スマホ マウス キーボード。 スマホをテレビへ出力!PC化

スマホ版PUBGをマウス&キーボードでプレイできる「ゲーム特化型ハブ」で有利に立ち回る #COMPUTEX 2019

スマホ マウス キーボード

スマホをPC化したいと考えており、色々と調べてみたのですが、お知恵を貸して頂けると幸いです。 やりたいこと: スマホの画面をテレビもしくはPCモニターに出力し、キーボード、マウスで操作をしたい スマホ:au SHARP SHL25 TV:SONY KDL-32EX300 PC:FMV-EKC50 ネット回線無 テレビは、HML、ミラキャスト等には非対応。 PCは、ネット回線を繋いでおりません。 スマホはMHL対応。 スマホがMicroUSBしかないので、MicroUSBを分岐させるケーブルもあると思うのですが、これでテレビへ出力と、キーボード操作は出来るのでしょうか? イメージはこんな感じです。 PCはネットに繋がっておりませんが、モニターを使う方法でも結構です。 アプリ内で長文を打ち込みたいだけです。 宜しくお願いいたします。 PCでエミュ使用はネット繋いでいないと、ほとんど意味がないでしょう。 SHL25を購入時、何もアプリ入れず、ネットに繋がずに何が出来ただろうか考えてみて下さい。 スマホのデザリング機能を利用するにしても、PCを繋ぐのはちょっと無理があります。 (通信量的に) エミュはnox入れてみましたが、起動は遅いです。 操作はなかなかのものでしたが。 FMV-EKC50(Core2Duo ではかなりスペックに無理があると思われます。 >アプリ内で長文を打ち込みたい この目的が良くわからないんですけれど、文書ファイル作りたいだけなら、PCで作れば良いでしょう。 とっても面倒ですが、PCで作った文書をスマホに移すなりして、スマホ側でテキストコピペで、アプリに貼り付けるとかも考えられます。 文字入力も慣れだとは思います。 若い子のスマホの文字入力の速さは見てて凄いです。 素直に1が現実的だとは思います。 スマホの使い方としてキーボード+マウスはあまりオススメ出来るものではないということでしょう。 4が一番快適そうだとは思いますけど。 TVやモニタに繋いでも解像度が高くなるわけではありません。 文字入力をキーボードでしたいだけなら、キーボードだけで良いかと思います。 MHLとUSBホスト機能はHUB等を利用しても同時利用は出来ないはずです。 (機能的に無理かと) 下記のような製品でも同時利用不可ですから。 どうしてもというなら、SHL25はミラキャストに対応しているようなので、TV用のミラキャストアダプタ(レシーバー)を利用という方法も考えられますが、 Bluetoothキーボードの速度を気にされるようなら方ですと、表示ラグが気になると思われます。 若しくは画面の大きめのタブレット買ってキーボード利用とか。 解決策なって無くてすみません。 Q はじめまして。 昨日、スマートフォンを落下させてしまい、液晶が破損、画面が見えない上にタッチ操作ができなくなってしまいました。 電話帳バックアップなどとっておらず、困っています。 取り急ぎ、近所の電気屋のdocomoブースにて相談したのですが、画面が見えない上にタッチが効かないため、転送サービスは使えない、とのことでした。 あらかじめSDへのバックアップなど日ごろからやっていなかった自分に非があるのは承知なのですが、なんとかしたいところでして、対処方法はございますでしょうか? 最悪、電話帳のバックアップだけでも取れれば。。。 理想はアプリのデータも含めてすべて吸い取りたい次第です。 など考えてしまいます。。。 ご存知でしたら教えてください。 お願いします。 xに自動更新されていたと記憶しています。 ・PCとのUSBケーブルでの接続はできました。 ・これからADB Backupを試すところ。。。。 はじめまして。 昨日、スマートフォンを落下させてしまい、液晶が破損、画面が見えない上にタッチ操作ができなくなってしまいました。 電話帳バックアップなどとっておらず、困っています。 取り急ぎ、近所の電気屋のdocomoブースにて相談したのですが、画面が見えない上にタッチが効かないため、転送サービスは使えない、とのことでした。 あらかじめSDへのバックアップなど日ごろからやっていなかった自分に非があるのは承知なのですが、なんとかしたいところでして、対処方法はございますでしょうか? 最悪、... となると、ハード的には、生きている可能性が高そうですね。 USBマウスですかね? USBマウスは、本体が「ホスト」で、USBデバッグモードやMTPは、PCが「ホスト」 になるので、方向違いなのですが、、 BTマウスなどなら、同時にいけそうですね。 後同じ理屈で、可能な限りネットストレージに移動可能なものをコピーしておき。。 本体には、文鎮になってもらう? 回答から外れますが、私もあんまり、 USBからHDMIを作るケーブルは好きではないですね。 以前、マイクロHDMIっていう小さなコネクタがある機種もあったのですがね。。 