千葉 ゴルフ 場 倒壊。 市原ゴルフガーデン鉄柱倒壊事故

市原市ゴルフ練習場でネット支柱倒壊!修理代や損害賠償は?場所はどこで現在の状況も

千葉 ゴルフ 場 倒壊

経緯 [ ] 事故の発生 [ ] 倒壊した鉄柱は、1973年頃のゴルフ練習場開業時に建設されたもの。 2014年に千葉県内で台風によるゴルフ練習場倒壊事故が起きた際、市原市は「市原ゴルフガーデン」の運営会社に対し、台風など強風が予測される場合は事前の安全点検やネットを下ろす対策を求めていた。 ゴルフ練習場運営会社は台風が近づく前に天井部のネットを下ろしたが、側面のネットは固定式のため下ろすことができなかった。 2019年9月9日未明、房総半島台風により千葉県では観測史上1位となるを記録した風により、ゴルフ練習場のネットを支える高さ約30メートルの鉄柱13本が約110メートルにわたって倒壊、近隣の住宅16軒が屋根を押しつぶされる等の甚大な被害を受け、20代の住民女性が重傷、生後3カ月の乳幼児が負傷した。 事故後の展開 [ ] 同年9月11日(事故2日後)に住民説明会が開かれ、当初「市原ゴルフガーデン」のオーナーは、修繕費や代等の全てを補償するとの意向を示した。 同年9月12日(事故3日後)、市原市はに基づき、ゴルフ練習場運営会社に対し、鉄柱の建築確認当時の状況・施工・管理についての報告を求めた。 また、と市原市は9月10日に現地調査を実施、コンクリートの基礎部分を固定するボルトの複数箇所破断等を確認した。 現地調査の結果次第では、オーナー側の設備管理責任が問われる可能性がある。 同年9月13日(事故4日後)、ゴルフ練習場側のが被災者住民の一部に対し「鉄柱の撤去はするが、なのでそれ以外の補償はしない。 各自がで対応してもらうことになる」と通告した(火災保険での補償は各戸の契約によって範囲が変わる)。 また住民からの「をかけてほしい」という要望に対し、ゴルフ練習場オーナーが「ご自分でやられて、後で領収書を持ってきてください」と発言し住民と対立した。 [ ] 同年9月19日、ゴルフ練習場側の弁護士の「火災保険で足りなかった分は補償する」との意向を不明瞭に感じた住民に対し、当該弁護士は「もし裁判に負けたら損することになりますが、大丈夫ですか?」と発言、住民との対立が深まった。 鉄柱撤去まで [ ] 「」も参照 同年9月26日に開催された被災者住民説明会で、東京都江戸川区の大手解体業者フジムラが倒れた鉄柱を無償で撤去する方針を示した。 被害のあった全世帯から同意を得た上で作業を始めるとしており、被害者の中には無償撤去と聞いて喜びの涙を流すものもあった。 フジムラは事故発生翌日の9月10日、「被災者住民を助けたい」と市原市とゴルフ練習場に連絡していたが 、被災後の混乱によりスムーズに連絡がつかず、9月14日に改めて市原市を通じて支援を申し入れ、ゴルフ練習場側がこれを受ける形で支援が決定した。 同社は10年前に地元の江戸川区と「災害時における重機機材及びオペレーターの供給に関する協定」を結び、区の大規模防災訓練に毎年参加し災害時の出動体制を整備している。 解体費用は概算で約4000万円かかるという。 同年10月10日に開催された被災者住民説明会では、フジムラが撤去作業中のに加入し、その保険料をゴルフ練習場側が支払う方針が示された。 