中島裕翔 唇。 中島裕翔脱退?岡本圭人の影響か不満&スキャンダル爆発?!

スーツ日本版中島裕翔9話キスシーン動画!新木優子とは2回目で熱愛の噂も?

中島裕翔 唇

スーツ日本版中島裕翔9話キスシーン動画! スーツ2週連続 裕翔のキスシーンあざした 新木優子とのキスがたまりませんでした。 鈴木大輔(中島裕翔)は違法行為を突き止める資料を目にしますが、証拠集めに悩んでいました。 そこで、聖澤真琴(新木優子)が資料を暗記するように促し、「それを吐き出せば複写したのと同じです。 私が(パソコンで)タイプします」と提案します。 常人離れした記憶力をもっている大輔。 真琴のサポートで資料を完成させ、真琴は資料をコピーするため立ち上がると、大輔と真琴は急接近。 沈黙の中、見つめ合う二人でしたが、真琴から大輔に唇を重ね、大輔は目を閉じて受け入れます。 2人で作業してるこのシチュエーションも2人の関係性も顔面も角度もキスの仕方も全てが完璧すぎて。 世界一美しいキスすぎて。 心肺停止。 — モナカ Nagisa531yuto このキスシーンに視聴者からは、「美しい」「めっちゃ綺麗なキスシーン」「中島裕翔と新木優子はほんとに最高で最強」などの声が上がっています。 美男美女のキスシーン。 ニュース — パワフルおばさん k1nac0m0ch1nuts スーツ9話のあらすじ 前話は、有害性塗料に健康被害を訴えた集団訴訟の話と、最後は砂里(今田美桜)が大輔(中島裕翔)がキスしているところを真琴(新木優子)が目撃しちゃいます。 三角関係…どうなるの?というところで終わりました。 9話のストーリーは3つあります。 顧問会計事務所の華村所長から無資格の会計士の解雇依頼• 華村所長の悪事• 三角関係(大輔・砂里・真琴)の結末 顧問会計事務所の華村所長から無資格の会計士の解雇依頼 甲斐正午(織田裕二)のシニアパートナーに昇格したパーティーでのことです。 甲斐は、上司の幸村チカ(鈴木保奈美)から顧問会計事務所である「YURI綜合会計事務所」の所長、華村百合(石田ひかり)を紹介されます。 華村の依頼は、無資格で会計士として働いている大河原忠(西村まさ彦)を解雇してほしいというものでした。 しかし、大河原の身辺調査は10年も前に行われていることから、解雇理由が別にある可能性が出てきます。 華村所長の悪事 大輔は、3年前に香西さなえ(ハマカワフミエ)という会計士が不当解雇されたという話を、大河原から聞きます。 その3年前の不当解雇の事情を知った大輔は、「リゲル法律事務所」に入り込み、3年前の解雇の訴訟資料を読みます。 華村はペーパーカンパニーを作り、10年以上も水増し請求する違法行為をしていたことが発覚します。 三角関係の結末 大輔は資料を丸暗記し、訴訟資料作りで残業していました。 そんな大輔を見掛けた真琴は、一緒に残って大輔を手伝います。 その最中に、突然いい雰囲気になり、見つめ合った二人はキスをします。 そして、大輔は、砂理に「妹としか見れない」と伝えるのです。 スーツ9話で中島裕翔のキスシーンが話題になりましたが、新木優子とのキスシーンは2回目なんです! 最初のキスシーンから、熱愛の噂についてお話していきます。 中島裕翔と新木優子の初めてのキスシーンは? 働きながら、 『僕らのごはんは明日で待っている』公開初日おめでとー!! って東京へ想いを馳せて、監督の裕翔くんへの手紙を読んで、泣く。 2017年1月7日に公開された「僕らのごはんは明日で待っている」で中島裕翔が主演、新木優子がヒロインを演じています。 「僕らのごはんは明日で待っている」は、正反対の性格の二人による、7年越しのラブストーリーです。 高校生で出会い、大学生で小春から別れを告げられ、小春は姿を消します。 出会いから7年後の成人したある日、亮太(中島裕翔)は小春(新木優子)がガンで入院していることを知ります。 小春の手術は成功。 亮太と小春は復縁し、無事退院できることになります。 映画のラストで、退院後の最初の食事で、ごはんを食べる小春(新木優子)に亮太(中島裕翔)がキスをします。 舞台挨拶で中島裕翔が新木優子さんのことを「優子」と呼んだことから噂されるようになりました。 極秘で交際している可能性はありますが、交際している事実や報道はなく、単に仲が良いだけの可能性が高いです。 仲が良い理由として、「僕らのごはんは明日で待っている」で、恋人同士を演じ、高校時代の体育祭で、米袋に入ってジャンプを行うシーンがあります。 息を合わせなければいけないシーンなので、お互いがお互いを理解しながら挑んだとのことです。 ふざけ合うような信頼できる関係になり、親友に近い存在になっているようです。 私はこれ以上のキスシーンを未だに知らない。 でも、信頼関係を築いた中島裕翔さんが相手ということで、リラックスしてキスシーンに挑むことができたのだそうです。 新木優子さんと中島裕翔さんの2回目のキスシーン、スーツでのキスシーンでも、新木優子さんは緊張していたそうなんです。 でも、やっぱり相手が中島裕翔さんだったので心強かったと語っています。 キスシーンをきっかけに交際に発展した、ということはないと思われます。 中島裕翔ファンも新木優子とのキスシーンを認めている声が多く感じました。 スーツ日本版9話の動画を見ても、美男美女のキスシーンはドキドキします! そして、二人の熱愛については今のところなさそうですね。 親友のように仲が良いみたいなので、交際に発展する可能性はあるかな? 今後の二人の関係に注目したいですね。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

