発音 練習 サイト。 英語の発音を動画と音声で練習できる学習サイト10選

英語スピーキング練習サイト5選

発音 練習 サイト

みなさんこんにちは。 1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営する、英語情報メディア「Rarejob English Lab」ライターの石田です。 「英語の発音が上手かったらな」と思ったことはありませんか? ネイティブのような美しい発音には、英語を勉強する多くの人が、一度は憧れたことがあると思います。 そこで、英語落第生だった私が一から独学で発音改善をした経験から、そのコツについて、これから数回に分けてお話ししていきたいと思います。 今回はそのウォーミングアップとして、具体的な練習を始める前に、「なぜ発音練習が必要なのか」「どこまで練習する必要があるのか」について簡単にお話しさせていただきます。 日本人の英語の発音 「日本人は発音が下手」だというのは、もはや定説のようになっています。 以前のでも触れたように、外国の方と話すといつも指摘されます。 日本人の中でも、これを否定する人はいないでしょう。 発音の問題と、学校英語教育の批判は、セットの様に扱われています。 実際、私たちの世代では、学校で発音の指導はありませんでした。 今の中高生に訊いても、発音の指導をきちんと受けることは少ないそうです。 センター試験では発音記号の問題が出題されており、発音の問題を改善しなければという英語教育界の危機意識が現れています。 しかし実際には、多くの受験生はこれを「捨て問」だと考えており、「センターを機に発音を学ぼう」とはならないのが実情です。 このような現状から考えて、更なる発音の訓練が必要だと考える教育者は少なくありません。 私も基本的にはそれに賛成します。 しかし、「どうして発音練習が必要なのか」という本質的な理由は、あまり議論されていないようにも思われます。 なぜ発音を学ぶ必要があるのでしょうか。 また、仮に発音の練習が必要だとしたら、そのゴールはどこにあるのでしょうか。 全員がネイティブのように発音できるまで、延々と練習し続けなければいけないのでしょうか? 2. 発音を勉強する理由 私が発音の練習をした方がよいと考える理由は、この3つです。 私が発音の練習をするべきだと考えている最大の理由は、きれいな発音は英語を話す自信になるということです。 発音が下手だから、恥ずかしくて話せない。 こういう方は多くいらっしゃるのではないでしょうか? バリバリの日本人発音で話して笑われるのが怖い、この意識は、日本人の中に広く存在しているのではないかと思います。 「他の国の人だって滅茶苦茶な発音で自信満々に話しているんだから、日本人だってそうしてもいいじゃないか。 それができないのは、日本人が人目を気にしすぎるからだ」というような、発音の技術よりも日本人の精神性に問題を見出そうとする意見も根強いです。 この意見には賛同できる部分もありますが、恥ずかしいものは恥ずかしいし、出来ることならきれいな発音を身につけたいというのが多くの人の本音ではないでしょうか。 きれいな発音ができれば、英語を話すときに気後れする必要がなくなるのです。 私自身、英語と中国語という2つの言語を学んだ経験から、リスニング対策の第一歩は発音の訓練だと身をもって経験しています。 これらの音は日本語の音のシステムの中にはないので、普通には区別できません。 この訓練には5分もかかっていません。 「体得」という言葉がありますが、まさにその通りで、口から出せる音は、耳からも聞き取れるのです。 これは、あくまで私の観方です。 多国籍の人が集まる国際的な会議では、大抵は英語が使われています。 そこでは、きれいな発音で英語を話せるのがステータスになっているような感じがあります。 少なくとも、強い母国なまりの英語を話す人は、教養がないかのように見られがちです。 国際的な研究会で、なまりの強い英語で発表している人がいるとします。 休憩時間にスタッフが集まると「あの英語はひどい」という話が必ず出てきます。 それもネイティブスピーカーではなく、英語を勉強して習得したアジアの人々からです。 そして、その人の発表の内容自体も軽んじられてしまいます。 これはおそらく、多くの人にとって英語は学生時代からの必修科目だからではないでしょうか。 そのため、英語の発音のきれいな人は畏敬の目で見られる一方、あまりに発音が悪いとなんとなく白い目で見られてしまうのです。 私自身は、このような英語力で人の教養を判断するような考え方は不合理だと思います。 なぜなら、語学力だけでその人の中身を判断できるはずがないからです。 しかし、現実にこういう問題があることは知っておく必要があります。 これらの理由から、私は発音の訓練は英語を学ぶ人間にとって有益であると考えています。 「正確な発音」とは しかしながら、「正確な発音を目指してみんなで頑張ろう」とも言い切れません。 「正確な発音」とは何なのかがあいまいだからです。 英語における「正確な発音」とはなんでしょうか。 仮にネイティブ英語=正確と考えるなら、正確なアメリカ・イギリス英語ということになるでしょう。 それでは、私たちはみんな、アメリカ人やイギリス人のような英語を目標にして勉強するべきなのでしょうか。 ここで、私の大失敗体験を1つ紹介させてください。 私が大学院の用事で後輩を連れて遠方に出向いたとき、とあるアメリカの方の通訳を任されたのです。 