浅間 山 警戒 レベル。 浅間山の噴火警戒レベルが2が継続しています

新着情報

浅間 山 警戒 レベル

気象庁は8月30日、群馬県と長野県の境にある浅間山=写真=の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)から、「1」(活火山であることに留意)に引き下げたと発表した。 浅間山の噴火警戒レベルが1になるのは約3年ぶり。 同庁は、「火口から500メートルを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった」(地震火山部)と判断した。 ただ、火口から500メートルの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性があることから、引き続き、火山灰噴出や火山ガスに注意するよう呼び掛けている。 レベル引き下げを受け、長野県小諸市は登山規制を緩和。 浅間山への登山道は黒斑と火山館の二つのコースがあるが、ともに賽の河原から前掛山(2524メートル)まで登れるようにした。 小泉俊博市長は同日、「レベル2では山頂火口からおおむね2キロまでしか登山できなかったが、1になったことでおおむね500メートル、前掛山の山頂までの登山が可能になった。 雄大な浅間山の景観は小諸の大切な観光資源。 この機会に多くの皆さまにお越しいただき、大自然を満喫いただければと思う」とのコメントを発表した。 浅間山周辺は災害対策基本法に基づく「警戒区域」として、山頂火口から4キロ以内は立ち入り禁止区域となっている。 ただし、噴火警戒レベルに応じ、登山道のみ立ち入りが認められている。

次の

浅間山噴火が近い?【予言より日本の警戒レベルがヤバい!】

浅間 山 警戒 レベル

火山活動の状況や新たな知見をもとに随時見直します。 火山別に設定された噴火警戒レベルの判定基準表 (令和2年6月現在)• 北海道地方の火山 火山名 判定基準表 判定基準の解説 現判定基準の 運用開始日 アトサヌプリ 平成29年9月25日 雌阿寒岳 平成30年12月19日 大雪山 平成31年3月18日 有珠山 令和2年3月9日 恵山 平成29年9月25日• 東北地方の火山 火山名 判定基準表 判定基準の解説 現判定基準の 運用開始日 岩木山 平成28年7月26日 八甲田山 令和元年7月30日 岩手山 平成31年3月20日 秋田駒ヶ岳 平成30年3月28日 鳥海山 平成30年3月27日 栗駒山 令和元年5月30日 蔵王山 平成28年7月26日 吾妻山 令和元年9月25日 安達太良山 令和元年9月25日 磐梯山 令和元年9月25日• 関東・中部地方・伊豆諸島の火山 火山名 判定基準表 判定基準の解説 現判定基準の 運用開始日 日光白根山 平成28年12月6日 草津白根山 白根山 湯釜付近 令和2年6月26日 草津白根山 本白根山 平成30年3月16日 浅間山 令和元年8月19日 弥陀ヶ原 令和元年5月30日 焼岳 令和2年3月27日 乗鞍岳 平成31年3月18日 御嶽山 平成28年3月25日 白山 平成30年3月8日 箱根山 平成29年6月14日 伊豆大島 平成29年3月24日 新島 令和元年7月30日 神津島 令和元年7月30日 三宅島 平成29年3月24日 八丈島 平成30年5月30日 青ヶ島 平成30年5月30日• 九州地方の火山 火山名 判定基準表 判定基準の解説 現判定基準の 運用開始日 鶴見岳・伽藍岳 平成29年3月23日 阿蘇山 平成28年12月20日 雲仙岳 平成31年3月14日 霧島山 (えびの高原(硫黄山)周辺) 令和2年6月26日 桜島 平成29年3月24日 口永良部島 平成30年3月29日 (過去にこのページで公表していた噴火警戒レベルの判定基準と判定基準の解説は、で確認できます。 ) 更新情報• 草津白根山(白根山(湯釜付近))と霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (令和2年6月26日)• 焼岳の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (令和2年3月27日)• 有珠山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (令和2年3月5日)• 吾妻山の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (令和元年9月25日)• 安達太良山、磐梯山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (令和元年9月24日)• 浅間山の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (令和元年8月19日)• 八甲田山、新島及び神津島の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (令和元年7月10日)• 草津白根山(白根山(湯釜付近))の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (令和元年6月4日)• 栗駒山及び弥陀ヶ原の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (令和元年5月10日)• 岩手山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成31年3月15日)• 雲仙岳及び霧島山(御鉢)の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成31年3月13日)• 大雪山及び乗鞍岳の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成31年2月25日)• 雌阿寒岳の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年12月19日)• 草津白根山(白根山(湯釜付近))の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (平成30年9月6日)• 八丈島及び青ヶ島の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年5月30日)• 阿蘇山の判定基準の解説を改定しました。 (平成30年4月23日)• 吾妻山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月28日)• 霧島山(新燃岳)の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月28日)• 口永良部島の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月28日)• 秋田駒ヶ岳の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月28日)• 鳥海山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月27日)• 草津白根山 白根山 本白根山 の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月16日)• 従来の草津白根山の湯釜付近を中心として運用してきた噴火警戒レベルの判定基準と判定基準の解説を改定し、草津白根山(白根山(湯釜付近))の判定基準として運用し掲載しました。 (平成30年3月16日)• 白山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年3月8日)• 岩木山及び蔵王山の判定基準の解説を掲載しました。 (平成30年1月30日)• アトサヌプリ及び恵山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成29年9月25日)• 箱根山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成29年6月14日)• 草津白根山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成29年4月18日)• 伊豆大島及び三宅島の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成29年3月24日)• 桜島の判定基準と判定基準の解説を改定しました。 (平成29年3月24日)• 鶴見岳・伽藍岳の判定基準を改定し、判定基準の解説を掲載しました。 (平成29年3月23日)• 阿蘇山の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成28年12月20日)• 日光白根山及び霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成28年12月6日)• 岩木山、蔵王山及び鶴見岳・伽藍岳の判定基準を掲載しました。 (平成28年7月26日)• 浅間山、御嶽山及び桜島の判定基準と判定基準の解説を掲載しました。 (平成28年3月25日) 噴火警戒レベルを運用している火山.

