どの よう な 姿勢 で 学び に 取り組む か。 真摯に取り組む姿勢|面接の自己PRのコツや注意点を解説【例文】

仕事の対する姿勢と聞かれたら。

どの よう な 姿勢 で 学び に 取り組む か

よい成績の人は、よい大学に入学できます。 よい大学を卒業した人は、一流企業に入れます。 一流企業に入社すれば、安定した収入と生活が保障されます。 一見すると、頭がよければ、よい人生を歩めるように思えます。 ほとんどの人が、ここにある本当の真実に気づいていません。 なぜ会社は、成績のよい人ほど、必要としているのか。 成績のよい人ほど、努力の姿勢と実績が感じられるからです。 よい大学に入学できたのは、明確な目標を持ち、努力を継続できた実績です。 成績がよいことから、その人には目標に向かって自分をコントロールする能力があるとわかります。 頭の善しあしより、人としての姿勢のよさがわかります。 勉強ができる人は、勉強をする習慣も持っています。 勉強を継続できる習慣は、自分をコントロールできる自己管理力があるということです。 目標を持って立ち向かったり、スケジュールを整えたりなどです。 「頭の善しあし」ではなく「目標に向かって自己を系統立てる姿勢」が成績に表れている。 成績のよさは、自分をどれだけコントロールできたかを数値化させているにすぎません。

次の

在校生へ。(例文あり)学修計画書は書けましたか?給付型奨学金をもらう手続きはこちら

どの よう な 姿勢 で 学び に 取り組む か

就職の面接に際しての疑問でしょうか? ノウハウ的な答えなら就活の本でも立ち読みしましょう。 多分、自分を生かすための機会と捕らえがんばりたい、とか、仕事における自分の役割を考えて、役に立ちたいなど、その他、色々な例が見つかると思います。 しかし、本当の面接などで、これらの「他人」の意見をそのまま言っても、面接官は好印象を持たないと思います。 つまり、受け売りだっ、て直ぐに見抜かれてしまうからです。 この質問の場合、簡単に言い換えると、「働くって、あなたにとって、どういうことですか?」という問いですよね。 思いつく答えを、そのまま紙に書いてみたらどうでしょう。 流石にお金のため、だけじゃ不味いでしょうが、あなた自身の気持ちが、滲み出てくるのではないでしょうか。 それを率直にあなたの言葉で伝えれば、面接官には好印象を持って通じると思います。 A ベストアンサー 私は、次の順で重要視しています。 1.期日 2.正確 3.対話 上記三点の重要性を説明します。 仕事ですから、お客様からお金を払って貰わなくてはいけません。 その為には、仕事を完了させる事が第一原則です。 その仕事も間違いだらけでは、お客様に迷惑をかけてしまいますので、正確な作業が求められます。 その仕事を滑らかに進めていくには、共同作業者の進行状況や問題点などを把握し、全員で解決していく必要があります。 世の中には、仲良しクラブのような職場が一番良いと思われている方々が沢山いますが、自社内がどんな状態であるかは、お客様には関係ありません。 お客様が重要なのは、満足できる仕事をして貰える会社かどうかだけなのです。 勿論、和やかな職場の方が良いに決まっていますが、お客様が満足もしない仲良しクラブには、お金は払ってもらえないと思います。 その姿勢が、この会社の社会的信用度のアップにつながると考える」でしょうか? また、 「今までやや受身的な仕事のやり方であったが、社員になることで 自ら創り出す、工夫する、提案する、改善するなど自発的な行動が 大切である。 このような積極的な姿勢で仕事に取り組むことで、 今までになかった分析方法を生んだり、周囲の方のモチベーションアップ にもつながると思う」 もありますでしょうか? ご参考になれば幸いです。 Q とある工場で機器の保守作業を行っている、入社二年目になったばかりの者です。 うちの会社では毎月、自分の仕事上の行動目標を決定し、月の終わりにその行動目標を達成できたのか、達成できなかったのならなぜ達成できなかったのか、などを自分で評価し、来月の目標を立てる。 というものが行われています。 私はこれを入社時からずっと記入しているのですが、最近、この目標設定がうまくいかずに困っています。 上司には、私の目標に対して「もっと具体的で明確な目標を立てたほうがいい」とアドバイスをくれました。 全くその通りで、私の目標は毎月「責任感を持ち業務を行う」「ミスを防止するために確認をしっかり行う」など、達成できたのかできなかったのか振り返るのが難しい目標を立ててしまうのです。 