私は英語にかなり時間を割いて勉強してきたし、通訳経験もそれなりに豊富であったので、問題なく意思疎通ができると思っていました。 しかし、実際に会って話してみるとどうでしょう。 その方の英語は非常に早口で、立て板に水のごとく話されます。 ほとんど何を言っているかわかりません。 彼の発音は非常にネイティブ的で、大部分の音を省略してしまいます。 「もっとゆっくり話していただけませんか」と言っても、「もう十分ゆっくりでしょう?」と返されてしまいます。 丸2日必死でその方のおともをしましたが、通訳としての務めをしっかり果たせたとは言えません。 本場のネイティブ英語の洗礼を受けた私は、多くの後輩の前で情けない姿を見せてしまったショックも重なり、帰宅後は寝込んでしまいました。 今でも週に一度はこの時のことを思い出して叫び出しそうになります。 この時の失敗は、私の勉強不足が原因ではあります。 それでも恥を忍んでここにお書きしたのは、「ネイティブ発音」というものがいかに聞き取りにくいかをお伝えしたかったからです。 「ネイティブはそうは言わない!」「ネイティブ式で英文法を勉強しろ!」のような本が氾濫しているため、英語を学ぶ人はネイティブスピーカーを目指すのが当然であるかのように感じられてしまいます。 しかし、ネイティブ発音の英語は多くの学習者にとって聞き取りにくいのです。 But… often you have a boardroom full of people from different countries communicating in English and all understanding each other and then suddenly the American or Brit walks into the room and nobody can understand them. 多くの英語のネイティブスピーカーたちは、英語が世界で広く使われる言語になっていることをうれしく思っています。 新しい言語の習得に時間を割かなくて済むからです。 しかしながら、会議室いっぱいの様々な国から来た人たちが英語でコミュニケーションをし、お互いに十分理解できているにもかかわらず、アメリカ人やイギリス人が突然部屋に入ってくると、誰もその人の言っていることが理解できないということがしばしば起こっています。 (筆者訳) 英語ネイティブは、自分達の英語が外国人に通じないので、逆に困っているのです。 つまり、目的が世界の人とコミュニケーションを取ることなら、ネイティブ英語はあまりいいお手本とは言えないのです。 それは、発音も同様です。 仮にネイティブレベルの発音を身に着けたとしても、それが本当に役に立つのかは大いに疑問です。 多くのノンネイティブは第二言語レベルの発音で十分に仕事をこなしているからです。 流暢すぎるネイティブ発音がノンネイティブには理解しづらいことを考えると、「無用の長物」になってしまう恐れが強いでしょう。 World Englishes と発音 みんなでアメリカ・イギリス英語を目指して頑張ろうというのは、私が支持しているという考え方と明らかに矛盾しています。 とは、世界各国の「お国訛り」の英語を、間違った英語として批判するわけではなく、その地域の文化として認めようという考え方です。 美しい理念ではありますが、お国訛りを許容すると、世界の英語はバラバラになり、結局通じなくなってしまうのではないかという問題点も同時に抱えています。 日本人のカタカナ発音の英語がコミュニケーションの妨げになることは以前から指摘されてきました。 しかし、お国訛りの「通じない英語」は、別に日本英語だけではありません。 例えば、巻き舌を多用しすぎるインド英語・中国語やマレー語と融合しているシンガポール英語など、さまざまなローカル英語が、わかりにくいとやり玉に挙がっています。 また、英語を勉強した経験がないせいで、万人にわかりやすい表現が出来ない「ネイティブ英語」も、ネイティブの間でしか通じないという意味では問題のあるローカル英語と言えるでしょう。 円滑なコミュニケーションのためには、結局のところ、ある程度みんなに通じる発音を練習する必要があります。 例えば、アメリカに移住したいという目的があるのであれば、ネイティブ英語を身に着ける必要があります。 しかし、多くの人にとっては、そこまでの高い能力は不要ではないでしょうか。 時間は有限ですから、使いもしないスキルを勉強している暇は、特に忙しいビジネスパーソンの方たちにはないのではないかと思います。 優先順位をつけて、必要なものだけ勉強するほうが合理的です。 優先的に練習するべき発音 では、優先的に練習するべき発音はどれでしょうか? 最も効果がわかりやすいのは、日本語に存在しない「子音」を勉強することです。 らvs R すvs TH ざvs TH ふvs F ぶvs V しvs S しvs SH じvs Z これらの音は練習すれば簡単に出せるようになる上に、使う頻度がとても高いため、学習のコストパフォーマンスが良いです。 まず子音の区別をつけ、その後母音を学ぶのが効果的ではないかと思います。 まとめ 発音を改善すれば、もっと自信をもって英語を話すことができるようになります。 しかし、なんとなくでネイティブ英語を目指して勉強すると、泥沼にはまってしまう危険性があります。 途中で投げ出してしまう人も少なくありません。 優先順位をつけて、効率的に学習していきましょう。 次回からは、具体的な発音練習方法を解説してまいりますので、お楽しみに。 Please SHARE this article.