流行らなかったですね。 なら、スマホにUSBポートを2個つけてほしい!。。 片方がUSBマウスなら、もう片方がたとえば充電とか。 OTGケーブルを使っているとき、充電できない (出来るケーブルもあるらしいが、こちらでは動作しなかった) ので、USBポートごと2ポートつけて、 ポートごとにホストにするのか、HDMI出力にするのか?なんて 選べたら便利なのにな~と、ちょっと思ってます。 こちらは、質問とは関係ないので、日々の愚痴って所ですかね。 となると、ハード的には、生きている可能性が高そうですね。 USBマウスですかね? USBマウスは、本体が「ホスト」で、USBデバッグモードやMTPは、PCが「ホスト」 になるので、方向違いなのですが、、 BTマウスなどなら、同時にいけそうですね。 A ベストアンサー USBホスト機能とは、USBの周辺機器を接続するための「親」になる機能です。 USBは、その対応機器が「ホスト」「デバイス」に別れており、「ホスト」は「デバイス」に対し接続制御を行える端末、「デバイス」は「ホスト」から制御信号を与えられて初めてデータ伝送が行える端末、という区別が為されます。 通常は、「ホスト」になるのはPCであって、「デバイス」はPCの周辺機器ということになります。 例えばPCとマウスをUSBで繋ぐとき、PCがホスト、マウスがデバイスになります。 この時、PCのUSBインターフェースはホスト専用ですし、マウスはデバイス専用ということになります。 間違ってもこの関係が逆転することはあり得ません。 デジカメをPCに繋ぐときも同じことが言え、PCが「ホスト」、デジカメが「デバイス」です。 同じようにプリンタをPCに繋ぐときはPCが「ホスト」、プリンタが「デバイス」になります。 ところが最近は、PC抜きでデジカメとプリンタを繋いでデジカメの写真をプリントしようという機能が付けられるようになりました。 この時、デジカメとプリンタは両方とも「デバイス」ですから、そのままでは接続しても動作しません(制御信号を与える役目の装置がない)。 よって、例えばデジカメにUSBホスト/デバイスの両方になれる機能を持たせることで、他にUSBホストがいる場合(PCとデジカメを繋いだ場合)はデジカメはUSBデバイスに、他にUSBホストがいない場合(デジカメとプリンタを繋いだ場合)はデジカメがUSBホストに、というように、ケースバイケースで様々な組み合わせを可能にするような周辺機器が登場しています。 MP3プレイヤーのUSBホスト機能がどういった役に立つのかはそのMP3プレイヤーによって異なりますが、USBホスト機能がある場合は他のUSB周辺機器を繋げることで、PC抜きで様々な動作が可能になっている、と思えば良いでしょう。 当然ですが、USBストレージクラスとは別の用語となります。 USBホスト機能とは、USBの周辺機器を接続するための「親」になる機能です。 USBは、その対応機器が「ホスト」「デバイス」に別れており、「ホスト」は「デバイス」に対し接続制御を行える端末、「デバイス」は「ホスト」から制御信号を与えられて初めてデータ伝送が行える端末、という区別が為されます。 通常は、「ホスト」になるのはPCであって、「デバイス」はPCの周辺機器ということになります。 例えばPCとマウスをUSBで繋ぐとき、PCがホスト、マウスがデバイスになります。 この時、PCのUSBインターフェース... A ベストアンサー ノートPCには「外部モニタ用の出力端子」が付いている場合があり ますが、外部からの入力を受け付ける端子はありません。 ですので どうしても外部入力を受け付けたい場合は、 1.USB経由のTVチューナーをインストールし、外部からそのアンテナ にTV信号を飛ばして表示させる。 2.リモートソフトをインストールし、ノートPCからLAN経由でデスク トップの画面をコントロールする。 ただし、1. は画面が相当汚く(要はTVでPCを見てるのと同じですから) 2. は処理がカクカクして(画像信号がLANを経由しますので当然です) 一般的な用途には向いていません。 あくまで「出来る」というだけです。 ちなみに「分解して液晶だけを取り出し、DVI入力端子を作る」のは、 0. 1mm単位のフィルムの半田付け作業が出来る腕と、液晶ユニットの 信号回路に対する深い理解がないと出来ないですよ。 Q ドコモの携帯F905iが何もしないのに突然壊れました。 電源が入ったままですが、このまま修理に出すと画像や動画など本体に入ってたデータはどうなりますか?前触れもなく突然の事でバックアップとってない時もありました。 ドコモショップでは、店員が、仮の電話に電話帳など移行しようとなんとか頑張ってくれましたが、だめで、接触の都合でたまにつく時もあります。 3秒くらい。 初期化できないまま、修理に出すことになりました。 電源は入ったままですがボタンの音もならず、反応してるかわかりません。 ディスプレイは真っ黒。 ボタンのバックライトも光りませんが、なぜか時計と日付は正常に動いています。 