具体的な目標を立てようと考えているのですが、うまくいかず、結局今月も「基本的なことを確実に行えるようにする」というような目標となってしまいました。 なぜ私は「具体的な目標」というものを立てることができないのでしょうか。 そもそも具体的な目標とは何か、が自分の中で理解できていないからかもしれませんが…。 分かりにくい文章で申し訳ありませんが、何かアドバイスをいただけると有り難いです。 宜しくお願い致します。 とある工場で機器の保守作業を行っている、入社二年目になったばかりの者です。 うちの会社では毎月、自分の仕事上の行動目標を決定し、月の終わりにその行動目標を達成できたのか、達成できなかったのならなぜ達成できなかったのか、などを自分で評価し、来月の目標を立てる。 というものが行われています。 私はこれを入社時からずっと記入しているのですが、最近、この目標設定がうまくいかずに困っています。 上司には、私の目標に対して「もっと具体的で明確な目標を立てたほうがいい」とアドバイスを... A ベストアンサー 具体的な目標ということであれば、一番分かりやすいのが定量化・数値化することです。 曖昧内容や表現は避けるようにすることも大事です。 例えば「基本的な」などのような表現だと「基本的とは何か」が曖昧であるため 目標も曖昧なものとなってしまいます。 また「責任感を持ち」なども、どちらかと言えば、気持ちの部分であり曖昧なものになってしまいます。 職種によっては数値化が難しいことがあるのも事実だと思いますが 数値化できるものを探してみて下さい。 例えば作業ミスの発生件数をカウントし、その件数を目標にすることもできると思います。 「作業ミスの発生を3件以下にする」などです。 また作業時のチェックリストなどを作成して、作業後にそのリストで作業ミスがないように 確認するなどして、そのチェックリスト上でのNGとなる項目数を目標にすることもできると思います。 現状でそのようなチェックリストがないという前提であれば、まずチェックリストを用意し運用するという 業務改善にもなりますし、このチェックによりミスを事前に突き止めて、トラブルを未然に防ぐという サービスの品質向上にもなります。 また、質問者さんの業務範囲などが分からないので何とも言えませんが 例えば、定期保守に加えて簡易的なチェックを行うようにして 「週1回以上の簡易保守を行う」などもよいのではないでしょうか。 数値化以外では、目に見えるOUTPUT(成果物)を出すことを目標にするのも方法の1つです。 例えば「保守作業の流れをまとめ、保守作業手順書を作成する」とか 「トラブル発生時の復旧作業手順書を作成する」などです。 ただ、「具体的に・正確に・詳細に」とだけ考えていると、目標のための目標になってしまうかも知れません。 良い目標を立てるには、まずご自身の業務だけでなく、部署や会社全体の業務を、より広い目で俯瞰して解決 ・向上すべきことを見つけて下さい。 それが見つかったら、それを解決したり向上したりする方法を考えて下さい。 その方法を段階に分けて、もしくはご自身の力の及ぶ範囲を切り出し、その部分を目標とします。 目標設定としては、実際にそれをご自身で実行する際の手順なり方法を検討します。 そうすれば、そこには具体的な何かがでてくるはずです。 (出てこなければ、それは実行不可能ということです) その具体的な数値なり成果物なりを目標設定として表現して下さい。 また例え話になりますが、工場の生産ラインの稼働率が80%だと仮定します。 停止してしまう20%の内半分が機器のトラブルによるものなら 機器のトラブルを0にすることによって稼働率を90%に引き上げることができます。 質問者さんの業務は機器の保守なので、ここに大きく関わることができますので これを大目標、もしくは最終目標とすることができます。 次に、機器の障害発生を0に抑えることが中目標となります。 ここで、質問者さんの業務としてこの目標を達成するための手段や方法を考えます。 点検回数を増やしたり、保守点検の質を向上させることにより、不具合の発生を抑えることもできるでしょうし また障害発生時の復旧手段を精査し整理することで、ラインの停止時間を極力短くすることができます。 このように、大きな目標や課題を少しずつブレイクダウンしていき、ご自身でできることや 「今月」という枠でできる単位に落とし込んでいけばよいと思います。 