Hey! Say! JUMP中島裕翔、釜山で投げキッス!「もう1回」のアンコールやまず

中島裕翔 唇

釜山国際映画祭での舞台挨拶に登壇した菅田将輝 2日、開催中の第20回釜山国際映画祭で『』が公式上映され、タイトルにちなんでグレー色のスーツを着用した のと、パープル色のスーツ&ピンク色に髪を染めたが舞台挨拶に登壇し、世界中から詰めかけた約700人の観客に大きな歓声で迎えられた。 釜山入りする前に同じく Hey! Say! JUMP のメンバーであるから韓国語を教えてもらったという中島は、「こんにちは。 初めまして。 日本から来ました。 中島裕翔です」と韓国語で挨拶。 菅田も続けて「皆さんと会えて嬉しいです。 よろしくお願いします」と韓国語を披露すると、観客からは驚きの声が。 質疑応答に移るなり、中島に激しいベッドシーンについての質問が飛び出し、中島は「激しい場面でしたね(笑)。 大変でした。 (自分の唇に)リップグロスを塗っていたので、(相手役の夏帆さんの唇が)べったべたになってしまいました」と少し恥ずかしそうに回答。 原作を手掛けた()の反応に話が及ぶと、中島は「先輩のデビュー作である小説の映画化であり、また僕にとっても初出演映画だったので緊張しました」とプレッシャーを告白。 「撮影中盤にさしかかった頃、加藤さんがお弁当の差し入れをしてくれたことがあったんです。 その時、『この役、難しくてどうすればいいでしょう?』と相談したら、『実際に悩んでいるのがスクリーンに出るからそのままでいいんじゃない』と言ってくれました」とを受けたという。 [PR] この後、海辺で行われたイベントには100名の記者が詰めかける盛況ぶり。 記者からの「お互いに嫉妬することは?」との問いに、中島は「全部ですよね。 菅田くんは毎回毎回、監督を驚かせにいくんですよ。 ワンテイクごとに違う演技をしてくる」と菅田の柔軟さを絶賛。 一方、菅田は「(中島とは)公私ともに仲良くさせてもらっています」と相性の良さをアピールしつつ、「素敵なのは愛嬌かな。 チャーミングなだけではなく、品があって高級食材みたいな感じ(笑)」と独特の表現で中島を称える。 そんな対照的な魅力を持つ2人を演出した監督は、「2人を合わせるのが本当に大変で。 テイク1がいいのが菅田。 テイク10がいいのが裕翔。 本当に非常に難しいです、合わせるのが(笑)」と撮影現場を振り返りつつ、2人に「お疲れ様でした」と満足げに声を掛けた。 会場から去る際、観客に「愛嬌みせてー」と声をかけられた中島は、投げキッスを披露。 すると会場から黄色い歓声が上がり、さらに「もう1回! もう1回!」とアンコールがやまず、照れながらも投げキッスすると、続けて菅田も投げキッスをサービスした。 (編集部・石井百合子) 第20回釜山国際映画祭は10月10日まで開催 映画『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国公開.

次の

スーツ日本版の今田美桜と中島裕翔の身長差キスシーン動画8話の無料視聴方法も紹介!

中島裕翔 唇

どもども。 中島裕翔です。 今俺の家には、俺の岡本圭人がいます。 そうです。 お、れ、の、岡本圭人です。 笑 岡「ゆーとくん?」 うっは、かわいぃなぁ。 くそっ。 中「ん?なぁに?」 岡「あのね、ゆーとくん、えと……」 中「んー?なんだよ。 早くいってみ?」 岡「んっ、と……山ちゃんと、ね」 中「んっ?山ちゃん?」 岡「ん、とね、大ちゃんがね、……………あのっ、……」 中「山ちゃんと、大ちゃんが?」 あ、ちなみに山ちゃんと、大ちゃんは付き合ってます。 岡「この、前……………ち、ち、ちゅー、…したんだって……」 中「へ?ちゅー?」 岡「ん、そ…………。 」 ふん、ふん、なんとなーく圭人の、言いたいことがわかった気がする……。 でも、なんか、もじもじして顔が真っ赤でちょい涙目の圭人を見ると俺のS心が……。 中「ふーん?それでー?」 岡「そ、それで、ね。 ……………お、れも…………ゆーとくんに、してほしーの。 」 中「ん?なにを?」 頑張れ!! 俺の理性…!! 岡「んぇー?わ、わかってるくせにー!! ゆーとくんの意地悪っ……」 駄目だよけーとくんそんな、可愛い声で可愛い顔してもっ!! つーか、上目遣い!反則だっつーの!!!!!!! 中「わかんないから、わかんないからね?ほら、ちゃんと言って?」 岡「だからぁ……ゆーとくんに………………… ちゅーしてほしいのぉ!! 」 なっ、こいつっ、い、言いやがった……!! や、やばいって! くそ、圭人、こいつ可愛すぎる。 岡「ゆ、とくん?…だ、だめぇ?」 中「え?え、あ、ぁー、い、いいに決まってんだろ?」 うっ、俺は動揺しすぎだっ……!! 落ち着け俺。 俺は何度か圭人に聞こえないぐらい小さく深呼吸をした。 中「圭人。 」 岡「はぁい? 」 びっくりしたのか、声が裏返ってるそんなとこもまた可愛い。 俺は圭人が、振り返った瞬間圭人の唇に自分の唇を重ねた。 岡「んゅっ、」 なんて声を出すんだこいつは。 岡「んっ、」 唇をはなすと、圭人は、 岡「ふはっ、ゆとくん、ありがと。 」 なんて言ってふにゃっって笑っちゃって。 中「圭人……、可愛い………」 岡「え? ゆーとくん? かわいいなぁー。

次の