クーラー 水 漏れ 原因。 エアコン 冷媒漏れの原因とガス交換の費用

カーエアコンの故障?コンプレッサーの確認方法・原因と対処法 [カーメンテナンス] All About

クーラー 水 漏れ 原因

エアコンから取り込んだ室内空気の温度と熱交換器の温度を交換します。 エアコンが暖房時には室外機から冷たい空気、冷房時には室外機から暖かい空気を出して室内温度を調整します。 空気と触れ合う面積を大きく温度が伝わりやすいアルミが熱交換器の素材に使われています。 まずはリモコンにエラーコードが表示されているか確認しよう。 エラーコードを確認することで、不具合個所を知ることが出来ます。 リモコンの点検・試運転ボタンを押して、業務用エアコンの水漏れに関係するエラーコードが出ていないかまずは確認してみましょう。 ダイキン A3 室内機のエラー ドレンパンの水位上昇でフロートスイッチが作動し運転停止している状態です。 部品自身の故障や部品に割れが入っての水漏れは素人には手が負えません。 (交換修理が必要) しかし水漏れの原因は汚れ・詰まりが多いです。 まずクリーニングを行ってみて症状が改善するか試してみましょう。 解決方法は大きく分けて3つです。 自分でクリーニング• プロにクリーニング依頼• 修理(部品交換) 素人でも出来るドレンホースの詰まりをクリーニングで解消 排水用のドレンホースが詰まってしまい、上手く排水できず室内機から水漏れしてしまうパターンです。 ドレンホースを掃除手順を説明します。 まずは排水口をチェック• ドレンホース排水口が枯れ葉などのゴミが詰まってしまう。 ドレンホース排水口が水たまりに浸かっている場合 ゴミで塞がっている場合は割りばしなどで詰まりを取ってあげましょう。 水たまりに浸かっている場合はドレンホース排水口を水たまりに入らないように調整しましょう。 次はドレンホース内部の詰まりを解消 準備するもの 掃除機と薄い布 掃除機が水を吸ってしまうと故障してしまうので注意! 1. ドレンホース排出口に布をあて固定 2. 布に掃除機を当てて吸引 つまりが取れたら水漏れが直ります。 直らなければドレンポンプ関連が不調の可能性があります。 プロに依頼するか、自力で修理する場合は以下の知恵袋を参考ください。 他にもある水漏れ原因 エアコンの形状によって出やすい症状は変わってきます。 汚れ関連 排水がスライム化(菌の固まり) 部屋の中にある雑菌・ホコリ・カビが排水にまじり普段はただの水が粘性を帯びてしまいます。 水に粘り気が出てしまうと、水用に作られているポンプではうまく排水できなくなってしまいます。 部品の不具合 冷媒配管の結露 普段は断熱と結露防止にカバーされていますが、なにかの拍子でカバーが外れることがあります。 冷媒配管内は冷たいガスが通っているので、カバーされていないと結露してしまい配管を伝って室内機に流れ込む場合があります。 部品の亀裂 室内機に発生する水受けのドレンパンに亀裂があると、亀裂から水漏れが発生します。 クリーニングで解消できないので交換が必要になります。 ドレンポンプ、ドレンアップメカの故障 ポンプとは液体を吸出し・吐き出しをする装置で壊れてしまうと、水漏れが発生します。 経年劣化など故障の原因は様々ですが、汚れが原因の場合もあるのでプロのクリーニングで直る可能性があります。 排水の勾配 業務用エアコン設置直後の水漏れは、工事不良の可能性があります。 ドレンホースの逆勾配かエアコンが傾いている 水は高い所から低い所に流れていきます。 排水を考慮してドレンホースと壁掛けタイプのエアコンは自然に水が流れる傾斜が付いています。 工事不良で本来と反対の傾斜が付いている可能性があります。 まとめ 業務用エアコンの水漏れ原因はたくさんあります。 簡単な処置をして直らない場合はプロに任せるのが安心です。