またこういった、前提(大目標・最終目標)を持つことで、「問題意識」「改善意識」を持つことができますし 上司にも理解してもらえるのではないかと思います。 まだ2年目とのことなので、なかなか全体を見渡すことは難しいかも知れませんが ご自身の分かる範囲からでも構わないので、少しずつ頑張ってみて下さい。 具体的な目標ということであれば、一番分かりやすいのが定量化・数値化することです。 曖昧内容や表現は避けるようにすることも大事です。 例えば「基本的な」などのような表現だと「基本的とは何か」が曖昧であるため 目標も曖昧なものとなってしまいます。 また「責任感を持ち」なども、どちらかと言えば、気持ちの部分であり曖昧なものになってしまいます。 (そもそも「責任感をもって仕事に臨む」というのは当然のことですし、目標というより心構えのような気がしますね) 例えば、営業職などであれば「10件... Q 現在21歳(男)の就職活動中の者です。 タイトル通り、履歴書に書く志望動機について悩んでいます。 今、製造業の企業に応募しているのですが、志望動機がうまくまとまらず困っています。 みなさんにもっと良い文章にして頂きたいと思い質問させて頂きました。 ・製造業への志望動機としては 手先が器用な方なため製造業など物造りに関わる仕事がしたい。 ・貴社を志望した理由としては 製造業に就きたくても、経験が無いため応募する事さえ出来ない状態でした。 しかし経験不問で応募可能で先輩社員から教えて頂けるという事でこれはチャンスだと思い応募しました。 自分なりにまとめたのですが、このようになりました。 【志望動機】 私の長所は手先が器用なところです。 なので長所を活かせれる仕事に就きたいと思い製造業に応募いたしました。 しかし製造業に就きたくても実務経験や資格が必要な企業ばかりで応募する事さえ出来ない状態でした。 そんな中貴社の求人票を拝見し、経験不問でも応募可能で先輩社員から教えて頂けるという事でこれはチャンスだと思い貴社に志望いたしました。 是非みなさんに「もっとこうしたらいいんじゃないか?」とか「ここはこうした方が魅力的になる。 」とかありましたら教えて頂きたいです。 また、あまり長すぎても書ききれない為もっと簡潔に出来ればと思っています。 ちなみに応募しているところは、幅広い分野で精密加工などをしている会社です。 仕事に内容としては、マシニングセンターによる機械加工、精密部品のプログラミングから段取り加工などです。 私の今までの経験では、あまり志望動機に役立つスキルが無いため困ってる原因の一つだと思います。 ちなみに以前は営業の仕事をしていました。 参考程度に。 現在21歳(男)の就職活動中の者です。 タイトル通り、履歴書に書く志望動機について悩んでいます。 今、製造業の企業に応募しているのですが、志望動機がうまくまとまらず困っています。 みなさんにもっと良い文章にして頂きたいと思い質問させて頂きました。 ・製造業への志望動機としては 手先が器用な方なため製造業など物造りに関わる仕事がしたい。 ・貴社を志望した理由としては 製造業に就きたくても、経験が無いため応募する事さえ出来ない状態でした。 しかし経験不問で応募可能で先輩社員から教え... A ベストアンサー こんにちは。 私は七十代の男性です。 四十数年前、大手化学品メーカーで工場人事を担当した経験者です。 履歴書を読む立場から、『差別化された志望動機』の作り方を述べ、質問者さんのケースにアドバイスしてみます。 参考にして下さい。 これは履歴書に書く書かないに関係なく、必要です。 志望の動機を書くための準備資料です。 自分が積極的になれた瞬間を思い返して見る。 何になりたいか。 何をやりたいのか。 ずうずうしいくらいに書いてご覧なさい。 三十年後、工場長から本社の役員に昇進しているあなたの姿が垣間見えるような履歴書にして下さい。 成功を祈ります。 こんにちは。 私は七十代の男性です。 四十数年前、大手化学品メーカーで工場人事を担当した経験者です。 履歴書を読む立場から、『差別化された志望動機』の作り方を述べ、質問者さんのケースにアドバイスしてみます。 参考にして下さい。 これは履歴書に書く書かないに関係なく、必要です。 志望の動機を書くための準備資料です。 Q カテゴリが間違っていたらごめんなさい。 みなさんは(働いてらっしゃる方)どんな心構えで働いていますか?私の会社ではみんないい人たちばかりなんですが、ものすごく頑張りすぎぐらいに仕事をします。 