この状態で画像や動画はどのくらい消えないで残ってかえってくる可能性がありますか?低いですか?もし工場でデータの抜き取りやってみますと言われましたが、ドコモショップと同じ端末から抜き取るという方法でしょうか?それなら可能性が低いと思いますが、 A ベストアンサー ・画面が映る場合。 スマホの型番が買いてないので判断できないが、そのスマホにUSBホスト機能があるのならUSBマウスを繋ぐだけ。 あとは画面を見ながらマウスで操作をしてデータをSDカードもしくはGoogleDriveなどのクラウドサービスなどにESファイルマネージャー(GooglePlayからダウンロードする)などを使って避難させてやればOK。 マウスはUSB端子が対応してれば別になんでもよく、専用の物を使う必要はない。 ミラーリングケーブルでつないでバックアップ。 WindowsパソコンとUSBで接続することによってスマホ画面をパソコンに表示させ、マウスで操作ができるようになるケーブル。 これでデータを取り出してやればいいと思います。 連絡帳などはクラウドで同期しているでしょうから、写真とか音楽とかですかね。 JSバックアップなどのアプリを使ってSDカードにシステムとアプリ両方のバックアップを取るのが良さそう。 インストール動画を見た限りではスマホ側の操作は必要無いようですので、画面が死んでいても何とかなりそうです。 スマホ側の操作が必要な場合は詰みかもしれません。 area-powers. html ・画面が映る場合。 スマホの型番が買いてないので判断できないが、そのスマホにUSBホスト機能があるのならUSBマウスを繋ぐだけ。 あとは画面を見ながらマウスで操作をしてデータをSDカードもしくはGoogleDriveなどのクラウドサービスなどにESファイルマネージャー(GooglePlayからダウンロードする)などを使って避難させてやればOK。 マウスはUSB端子が対応してれば別になんでもよく、専用の物を使う必要はない。 Q スマホやタブレットはBluetoothの接続機能が付いていてヘッドホンやスピーカー、キーボードなど、ワイヤレスで接続することができますよね。 現在Androidのタブレットを購入予定で、Bluetoothのキーボードとスピーカーも買うつもりです。 ここで疑問なんですが、ひとつのタブレットに複数のこのようなBluetooth機器は同時に繋いで使用できるのですか? 具体的には、Bluetoothスピーカーで音楽をかけながら、Bluetoothキーボードで文章を打つ、というような使い方です。 ひとつのBluetooth機器を複数のスマホやタブレットなどで共用して使うのは「マルチペアリング」という使い方が検索できましたが、上記のような使い方についてはなかなか情報が出てきません。 どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけますか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー >AndroidではPCの外付けハードディスクは読めないのでしょうか? 一応読めるんですけど、 今入っているデータを見るための大前提の知識として、 AndroidはAndroidOSであって、WindowsOSではないので、基本的にデータは動かないってこと。 JPEGとかmp3とか汎用データは読めますが、圧縮ファイルとか多様な動画データとか専用アプリのデータとか、 必ずWindowsと互換や変換機能を持つAndroidアプリを介さないと使えない。 USBコネクタ形状が一緒だから、つなげば使える、読みこめば使える訳じゃないのです。 使うためにはデータの拡張子ごとに個別の知識が必要。 だから対応HDDが発売されていないし、動作しないデータはAndroidに対応しているとは店員はいえない。 それはAndroidではPCの外付けハードディスクは読めないということ。 スマホに対応アプリがインストールされていない限り。 この大前提が結構知識がない人が多いのです。 winOSとmacOSは違うし、AndoroidとiOSも違うし、同じApple製品であるmacOSとiOSですら違うOSなので、違うオペレーティングソフトは、変換しない限り、同じには使えません。 OSが違うから動かないことを理解して、その対策を調べれば、大抵のAndroid変換アプリは存在し、HDDから読み込めるし、動きます。 >AndroidではPCの外付けハードディスクは読めないのでしょうか? 一応読めるんですけど、 今入っているデータを見るための大前提の知識として、 AndroidはAndroidOSであって、WindowsOSではないので、基本的にデータは動かないってこと。 JPEGとかmp3とか汎用データは読めますが、圧縮ファイルとか多様な動画データとか専用アプリのデータとか、 必ずWindowsと互換や変換機能を持つAndroidアプリを介さないと使えない。 USBコネクタ形状が一緒だから、つなげば使える、読みこめば使える訳じゃないのです。