次の

業務用エアコンの水漏れ原因と対処法。

クーラー 水 漏れ 原因

エアコンから水が出てくるおもな原因は「部品の汚れ」 エアコンから水が出てくる原因はさまざまですが、その多くは部品の汚れです。 この項目では、部品の汚れが原因である場合の掃除方法についてご紹介します。 ドレンホースが原因の場合の掃除方法 エアコンから水が垂れる原因のほとんどは、 ドレンホースの汚れによるものです。 ドレンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管のことです。 ドレンホースは外に水を排出する部品であるため、汚れで詰まってしまうと 水が逆流してエアコンから室内に垂れてしまいます。 ドレンホースは細くて詰まりやすい形状をしているので、定期的に掃除をすることが大切です。 ドレンホースが詰まりを起こす原因は、おもに排出口付近の虫や枯れ葉、ごみなどです。 ドレンホースの排出口を確認し虫などが詰まっていた場合は、割りばしなどで取り除いておきましょう。 ごみを取り除いても詰まっている場合、内部に汚れがある可能性が高いため、掃除機などで奥のほうまで吸い取るのがおすすめです。 これらの掃除をするだけで、エアコンの水漏れを抑えることができます。 フィンが原因の場合の掃除方法 フィンはエアコンのフィルター付近に設置されている、温度調節をおこなう部品のことです。 このフィンは 結露しやすく、表面に水滴がつきやすくなっています。 さらにこのフィンが汚れていると、結露が発生しやすくなり結果的にエアコンから水が垂れるおそれがあります。 そのため、フィンの結露を抑えるために表面をきれいに掃除することが大切です。 まずエアコンを開けてフィルターを取り外します。 このときフィルターも汚れているのなら一緒に掃除しておきましょう。 フィルターで取りきれなかったごみが、フィンに付着してしまうのを防ぐためです。 次にフィンの表面に付着しているホコリを、掃除機で吸い取ります。 最後にフィンにクリーナーを吹きつけて、10分ほど放置すればお掃除完了です。 このようにエアコンから水が垂れる原因がドレンホースとフィンである場合、自分で掃除して解決することもできます。 ドレンホースとフィンを掃除してもエアコンから水が出てくる場合 ドレンホースとフィンを掃除してもまだエアコンから水が垂れる場合、そのほかの部分に原因があります。 以下がそのほかに考えられる原因です。 結露が原因である場合の対応 エアコンから水が垂れる原因が結露である場合、 エアコンの設定温度を確認してみましょう。 エアコンの設定温度を部屋の温度と大きく離れた温度に設定している場合、 エアコン内部に結露ができやすくなります。 また、エアコンの風向きを調節する ルーバーが汚れていないかどうかも確認しておくことが大切です。 エアコンの設定温度と部屋の温度に大きな差がある場合、 ルーバーの汚れを核として水蒸気が結露となるおそれがあるためです。 そのため、フィンだけではなくルーバーも一緒に掃除するようにしましょう。 ドレンパンの汚れ ドレンパンとはフィンで発生した結露や、ほかのエアコン内部で発生した水分をためる部品のことです。 ドレンパンの先は、ドレンホースにつながっているため、汚れて詰まっていると水をうまく排出できなくなってしまいます。 そのため、ドレンパンの汚れもきれいに掃除することが大切です。 しかし、 ドレンホースやフィンと違いエアコンを解体しなければ、掃除することができません。 ドレンパンを自力で掃除するのは困難であるという点にはご注意ください。 部品の故障が原因である場合の対応 フィンやドレンパンが故障している場合があります。 フィンが故障すると温度調節ができずに結露しやすくなりますし、ドレンパンが壊れていると水が排出されなくなってしまいます。 こういったエアコン内部に原因があるときは、自分で対処するのは難しいです。 無理に修理しようとするのは別の故障の原因にもなりますので、一度業者に相談してみてください。 ドレンホースの劣化が原因である場合の対応 ドレンホースは屋外にあるため劣化しやすく、長期間使用していると形状が変化していってしまいます。 形状が変化するとホースがたるみ、その部分に水や汚れがつまり水漏れの原因になってしまうのです。 以上の3つはいずれも、自分で掃除したり修理したりすることが困難な原因です。 メーカーやエアコン取りつけ業者などのプロに依頼して修理・交換してもらいましょう。 雨の日に限ってエアコンから水が出てくる場合は? 部品の汚れや故障がない場合でも、エアコンから水が垂れることがあります。 おもな原因としては、 雨水の侵入があげられます。 一見ほかの水漏れと区別がつかないように思えますが、ほかの水漏れはエアコンを使用するとき常に起こるものです。 しかし、雨水が侵入している場合は雨が降っているときに限られるため、日によって水漏れが起こる場合は天候を確認してみましょう。 雨水が入ってくる原因は、施工の仕方が関係していることが多いです。 通常ドレンホースは屋外に水を排出するように取りつけられますが、まれに雨水浸透管につなげて施工される場合があります。 雨水浸透管とは雨が降ったときに雨水を地中に排水するための管のことで、雨が降ると雨水でいっぱいになります。 このとき雨水浸透管にドレンホースがつながっていると、いっぱいになった雨水浸透管からドレンホースに逆流してきてしまうのです。 そのため、雨水浸透管にドレンホースがつながっている場合は、業者に依頼して外してもらうとよいでしょう。 エアコンの水はどこまで自分で対処できるの? エアコンから水が垂れる原因の大半がドレンホースといわれています。 ドレンパン、ドレンホースの掃除は自分でも可能な対処法ですのでぜひおこなってみてください。 「あまり気にならないけど、ちょっと水漏れしているなあ…」という場合は、エアコンの温度を少し上げることによって解決することもあります。 また、エアコンの前面にあるフィルターの汚れが原因になっている場合もあります。 エアコンを開けることによってすぐにわかるので、 軽く掃除してあげることで水漏れを抑えることができるでしょう。 これらの方法を試しても効果がない、対処しきれないという場合は、一度業者に相談してみましょう。 業者であれば、エアコンから水が垂れる原因を探し出し、的確に対処することが可能です。 生活110番にご連絡いただければ、エアコンの水漏れに対応できる業者をご紹介いたします。 「早朝・深夜だけど対応してほしい」「土日しか予定が開けられない」などのご要望にもお応えすることが可能です。 お電話によるお問い合わせは、24時間365日の対応となっておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。 まとめ 急にエアコンから水がポタポタたれてきたら焦ってしまいますよね。 その多くの原因は、汚れにあります。 ドレンホースやフィンの汚れは水漏れを引き起こすだけでなく、悪臭をまき散らし雑菌を飛散させるため衛生上よくありません。 水漏れがおきたときはまず掃除をしてみると、すんなり解決するかもしれません。 それでも解決できない雨水や故障の場合は、業者に依頼して解決してもらいましょう。 (この記事は2020年2月14日に加筆・修正しています).