説明会には住民56人が出席し撤去工事開始が決まった(10月15日に準備工事開始、10月28日に本体工事開始)。 当初は工事予定期間は2か月と見積もられていた。 同年10月12日午前6時40分ごろ、市原市は(台風19号)の接近に伴い、ゴルフ練習場の周辺住民108世帯258人にを出した。 これは房総半島台風で倒壊しなかったゴルフ練習場東南側の約20本の鉄柱(高さ30~40メートル)が倒壊する危険への対応であった。 同年10月15日に鉄柱撤去の準備工事が開始され、10月28日に本工事が始まった。 当初の撤去方法を変更したことにより作業効率が上がり、12月中旬の完了予定から大幅に期間が短くなり、11月13日に全ての鉄柱が撤去された。 裁判外紛争解決手続 [ ] 同年10月下旬、ゴルフ練習場オーナーは当初の代理人弁護士を解任、2016年のでの補償対応の経験もある秋野卓生弁護士を代理人とした。 秋野弁護士は、災害ADR()利用を提案した。 同年11月8日に開催された被災者住民説明会では、ゴルフ練習場側は補償に応じる意向を表明した。 千葉県弁護士会紛争解決支援センターが運用開始した災害ADR (千葉県弁護士会では房総半島台風、東日本台風、による災害トラブルでの弁護士手数料を減免)を活用しての解決に向け、ゴルフ練習場側オーナーが弁護士を通じて同センターに申し立てた。 オーナー側弁護士は「自然災害ということはいったん棚に上げて、補償の話をしましょう」「災害ADRで補償請求できます」「年内にも決着をつけたい」と発言、補償を迅速に進めたい意向を伝えた。 同年11月24日、ゴルフ場オーナーと秋野代理人はので記者会見を開き、ゴルフ練習場の土地を売却して住民への補償費に充てる方針を明らかにした。 オーナーは「収入もなくなるが、(土地売却が)一番責任を取る方法」と話し、秋野代理人は住民の多くから「練習場が今後も残ると鉄柱倒壊の不安がある」との声があったことを話した。 ゴルフ練習場側は当初「事業譲渡による資金捻出」を検討したが、更地にした上での土地売却を決め、株式会社フジムラに練習場解体を依頼して有償での工事を前提に早期着工の約束を取り付けた。 更地にした後に買い手を募り、価格の見通しが立った段階で補償可能額を住民に提示予定との方針が示された。 脚注 [ ] []• 読売新聞. 2019年12月7日閲覧。 デイリー新潮. 2019年12月7日閲覧。 [ ]• 2019年12月7日閲覧。 、2019年9月26日朝刊、2020年1月23日閲覧。 産経新聞. 2019年12月7日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年12月7日閲覧。 産経新聞. 2019年12月7日閲覧。 千葉日報. 2019年12月7日閲覧。 時事通信. 2019年12月7日閲覧。 毎日新聞. 2019年12月7日閲覧。 千葉日報. 2019年12月7日閲覧。 日本経済新聞. 2019年12月7日閲覧。 千葉日報. 2019年12月7日閲覧。 千葉県弁護士会公式サイト• 日刊スポーツ. 2019年12月7日閲覧。 関連項目 [ ]• - 鉄柱撤去の無償支援を行った解体業者• ADR.

