神戸 山口組。 太田興業(神戸山口組)

神戸山口組 髙橋久雄幹部が電撃引退表明 発足メンバーでは初

神戸 山口組

井上邦雄組長 の直系組長が、また1人、組織を去ることになった。 ゴールデンウイーク明けに髙橋久雄幹部が引退し、自身が率いた雄成会の解散も表明。 神戸山口組の決定を待たずに、地元の京都府警本部に意思を伝えたためか、5月12日付で破門が下された。 その処分と同時に、何の前触れもなく、大澤忠興舎弟 徳誠会総裁=茨城 の引退も、各傘下組織に通達されたのだ。 「昨年末から本家の許可を待たずに直系組長の引退、解散が続いとったが、大澤舎弟は若中の大瀧一門・徳誠会会長に跡目を託しとったから、円満引退いうことやな」 ベテラン記者 大澤舎弟にとっては、人生で二度目の引退である。 三代目山口組 田岡一雄組長 時代からの直系組織、中西組の最高幹部を務めた山川賢一初代と、昭和45年ごろに縁を持ち、大澤舎弟は山川組の舎弟頭などを歴任。 山川組の解散後は、芳菱会 瀧澤孝総長 に移籍して若頭補佐を務め、そののち舎弟に直った。 平成21年、瀧澤総長の引退により國領屋一家 現・戸塚幸裕二代目 が誕生すると、自身が率いた大澤組の跡目を譲って業界から引退。 しかし、平成27年12月、神戸山口組に参画し、三代目山川組組長として現役復帰を果たしたのである。 それは同時に、國領屋一家との間に火種が生まれる結果ともなり、翌年の8月、茨城県石岡市にある山川組本部に襲撃が発生。 止まっていた車両にトラックが特攻したのだ。 同じ日には、静岡県浜松市の國領屋一家本部と傘下組織に相次いでトラックが突入する報復攻撃が起きた。 その後、大澤舎弟は若中から舎弟に直り、大瀧会長を後継に据えて自身は総裁に就任。 徳誠会に改称したのちも総裁を務め、定例会などには変わらず出席する姿が見られた。 「今年で77歳になり、年齢も考慮して引退を決断した可能性もあるが、何より、全幅の信頼を置く大瀧会長に組織を任せ、もうやり残したことはないという心境なんやないか。 それにしても髙橋幹部の引退が尾を引いとるようで、今後、神戸山口組の士気に関わりかねんで」 同 昨年11月、兵庫県尼崎市で古川恵一幹部が射殺され、初めて直系組長が抗争の犠牲となった。 さらに12月、六代目山口組 司忍組長 と神戸山口組に対する特定抗争指定が決定する直前には、太田守正舎弟頭補佐が突如として引退を宣言。 出席すると思われた納会当日、意思を告げるとそのまま立ち去ってしまったのだった。 今年1月には安岡俊蔵舎弟が引退し、二代目誠会が解散。 神戸山口組直参でもある同会の柴崎勝若頭も引退した。 いずれも事前に意思を伝えていたが、神戸山口組の決定がないまま引退したとして、一部では物議を醸したのである。 こうした状況下で、神戸山口組の発足メンバーである髙橋幹部が現役を退いたことは、神戸山口組の団結にも関わりかねないとさえ囁かれたのだ。 「京都府警に引退宣言する前、神戸山口組の最高幹部に決意を伝えとるそうや。 突然、音信不通になったわけやないし、よほどの事情があったんと違うか」 関西の組織関係者 さらに、追い打ちを掛けるかのようなタイミングで、神戸山口組の中核組織である五代目山健組 中田浩司組長=兵庫神戸 直系組織の最高幹部が、離脱したという。 六代目山口組・三代目 竹内照明会長=愛知 の野内正博若頭率いる野内組への移籍だった。 その直系組織は関東に本拠を置いており、野内組の関東への進撃が強まっている印象だ。 しかし、切り崩しの目的は神戸山口組の弱体化だけでなく、分裂終結を見据えた体制固めである可能性も浮上。 ある他団体幹部が言う。 「今は六代目山口組といえど、余裕のある状況ではないはず。 特定抗争指定だけでも行動が制限されている上に、新型コロナウイルスだ。 ほとんど動けない状態だろう。 行動力と戦闘力あってこそのプラチナ山口組だが、分裂問題や新型コロナが終わったあと、それ以前の姿に完全に戻るのは難しいと思われる」 先を見越しているからこそ、強い組織力を今後も維持するために勢力拡大を続けているという見方も、一部ではされているのだ。 「野内若頭はまだ50代で、六代目山口組・髙山清司若頭の信頼も厚い。 六代目山口組を離脱して以降、山健組は幾度となく危機に直面してきた。 井上組長の四代目時代には、最高幹部だった織田絆誠会長 現・絆會 と山健組直参たちの一斉離脱、京都府警による井上組長と中田若頭のダブル逮捕。 中田五代目体制が樹立して以降では、山健組系組員2名が弘道会のヒットマンに命を奪われ、抗争が激化。 そして、中田五代目自身の現場不在が続いているのだ。 「せやけど、この抗争は組織が存続すること自体に意味があるはずや。

