空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞。 あいみょん 空の青さを知る人よ 歌詞

あいみょん 空の青さを知る人よ 歌詞

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞

高校2年生になる相生あおいは姉であるあかねとともに生活しており、音楽漬けの毎日を過ごしていた。 一方で、あおいを気に掛けるあかねは13年前に両親を失くしたことが要因で、高校卒業後に恋人の金室慎之介と共に上京することを断念決断せざるを得なくなり、ここ数年地元の仕事場で働いている。 妹のあおいは、いつも自分の為に見てくれている姉をとても気にしており、やりたいことを犠牲にしているのではないかと心配していた。 地元にいる友人すら音信不通のギタリスト・金室慎之介は、高校卒業後ミュージシャンとしての成功を夢見て上京するも鳴かず飛ばずの生活を送っている。 ある時、あかねの地元で開かれる音楽祭に、演歌歌手である新渡戸団吉が出演することになったのだが、その新渡戸がバックミュージシャンとして推薦したのが慎之介であった。 そこへ、13年ぶりに慎之介が地元に帰ってきた。 そして同じ時期に、13年前の世界から顔を出した18歳の慎之介=しんのがあおいと出会いそして、あおいはしんのに恋をする。 過去の現在をつなぐ不思議で切ない恋物語。 主題歌「空の青さを知る人よ」の歌詞の内容は? さんからコメントを いただきました! 「作品に寄り添いつつも、自分らしさも出せたすごい素敵な一曲になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」 — 映画『空の青さを知る人よ』 soraaoproject あいみょんコメント 脚本を読ませていただいた時、しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました。 楽曲制作の最初に映画のタイトルまるまる使った曲を作りたいという話をしていたので、作れたことを嬉しく思っています。 作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので映画も楽曲も楽しみにしてください! 引用:空の青さを知る人よ あいみょん —空の青さを知る人よ【movie ver. 】 「井の中の蛙、大海を知らず。 されど、空の青さを知る。 」そんな脚本にかかれていたセリフを見た瞬間に、「あいみょんの声が聴こえて来たような気がした」という感情が巻き起こり、ご本人に依頼されたようやで。 過去と現在の恋をつなぐ2人の慎之介がキーとなる物語。 あおいは今まで姉に苦労や迷惑をかけて、青春時代に好きなことができなかった姉に対して、情けなくて、でも嬉しくて、あたたかいけど、やはり心が痛くて、忘れることができない想いが募っている。 それはあおいの好きなしんのことに対しても同じこと。 そんな複雑な心境を描いた歌詞内容となっている。 主題歌「空の青さを知る人よ」の発売日、配信日はいつ? 主題歌「空の青さを知る人よ」の発売日は10月2日です。 配信日は9月13日です。 各音楽配信サービスから。 1995年3月6日生まれ、兵庫県西宮市出身• シンガーソングライター、作詞家、作曲家• シングル「生きていたんだよな」でメジャーデビュー(2016年)• 所属事務所:エンズエンターテイメント 「あいみょん」さんは、ばあちゃんが歌手を目標として夢を描いていたり、PAエンジニアである父親の影響も受けて、中学生ぐらいから作詞作曲を書き下ろす。 父からエレキギターを手にした中学時代、熱中するまでに至らずわずか一ケ月程でやめてしまい、その後、仲のよかった英語教師がアメリカに帰国する時に残していってくれたアコースティックギターでスピッツ等といった曲をカバーする。 高校生の時に親友が応募したオーディションで決勝まで勝ち進む。 2015年にジャニーズWESTの3rdシングル「ズンドコ パラダイス」の収録曲『Time goes by』に歌詞を提供した。 2015年3月4日にタワーレコード限定シングル「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」でインディーズ・デビュー。 2016年シングル「生きていたんだよな」発売。 メジャーデビューを果たす。 2018年この年に一気にブレイク。 12月31日には第69回NHK紅白歌合戦に初出場し「マリーゴールド」を歌唱した。 スポンサーリンク あいみょん主題歌・挿入歌・タイアップ曲は?• 『吉祥寺だけが住みたい街ですか? 』OP曲「生きていたんだよな」 テレビ東京 2016年• 『恋愛奇譚集』主題歌「漂白」 2017年映画• 『獣になれない私たち』主題歌「今夜このまま」 日本テレビ 2018年• 『あした世界が終わるとしても』挿入歌「ら、のはなし」 映画 2019年• 『あした世界が終わるとしても』主題歌「あした世界が終わるとしても」 映画 2019年• 『クレヨンしんちゃん』主題歌「ハルノヒ」 テレビ朝日 2019年• 『Heaven?~ご苦楽レストラン~』主題歌「真夏の夜の匂いがする」 日本テレビ 2019年• 『空の青さを知る人よ』主題歌「空の青さを知る人よ」 映画 2019年 あいみょん —真夏の夜の匂いがする【OFFICIAL MUSIC VIDEO】.