お昼の休憩(食事)も食べ終わり化粧直しをパパーッと済ませたらまた仕事を始め、仕事中も一言も話さず(世間話はもってのほか)3時の休憩もろくに無し。 ずーっっと気を抜かず働きつづけます。 しかも仕事量が多いので残業を多いときで月60時間ほどやります。 土曜・休日出勤もやります。 私と同じぐらいの年齢の女の人ばかりの職場で、少しのんびりした部署から移動してきた私にとってはかなりキツイのです。 他のOLよりも(一般的な)安い給料で(残業代は出ますが)今までがぬるかったので安月給でも自分の時間も持ててそれなりに居心地もよかったです。 こんなことで愚痴をこぼしたくなるのは私が甘いだけですか??もっと頑張らないといけないでしょうか?20代OLでした。 ですが、勤務時間中に常にこまめに会話があるような部署でないと、 逆に集中力が持たなくて、駄目ですね。 各自が仕事状況に関する独り言を自由に、大きな声で言っているような職場が一番好きです。 大きな声と言っても限度はありますけど(笑)。 舌打ちとか八つ当たりは嫌ですが、 「おっと忘れてた、間に合うかなー」「がんばれー」「うーーん電話しよう。 あたしってバカ」「そんなことないよー」とか、 「あ!パソコンが落ちちゃった」「あらま。 」とか、愚痴はその場で発散出来る、 自分に直接は関係無いようなことでも、お互いに軽く反応しあえるような環境が一番じゃないかしら。。。 癒しからまた起きるやる気、とでも言いますか。 >どんな心構えで 偉そうなことは言えないです 笑)。 25歳の時は諸事情で私ばかりが本当に忙しかったので、朝の7時半から夜中の2時まで息をつく暇もなく、受験勉強のごとく頑張っていました。 他の人は夕方7時には帰ってた。 )その頃の私は上司の外線の取り次ぎ方にまで、ときどき激怒(?)してました。 「オーケー、ワンモーメント。。 mayuusaさん海外から電話」「私は今、呼ばれると予想して、ファイル棚の前まで走って来てるんですよ!海外から、じゃどのファイルを取って席に戻るべきか判りません!!社名とお名前は??」なんて泣きそうになって怒ってたり。 本当に忙しかった。 今となっては、部署も変わり、景気も変わり、別人のように息抜きしながら(しっぱなし?)仕事をやっている私です。 とりあえず、今日と明日の仕事量を予想して、2日分を2日でやっている感じ。 締め切りに間に合えばいいや、というスタンスで、あえて頑張り過ぎないようにしています。 (間に合わないときは残業もしています。。。 残業手当はもらってないんですが。 ) 質問者さんにアドバイスは。。。 ううーん職場によって色々違うと思うので,難しいですね。 自分の9割の力でやれる仕事が、一番ミスもなく、結果的に人の迷惑にならなくて良い、という説も、耳にしたことはあるんですが。 とりあえず、お仕事の流れを覚えるまでは、頑張れるのなら、頑張っておく、というのはいかがでしょう? アドバイスになっていなくてごめんなさい。 m()m 検討祈ります。 ですが、勤務時間中に常にこまめに会話があるような部署でないと、 逆に集中力が持たなくて、駄目ですね。 各自が仕事状況に関する独り言を自由に、大きな声で言っているような職場が一番好きです。 大きな声と言っても限度はありますけど(笑)。 舌打ちとか八つ当たりは嫌ですが、 「おっと忘れてた、間に合うかなー... いつでもまず相手にどうしてほしいかを聞いてから動くことで、独りよがりの仕事にならない。 お客様あっての会社であり、自分なので、会社のためにお客様に喜んでもらえるように努力をすることで、喜んでもらえたときに、自分の喜びにもなります。 接客で身につけられることというのは、その「お客様を一番に考えること」で、職業的な専門知識などは別ですが、仕事をする上での人との接し方などの基本的なことで、どの職場に行っても活かせますね。 接客経験者は、機転が利くし、仕事も早い人が多いです。 逆の場合はカタブツが多いです。 接客は、ヘンなお客様が多い分、やりがいも大きいですが、事務の場合は、楽だけどやりがいもそこそこですね。 どちらを取るかというのもあると思います。 いつでもまず相手にどうしてほしいかを聞いてから動くことで、独りよがりの仕事にならない。 コミュニケーション能力も身に付くし、チームワークがスムーズにいく) チームワークの大切さと責任感(自分がミスをしたり... Q 30歳男性です。 皆さんは仕事に対して、どういった考え方を持っていますか? 私は家庭第一で、仕事は定時内で頑張れば良いと思ってます。 (実際は、なかなかそうはなりませんが・・・) なので、仕事以外の時間では、仕事の勉強をしたりはしていません。 頑張って、出世して給料を上げようという意欲がないのです。 会社も小さいので給料が増える気配がありません。 仕事自体は好きなことなので良いのですが、こんな考え方で仕事していて良いのか、不安になる時があります。 不安なら頑張れよと言われるかもしれませんが、とりあえず生活できているので危機感がありません。 最近リーダーになってしまったので、余計に悩んでいます。 趣旨がはっきりしない質問ですが、宜しくお願いします。 A ベストアンサー 私の場合は仕事は自己表現の一部ですので、使えないやつと思われるよりは、頼りになると思われていた方が良いので、それなりに頑張ります。 あと基本的に納得いかないと嫌なタイプなので、納得いくように仕事をしようとすると、結局自分で色々やることになったりして、結果的に人をまとめたりプロジェクトを仕切ったりするようになってしまい、管理職になってしまった感じです。 今は生活できてももしかしたら、と言う不安はあります。 ですからそうならないためにも、いざと言うときに困らない程度のスキルは身につけておきたいと思っています。 働くと言うのは今だけではない話ですので、その辺も考えてみてはいかがでしょうか。

次の

学ぶ姿勢で仕事ができるか決まる!上司は見ているあなたの学ぶ姿勢|WorKing![ワーキング]

どの よう な 姿勢 で 学び に 取り組む か

「仕事に対する姿勢」についての答えを準備しておこう 就活の面接などでは、よく「仕事をする時に大切なことは何だと考えていますか」という仕事に対する姿勢についての質問があります。 仕事に対する姿勢に関する質問には、雇用先の方が仕事に対する考えなどを知りたいという意図があるのです。 また、仕事に対する考えや価値観などが会社の方針とあっているかどうかを知りたいという意図もあります。 仕事に対する姿勢については一般的に多い質問となりますが、どう答えればいいのかと悩む方も多いでしょう。 質問を想定しておいて、事前に答える内容を準備しておくということが重要となります。 回答内容としては、雇用先の会社が求める人物像などに合わせて考えておく必要もあり、内容が充実していると魅力的な人材と思ってもらえます。 事前に企業が求める人物像を把握しておく 面接において、仕事に対する姿勢を聞かれることは多くあります。 「どのように答えればいいの?」と悩む就活生も多くいることでしょう。 この質問に対してその場で考え、回答するのは困難です。 事前に回答を準備しておくことが重要になるのです。 その際、事前に企業が求める人物像を把握しておくことが効果的な回答をする際のポイントとなります。 企業が求める人物像を把握し、その人物像に沿って仕事に対する姿勢を述べることで、企業にとって魅力的な人材に映りやすいのです。 1つ1つの質問を通じてしっかりと企業にアピールすることが出来るよう、この質問に対する準備も抜かりなく進めておきましょう。 企業の価値観や社風を理解する 仕事に対する姿勢についての質問に回答する際には、企業の価値観や社風を理解し、その上で回答することが重要になります。 企業の価値観や社風は、企業によってさまざまです。 年次に関わらず、主張していくことを評価する風土が根付いている企業であれば、「気付いたことはどんどん主張し、積極的に仕事に取り組んでいきたい」と伝えることで好印象を与えることが出来る可能性があります。 このように、企業の価値観や社風に合わせて回答することで、効果的に自身をアピールすることが可能になるのです。 企業の価値観や社風を知るには、企業研究を入念におこなう必要があります。 OB訪問なども活用しつつ企業研究を進め、その上で回答の準備をするようにしましょう。 志望する職種に必要な素質を把握するのも効果的 仕事に対する姿勢についての質問に回答する際には、志望する職種に必要な素質を把握し、その上で回答するのも効果的です。 職種には一般事務、営業、企画、広報などさまざまな職種がありますが、それぞれ求められるスキルは異なります。 事務の仕事であれば、スピードはもちろん、1つ1つの業務における正確さが重要になります。 そのため「慎重な姿勢」で仕事に取り組むことを述べることで、好印象を与えることが可能になるのです。 また、それぞれの職種に必要なスキルをしっかりと調べていることで、業界・企業研究をしっかりとおこなえていることも伝えることができ、自身の志望度の高さも伝えられます。 