次の

【完全版】英語発音のおすすめ練習教材30選~サイト・本・Youtubeまで~|英語アプリbest

発音 練習 サイト

英語の発音、多くの日本人語学学習者が苦手とするところです。 そこで今回は正しく英語の発音を身に着けるための方法と、それにお勧めな、英語の発音練習に使えるサイトを8個まとめてご紹介。 学習の参考になれば幸いです。 英語の発音がうまくなるための方法とは? 日本人の英語学習者の大きな悩みの一つが正しく発音ができないというもの。 しかしながら、それも無理はないこと。 なぜなら日本のこれまでの英語学習環境ではネイティブの正しい発音理解し、学ぶ土台がなかったのです。 実際には正しい発音を理解し、口に出すことができるようになるためには以下のような手順を踏む必要があります。 発音記号を理解する必要がある。 小学生、中学生などまだ頭が柔らかいうちは習うより慣れろで、ネイティブの音声を聞くのも大事です。 また学習指導要綱の変更により、今後の彼らはよりこうした機会を容易に得ることができるでしょう。 翻って、それ以外の多くの英語学習者にとっては、習うより慣れろというやり方は非効率。 そもそも日本にいてはそのような機会も少ないです。 必要なのは、発音記号、舌や口の動かし方などをまずは頭で理解することです。 ここから始めましょう。 ネイティブの発話を聞き、正しい発音を知る 次に必要なのが、ネイティブの実際の発話を知ることです。 発音の法則を論理的に理解したら、今度はそれが実際にどのように運用されているかをわかる必要があります。 現在はネット環境でyoutube 語学学習サイト、ラジオなどネイティブの発話を知ることができるようになっています。 こうしたサービスを利用し、まずは正しい発音とはどういうものなのかをインプットしましょう。 アウトプットと正しくできているかどうかの確認をする そして最後に必要なのが、アウトプットです。 頭で理解したものを自分で使ってみましょう。 この段階を経ることができて、初めてスムーズに正しい発音で話すことができるスタート段階に建てます。 多くの方は文法ができるので、こういった段階を踏まずにいきなり、しゃべることからスタートしてしまっているのも事実。 それでは話せないのも無理はありません。 時間はかかりますが同時にやったり、どこかを省くのではなく、細かくこの手続きを面倒くさくとも踏んでいくのが大切です。 また、アウトプットの後には正しくできているかどうか、実際相手に伝わっているかどうかの確認、レビュー作業も必要です。 こういった面倒な作業を根気強く続けていくことで、最終的にはネイティブともそん色なく会話ができるような英語運用能力が手に入るのです。 英語の発音練習に役立つサイト8選 さて、説明が長くなりました。 これからは、上記で説明した手続きを踏んで、英語の発音を学ぶ際にお勧めのサイトあるいはwebサービスを、まとめて10個ご紹介していきます。 まずは発音記号、アクセントのつけ方など、基礎を学ぶことのできるサイトから見ていきましょう。 英語発音の基礎を学ぶサイト 東京外国語大学言語モジュール 言語の分野では国内最高学府といえる、東京外語大学が、広く一般の言語学習者のために、公開している言語学習サイトです。 研究で培った確かな知見をもとに、発音の仕方といった非常に基礎的な部分から文法、対話練習まで行うことができます。 英語以外にも、その他26種類の言語があり、英語を足掛かりに他の言語を学びたいという方にもおすすめ。 甲南大学英語発音入門 神戸にある名門私立大学、甲南大学監修の英語発音を学べるサイトです。 大学の講義のような体系だった項目でまとめられています。 少しとっつきづらさはありますが、しっかり学びたいという方におすすめ。 英語の会 発音記号3時間マスター 英語の会という有志の方が作った英語学習サイトのコンテンツの一つ。 体系だてて、発音記号の仕組みから、読み方、発音の仕方まで学ぶことができるようになっています。 このサイトを使って一気に身に着けてしまうのも手でしょう。 他に紹介した2サイトと比べ文章もわかりやすく、とっつきやすいサイトで勉強したいという方におすすめ。 その他にも、著名参考書の使い方や、英語学習者から見たお勧めの学習サイトに関する紹介もされています。 独学で英語の勉強を始め、まずは何をしたらいいかわからない、そんな方にもお勧めできます。 さて次に実際にネイティブがどのように発音しているのか、正しい発音をインプットするためのサイトをご紹介します。 ネイティブの発話を聞き、インプットをするためのサイト バイリンガール英会話 バイリンガールチカという名前でyoutuberとして活動されている吉田チカさんの英語学習者向け、youtubeチャンネルです。 幼少期をアメリカで過ごし、ネイティブレベルの英語レベルでありながら、初心者にもわかりやすい役立つ毎回の動画が特徴的。 いきなり普通のネイティブの会話や発音はちょっと、という方におすすめ。