次の

神戸山口組

神戸 山口組

住宅街の中を歩く1人の男。 画面が切り替わり、駐車場の奥で話をする2人組の男性に向かって男が銃口を向けた。 銃撃にもひるまず突進してくる男性に向かって男はさらに発砲。 男性はその場に倒れ込んだ…。 アクション映画さながらの銃撃シーンを捉えたひとつの動画がSNS上で急速に拡散している。 暴力団関係者や捜査当局、事件記者らの間に出回っているのは、先月30日に岡山市で発生した暴力団抗争の現場をとらえた映像だとみられている。 「恐らく出回っているのは、襲撃の一部始終をとらえた防犯カメラの映像でしょう。 先月30日午後、岡山市で6代目山口組との対立が続いている神戸山口組傘下の暴力団幹部が襲われる事件が発生しました。 現場となったのは襲われた幹部が所属する組事務所の駐車場。 この組は4年前にも6代目側から襲撃を受け、ヒットマンの銃撃を受けた組幹部が命を落としていました。 この日は、その亡くなった幹部の法要が営まれていた最中だったようです」(地元メディア関係者) この襲撃事件では、事件発生から約30分後に襲撃犯とみられる男が銃刀法違反の容疑で岡山県警にスピード逮捕されている。 男は6代目山口組傘下の2次団体幹部で、警察の調べに事件への関与をほのめかす供述をしたという。 これらの事情から事件は「6代目側による神戸側への攻撃の一環」(同)とみられ、県警が計画性の有無など事件の背景を詳しく調べている。 SNS上で広がっている問題の動画は、2015年の山口組分裂から続く二大組織の抗争の最前線を映したものだとみられるが、そもそもなぜこのような物騒な動画が出回っているのか。

次の

神戸山口組二次団体が本部事務所を売却…苦渋の決断の背後にあったものとは?

