日本 郵便 クリック ポスト と は。 郵便局のクリックポストの使い方とは?サイズ/料金/配達日数/追跡方法

個人情報を抜かれる被害が多発!日本郵便の偽サイト情報まとめ

日本 郵便 クリック ポスト と は

送料は日本全国一律185円。 自宅で宛て名ラベルを作成したら、後はポストへ投函するだけと、とてもお得で便利なクリックポスト。 しかも、 クリックポストは荷物の追跡ができるので、ネットオークションやフリマアプリでの商品発送時などに、ぜひ利用したい郵送方法です。 ところで、 ポスト投函した後のクリックポストはどのように追跡すればよいのでしょう。 郵便窓口で追跡番号の書かれた領収書を渡される訳ではありませんし、…ちょっと戸惑ってしまいますよね。 そこで、クリックポストの追跡方法について、丸ごと徹底解説します!クリックポストの補償や集荷などについても、併せてご説明しますよ。 しっかりマスターして、クリックポストを上手に活用していきましょう。 知っておきたいクリックポストの追跡方法 「 無事に受取人に配達されたかな…。 」 ポストへ投函後、気になるのはクリックポストの行方ですよね。 そんな時に活用したいのが『』。 ポスト投函後の配達状況を、パソコンやスマートフォンからいつでもどこでも確認することができます。 それでは早速、クリックポストの追跡方法を詳しくみていきましょう。 数字12桁の追跡番号を確認 クリックポストを追跡するためには、必ず『 追跡番号』が必要です。 追跡番号とは、追跡ができる郵便物一つひとつに割り当てられている番号のこと。 クリックポストの場合、『 628』から始まる12桁の数字が追跡番号となります。 クリックポストのマイページで追跡 クリックポストの発送側であれば、クリックポストのマイページから簡単に追跡することができます。 ちなみに、クリックポストは、『』または『』を持っていることが利用条件とされています。 下記の事前手続きをして、『』のサイトにログインすると、クリックポストのマイページが開きますよ。 クリックポストを利用するに当たっての事前手続きはありますか。 次の手続きが必要となります。 1 Yahoo! ウォレットを利用する場合 Yahoo! JAPAN IDの取得 クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただきます。 Yahoo! ウォレット クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Yahoo! ウォレットによりお支払いいただきます。 Amazon Pay クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Amazon Payによりお支払いいただきます。 出典: クリックポストの詳しい利用方法は、『』を確認してみてくださいね。 そして、クリックポストのマイページを利用した追跡方法は次の通りです。 日本郵政ホームページから『』のサイトへログインする。 マイページから、該当するクリックポストの追跡番号をクリックする。 検索結果画面で配達状況を確認する。 たった3STEPでとても簡単ですよね。 検索結果画面に『 お届け先にお届け済み』と表示されていれば一安心。 発送したクリックポストが無事に送り届けられた証拠です。 尚、すでにお話した通り、 マイページからクリックポストの追跡ができるのは、発送側のみとなります。 クリックポストを受け取る側の場合は、次にご説明する方法で追跡してくださいね。 日本郵政の個別番号検索ページで追跡 日本郵政ホームページからもクリックポストの追跡ができますよ。 追跡方法は次の通りです。 日本郵政ホームページから『』にアクセスする。 お問い合わせ番号の欄に628から始まる数字12桁の追跡番号を入力し、『 追跡スタート』ボタンをクリックする。 検索結果画面で配達状況を確認する。 こちらの追跡方法も、表示される検索結果はクリックポストのマイページを利用した場合と同じです。 『 お届け先にお届け済み』と表示されていれば、クリックポストは無事に届いていますよ。 尚、日本郵政ホームページの『 個別検索画面』を利用する場合は、 追跡番号の入力ミスに注意しましょう。 間違った数字を入力してしまうと、結果画面に『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』と表示されてしまい、正しく追跡できません。 これは、クリックポストが配達員によって配送トラックやバイクに積まれ、現在配達中であることを意味します。 『 持ち出し中』と表示されていたら、配達完了までもう一息。 基本的には、当日中に受取人の元へ送り届けてもらえますよ。 