次の

サ行と「つ」の発音ができないお子さんへ!ストローを使った簡単練習を紹介

発音 練習 サイト

英会話学校は料金が高いので、できればアプリで発音の練習がしたい。 でもアプリが多すぎてどのアプリにその機能があるか分からない。 ユーザーの評価もあまり当てにならない。 と考えたことがある方に向けて書きます。 この記事が信用に値するかですが、僕は英語ネイティブの元Google社員で、広告の営業をするかたわら、Googleの社員にビジネス英語を教えたり、新人社員向けにプレゼン研修を担当したりもしていました。 なので、英語にはちょっと自信があります! まずBad Newsを先に伝えておくと、 発音の矯正に使える自動評価の技術は、残念ながらまだあまり高くありません。 でもGood Newsは、今の技術でもそれなりに使えますし、今後急速に発展していく領域とは思います。 今回ピックアップした4つのアプリのうち、発音の自動評価が可能なのは、最初の3つだけです。 4つ目は録音による、自己チェックのみのアプリとなります。 最初の3つのアプリについて、 発音の自動評価の精度を試すために、4つのパターンで評価結果を検証してみました。 ネイティブアクセント• 軽めの日本人アクセント• 重めの日本人アクセント• 文章を無視した デタラメ これらを通して、評価がどう変わったかをチェックしました。 結果は、最後にまとめましたので、ぜひ読んでみてください。 では、さっそく見ていきましょう! Contents• どういうアプリ?• 短い会話を動画でリスニングし、スピーキングで発音の評価を受けるアプリ• Androidで4. 0(DL100万以上)、iOSで4. 4の評価 だれ向け?• 初心者から初級者向け• 自動評価による発音練習がしたい方 良い点は?• 発音を3つ星で自動評価してくれる(評価の精度は試したアプリの中で一番高い)。 しかも文中でクリアでない箇所や間違えた箇所を赤い字に変えてくれる。 文章毎に録音され、弱いところを復習できる• 会話に必ずオチがあって飽きない。 ちょっとコメディーっぽくて楽しい。 役者さんもいちいちおもしろい• 英語字幕が逐次、和訳もちゃんと最後にでてきて便利 気になる点は?• 無料版の量は多くはない 他の特徴は?• 発音の口や舌の形などのチュートリアルもある 学習量は?• どういうアプリ?• あのリクルートが開発した英語学習アプリ• 日常会話からビジネス会話までカバー• 各会話毎に、理解クイズ、ディクテーション、会話文の復習、スピーキングの問題集• Androidで 4. 4(DL50万以上)、iOSで4. 2の評価• 基本は有料(月1058円税込)、無料だと1レベルにつき1会話まで• 1週間の無料お試し期間もある だれ向け?• レベル1から7で、初級から上級までカバー(コアターゲットは初級者から中級者向け)• スピーキングの自動評価も含めて、リスニングからリーディング、ライティングまで網羅 良い点は?• 圧倒的な会話の量。 無料アプリ何十個分の価値• 会話の文章毎に発音の自動評価、録音による復習、お手本のチェックが可能 (評価の精度はまあまあ)• 発音の自動評価では、特に発音がダメだった箇所の発音チュートリアルを動画で見せてくれるのはとても良かった• とにかくアプリの完成度が非常に高い。 分かりやすさ、美しさ、操作性など抜群。 このあたりは、さすがリクルート 気になる点は?• スピーキングの自動評価の精度は、まだ完璧ではない• ディクテーションは、Keyboardのヒントが多いので、それほど難しくはない 他の特徴は?• 学習時間の管理が、細かく正確かつ自動でできる• BGMがめっちゃやる気でるw(Defaultで設定されている「New Year」という曲)。 なんでか分からないけど、めっちゃテンション上がる! 学習量は?• 圧巻の学習量。 日常会話の習得に900時間必要と言われているため、420時間は本当にすごい量• 中級ぐらいから始めても、充分満足できる量なはず アプリのダウンロードと、無料体験の申込みはこちらからできます。 どういうアプリ?