南米選手権 組み合わせ。 アルゼンチン、王者チリと同組 南米選手権2016組み合わせ決定― スポニチ Sponichi Annex サッカー

【南米ユース選手権2019】組み合わせ表と日程・結果速報はこちら!決勝ラウンド・グループステージ全て速報します!

南米選手権 組み合わせ

チリが決勝でアルゼンチンを破り、2大会連続2度目の優勝を果たした。 米国を破ったコロンビアが3位となった。 海外サッカー マンC問題にクロップ氏ら反応「良くないことだ」 []• スペイン [7月17日 19:01]• スペイン [7月17日 15:25]• スペイン [7月17日 13:20]• スペイン [7月17日 13:20]• スペイン [7月17日 11:49]• スペイン [7月17日 11:48]• スペイン [7月17日 9:53]• コラム [7月17日 9:43]• スペイン [7月17日 9:42]• スペイン [7月17日 8:56]• セリエA インテル4発快勝で2位浮上 首位ユーベに6差 []• セリエA [7月17日 8:27]• セリエA [7月16日 9:48]• セリエA [7月16日 9:09]• セリエA [7月16日 9:09]• セリエA [7月16日 9:08]• セリエA [7月13日 9:43]• セリエA [7月13日 5:55]• セリエA [7月13日 5:55]• セリエA [7月12日 19:34]• セリエA [7月12日 8:25]• セリエA [7月9日 12:05]• セリエA [7月9日 10:25]• セリエA [7月9日 10:06]• セリエA [7月8日 9:58]• セリエA [7月8日 7:56]• ブンデス 長谷部誠「フェア行動で社会が大きく変わっていく」 []• ブンデス [7月15日 11:33]• ブンデス [7月10日 22:12]• ブンデス [7月9日 10:34]• ブンデス [7月8日 10:36]• ブンデス [7月7日 5:49]• ブンデス [7月5日 12:20]• ブンデス [7月5日 7:01]• ブンデス [7月3日 12:17]• ブンデス [7月3日 7:02]• ブンデス [7月1日 10:04]• ブンデス [6月30日 21:13]• ブンデス [6月30日 13:55]• ブンデス [6月30日 9:53]• ブンデス [6月30日 7:43]• ブンデス [6月29日 11:46]• プレミア ラッシュフォード1G1A マンU19戦負けなし []• プレミア [7月17日 8:27]• プレミア [7月16日 13:18]• プレミア [7月16日 13:07]• プレミア [7月16日 9:12]• プレミア [7月16日 9:05]• プレミア [7月16日 8:27]• プレミア [7月16日 8:27]• プレミア [7月16日 8:01]• プレミア [7月16日 7:20]• プレミア [7月15日 7:44]• プレミア [7月14日 22:03]• プレミア [7月14日 15:34]• プレミア [7月14日 14:04]• プレミア [7月14日 13:33]• プレミア [7月14日 13:24]• スペイン 岡崎ウエスカ、香川サラゴサともに1部昇格可能性 []• スペイン [7月17日 19:01]• スペイン [7月17日 15:25]• スペイン [7月17日 13:20]• スペイン [7月17日 13:20]• スペイン [7月17日 11:49]• スペイン [7月17日 11:48]• スペイン [7月17日 9:53]• スペイン [7月17日 9:42]• スペイン [7月17日 8:56]• スペイン [7月17日 8:56]• スペイン [7月17日 7:52]• スペイン [7月17日 7:52]• スペイン [7月17日 7:10]• スペイン [7月16日 22:26]• スペイン [7月16日 17:50]•

次の

CONMEBOLコパアメリカブラジル2019(6/14~7/7)組合わせおよびマッチスケジュール決定|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