このような背景から、それぞれの職種で必要とされるスキルを意識し、それに沿って述べることが重要だといえるのです。 仕事に対する姿勢を効果的にアピールするコツ 仕事に対する姿勢を効果的にアピールするには、どのような伝え方をすればいいのでしょうか。 ここからは、アピールするコツを2つご紹介していきます。 前向きに取り組むことを伝える 仕事に対する姿勢を答える際は、前向きな姿勢であることを伝えるようにしましょう。 学生から社会人への環境の変化は非常に大きいものです。 自分がこなす仕事には、学生時代のアルバイトとは比較にならない責任がついて回ります。 そのため、社会人として仕事に臨むことに関して不安に思う点も多々あるかと思われますが、そのイメージのまま、ネガティブな思考で仕事に対する姿勢を話してもいいことはありません。 企業は自社に貢献してくれる人材を確保するために採用活動をおこなっているのであり、意欲的に仕事に取り組んでいく人材を探しているのです。 OB・OG訪問などで社会人として働くことのやりがい、楽しさなどを事前に聞いておき、ポジティブな思考で仕事を捉え、働くことをイメージして面接に臨むようにしましょう。 協調性を大切にしていることを伝える 協調性を大切にしていることを伝えることも、仕事に対する姿勢をアピールすることにおいて重要なポイントです。 企業で働くのであれば、どのような仕事も1人では完結することが出来ません。 お客様に商品をセールスするにしても、セールスの際に利用する資料を作成する人、資料の使い方をレクチャーする人、セールスにより商品を獲得した場合、その後の事務処理をおこなう人など、様々な人が関わってきます。 企業で勤める際には、周りとの密な連携は不可欠なのです。 自己PRをおこなう際、部活やサークルの経験などを話すのであれば、その中で周りと強調し、何かをやり遂げたエピソードを織り交ぜることで協調性を大切にしていることをしっかりとアピールするようにしましょう。 目標達成に向けて努力した姿勢を伝える 仕事に対する姿勢や目標を達成するために、どのように努力をしたかなどについて伝えると効果的です。 アピールをする観点としては、目標の達成のためにどのようなことが必要かがわかっていることと、その目標に対してどのような努力をしたのかなどをまとめておいて伝えることです。 例えば、学生時代のサ-クルなどで課題となっていたことをしっかりと把握して、その解決に向けて積極的に働きかけたというような内容です。 スポ-ツの大会で優勝することを目標として、そのための現在の部員の課題や解決のための練習方法などを提案して練習し成果を出したというような例です。 目標の達成に向けてのPDCAサイクルを意識し実践したという具体的な例は、採用先の方に課題に向けての努力をするという高い向上心や自主性などをアピールすることができます。 面接力診断で、苦手な分野を見つけよう 今年の就活は、 web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 面接力診断は、24の質問に答えるだけで、 自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。 web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。 面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。 仕事に対する姿勢を聞かれた時の回答例 次に面接時に仕事に対する姿勢を聞かれた時の対処法をご紹介いたします。 志の高さや企業理念に沿った考え、向上心の高さを示すことが大切です。 大前提として、それらの要素があるということを覚えておくようにして下さい。 なぜ、そのような考えになったのかと言うと、ボランティア活動を通じて、私の中で根付くことになったことがきっかけです。 一人一人が自分の仕事を精一杯務める事によって社会がより良くなり、住みやすい環境が作られることになります。 私個人で出来る事は些細な事であったとしても、全員が自身の役割を考え、全うすることで社会に貢献できるのが仕事だと思います。 ボランティア活動という具体的な活動を仕事に結び付け回答する例文となります。 社会貢献というテーマで仕事に対する姿勢をアピールするには奉仕活動が最も効果的なテーマとなりますので、ボランティア活動の経験がある方は参考にしてみて下さい。 