• 日常的なフレーズの例文を聞いて、発音の自動評価機能を使ってスピーキングの練習ができるアプリ• Androidで4. 3(DL10万以上)、iOSで4. 2の評価 だれ向け?• 初心者から初級者向け• 自動評価による発音練習がしたい方 良い点は?• 発音の自動評価は、Perfect!Good!NiceTry!の3段階(でも評価精度はいまいち)• さまざまなフレーズの復習にも使える 気になる点は?• 広告あり• フレーズ聞き流しという機能で、聞き流しができる 学習量は?• 9表現 x 8フレーズ x 5パターン = 360パターン x 1分 = 6時間分ぐらいのコンテンツ アプリのダウンロードは、こちらからできます。 【Android】English Speaking Practice(録音による自己チェック) 録音機能だけでもいいので、はっきりとしたきれいなアクセントを学びたい、という方はこのアプリ。 どういうアプリ?• 1分以内の短い会話を聞いた後、理解度チェック問題が4つ、スピーキング練習と録音機能• Androidで4. 6(DL100万以上)、Android版のみ だれ向け?• 初心者から初級者向け• 録音によるスピーキングの練習がしたい方 良い点は?• 発音の評価機能はないが、録音して自己チェックできる• プロの声優がはっきり話してくれるので、聞き取りやすい• かなり模範的なきれいな米国アクセントが参考になる 気になる点は?• 全画面広告がたまに出る 他の特徴は?• 広告オフやオフラインモードは有料 学習量は?• ビギナーとビジネスの2カテゴリーx200会話 = 400会話x2分 = 800分 = 13時間分ぐらいのコンテンツ アプリのダウンロードは、こちらからできます。 発音練習のゴール ここまでお読みいただくとお分かりと思いますが、発音の自動評価の技術は、まだまだ発展途上のようです。 ですので、やはり発音はオンライン英会話や学校などでフィードバックをもらうのが良さそうです。 ただ、前に記事にもしましたが、発音のゴールというのは 「ネイティブに近づける」というものではありません。 そうではなくて、 「相手に理解してもらう」ということがゴールですので、極端な話、相手に理解してもらえさえすれば、どんなに日本人のアクセントだっていいんです。 なので、発音を直すうえでの目的意識としては、 「自分の発音のどこが聞き取り難いか、誤解を与えているか」、ということを経験則的にデータを蓄積していってコツコツとその箇所を直していくしかありません。 そして、 日本人アクセントながらに誤解がゼロになった時、あなたの日本人アクセントの英語は最強になっているんです。 発音評価の検証結果 では、最後に自動評価の精度を見てみましょう! アクセント SpeakingPal スタディサプリ 日常英会話表現 ネイティブ・アクセント 星3つ( 数カ所ミスを指摘… ネイティブなのになんでや!厳しい!) Great! Nice Try! (え?) Nice Try! 結論としては、 発音の自動評価だけについて言えば、SpeakingPalが圧倒的に強かったです。 日常英会話表現(アプリ名)はデタラメ以外は全てPerfect!となってしまい、かなり甘いことが判明しました(リスニングとフレーズの勉強にはなると思います)。 そして、天下のスタディサプリはというと、ネイティブと軽めの日本人訛りの差が全くなく、中級者以上では差が出難いかもしれません。 でぃえごです、こんにちは! ブログ読んでくれてありがとうございます。 2017年暮れにバンコクに移住した英語ネイティブです。 タイ語を毎日勉強していたら、言語習得の乗り越え方が見えてきたので、このブログを始めました。 幼少期は、香港・米国・ドミニカ・英国を移り住み、大学から日本です。 当時はケインコスギのような日本語を話していましたが、今は日本語もネイティブです。 英語は、僕の人生でさまざまなとびらを開いてくれました。 英語ができれば、人生は変わります。 人生を変えたいと思っている方に、もっと自分らしく生きる手助けができれば嬉しいです。 タイトルには、そんな想いも込めました。

次の