クリックポストがどれだけの日数で配達できるのかは『』の記事で詳しく解説しています。 」 そんな場合でも大丈夫!クリックポストの宛て名ラベルの他、宛て名ラベルと一緒に印刷される『 ご利用の控え』や『』でも、しっかり追跡番号 お問い合わせ番号 の確認ができますよ。 追跡結果の反映には時間がかかる 『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』 上記の方法で追跡番号を確認して、早速追跡スタートと思いきや、検索結果画面にお問い合わせ番号が見つかりません、と表示されてしまう場合があるんです。 「 マイページからも追跡できないし、日本郵政のホームページで追跡番号を正確に入力しても追跡できない…。 」 そんな時は、次の通り、追跡サービスに情報がまだ反映されていない可能性がありますよ。 荷物の追跡サービスを利用したところ、「 お問い合わせ番号が見つかりません。 」と表示されました。 どこに問い合わせればいいですか? A. 荷物を発送された当日の場合 追跡サービスに最新情報が反映されるまでに多少のお時間がかかります。 もうしばらく経ってから追跡サービスをご利用ください。 荷物を発送された翌日以降の場合 お荷物のラベル控え、なければお荷物番号 追跡番号 をご用意のうえ、お荷物を差し出された住所の最寄りの郵便局へお問い合わせください。 出典: 実は、クリックポストの追跡番号が反映されるのは、郵便局の担当局員が宛て名ラベルについているバーコードを読み取った後なんです。 そのため、ポスト投函したクリックポストが郵便局に届いて処理されるまでは、『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』と表示されてしまうのです。 クリックポストには補償がないので要注意! 手軽にポスト投函できて、全国一律185円のお得な送料が魅力のクリックポスト。 その上、配達状況の追跡ができるのだから、使わない手はないですよね。 ただし、利用する前に押さえておきたい注意点があるんです。 万一配送途中に事故があった場合でも、内容品の損害賠償は行いません。 出典: 上記の通り、クリックポストには補償が付いていません。 特に、ネットオークションやフリマアプリなどで商品を発送する場合、補償の有無は重要ポイント。 クリックポストが届かなかったり、無事に届けられても、中身が破損していては大問題ですよね。 クリックポストが届いたが、内容品が壊れていました。 損害賠償してもらえますか? A. 内容品についての損害賠償は行いません。 出典: つまり、 配送途中でクリックポストが無くなったり中身が破損してしまった場合、補償されるのは運賃相当額のみ。 原則、内容物について損害賠償は行われませんので注意しましょう。 重要な郵便物を送りたいのですがよい方法はありますか? A. 書留をお勧めいたします。 引受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等 ゆうパックを除きます。 が壊れたり、届かなかったりした場合に、原則として差出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償します。 また、受け取っていただく場合、手渡しで受領印かサインをいただいております。 郵便物に補償を付けて大切に送りたい場合の解決策は、やはり『 書留』のオプションサービスを付けることです。 そこでここからは、この書留について詳しくご説明していきますね。 書留の種類と補償内容 すでにお話した通り、『 書留』とは、引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合に、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるオプションサービスのことです。 書留の種類と補償内容は次を参照してください。 まとめ クリックポストは、手軽でお得な上、追跡をして配達状況の確認ができるとても便利な配送サービスです。 追跡方法もとても簡単!クリックポストのマイページから該当する追跡番号をクリック、または、日本郵政ホームページの個別番号検索画面に追跡番号を入力するだけで、クリックポストの行方をいつでも把握することができますよ。 ただし、 追跡できるようになるのは、郵便局でクリックポストの引受処理が完了してからとなります。 ポスト投函後、すぐに追跡できる訳ではないので注意してくださいね。 また、クリックポストは安価で手軽な分、補償が付いていません。 大切に送り届けたい場合は、別の配送サービスに書留のオプションを付けて送るなど、必要に応じて上手に使い分けていきましょう。