南米選手権 組み合わせ

歴史 [ ] 南米選手権 [ ] に・・の3カ国による大会が開かれたが、が設立されたの大会を、第1回大会としている。 第1回大会には、アルゼンチン・・ウルグアイ・チリの4カ国が参加し、で開催された。 1921年にが追加で参加したことを皮切りに、1926年に、1927年に、1939年に、1945年に、1967年にが順次参加し、南米10カ国全てが参加する大会となった。 南米選手権は、変則的に開催されていたが、1967年ウルグアイ大会からしばらく中断され、1975年にコパ・アメリカとして再開された。 コパ・アメリカ [ ] この1975年大会からの3大会は、集中開催方式ではなく方式で行われた。 1979年大会から、原則4年ごとの開催となった。 その後、1987年アルゼンチン大会以降は2年ごとの開催に変更されたが、2004年ペルー大会以降、再び4年ごとの開催に戻っている。 1993年エクアドル大会には、(CONCACAF)から・の2カ国を招待。 これ以降の各大会では、2カ国(2001年コロンビア大会はアルゼンチンが参加を辞退したため3カ国)を招待している。 これまで、メキシコが1993年以降2017年までの各大会に招待され、実質的なレギュラー出場国となっていたほか、もう1カ国もアメリカ合衆国・・など、地理的に近いCONCACAFから招待される事が定例になっていた。 これに対する例外として、1999年パラグアイ大会に、(AFC)のが出場した。 日本はにも招待されていたものの 、の影響による日程変更の影響などもあり出場を辞退し、代わってコスタリカが参加することとなった(詳細はを参照)。 また、2019年大会には日本が2度目、また2022年ワールドカップ開催国のが初の招待を受けており、メキシコの連続招待およびCONCACAFからの連続出場が途切れることとなった。 当初、2015年大会の開催国になるはずだったブラジルが、、に加え、と世界的スポーツイベントの開催が立て続けに予定されている中で2015年に同大会を開催することに難色を示し、結局2019年に開催国となるはずだったと開催権を交換、2015年はチリ、2019年はブラジルで開催することとなった。 2015年大会はで行われたが、その1年後に南米サッカー連盟(CONMEBOL)の創立100周年を祝って「特別大会」が開かれた。 2012年7月5日、のフスティノ・コンペアン会長が「2016年大会はで開かれることになる。 これは正式な話だ」と発言した。 また、「この話はのジェフリー・ウェブ会長主導の下で行われた。 CONMEBOLの発展につながるだろう」と語っている。 この大会はCONCACAFから6チームが参加し、全16チームの拡大開催となった。 2019年大会は先述の経緯からブラジル、2024年大会はエクアドルでの開催が決まっている。 [ ] 開催方式 [ ] 加盟10チームに招待国2チームを合わせた計12チームを4チームずつ3グループに分けグループリーグを行う。 各グループの1位2位チームおよび、各グループ3位の中で成績の上位2チームの計8チームが決勝トーナメント進出。 以前の大会においては、様々な試合方式が行われた。 数チームによる決勝リーグで争われた大会では、決勝戦や3位決定戦が行なわれなかった。 結果 [ ] 南米選手権 [ ] 回 開催年 開催国 最終順位 出場 国数 優勝 準優勝 3位 4位 4 4 4 4 4 5 4 4 3カ国のみ参加 3 5 4 4 4 6 5 5 7 7 6 8 8 7 6 6 7 7 5 7 6 コパ・アメリカ [ ] 回 開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場 国数 優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位 0 - 1 2 - 0 1 - 0 ----- 10 