次の

空の青さを知る人よの歌詞の意味は?映画あらすじや声優キャスト紹介☆

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞

歌詞の意味は? 長井龍雪監督オリジナル・ストーリー長編アニメーション映画「空の青さを知る人よ」 高校2年生の相生あおい、姉のあかね、あかねの元恋人でギタリストの金室慎之介、13年前の過去からやってきた高校生・しんのの切ない四角関係が描かれているストーリー。 あおいは今まで姉に苦労や迷惑をかけて、青春時代に好きなことができなかった姉に対して、情けなくて、でも嬉しくて、あたたかいけど、やはり心が痛くて、そのことを忘れることができない。 しんのに対しても同じ想いを抱いているあおい。 そんな複雑な心境を描いた歌詞内容となっているそうです。 作品に寄り添いつつもあいみょんらしさのあるエモーショナルな楽曲は、早速話題を集めています。 あいみょんさんのコメントがこちら! あいみょんさんは、脚本を読み「しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました」と本作の印象を明かし、「監督やスタッフの皆さんに曲を聞いていただいた時に、『この楽曲と寄り沿いながら映画を作っていきたい』と言ってくださり、映画づくりの一員として携われたことを、とてもありがたいなと思いました。 楽曲制作の最初に映画のタイトルまるまる使った曲を作りたいという話をしていたので、作れたことを嬉しく思っています。 作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので映画も楽曲も楽しみにしてください!」とコメントしている。 cinemacafe. net あいみょんを起用した川北プロデューサーのコメントはこちら! あいみょんさんへの想いが伝わってきます。 長井龍雪監督、岡田麿里さん、田中将賀さんにそのことを伝え、全員一致でお願いしようとなった」と経緯を明かし、上がってきた曲を聴いて驚いた。 情けなくて、嬉しくて、あたたかいけど、痛くて、忘れることができない想い。 cinemacafe. net 夏が終わり、秋を感じる 今の時期に心にしみる曲。 】 より — キミヨコ🥚 kumapoopoopoo あらすじは? 山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・主人公の相生あおい。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いる音楽が大好きな女の子。 そんなあおいを心配する姉・あかね。 二人は、13年前に事故で両親を失ったことから、当時高校三年生だった姉のあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職を決意。 それ以来、あおいの親代わりとして二人で暮らしてきた。 あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、「姉の人生や青春を奪ってしまった」と負い目を感じていた。 そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が来日してくることに。 バックミュージシャンとして、あかねのかつての恋人「金室慎之介」が帰ってくる。 高校卒業後、あかねと金室慎之介は連絡を一切とっていなかった。 そんなとき、あおいの前に、突然少年「しんの」が現れた。 実はこの「しんの」は、まだあかねと別れる前の13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 次第にしんのに恋心を抱いていくあおい。 一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。 ふしぎな四角関係は一体どうなるのか!? 甘くてせつないラブストーリー、見逃せません! 声優キャストはだれ? 金室慎之介(しんの)役:吉沢亮 なんか異常にクオリティが高い、今年公開のアニメ、有名俳優陣によるC. そんななか、『空の青さを知る人よ』の吉沢亮は、尋常じゃなかった! しかも、18歳と31歳の使い分けがスゴすぎて驚愕!! — くれい響 kureihibiki 相生あかね役:吉岡里帆 予告編を見る限りだけど、吉岡里帆の起用はかなり上手くいっている気がする。 期待大。 問題は近所のシネコンがたぶんこれ流さないとこだ。 の声やってる若山詩音さん予告見た感じめっちゃ上手くてそれが観よって思った理由 — 🐙タコサンウインナー 人生浪人 🌕️ Pmu8Ro1 新渡戸団吉役:松平健 新渡戸団吉は、有名演歌歌手で、自身のステージに金室慎之介を起用する人物 吉沢亮「空の青さを知る人よ」でアニメ声優初挑戦!吉岡里帆、若山詩音、松平健も参戦 — なおまる 8IyhnByBNLYdHZ7.