次の

個人情報を抜かれる被害が多発!日本郵便の偽サイト情報まとめ

日本 郵便 クリック ポスト と は

送料は日本全国一律185円。 自宅で宛て名ラベルを作成したら、後はポストへ投函するだけと、とてもお得で便利なクリックポスト。 しかも、 クリックポストは荷物の追跡ができるので、ネットオークションやフリマアプリでの商品発送時などに、ぜひ利用したい郵送方法です。 ところで、 ポスト投函した後のクリックポストはどのように追跡すればよいのでしょう。 郵便窓口で追跡番号の書かれた領収書を渡される訳ではありませんし、…ちょっと戸惑ってしまいますよね。 そこで、クリックポストの追跡方法について、丸ごと徹底解説します!クリックポストの補償や集荷などについても、併せてご説明しますよ。 しっかりマスターして、クリックポストを上手に活用していきましょう。 知っておきたいクリックポストの追跡方法 「 無事に受取人に配達されたかな…。 」 ポストへ投函後、気になるのはクリックポストの行方ですよね。 そんな時に活用したいのが『』。 ポスト投函後の配達状況を、パソコンやスマートフォンからいつでもどこでも確認することができます。 それでは早速、クリックポストの追跡方法を詳しくみていきましょう。 数字12桁の追跡番号を確認 クリックポストを追跡するためには、必ず『 追跡番号』が必要です。 追跡番号とは、追跡ができる郵便物一つひとつに割り当てられている番号のこと。 クリックポストの場合、『 628』から始まる12桁の数字が追跡番号となります。 クリックポストのマイページで追跡 クリックポストの発送側であれば、クリックポストのマイページから簡単に追跡することができます。 ちなみに、クリックポストは、『』または『』を持っていることが利用条件とされています。 下記の事前手続きをして、『』のサイトにログインすると、クリックポストのマイページが開きますよ。 クリックポストを利用するに当たっての事前手続きはありますか。 次の手続きが必要となります。 1 Yahoo! ウォレットを利用する場合 Yahoo! JAPAN IDの取得 クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただきます。 Yahoo! ウォレット クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Yahoo! ウォレットによりお支払いいただきます。 Amazon Pay クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Amazon Payによりお支払いいただきます。 出典: クリックポストの詳しい利用方法は、『』を確認してみてくださいね。 そして、クリックポストのマイページを利用した追跡方法は次の通りです。 日本郵政ホームページから『』のサイトへログインする。 マイページから、該当するクリックポストの追跡番号をクリックする。 検索結果画面で配達状況を確認する。 たった3STEPでとても簡単ですよね。 検索結果画面に『 お届け先にお届け済み』と表示されていれば一安心。 発送したクリックポストが無事に送り届けられた証拠です。 尚、すでにお話した通り、 マイページからクリックポストの追跡ができるのは、発送側のみとなります。 クリックポストを受け取る側の場合は、次にご説明する方法で追跡してくださいね。 日本郵政の個別番号検索ページで追跡 日本郵政ホームページからもクリックポストの追跡ができますよ。 追跡方法は次の通りです。 日本郵政ホームページから『』にアクセスする。 お問い合わせ番号の欄に628から始まる数字12桁の追跡番号を入力し、『 追跡スタート』ボタンをクリックする。 検索結果画面で配達状況を確認する。 こちらの追跡方法も、表示される検索結果はクリックポストのマイページを利用した場合と同じです。 『 お届け先にお届け済み』と表示されていれば、クリックポストは無事に届いていますよ。 尚、日本郵政ホームページの『 個別検索画面』を利用する場合は、 追跡番号の入力ミスに注意しましょう。 間違った数字を入力してしまうと、結果画面に『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』と表示されてしまい、正しく追跡できません。 これは、クリックポストが配達員によって配送トラックやバイクに積まれ、現在配達中であることを意味します。 『 持ち出し中』と表示されていたら、配達完了までもう一息。 基本的には、当日中に受取人の元へ送り届けてもらえますよ。 