コブクロ 国歌 斉唱。 コブクロ・小渕の君が代(国歌斉唱)が酷い..下手な理由は極度の緊張だった!【動画】

【動画フル】コブクロ小渕健太郎の国歌独唱に選手も騒然?日本選手権に緊張?

コブクロ 国歌 斉唱

TBS系列にて、実況アナウンサーによる「国歌の独唱はコブクロの小渕健太郎さんです」との紹介と共に国歌の君が代が流れると、黒のスーツに黒ネクタイを纏った小渕は深々と頭を下げ、右手を胸に当てながら独唱を開始。 「これにはツイッターでも大きな話題となり、視聴者を騒然とさせています。 この小渕による国歌斉唱が終わるやいなや『国歌斉唱』や『小渕 君が代』といったワードが次々に急上昇し、『小渕さん、キーが高すぎて。。 』『緊張で声が上ずってる。 申し訳ないが面白い』『緊張し過ぎて高く入っちゃったのか?』というツイートが散見されました。 キーを高くし過ぎてしまったという点だけでなく、その歌い方やリズムも期待されたクオリティーとは言い難く、ネットでは『どうしちゃったの? プロとしてあれはないでしょう』『もう2度と呼ばれないだろうね。 歌手が歌ったとは思えない国歌斉唱でした』『もののけ姫を歌っているのかと思ったら君が代でした』などと辛辣な声が多いですね。 やはりコブクロとしての圧倒的な歌唱力を知っているだけに、拍子抜けしたファンも多いでしょう」(テレビ誌ライター) 緊張なのか、衰えなのか。 小渕にとっては消化しづらいモヤモヤが残る国歌斉唱だったかもしれない。 infoseek. infoseek.

次の

コブクロの小渕健太郎・国歌斉唱・国歌独唱が話題

コブクロ 国歌 斉唱

提供 コブクロの小渕健太郎(MGCニュースリリースより) 2019年9月15日に行われたMGC マラソングランドチャンピオンシップ で、「君が代」を独唱したコブクロの小渕健太郎 42。 その衝撃的な歌唱が、波紋を広げている。 すると、何を思ったか、『もののけ姫』の主題歌のように異様な高音で歌いだしたのだ。 初めの最も低い音である「き」の時点で、すでにモスキート音と化していた小渕の「君が代」は、クライマックスに向けて息も絶え絶えになっていく。 すると、事件が起きる。 通常、地声がひっくり返って裏声になるところ、裏声に耐えきれず、地声が出てしまったのだ。 これには、ランナーたちも不意を突かれた様子だった。 無理やり険しい表情を作ろうとする選手や、あくびをごまかすような具合で笑いをこらえる選手。 そんなざわつきをよそに、表情筋を総動員して、アクロバティックな「君が代」を歌い通した小渕。 だが、第一声の時点で敗北は決定していた。 裏声のみで成立させる筋力、音感、スタミナ。 ボーカリストとしての小渕には、そのいずれもが欠けていたからだ。 歌い終えた小渕は「緊張しすぎました」と語っていた。 確かに、普段のライブと勝手が違っていたのだろう。 しかし、なぜこんな一大イベントでリスクを冒そうとしたのだろうか? 第一、学生時代からファルセット(裏声)でしか「君が代」を歌ったことがないのだろうか? そんなことはないはずだ。 何か不思議な力が、小渕から自然体を奪ってしまったのではないか。 スポーツイベントに国歌斉唱はつきものだが、「君が代」ほど事故率の高い国歌はない。 たとえば、MLBやNBA、プロボクシングなどで、様々なジャンルのミュージシャンがアメリカ国歌を多彩なアレンジで披露する。 出来不出来の差はあれど、目も当てられないほどのパフォーマンスは、めったにない。 歌いだしの一発目で間違えると、もう取り返しがつかなくなるのだ。 今回のファルセット小渕で思い出したのが、堀内孝雄 69 の玉砕系「君が代」だ。 2004年12月16日のサッカー日本代表VSドイツ代表の親善試合での出来事だった。 自らの音域以上のキーを地声で歌いだす、致命的なミスを冒してしまったのだ。 案の定、<ちよに やちよに>、<さざれ いしの>、<こけの むすまで>での高音でガス欠状態に陥った堀内。 こちらは、あえて自分のフィールドに持ち込んだのに、どういうわけかヘタをこいた例だ。 ふにゃふにゃとしたJポップ歌唱を身振り手振りでごまかしているうちに、本当に音程が取れなくなってしまった太志。 彼の場合は気合の入りすぎとは、少し違うようだった。 バンドで歌っている感じで逃げ切ろうとタカをくくっていたら、思いのほか<やちよに>で頑張らなければいけなくなってしまった。 その瞬間、巨大スクリーンに映し出された太志が、力を込めつつ戸惑っている不思議な表情を浮かべていたのが印象的だ。 ふとしたことから、調性の薄い「君が代」のトラップにハマってしまったのだろうか。 そして、06年8月2日、亀田興毅VSファン・ランダエタのWBAライトフライ級タイトルマッチでの森友嵐士 53、T-BOLANボーカル の国歌独唱。 聞く者にここまで妙な緊張感を与える国歌もないだろう。 では、なぜこうしたことが起きてしまうのだろうか。 その原因を指摘していたのが、唱歌「夏の思い出」や「雪の降るまちを」で知られる、作曲家の中田喜直 1923-2000 だ。 国旗と国歌の法制化に揺れていた平成11年 1999年 、参考人として国会に招致された中田は、そもそも詞とメロディーが一致せず、間延びしてしまう「君が代」の問題点を、次のように答弁している。 <「君が代は」と歌わなきゃいけないのに、「きみがあよーわ」、それから「ちよにいいやち よにさざれ」、さざれで切れちゃうんですね。 「いしのいわおとなーりて、こけのむうすうまーああで」、こういう歌ですから間延びしているんですね。 > 衆議院会議録情報 第145回国会 内閣委員会 第12号より つまり、歌詞をきちんと理解、納得できるような音楽構成になっていない点こそが、「君が代」の歌いづらさ、定着のしづらさだと分析しているのである。 これは調性の取りにくさ以上に、本質的な指摘だろう。 そう考えると、ことさらにミスを責め立てるのは、酷な気もしてくる。 ファルセット小渕、絶唱堀内、回避系太志、劇場型森友。 いずれもプロの歌手としては落第点だが、エンターテイナーとしては満点以上の爪痕を残してきた。 「君が代」のたびにハプニングを期待してしまう意地悪な視聴者としては、彼らの勇気にエールを送りたい。 <文/石黒隆之>.

