ダービー物語事件。 東京優駿(G1) 5走表示

ダービー物語

ダービー物語事件

昔のダービー物語やソルジャーなど射幸性が高く社会的不適合機となりましたが、自分はそのころ1日5万円負けはほとんど無く、月に10万円負けはほとんどありませんでした。 (その逆もですが) 羽根モノも多くあり1万円あれば1日遊べるものが多かった気がします。 最近のCRはMAXでなくライトミドルや下手をすると甘デジでさえ1日5万円負けや5万円勝ちがあります。 月に10万円負けや10万円勝ちもかなりあります。 余程現在の方が射幸性が高く昔に比べれば社会的不適合機ばかりになるような気がします。 もう昔のように羽根モノが増えたり遊べる時代はこないのでしょうか。 ちなみに1パチとかは考えずに昔のように4円で2.5円交換とかも復活しないのでしょうか。 まずは、ダービー物語事件の背景について。 ダービー物語は社会的不適合機問題の発端となりましたが、 平和社員が逮捕されたのは、アタッカーの釘曲げによって 連荘を誘発する不正プログラムを仕込んだという風営法違反容疑です。 その背景にあったのは、行政側のパチンコCR機化の構想であり、 現金機・連荘タイプの「ダービー物語」が槍玉に挙げられたというのが実態です。 もっとも、CR機の方が連荘性能、射幸性が高いのはご存知の通りです。 特に最近の機種は、大当たり確率・確変突入率の他に大当たりの ラウンド振り分けを極端にする等により、かなり荒いスペックが多いですね。 4円で2. 5円交換やLN制なども復活する可能性はごく小さいですね。 何故ならば、客の多くはそういった交換率・システムを望んでいないからです。 ホール最大手のマルハンが、一律調整、等価を中心とする高価交換の 店舗を展開しています。 そして、そういったホールの稼働率が高いのが現実です。 パチンコ遊技の大きな時代の流れは、「平等化」です。 パチンコの機械は、打ち手の技術が収支を大きく左右する手打ちや 羽根物の時代を経てデジパチ中心になってきました。 現在の機種でも、技術介入要素がないわけではありませんが、 一日単位では差がつき難い、プロでも素人でもほぼ同じ土俵というのが特徴です。 電チュー1個戻しなどはその最たる例でしょう。 また、パチンコホールは等価化、高交換化が進み、持ち玉比率の重要性が 薄らいできました。 朝一から打つプロでも仕事帰りのサラリーマンも同じ土俵です。 それは遊技者の裾野を広げますし、平均稼働を底上げするという点でも ビジネスとしてまったく正義なのでしょう。 しかし、平等化は「すべての人にもれなく負けてもらう」という側面もありますね。

次の

ダービー物語事件 違法改造台摘発? 悪徳メーカーの真実

ダービー物語事件

『 ダービー物語』(ダービーものがたり)は、に が開発、発売したをモチーフとした。 保留玉タイプ。 『』に続く物語シリーズ。 当ページではダービー物語事件についても触れる。 特徴 [編集 ]• 大当たり確率 235分の1• 出玉 約2,300個• それまでの従来機種(『』等)で見られた「ロングリーチがチャンス」とは逆の発想で即大当たり停止のリーチパターンが存在する。 非連続回転中に入賞した場合、特定の絵柄が選択される割合が高かった。 このゲーム性は後に発売された『』でも見られる。 ダービー物語事件 [編集 ] 1993年当時、設置されていた現金機は大当たり終了後の保留メモリーを書き変えて意図的に大当たりを出す機種が登場していた。 これにより保留玉での連荘が発生した。 この現象はVゾーンへの入賞が容易となるよう、極端ながなされないと実現しにくいため、連チャンを誘発する意図的な釘曲げが行われていた。 10月19日、埼玉県警と大宮署が平和本社や平和の工場を家宅捜索、また埼玉県内に設置されていたダービー物語およそ200台を押収 、同月、平和社員とパチンコ店店長が違反の疑いでにされた。 埼玉県警による捜査は拡大し、11月には平和の埼玉営業所が、2度目の家宅捜索を受け社員や係長、所長が逮捕されたほか、宮城・北海道・静岡のホールにも捜査が入った。 また機種の強制撤去だけではなく、ホール事務所や経営者宅、更に平和の各営業所にまで及ぶ大規模捜査が行われた結果、5人が逮捕された。 警察発表では検定の際には連チャンしないプログラムで検定を通過させた後で連荘を誘発する不正プログラムを同機に仕込んだと発表 、一部新聞ではメーカー主導による違法改造機で本社が関与と報じている。 後にこの一件は、現金機によるデジパチ機の連荘が禁止される契機となり、が認められているデジパチの導入を加速させる結果となったが、今度はCR機の過剰な連チャン性が問題視されることになる。

次の

昔のダービー物語やソルジャーなど射幸性が高く社会的不適合機となりました...

ダービー物語事件

自動更新機能もお使いいただけます。 無料版をご利用の皆さま 1時間に1回の定期更新に加え、1日5回までの手動更新もお試しいただけます。 厩舎コメント 枠 馬 番 馬名 コメント 評価 1 1 Q 再度の輸送〈塩手〉 2走前のスプリングSは長距離輸送の影響でイレ込んだが、今はとてもいい精神状態なのでこなしてくれるのでは。 左回りで勝ち鞍もあるし、しぶとさを生かす競馬ができれば。 〈辻野助手〉 1 2 Q 見通しを〈安里〉 相手なりにやれるタイプだが、一線級と走るのは初めてなので胸を借りる立場。 広いコースは合いそうだし状態も悪くないので、早めにいいポジションを取って力を出し切りたい。 〈千田師〉 2 3 Q 仕上がりは〈玉川〉 軽い捻挫で皐月賞を回避する形になったが、中間は素晴らしい動きを披露している。 出来には太鼓判が押せるね。 折り合える馬だから二四も大丈夫。 相手はそろうけど楽しみだね。 〈相沢師〉 提供:.

次の