3 - 0 0 - 1 0 - 0 ----- 10 2 - 0 1 - 1 ----- 10 1 - 0 2 - 1 10 ----- ----- 10 ----- ----- 10 2 - 1 1 - 0 12 1 - 1 5 - 3 4 - 1 12 3 - 1 1 - 0 12 3 - 0 2 - 1 12 1 - 0 2 - 2 5 - 4 12 2 - 2 4 - 2 2 - 1 12 3 - 0 3 - 1 12 3 - 0 4 - 1 12 0 - 0 4 - 1 2 - 0 12 0 - 0 4 - 2 1 - 0 16 3 - 1 2 - 1 12 12 12 斜字は招待国 統計・記録 [ ] 代表別通算成績 [ ] 順 国・地域名 出 優 準 三 四 試 勝 分 敗 点 均 得 失 差 1 42 14 14 5 2 195 123 39 33 408 2. 25 288 311 -23 5 37 2 6 7 7 172 62 42 68 228 1. 33 256 297 -41 6 32 2 1 8 5 154 56 37 61 205 1. 33 220 241 -21 7 22 1 1 4 2 117 45 25 47 160 1. 37 135 184 -49 8 27 1 1 0 2 115 20 26 69 86 0. 75 106 288 -182 9 28 0 0 0 2 121 16 23 82 71 0. 59 129 318 -189 10 10 0 2 3 0 48 19 13 16 70 1. 59 50 174 -124 12 5 0 0 0 0 17 5 3 9 18 1. 06 17 31 -14 13 4 0 0 0 2 18 5 2 11 17 0. 94 18 29 -11 14 1 0 0 1 0 6 3 1 2 10 1. 00 4 10 -6 16 2 0 0 0 0 6 0 3 3 3 0. 50 6 15 -9 17 1 0 0 0 0 3 0 1 2 1 0. 33 2 5 -3 18 2 0 0 0 0 6 0 0 6 0 0. 00 0 9 -9 19 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0. 00 1 12 -11• データは2019年大会終了時点• 太字は優勝経験のある国・地域で、 太数字は最多記録• 斜字は招待国• 国・地域名は現在の名称で統一した• 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は1試合あたりの平均勝点が多い方を、それも同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした• で決着がついた試合は記録上引き分けとなる 優勝回数 [ ] 国別優勝回数 回数 国名 年 15回 1916, 1917, 1920, 1923, 1924, 1926, 1935, 1942, 1956, 1959, 1967,1983,1987,1995,2011 14回 1921, 1925, 1927, 1929, 1937, 1941, 1945, 1946, 1947, 1955, 1957, 1959,1991,1993 9回 1919, 1922, 1949,1989,1997,1999,2004,2007,2019 2回 1939,1975 1953,1979 2015,2016 1回 1963 2001• 斜数字は南米選手権時代の開催年 個人通算得点 [ ] 順位 選手名 得点数 1 17 3 15 5 14 6 13 日本代表 [ ] に初めて招待され、のもと1分2敗の結果を残した。 にも招待されていたが、の影響で辞退した。 には同じのとともに年大会のファイナリストとして招待され、2分1敗の結果を残した。 脚注 [ ].