次の

台風15号・ゴルフ練習場のポールが倒れた原因は?その賠償は?

千葉 ゴルフ 場 倒壊

好きな場所にジャンプ!• 9月19日のメディアを見ての賠償について 9月19日 メディアにその後の放送が流れました。 被害を受けた方たちの説明会は11日 13日になって、住民の所に電話で 「自然災害なので法的に責任はないという立場でやらせてもらいます。 被災した家は自分たちの火災保険で修理してもらうことになる」と言われたそうです。 自然災害にしても、ネットが倒れる原因はあるはずです。 9月8日に、6時過ぎから、静岡県、沼津市レベル4で避難勧告が出ていました。 この台風は中心気圧は960hPa、最大瞬間風速は60メートル、風速25メートル以上の暴風域を伴って、神奈川県や東京都、千葉県では夜遅く 午後9時から 、埼玉県や茨城県は9日 月 未明に、上陸する恐れがあると予想されていました。 実際には、午前4時に千葉市付近に上陸したとの事です。 千葉県市原市にはその少し前!午前3時頃から強い風が吹き、 木更津市では、午前2時48分に 最大瞬間風速49.0を記録した。 台風15号は、その直後に、 千葉県市原市のゴルフ練習場『市原ガーデン』の、 ネットを支える複数のポールが隣接している、住宅地の方向に倒れ込みました。 ポールの高さは、10メートル以上、長さ140メートル以上のネットとポールが、 10棟の住宅を襲い、午前3時という時間もあって、 住民は、就寝していて、2階に寝ていた、生後3か月の男児は、 かすり傷であったが、無事救出された。 その中の1件の住宅では、20代の女性が、胸や腹を挟まれ重傷を負っている。 当時、1階で就寝中だった男性は、「午前3時過ぎにすごい音がして、 2階に上がると屋根が割れていて、天井から雨が降っていた。 」と話しています。 ゴルフ練習場のポールが倒れた原因は? ストリートビューで見る限り、主柱と支柱は直角三角形で直角面の主柱がゴルフ場側で無いと、内側にあるネットの上げ下げが出来ません。 短時間ですべて下す事も無理だったという説もありますが、安全を考えたら、 ぎりぎりまで営業せずに対応する事も大事なのではと思います。 もう一つ、原因なのではと言う証言は、 住民の話で、「倒れた鉄柱は、48年前の建設当時のもので、 ゴルフボールが住宅街に飛ばない様に20年くらい前に継ぎ足した。 途中から継ぎ足して、果たして強度は大丈夫なのかと不信感だった」と。 原因としては、強い雨と風の台風15号が上陸するとわかっていたのに、 ゴルフ練習場のネットをすべて下さなかった。 倒れた鉄柱は、 20年くらい前に継ぎ足した鉄柱で、土台や強度が不安だった。 台風の強風が予測を超えていて風向きで住宅街の方向強く吹いた。 以上のような事が原因だったのではないでしょうか。 スポンサーリンク 今後の住民への賠償は? 台風15号の影響で、千葉県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」のネットを支える複数の鉄製の支柱が倒れ込み、 住宅被害を受けた住民とゴルフ場オーナーの話し合いが11日行われた。 出席した住民によると、住民の意向を受ける形で開催され、オーナーは、謝罪をすると同時に、補償を行う意向を示した。 住民からは、 当面の衣食住について、また、道路は車が通行できない状態になっており、移動手段についての質問が出た。 オーナーは、アパートを借りたり、ホテルに住む場合、私が出します。 後から領収書を下さい。 と言ったが、長期に及んだ場合はどうなるのか?といった質問などもした。 これからどう話し合いが進むのかまだわからないと不安をのぞかせた。 Yニュース 日刊スポーツより お金の事に関して不安に思っている事は、ゴルフ場側からの賠償と、 住民が入っている火災保険と自動車保険で、補償はされるのかと言う事ではないでしょうか。 ゴルフ練習場のオーナーは、「アパートを借りた時、ホテルに住み場合、私が出します。 」と、言っていますが、こういう施設の場合、 一般企業向けの賠償責任保険に加入しているのが一般的で、 該当しそうな損害保険は、施設所有者(管理者)賠償責任保険。 ここで該当しそうな補償内容は、• 施設の安全性の維持・管理の不備や構造上の欠陥• 施設の用法に伴う仕事の遂行 が原因となり、他人にけがをさせたり、他人のものを壊したりしたために、 被保険者(保険の補償を受け取ることができる方)が法律上の損害賠償責任を、 負担された場合に被る損害を補償できる保険です。 日本国内で、保険期間中に発生した事故が対象です そして、住民側の保険としては、火災保険 火災保険の6つの補償の中で• 火災・落雷・破裂・爆発• 風災・雹(ひょう)災・雪災• 水濡れ• 破損・汚損等 の中で、該当するものがあれば、 例えば6の破損・汚損などは、 不測かつ突発的な事故として保険金がもしかしたら、 支払われることもあるのではないでしょうか。 まとめ 台風15号が2019年9月8日から9日の未明にかけて、 風と雨が脅威的にすごい台風が、千葉県市原市の住宅街を襲い、 ゴルフ練習場のポールを140メートルにわたりなぎ倒してしまいました。 その結果、住宅街に倒れ10件の住宅や車を壊してしまいました。 そして、ポールが道を塞ぐ事により、道路事情にも不便が生じています。 原因は、台風の雨や風もありますが、40年前のポールに継ぎ足しをして、 より高いネットを設置したのではないか? そして、そのネットを、台風が来るのをわかっていて、全部外さなかったため。 賠償に関しては、弁護士を通して交渉が進めていくが、 ゴルフ練習場側からの賠償は、保険の対応で賄っていくのではないでしょうか。 住民側は、今回の事はとても災難で、予測できる事ではないし、 大変な事が起こってしまったと思われていると思います。 損害保険の請求をして、また、以前の生活に戻れることをお祈り申し上げます。 こんにちは!しえです。 静岡に引っ越してきて、10年! 毎日、ぼ~としていても、 もったいないと思い、 毎日の気になる出来事や、ドラマの事、 紹介していきます。 そして、仕事の合間に、見聞きした海、山、観光、 食事の見どころスポット、食べどころスポットを 紹介していきます。 好きな場所にジャンプ!• 最近の投稿• 最近のコメント• に しえ より• に セフィママ より• に しえ より• に より アーカイブ• 2 カテゴリー• 人気記事ランキング•