クリックポストがどれだけの日数で配達できるのかは『』の記事で詳しく解説しています。 」 そんな場合でも大丈夫!クリックポストの宛て名ラベルの他、宛て名ラベルと一緒に印刷される『 ご利用の控え』や『』でも、しっかり追跡番号 お問い合わせ番号 の確認ができますよ。 追跡結果の反映には時間がかかる 『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』 上記の方法で追跡番号を確認して、早速追跡スタートと思いきや、検索結果画面にお問い合わせ番号が見つかりません、と表示されてしまう場合があるんです。 「 マイページからも追跡できないし、日本郵政のホームページで追跡番号を正確に入力しても追跡できない…。 」 そんな時は、次の通り、追跡サービスに情報がまだ反映されていない可能性がありますよ。 荷物の追跡サービスを利用したところ、「 お問い合わせ番号が見つかりません。 」と表示されました。 どこに問い合わせればいいですか? A. 荷物を発送された当日の場合 追跡サービスに最新情報が反映されるまでに多少のお時間がかかります。 もうしばらく経ってから追跡サービスをご利用ください。 荷物を発送された翌日以降の場合 お荷物のラベル控え、なければお荷物番号 追跡番号 をご用意のうえ、お荷物を差し出された住所の最寄りの郵便局へお問い合わせください。 出典: 実は、クリックポストの追跡番号が反映されるのは、郵便局の担当局員が宛て名ラベルについているバーコードを読み取った後なんです。 そのため、ポスト投函したクリックポストが郵便局に届いて処理されるまでは、『 お問い合わせ番号が見つかりません。 』と表示されてしまうのです。 クリックポストには補償がないので要注意! 手軽にポスト投函できて、全国一律185円のお得な送料が魅力のクリックポスト。 その上、配達状況の追跡ができるのだから、使わない手はないですよね。 ただし、利用する前に押さえておきたい注意点があるんです。 万一配送途中に事故があった場合でも、内容品の損害賠償は行いません。 出典: 上記の通り、クリックポストには補償が付いていません。 特に、ネットオークションやフリマアプリなどで商品を発送する場合、補償の有無は重要ポイント。 クリックポストが届かなかったり、無事に届けられても、中身が破損していては大問題ですよね。 クリックポストが届いたが、内容品が壊れていました。 損害賠償してもらえますか? A. 内容品についての損害賠償は行いません。 出典: つまり、 配送途中でクリックポストが無くなったり中身が破損してしまった場合、補償されるのは運賃相当額のみ。 原則、内容物について損害賠償は行われませんので注意しましょう。 重要な郵便物を送りたいのですがよい方法はありますか? A. 書留をお勧めいたします。 引受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等 ゆうパックを除きます。 が壊れたり、届かなかったりした場合に、原則として差出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償します。 また、受け取っていただく場合、手渡しで受領印かサインをいただいております。 郵便物に補償を付けて大切に送りたい場合の解決策は、やはり『 書留』のオプションサービスを付けることです。 そこでここからは、この書留について詳しくご説明していきますね。 書留の種類と補償内容 すでにお話した通り、『 書留』とは、引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合に、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるオプションサービスのことです。 書留の種類と補償内容は次を参照してください。 まとめ クリックポストは、手軽でお得な上、追跡をして配達状況の確認ができるとても便利な配送サービスです。 追跡方法もとても簡単!クリックポストのマイページから該当する追跡番号をクリック、または、日本郵政ホームページの個別番号検索画面に追跡番号を入力するだけで、クリックポストの行方をいつでも把握することができますよ。 ただし、 追跡できるようになるのは、郵便局でクリックポストの引受処理が完了してからとなります。 ポスト投函後、すぐに追跡できる訳ではないので注意してくださいね。 また、クリックポストは安価で手軽な分、補償が付いていません。 大切に送り届けたい場合は、別の配送サービスに書留のオプションを付けて送るなど、必要に応じて上手に使い分けていきましょう。