次の

浅間山に関する情報/長野県

浅間 山 警戒 レベル

関連リンク• 火山の活動状況• 噴火警戒レベル(PDF)• 火山防災マップ等(外部リンク)• 登山のしおり(PDF)• 知識・解説• 関係官署• 火山: 浅間山の活動状況 最近1週間以内に発表した情報• (6月29日16時00分発表)• (6月29日14時00分発表)• (6月28日16時00分発表)• (6月27日16時00分発表)• (6月26日16時00分発表)• (6月25日15時30分発表)• (6月25日15時10分発表)• (6月25日15時00分発表)• (6月24日16時00分発表)• (6月23日16時00分発表)• (6月22日16時00分発表) 現在の警戒事項等 山頂火口から概ね2kmの範囲では、引き続き弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。 噴火警報の対象市町村 以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。 群馬県:嬬恋村 長野県:小諸市、軽井沢町、御代田町 噴火警報・予報 (1行目をクリックすると全文表示します) <浅間山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表> 山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒してください。 <噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ> 火山活動の状況及び予報警報事項 20日頃から、浅間山の西側での膨張を示すと考えられる傾斜変動が継続し、また、山体浅部を震源とする火山性地震が増加しています。 浅間山では火山活動が高まっており、今後、山頂火口から概ね2km以内に影響を及ぼす小噴火が発生する可能性があります。 対象市町村等 以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。 群馬県:嬬恋村 長野県:小諸市、軽井沢町、御代田町 防災上の警戒事項等 山頂火口から概ね2kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。 火山の状況に関する解説情報 令和2年6月29日16時00分 気象庁地震火山部発表 <火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続> 浅間山の山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒してください。 火山活動の状況 20日頃から、浅間山の西側での膨張を示すと考えられる傾斜変動が継続しています。 また、20日以降、山体浅部を震源とする火山性地震が増加し、増減を繰り返しながら経過しています。 火山性地震の回数は、28日は24回、本日(29日)15時まで2回(速報値)です。 監視カメラによる観測では、白色の噴煙が火口縁上200m以下で推移しており、特段の変化は認められていません。 浅間山では火山活動が高まっており、今後、山頂火口から概ね2km以内に影響を及ぼす小噴火が発生する可能性があります。 防災上の警戒事項等 山頂火口から概ね2kmの範囲では、引き続き弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。 最新の火山情報 一番最後に発表した情報を掲載しています。 臨時で発表した火山活動解説資料のみ過去1ヵ月分を掲載しています。 過去に発表した火山情報• 浅間山の噴火警戒レベル 画像をクリックすると大きくなります 浅間山の防災マップ 画像をクリックすると大きくなります.

次の