次の

市原市ゴルフ練習場でネット支柱倒壊!修理代や損害賠償は?場所はどこで現在の状況も

千葉 ゴルフ 場 倒壊

9月に発生した台風15号は、特に千葉県で多くの爪痕を残し、停電や家屋の損害で通常の生活がままならない方もいる状況です。 特に大きく取り上げられた事故が、市原市のゴルフ練習場で、強風により鉄柱が倒壊し住宅を直撃したものでした。 かなりの高さ・重量の鉄柱が倒壊したため、住宅に被害が出ただけでなく、その鉄柱が未だ除去できていないことも、大きな問題となっています。 その問題に、民間の解体業者が助け舟を出そうとしています。 無償で撤去しようという方針を示していて、この善意に地域住民はもちろん、ネットからも感謝や称賛の声が上がりました。 市原市のゴルフ練習場鉄柱倒壊事故に、無償で名乗りを上げた「フジムラ」という業者についてや、今後の鉄柱撤去の見通しなどについてまとめています。 ゴルフ場鉄柱倒壊、解体業者フジムラが無償撤去の方針 出典: 台風15号で倒壊、住宅に直撃したゴルフ場の鉄柱の除去について、東京都に本社を置く解体業者「株式会社フジムラ」が住民説明会を行いました。 説明会では撤去に2か月ほどかかる見通しであることや、鉄柱の除去は無償で行う方針であることが説明されています。 「フジムラ」は解体業者の中でもかなりの大手で、東京オリンピックに向けた新国立競技場に伴う、旧国立競技場の解体工事なども手がけているところです。 信頼できる大手により解体工事が進められるのなら、地域の方も安心できますね。 倒壊した鉄柱のゴルフ場「市原ゴルフガーデン」は未だ対策打ち出せず 今回の台風による鉄柱倒壊は、鉄柱の所有者であるゴルフ場「市原ゴルフガーデン」が、有効な対策を打ち出し、住民に説明することができていませんでした。 住宅の補償などの金額は莫大な金額となりますし、鉄柱の撤去だけでも相当な費用がかかり、自社だけで片付けられる問題ではありません。 行政も、市の所有物ではない鉄柱を勝手に除去することはできず、手をこまねている状況でした。 そのため、今回第三者である解体業者「フジムラ」が無償で鉄柱除去に名乗りを上げたのは、まさに助け船となります。 無償で倒壊鉄柱撤去に名乗りのフジムラにネットから称賛の声 無償で台風により倒壊した鉄柱を除去しようと申し出た解体業者「フジムラ」に対し、住民からは感謝の声が上がっています。 説明会では涙を流す住民の姿もありました。 ネットでも、無償で撤去を行う方針の同社に多くの称賛の声が寄せられています。 今回の台風で倒壊したゴルフ場の支柱を無償で撤去するという株式会社フジムラさんすごいな… — あそま🌈フェス両日 WATANABE201712 しかし、鉄柱倒壊により被害を受けた住宅にお住まいの方の生活再建は、これがほんの始まりにすぎません。 まず、解体業者が無償での鉄柱撤去に名乗りを上げたとはいえ、鉄柱の所有者であるゴルフ練習場に同意を取り付けなければなりません。 また、鉄柱の撤去には2か月ほどかかる見通しであり、これも今後の天候状況などにより遅れが出る可能性があります。 そして、解体業者が手助けできるのは鉄柱の撤去だけであり、壊れてしまった住宅の補償は全くの別問題です。 ゴルフ練習場の設備に不備があったとしても、莫大な補償費用を全額ゴルフ練習場が支払うことはかなり困難となります。 設備に不備がなく、天災による倒壊と認められた場合は、ゴルフ練習場に補償責任を求めることすらできません。 行政の支援がどこまで受けられるのかも含め、被害者の方の生活再建はまだ見通しが立っておらず、被害者の方の不安はまだ拭えない状況です。 一刻も早く住民の生活が元通りになるように 千葉県を暴風が襲った台風15号による被害は、まだ地元住民の方の生活に大きな影を落としています。 停電はほとんどの家庭で解消されていますが、今でも一部の家で電気が供給されておらず、電気のない生活が長期化しているところも。 ゴルフ場の鉄柱直撃を受けたところ以外でも、損壊被害のある住宅は多く、地域住民の方が早く元通りの生活に戻れることを祈りましょう。 鉄柱の撤去作業が始まる 10月28日から鉄柱の撤去作業が開始しました。 初日には両脇の鉄柱から撤去を始め、2日目には13本あった鉄柱が10本になっていました。 鉄柱は切断をしながら1本ずつ撤去しますが、縦の鉄柱をつなぐようにして横に渡る鉄柱が作業を困難にしています。 縦の鉄柱はこれ以上家を破壊しないように下に支えを入れていますが、横の柱でバランスを取っている部分もあるので、クレーン2台を使用しながら慎重に作業が行われています。 撤去作業がはじまったことで、1ヶ月半動かせなかった車を無事に移動させることができた住人もおり、ようやく始まった撤去に顔がほころぶ一面もありました。 作業の完了は12月中旬くらいになるそうです。 補償はどうなる? 進まない住人とゴルフ場の話し合い フジムラが撤去作業を開始しましたが、まだ住人とゴルフ場での補償の話し合いは平行線をたどっています。 今回の撤去時に発生した損害にたいしては、フジムラが賠償責任保険に加入し、保険料はゴルフ場が不安します。 しかし、被害のあった住宅の補償については、ゴルフ場の担当弁護士から 「天災なので(住民それぞれの)火災保険で対応して欲しい」 「自然災害なので過失責任はない」 という連絡があったそうです。 住人たちは不服を申し立てていますが、話は平行線のまま進んでいません。 現在仮住まいなどで自宅を離れている住人達が、安心して自宅に戻れるのはいつになるのでしょうか。 関連記事.

次の