次の

個人情報を抜かれる被害が多発!日本郵便の偽サイト情報まとめ

日本 郵便 クリック ポスト と は

日本郵便の新サービス「クリックポスト」が、2014年6月16日登場。 クロネコメール便もそうですが、 レターパックライト、ポスパケット要らない感じ。 クリックポストの基本スペック• 全国一律164円• ポスト投函可能• 厚さ3cmまで• 重さ1kgまで• Yahooウォレット支払い• 宅配ボックス配達、追跡可能• 信書不可 完全にクロネコメール便を意識してますね。 笑 で、対応サイズ・・・レターパックライトと同じじゃん。 悪くないです、比較します。 クロネコメール便と比較する。 サービスの違いとクリックポストのメリット。 まずは、クロネコメール便のサービス確認。 クロネコメール便の基本スペック• 全国一律 82円(厚さ1cmまで)• 全国一律 164円(厚さ2cmまで)• 厚さ2cmまで• 重さ1kgまで• プラス100円で速達可能• 集荷可能• 信書不可 クリックポストとクロネコメール便と比較したときのメリット。 メリットありまくりです。 対応サイズの違い。 クリックポストは 3cmまで可能なので、これはデカい。 レターパックライトの厚さまで可能。 最近のコンビニは厚さ計測が厳しい。 メール便の厚さを計測するヤツの形状が変わってから、特に厳しい。 配達速度の違い。 これもデカい。 クリックポストは陸送のみなので、正直期待はしていませんでしたが、 定形外郵便レベルの到着の速さ。 ヤフオクの評価から計算したところ、関東から北海道と九州へ2日で到着してます。 クロネコメール便の速達レベルの速さではないでしょうか? 発送作業が楽。 ヤフーウォレット払いなので、はこBOON利用しているなら楽です。 事前払いなので、出すだけ。 ポスト投函可能なので、人に逢う必要もない。 窓口、コンビニで余計な時間を喰わない。 クレジットカード払いが可能。 クロネコメール便をクレジットカード払いにするには、 ファミマで、ファミマTカード払いにするか、 セブンイレブンで、nanacoをクレジットチャージして、 nanacoカードで払うしかありませんでした。 私は今まで、腐るほどのクロネコメール便と、 浴びるほどのレターパックライト、定形外郵便・・・を出していますが、 郵便局関係の、郵送事故のクレームは非常に少ないです。 クロネコメール便の配送自事故のトラブルは、まぁまぁあります。 追跡番号に意味は無い。 それでもクロネコメール便を使う理由。 クリックポストのデメリット。 クリックポスト使いまくりですが、 クロネコメール便と比較すると、劣っていると思われる点もあります。 クリックポストのデメリット・・・と思われる点。 プリンタ必要で、インクも必要。 厚さ1cmは、82円のクロネコメール便の方がお得。 集荷不可• 会員情報の個人名、個人住所でのラベル印刷• 宛名入力が面倒• Tポイント決済不可で、Tポイントも付与されない。 プリンタが必要とか、インク代がかかるとか、 そういった野暮な事は置いといて。 クロネコメール便の方が安い場合がある。 クロネコメール便だと82円の料金からあるので、 厚さ1cm以下の薄いものなら、クロネコメール便で半額82円です。 ちなみに仲が良い店員や、集荷配達人がいる場合。 1cm超えててても、常に82円でやってくれる場合なんかもあります。 ラベル印字、宛名入力が超微妙で不親切。 はこBOON同様、 差出人が会員情報の強制自動入力です。 登録情報強制入力なんで、販路が多数ある場合は困ります。 その都度、店舗名、店舗住所を変更する事ができません。 私はヤフオク!専用で使っているので、問題ないですが、 アマゾン発送でも、ネットショップでも使いたいって場合は、ちょっと微妙です。 販路毎にヤフーIDを使い分けるか?面倒だよね。 また、はこBOONよりも、宛名の入力が面倒っす。 クリックポストは、なぜか 全角で入力しないといけない項目が多い。 品名はともかく、住所も全て全角入力ってのはアホ。 数字やハイフンの全角入力します? コピペ入力できないのは、非常に面倒です。 そのくせ 郵便番号は半角じゃないと認識しない。 これは意味不明。 また、決済後は、住所変更等もできません。 気を付けましょう。 