私は居酒屋でアルバイトをしながら勉学に励んでまいりましたが、学校では教わることが出来ない需要と供給のやり取りを肌で感じてきました。 それぞれが色々な分野の仕事のプロとして、自分が提供できる商品やサービスを提供し合いながら、人が生きる社会を構築していくのが社会人であり、仕事をしていく中で最も大切なことだと考えております。 自身が働く上で他社との繫がりを強調したいという時に、用いる事ができる例文と言えますが、特にサービス業や接客業、営業職での就業を目的としている就活生の方には活用して頂ける内容となるのではないでしょうか。 プロ意識の高さも垣間見せる事ができる回答例ですので、仕事への意識が高いと自己分析している方も効果的なアピールが出来ると思います。 私は家庭教師のアルバイトをして中学生の受験対策を行ってまいりましたが、人に教えることは自身の成長に繋がるという事を再認識する形になりました。 自分が成長できるのはもちろんのこと、私と一緒に仕事をする人にも同じように成長しているという実感を得て頂くことが、結果として企業としての成長に繋がると思います。 もう1つ回答例をご紹介いたしましたが、こちらは向上心や成長意欲をアピールする上で有効な回答例となります。 自身の成長だけで回答を終わらせることなく、結果周囲を巻き込んで企業全体にいい影響を及ぼすことが出来るというところで着地させられるように意識して答えるようにして下さい。 避けるべき仕事に対する姿勢の伝え方 あなたの仕事に取り組む心構えを質問して知ることで、仕事に対する考えや姿勢などを評価し会社への貢献度などをはかっています。 そして、社員として迎え入れてもいいかどうかを決定します。 質問に対して、勤務時間に触れて定時で帰れることの要求や仕事内容が簡単で楽であるかどうかなどいう意欲に欠けるような発言があるとどうでしょうか。 仕事に対する消極的な回答を聞くと雇用先の方に、仕事に対する心構えや人格的な面のことも疑問視されいい結果とはならないでしょう。 また、コミュニケーションのとり方という点も重要なポイントですが、面接官の質問に対する真面目な返答の仕方をしているかどうかで仕事をしていく上でのコミュニケーションの取り方も評価されます。 主体性がない 物事を決められないことや多数派の意見に合わせがちであるという主体性のない返答の仕方は、今後の仕事に対する姿勢にも現れると評価されます。 仕事でどのようなことがやりたいのか、会社の仕事で特に希望している内容などについて曖昧な回答をすると主体性のなさがわかり採用にはつながりません。 仕事に対する熱意などは、事前に会社の方針や仕事内容の把握、自己分析をしっかりとしてどのような仕事をしたいのかなどを分析して答えられるようにしないと難しいことです。 自分自身のことであるという姿勢で行動することで、仕事自体のクオリティーも上がっていきます。 質問に対して積極的に答える姿勢が、会社に対する貢献度などを評価してもらえる基準となるため注意してください。 仕事について知ったかぶりをする 一般的に知ったかぶりをするという心理は、自分のことをよりよく見せたいという気持ちや一目置かれたいという気持ちがもたらすものです。 その背景にあるものとしては、自分自身に自信が持てないとか、単なる強がりということもあります。 質問に対して誠実でない知ったかぶりをするような返答があると、面接官も人格的な問題と捉える場合があります。 知っているふりをすると話の内容も噛み合わないですし、誤った事柄を答えてしまうという可能性も高くなります。 質問内容が分からない場合には、勝手に自分の経験などで物事を断定して答えることはやめましょう。 仕事をしている会社の方達に対する敬意を忘れないように返答することで評価者の印象も変わります。 仕事に対する姿勢を明確にしておこう 仕事に対する姿勢に着目して、回答例から注意点など様々な角度から就活を優位に進める方法をご紹介いたしました。 特別採用担当の目に留まるように工夫を凝らさなくては、就活で生き抜くことは出来ません。 仕事に対する姿勢を自身の中で確立しておくだけで、自己PRと面接対策を同時におこなえるため、他者より有利に就活が運ぶのは間違いないでしょう。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My anaytics」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の