神戸 山口組

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除を待っていたかのように、六代目山口組 司忍組長 が活動を再開させた。 井上邦雄組長 の中核組織である五代目山健組 中田浩司組長=兵庫神戸 から、直系組織の最高幹部が離脱したのに続き、今度は入江禎副組長が率いる二代目宅見組 大阪中央 からも、複数の移籍者が出たという。 しかも、参画した先は今回も三代目 竹内照明会長=愛知 で、傘下組織も同一だったのだ。 「弘道会・野内正博若頭の野内組傘下で、昨年9月に神戸山口組の直系組織から移籍した権太会に加入したそうや。 山健組だけやなく、宅見組からも組員が引き抜かれたんは驚きやった」 ベテラン記者 入江副組長は山口組分裂の首謀者の一人といわれ、発足当初から執行部メンバーとして重要な役割を担ってきた。 そんな宅見組で初めて直系組長の離脱が起きたのは、平成28年夏のことで、現在は六代目山口組直参である山田一・三代目杉本組組長 岡山 が独立組織となった。 「有力組織からの離脱で当時は騒然となったが、まだ引き抜きも活発やなかった頃やし、山田組長が離脱した理由も、分裂を巡る意見のすれ違いやったと聞く。 せやから、起こるべくして起きたといえ、今の移籍とは意味が違うんや。 今回は、権太会を介した野内組による切り崩し工作なんが明らかやで」 同 野内組は岐阜に本部を置くが、その勢力は切り崩しによって急激に拡大。 「警察当局の調べでは、野内組の構成員数は100人以上で、3次団体としてはかなり多いで。 しかも野内組の加入者からは、坂田勝良・坂田組組長と栗山良成・二代目栗山組組長の2人が、弘道会直参に昇格しとる。 実力者を引き入れとる証拠ともいえるんやないか」 同 しかし、今回の宅見組からの移籍について、ある関西の組織関係者はこう話す。 「やれ山健組から出た、やれ宅見組から出たと言うが、いずれも3次団体幹部が筆頭や。 3次団体が丸ごと移ったのなら驚きもするが、そうではないんやから、弱体化いう話にはならんで。 警察の取り締まりもシノギも厳しくなってきた今の時代、普通にしとっても辞める人間は出るわけやし」 しかし、神戸山口組では昨年末から直系組長が相次いで離脱。 組織運営に支障が出かねない状況だ。 ましてや、弘道会のナンバー2である野内若頭が動いているならば、組織の将来を見据えての行動とも思える」 山口組ウオッチャー 「組織の将来」とは、分裂問題が終結したのちのことであり、山口組も新たな時代を迎えているはずだ。 極道業界に詳しい作家でジャーナリストの宮崎学氏は、そのとき「山口組の七代目人事」について、現実味を帯びた議論が行われると予想する。 「髙山清司若頭の収監中から、しばしば話題になっており、当時は組織犯罪処罰法といった法規制への対策としての獄中襲名説まで出ていた。 司六代目は山口登二代目以来の生前継承を経験しているため、跡目が注目されるのは必然といえる。 私はこれまで、短期であっても髙山若頭が七代目の座に就き、その後に大方の予想通り、竹内若頭補佐が継承すると見ていた。 「警戒区域外で集まっているとはいえ、身動きが取れない状況に変わりはない。 分裂問題が終結しない限り特定抗争指定は解除されず、現場の組員たちは疲弊するばかりだ。 ある他団体関係者からは、窒息死させられる前に2つの山口組が落としどころを見つけるべき、との意見も聞こえている」 キーマンとして、他組織の活躍も見込まれるという。 「稲川会の内堀和也会長 東京 は、竹内若頭補佐と五分の兄弟盃を交わしている。 直接的ではないにせよ、状況次第でネゴシエーターの役割を果たすことも考えられる」 同 さらに、宮崎氏は核心部分に話を向ける。 「抗争が終わり、特定抗争指定も解除されたのち、竹内若頭補佐が代を取り、七代目体制が発足するのではないかと、一部関係者の間でも予想されている。 それも、ここ2年以内の話で。 しかし、六代目体制下での弘道会中心の人事が、そもそも分裂の要因の一つであるため、今後はよりバランスに配慮した執行部人事が求められるだろう」 同 分裂問題の終結自体、そう遠い将来ではないとみる宮崎氏だが、最後にこう警鐘を鳴らした。 「ただし、そこに至るまでには、再び抗争状態に陥る可能性も十分にある」 実際、今年2月には警戒区域に指定された三重県桑名市にある髙山若頭の自宅に、元山口組組員が拳銃を発砲。 一方、ある山口組OBはまったく違った見解を示す。 「小競り合い程度は今後も起きるだろうが、警察の取り締まりの厳しさを見れば、昔のように力で決着を図るのは無理だ。 それに、神戸山口組は総勢50人に激減したとしても存続するやろ。 山健組は田岡一雄三代目時代からの象徴的な組織であり、宅見組も初代が渡辺芳則五代目時代に若頭を務めとった組織やで。 他の首謀者にしても、山口組を支えた直系組織の出身者ばかりや。 系譜を途絶えさせないために、どんな形であれ組織を維持していくと思うで」 特に、山健組には新たな要因も生まれているという。 「山健組のトップ、中田組長は弘道会の神戸拠点で組員を銃撃した事件の実行犯とされとる。 初公判もまだやし、勾留は長引くことになりそうやけど、山健組組員は親分が現場復帰するまで、何が何でも踏ん張るやろ。 せやから、倒すのは容易やないはずや」 同 そうした状況で、両山口組の抗争終結への道は、次世代に持ち越すことも予想されると話す。 「警察の締め付けで事が起こせんのやったら、あとは説得や話し合いしかない。 それには時間が掛かるが、あと10年もしたら、双方の運営体制かて変わってくる。 そうなれば、今は禁断とされる条件もテーブルに乗るかもしれん。 どちらの意も汲んだ条件がな」 同 しかし、現実には弘道会が切り崩しを活発化させるごとに、火種が増え続け、緊張が高まっている状況だ。 場所は愛知県内の警戒区域外で、目的は定かではなかったが、後見人である髙山若頭だけでなく司六代目も同席したとあって、重要な内容だったことは想像に難くない。 一方で、翌21日には三代目織田組 髙野永次組長=大阪中央 の東大阪市内にある関係先に対し、使用差し止めの仮処分が決定。 織田組本部は特定抗争指定の警戒区域内にあり使用禁止となったため、東大阪市内に移転したとして、暴追推進センターが大阪地裁に申し立てていたのだ。 政府が発令した緊急事態宣言は、ようやく全面解除されたが、両山口組への特定抗争指定の解除に関しては、まだまだ先が見えない状況といえそうだ。

次の