A4印刷するけど貼り付けるのは4分の1のみ。 切り貼りの手間。 クリックポストって、一つの郵便物に対し 1枚のA4用紙が必要です。 ご利用方法や注意事項、禁止行為まで毎度印刷されてきます。 で、実際必要なのは、A4用紙の半分だけ。 更にその半分は、ご利用の控えになっているので、 本当に必要なのは、A4の 4分の1のサイズのみ。 A4に印刷しといて、4分の1に切り取って、更に貼り付けないとイケない。 これまた、非常に面倒。 A4サイズの4分の1は、A6サイズ。 数が多くなると重労働だから。 少しでも効率化していきましょう。 Tポイントが貯まらない。 はこBOONだと、Tポイントたまったのに、 クリックポストはTポイント貯まりません。 Tポイントの利用もできません。 Tポイント消化したいなら、クロネコメール便をファミマートで出しましょう。 集荷には来てくれない。 クリックポストはクロネコメール便と違い、集荷不可ですが・・・ 私はゆうパック集荷ついでに、持っていってもらってます。 ゆうパック後納契約している方なら、 クリックポストも、ついでに集荷してくれる・・はずです。 レターパックライトとポスパケットとゆうメールの利用頻度は減る クリックポストの登場で、レターパックライトとポスパケットは使わなくなりました。 どちらも宅配ボックス配達の追跡可能で、全国一律360円 クリックポストと比べると高いですね。 具体的に比較してみます。 レターパックライト• 厚さ3. 0cmは同じ。 重さは4kgまで可能。 専用封筒あり。 準速達扱いで早い。 信書OK。 ポスパケット• プラス20円で着払い可能。 厚さ3. 5cmまで可能。 重さ1kgは同じ。 信書不可は同じ。 ゆうメール• 重さは4kgまで可能。 プラス20円で着払い可能。 冊子、電磁的記録媒体のみ• 5cmほど厚さ増えるけど、正直誤差の範囲じゃね? ポスパケットは、もぅ使わない。 爆 着払い希望専用ですね。 ゆうメールも 最安180円からなので、薄くて1kg未満のものは、 クリックパック行き決定です。 ゆうメールは 1kgは350円です。 高いです。 追跡不可、冊子限定とか、中身見せろとか、 ゆうメールは基本的に使いづらいので、私は使いません。 レターパックライトは、信書可能なので、 別送で領収書とか送るくらいなら、レターパックライト。 また、重さも 4kgまで行けるので、 薄くて重めの商品には良いかもね。 重さ1kg超えるなら、クリックポスト2通出した方が安い場合もあります。 この辺は、臨機応変に。 準速達と専用封筒は、おまけレベル。 日本郵便で再び新しいサービスです。 封筒込みで180円だけど、クリックポストに比べると断然劣る。 レターパックプラス、定型外郵便はまだまだ使える。 レターパックライトと、ポスパケットの利用頻度は絶対的に減りますが、 レターパックプラスと、定形外郵便は現役ぞっこーです。 定形外郵便とレターパックプラスには、厚さ制限がありませんからね!! レターパックプラスは、 専用封筒に入れば厚さ制限なし。 手渡し配達、受取印が必要で、 エリアによっては、ゆうパックよりも早く着く場合があります。 定形外郵便は軽いものなら、とにかく安いです。 サイズ関係ねぇってのは、ありがたい。 クリックポストは安いんで、とりあえず使うべし。 クリックポストは、超お得ですね。 レターパックライトと、それほど変わらないサービスにも関わらず、 料金はその半額以下。 使わないのは損です。 配送料金が安くなれば、お客様もマンモスうれぴー。 売り上げもアップです。 アマゾンマケプレ発送している方なんか、クリックポストは激アツですね。 厚さ3cmで対応商品も増え、配送料金は安くなる。 本257円やdvd、ゲーム350円・・・ アマゾンでは配送料にも手数料がとられています。 というわけで、 これから、クロネコメール便、レターパックライト、ポスパケットを廃止にして、 クリックポストに書き換える作業です。 先日消費税の増税で、配送料書き換えてばかりなのに・・・。 クリックポストと、同時期に始まったゆうパケット。 ゆうパケットは、手渡し配送では無いので、 だったらクリックポストで良いかな・・・。 最大サイズって、ポスト入るん? 様子見です。

次の