期待しております。 セネジェニックス・ジャパンがその運営事務局を務めております。 本研究会にて、新型コロナウイルスに対していかに幹細胞治療が有効的か、分かりやすく解説する動画を作成いたしました。 動画URL: 【UAE(アラブ首長国連邦)での幹細胞治療研究事例】 世界各国において新型コロナウイルスに対する様々な研究が進んでいますが、幹細胞治療の観点からすでに成果が生まれました。 UAEの研究施設「アブダビ幹細胞センター」は5月1日に、幹細胞治療によって73名のコロナ患者を回復させたと発表しました。 患者から採取した自身の血液の幹細胞を活性化させ、細かい霧状にして吸入させたところ、肺の細胞が再生し、全員が完治して副作用もなかったとのことです。 すでに臨床試験の第1段階を通過していて、有効性を実証するための試験が今後行われる予定です。 UAE以外にも、アメリカFDAや中国科学技術部にて治験が認められています。 【会社概要】 会社名 :テラ 株式会社 所在地 :東京都中央区銀座2丁目5-4 ファサード銀座3階 資本金 :27億2200万円 PR.

次の

鳩山友紀夫氏、「国際新型コロナ細胞治療研究会」の共同発起人に

国際新型コロナ細胞治療研究会

19日の株式市場でジャスダック上場の創薬ベンチャー、テラがストップ高。 メキシコで進める新型コロナウイルス感染症向け治療薬の臨床研究が同国大統領に報告されたとする同国州知事の発言が関連サイトに投稿され、材料視されているもよう。 テラはセネジェニックス・ジャパンと新型コロナウイルス感染症向け治療薬を共同開発している。 テラは後場の初めに前日比300円(26. 76%)高の1421円まで買われ、ストップ高となった。 国際新型コロナウイルス細胞治療研究会は19日、「イダルゴ州知事会見」との見出しの投稿をウェブサイトに掲載。 「本日、メキシコ大統領が、イダルゴ州の新型コロナウィルス対策について現地視察を行いました」(原文ママ)とし、「イダルゴ州知事の説明では、テラ株式会社とセネジェニックスジャパンの取組についても報告されており、薬事申請が行なわれる予定であることも報告されました」(同)と続けた。 国際新型コロナウイルス細胞治療研究会はテラが発足に関わった。 セネジェニックス・ジャパンが運営事務局を務める。 臨床研究の経過 テラは4月27日、セネジェニックスと新型コロナ感染症に対する間葉系幹細胞を用いた治療法の共同研究契約を締結したと発表し、新たなコロナ関連銘柄として注目を浴びた リリースによると、両社は5月14日から新型コロナ感染症に対する幹細胞治療法開発に向け、メキシコ・イダルゴ州で臨床研究を実施している。 5月27日のでは、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めてコロナウイルス幹細胞治療の臨床試験に成功したと発表。 7月末までに75名に治験を行い、治療薬開発を目指すとした。 東京大学医科学研究所を発祥とするバイオベンチャーのテラは、免疫の力を使ってがんを治療する独自の技術である樹状細胞ワクチン療法を提供する。 遺伝子や細胞などを用いた先端医療支援を手掛けるセネジェニックスは、テラの株式を122万8000株保有する。 本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。 本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。 また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。 投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。 本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。 取引画面にてご確認ください。 ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。 為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。 株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。

次の