次の

エアコンから水が飛んでくる!これって何が原因なの!?

クーラー 水 漏れ 原因

梅雨が明けて湿度が高くなってくるとエアコンを使用する頻度が増えてくると思います。 6月~10月までの暑い時期はエアコンを毎日使用する家庭も多く、それに比例してトラブルも多くなってきます。 あなたもエアコンから突然水が落ちてきてどう対処したら良いのかお困りではありませんか?また、同じような経験をして電気屋さんに高い金額を払ってまで修理してもらった経験もあるのでは無いでしょうか? 実はエアコンで起こる水漏れトラブルは自分で簡単に対処することが出来ます。 また頻繁に起きやすいケースでもある為、知識を付けておくだけですぐに解消出来てしまいます。 そこで、このページではエアコンから水漏れしている時の対処方法を紹介していきたいとおもいます。 是非参考にして、実践してみてください。 エアコンで起こる水漏れには大きく分けて2つの原因があります。 それでは詳しく紹介していきます。 1、送風口が結露 一つ目は湿度の高い日などにエアコンを回すと送風口が結露をして水が漏れてくるパターンです。 送風口の結露に関しては部屋の中が乾燥することで解消するケースも多いです。 2、ドレンパンの詰まり 2つ目は結露した水を外に流すためのドレンパンと言われる個所でカビやほこり、ゴミなどが詰まってしまい水が流れていかない為に室内の方にオーバーフローしてしまうパターンです。 ドレンパンの詰まりに関しては送風口の結露と違いゴミなどを取り除かないと解消されません。 また、ドレンパンとドレンホースの接続口が緩んで外れてしまっているケースもあります。 ドレンホースはエアコン室内機のドレンパンから接続されていて、配管やFケーブル等と一緒に非粘着テープでまとめられ外の室外機付近まで繋がっています。 フィルターを外すと銀色の部分が見えてくるハズです。 この部分はアルミフィンと言われています。 アルミフィンは室内の空気を冷たくする役割や暖房であれば温める熱交換の部分になります。 そして、アルミフィンで冷やされた空気が下から排出される仕組みになっています。 梅雨明けや湿度の高い時期になるとアルミフィンの部分で結露した水が発生します。 その水がアルミの下を伝って下に落ちていき、下に落ちた水はドレンパンと言われる(雨樋のようなもの)が付いており、結露した水を受けるような仕組みになっています。 これは春先などの湿度の少ない時期は結露は発生しませんが、梅雨明け等の湿度の高い時期に起こりやすく現象であることを覚えておきましょう。 またドレンパンに溜まった水は排出口から流れていくようになりますが、エアコンには排出口が二か所あります。 しかし、二か所両方から流れていくわけではなくエアコンの取り付け方で排出口が決まります。

次の