次の

【無料】コパアメリカ(南米選手権)の放送をテレビやネット配信で見る方法!2020年はDAZNで中継、地上波では視聴できない

南米選手権 組み合わせ

Contents• コパアメリカ2019の出場国は? コパ・アメリカ(旧称は南米選手権)は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に加盟の10か国および招待国の2か国が出場する予定の大会。 コパ・アメリカ2019の出場国は、• アルゼンチン• ボリビア• ブラジル• コロンビア• エクアドル• パラグアイ• ペルー• ウルグアイ• ベネズエラ そして2019年の招待国は、• カタール になりました。 日本は、1999年大会以来5大会ぶり(20年ぶり)の大会参加となります。 カタールは、初のコパ・アメリカ参加。 強豪のブラジルやアルゼンチン、コロンビア、ウルグアイなど相手は強豪揃いのなか、 日本にとってはアウェーで、経験を積む場でもあります。 Sponsored Link 関連記事: ・ ・ コパアメリカ2019の組み合わせは? コパ・アメリカ2019の組み合わせ抽選会は1月24日の予定とのことです。 分かり次第追記します。 1次リーグの組み合わせ A組• ブラジル• ボリビア• ベネズエラ• ペルー B組• アルゼンチン• コロンビア• パラグアイ• カタール C組• ウルグアイ• エクアドル• チリ 各組の上位2チームと、3位の成績上位2チームが準決勝に進出します。 コパアメリカ2019の優勝候補、注目選手は? 日本も参戦するというコパ・アメリカ2019には12か国が出場します。 ここでは優勝に絡んできそうな各国の注目選手や主要メンバー、各国の成績などを見ていきましょう。 特になんといってもブラジルの注目選手はやはりネイマール。 コパ・アメリカの欠場が濃厚といわれていました。 ですが2018年12月には、メッシはコパ・アメリカで復帰するのでは?との報道も! メッシがアルゼンチン代表として大活躍するか、注目です。 アルゼンチンの優勝回数は、14回。 ウルグアイ ルイス・スアレス(バロセロナ) エディンソン・カバーニ(パリSG) ルーカス・トレイラ(アーセナル) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス) マキシミリアーノ・ゴメス(セルタ) ブラジルに対抗できるのは、ウルグアイか!?とも言われています。 スアレスは今季でここまで所属クラブのバルセロナで絶好調! カバーニとのWエースの連係できれば、優勝も狙えるでしょう。 2018年10月に行われた国際親善試合では4-3で日本が勝利しましたが、スアレスは出場していませんでした。 ウルグアイの優勝回数は、15回(2011年ほか) Sponsored Link 関連記事: ・ チリ アレクシス・サンチェス(マンチェスター・U) アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ) ニコラス・カスティージョ(ベンフィカ) ガリー・メデル(ベシクタシュ) エリック・プルガル(ボローニャ) コパ・アメリカ100周年を記念し開催された2016年大会で 連覇を果たしたチリですが、 2018年のW杯ロシア大会は予選で敗退するなど、現在はチームの競争力は落ちているんだとか。 チリの優勝回数は、2回(2015、2016) コロンビア コロンビアといえば、バイエルンに所属している ハメス・ロドリゲス。 2014年のW杯ブラジル大会では得点王に輝いている選手です。 2018年のW杯ロシア大会でコロンビアは、日本とおなじグループH。 ハメスのコンディションが万全ではなかったとはいえ、予想外の展開になりましたね。 コロンビアの優勝回数は、2001年に1回。 パラグアイ コパアメリカ2011では、ブラジルやベネズエラに勝利するなどし、準優勝しています。 現在アメリカのアトランタ・ユナイテッドに所属しているパラグアイ代表のミゲル・アルミロンは、 武藤嘉紀選手が所属するイングランド・プレミアリーグのニューカッスルやアーセナルが興味を示しているとの報道されています。 パラグアイの優勝回数は、2回。 ベネズエラ ベネズエラ代表のラファエル・ドゥダメル監督は、A代表とU-21代表の監督を兼任しています。 森保監督との共通点がありますね。 ベネズエラ代表のドゥダメル監督は、W杯ロシア大会の予選では最下位となり敗退しましたが、 ベテランと若手の融合は、日本以上に進んでいるようです。 ベネズエラ代表には、武藤嘉紀選手とおなじニューカッスルに所属しているFWのサロモン・ロンドンがいます。 ベネズエラのコパ・アメリカでの最高成績は、4位。 エクアドル エクアドル代表には、マンチェスター・Uに所属しているアントニオ・バレンシアがいます。 主力としてプレミアリーグやヨーロッパリーグといったタイトルを獲得しています。 エクアドルのコパ・アメリカでの最高成績は、4位。 ペルー ペルーのコパ・アメリカでの優勝回数は、1939年と1975年の2回。 近年の成績は、2016年はベスト8、2015年は3位、2011年は3位となっています。 ボリビア ボリビアのコパ・アメリカでの優勝回数は、1963年に1回。 近年の成績は、2016年はグループリーグ敗退、2015年はベスト8、2011年はグループリーグ敗退となっています。 1999年のコパ・アメリカでは日本代表と戦い1-1でドロー。 翌年のキリンカップサッカーで再び日本2-0ボリビアの結果に終わっています。 カタール 2022年にFIFAワールドカップが開催されるカタールは今回が初参加です。 2018年8月からカタール代表のアフメド・ヤセルは、 ヴィッセル神戸へ期限付き移籍で加入していましたが、12月28日には退団と発表。 期限付き移籍は満了となりました。 日本 1999年に日本がコパ・アメリカに出場したときは、グループステージ敗退しています。 その際の試合結果は、 ペルー3-2日本 パラグアイ4-0日本 ボリビア1-1日本 という結果に終わりました。 そして2019年。 再び出場となる日本。 どのような日本代表のチーム編成になるかが気になるところです。 ちなみにアジアカップやコパ・アメリカなどの大陸選手権で選手を招集する際の拘束力は1年で、1大会のみとする国際サッカー連盟(FIFA)の規定があります。 アジアカップに召集した海外組をコパ・アメリカで再び召集するのはクラブの理解や協力を得る必要があり、 かなり厳しい交渉が求められるとも言われています。 ですが今後の日本代表を考えると、ぜひ主力のメンバーが出場してほしいと個人的には思いますが…なかなか難しいのかもしれませんね。 とはいえ、まだまだ代表選に出場していない日本人選手もたくさんいるので楽しみですね! ということで「 コパアメリカ2019の出場国、組み合わせは?」について調べていきました。 Sponsored Link•

次の