次の

【動画】コブクロ小渕が国歌独唱が小梅太夫で放送事故?大炎上か?|SollaStudio

コブクロ 国歌 斉唱

確かに出だしから声が裏返っているように聞こえますね。 私は歌はあまり得意ではありませんが、 それでもこれは大丈夫かな?と心配してしまいますね。 高音ボイスといえば、 歌をベースにしたネタ・漫才の頂点を決める番組があるんですが、 あの「 だるまさんが転んだ」をネタにした漫才がめっちゃ面白いんです。 しかもハイトーンボイスで歌唱力が異常に高いw 小渕健太郎の君が代の音程キーが高い? 声が裏返った理由とは 小渕さんも君が代の独唱の後にいっていましたが、 「緊張していた」というのが原因ではないでしょうか。 また朝早かったこともあって喉の調整が間に合わなかった、 という可能性もありそうです。 実際の国歌斉唱の後の小渕さんのインタビューがこちら。 私も歌が苦手なのでわかりますが、 緊張するといっぱいいっぱいになって、 いつも以上に声が出なくなってひっくり返ってしまいます。 小渕健太郎の歌は下手? 本来の歌唱力は? それがこちら。 これによって科学的に爽やかな清潔感を感じられる、 人を癒すことのできる歌声ということ、なんですね。 声の分析をするプロが周波数をみて検証しているわけなので、 小渕さんの本来の歌のうまさや魅力が証明されていのではないでしょうか。 小渕健太郎の国歌斉唱 君が代 の世間の反応は 君が代、小渕さんは限界のキーにチャレンジしたと言っていますね。 選手が限界まで頑張れって意味が込められていると思う。 それをわかる人がきっとコブクロの良さをわかる人。 コブクロの歌を聞いたことがある方ならば、 小渕さんのその圧倒的な歌唱力は誰もが認めるものだけに、 今回のMGCでの君が代に驚かれた方も多かったようです。

次の