次の

映画『空の青さを知る人よ』公式サイト

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞

長井 『ここさけ』の作業が終わるころ、この座組でもう1本作らせてもらえることになって。 秩父を舞台にもういちど何かやろうという話が、わりと早いうちに出ていたんです。 岡田 今回は私たち3人だけじゃなくて、みんなでアイデアを出し合うかたちで作ったんですよ。 プロデューサーや制作会社の人たちからも意見を募って。 監督からは「空を飛ぶアニメが作りたい」という要望があったので、そこに向かって話を作っていきました。 長井 最初に軸となるキャラクターとして決まったのは、あおいですね。 まず「ベースを持った女の子」というイメージを僕のほうから提案したんです。 岡田 そのころ、監督が「ベースの魅力について語る」みたいなテレビ番組を観たらしく、「ベースっていいよね」という話題になって。 そこから、あおいのキャラクターが生まれていきました。 田中さんが描いたイメージ画もすごくよかったんですよ。 田中 あおいの人物像はかなり初期段階でスパッと決まりましたね。 そもそもは「地元のお祭りをフィーチャーできないか?」みたいなアイデアがあり、祭りに関わるいろいろな立場の人たちの群像劇と、祭りが本番を迎えるまでの過程をドラマの背景にしたら面白いんじゃない? みたいな話が出て。 それで秩父をひたすら車で走り回って、材料を探してさまよっていた時期があったんです。 岡田 そうそう。 ローカルな祭りを探して資料館に行ったり、山奥まで行ったり、ついでにダムを見に行ったり(笑)。 長井 結果的に、その要素は秩父音楽フェスティバルとして残っています。 田中 その過程で、いろんな神社仏閣も見てまわって、メインの舞台になるお堂はそのとき見つけたんです。 そのお堂の前で、ベースを抱えた女の子が仁王立ちしていたら、かっこいい絵面になるなと。 で、その絵をバッとラフで描いたんです。 そのときに彼女の意志の強さを表すパーツとして、眉を太く描いて。 それがすごくハマったんです。 岡田 私も「これしかないな」と思いました。 長井 そこで、あおいのキャラクターが決まって。 僕は最初、彼女が「秩父から出る」話にしたいと思ってたんだけど、みんなで話しているうちに変わっていった。 田中 さんざん秩父の世話になっておいて否定するのもどうなんだ、と(笑)。 長井 それまでは地元といえば出るものという考え方だったけど、最近は「地元っていいよね」という価値観も一般的になりつつあるし、「地元がイヤで出て行く」みたいな話にはしたくないよね、と。 そこで地元を肯定する存在として、あかねというキャラクターが出てきた。 最初は、あおいとの対比的な存在として生まれた人物なんだけど、それをだんだんと膨らませていったんです。 岡田 あかねに関しては、あおい以上に田中さんの絵ありきでしたね。 あるとき、田中さんが別の作品用に描いて、結局使わなかったキャラクターの絵を見せてもらう機会があって。 それを見たとき「これじゃん!! 」と思ったんです。 すでにシナリオを書き出していたんだけど、その絵から触発されて変更したシーンも多いです。 ちょっとした台詞とか、強がりの度合いとか。 田中 ボツキャラにならなくてよかった(笑)。 初期段階の絵はもっと幼いイメージだったけど、岡田さんの描くあかね像や、吉岡里帆さんの声が乗ることで、劇的に印象が変わっていきましたね。 それは今回のどのキャラクターについても言えることだけど、あかねもホワッとした天然っぽいキャラクターでいくのかと思いきや、ちゃんと大人としてレイヤーのあるキャラになって、どんどんイイ感じに磨かれていった。 そもそも30代の大人をアニメ作品のメインキャラとして描く機会が、いまのアニメ界ではほとんどないですから。 あかねと慎之介は描いていて本当に楽しかったですね。 岡田 30代の女の子って、アニメの場合は大人のお姉さんキャラとして配置されてしまいがちで。 だけど自分自身の実感としても、30代って少女の頃とはタイプの違う葛藤がわんさと訪れて、心に動きのある時期なんですよね。 思春期というわかりやすい葛藤のなかにいるあおいと、次の葛藤の時期にさしかかってきたあかねという、微妙な年齢を同時に迎えた姉妹を描いてみたいな、という思いはありました。 そうやって姉妹のキャラクターを固めてから、しんの/慎之介を作っていった感じですね。 長井 しんのは最初、姉妹の物語を動かすための装置みたいなポジションだったんです。 田中 しんのみたいに明るくてガンガン話を引っ張っていける主人公的な男の子って、この座組で描くのは初めてだよね。 岡田 いつもなら、こういうキャラクターをこの位置に据えようとは思わないけど、今回は慎之介という存在が同時にいたからこそ成立したのかなと思います。 しんのはひたすらポジティブで力強いけど、彼のなかにある別の一面としての慎之介がいるから、前向きなセリフにも揺らぎが生まれてくる。 逆に、慎之介がひそかに持ち続けている純粋な部分を体現するのが、しんのでもある。 世代間のギャップだけではなく、2人分のキャラクターで1人の人間の幅みたいなものを描けたらいいなと思っていました。 もうひとつ言うと、しんのも慎之介も持ちあわせている「変わらない」部分にこそ、あおいが惹かれてしまうというか。 そういうところも描きたかったですね。 田中 結果的に、しんのは作品の清々しさみたいな部分を担うキャラになったよね。 いいキャラができたと思ったぶん、どんな声なら成立するんだろう? という不安もあったけど、吉沢亮さんの声を聞いたときに「うぉ、しんのドンピシャじゃん!」と驚きました。 長井 しんの/慎之介役のオーディションにはいろんな方に参加してもらったんだけど、最悪の場合は「別々の声優に分けるか……」とも思ってたんです。 吉沢さんに出会うまでは。 岡田 吉沢さんはしんのもいいんですが、慎之介がカッコよすぎるんですよ!歳を重ねるのも悪くないなと思わせてくれます(笑)。

次の