次の

スマホをPCのタッチパッドとキーボードに変身させるAndroidアプリがイカス!

スマホ マウス キーボード

私はスマホを仕事用で使っているのですが、これに外付けキーボードとマウスをbluetoothで接続したので、その考察です。 私が使用しているスマホはアンドロイドですが、普通にブルートゥースでテザリング2台ともできます。 世の中、便利になったものです。 なぜスマホに外付けキーボードとマウスを使うのか? 事の発端は以前、出張に行って書類作成でノートパソコンを使用する必要が生じた際に、ウェブを使おうと試みたのですが、使えない状況でした。 実はスマホとノートPCのテザリングの設定がうまくできていなかったことが原因なのですが、書類作成とはいえ、少しのテキスト作成だけなので、わざわざノートPCを持ってゆく必要があったのか?と少し反省。 別にノートPC自体の重さはともかく、それを持ち運びすることによる物理的なセキュリティ対策が非常に厄介なのです。仕事のことなので詳細は書きませんが、ノートPCを落としたら、リアルに懲戒解雇レベルの事態になりかねませんので…。 本当は「外出専用のデータが空っぽ、かつ、強固なセキュリティのノートパソコン」があれば一番良いのですけどね。 そんなことから、常に肌身離さないスマホをブラウジング環境とメール環境にすればよいのではないか、と思い、bluetoothのキーボードとマウスを接続することを試みました。 とはいえ、「普通」はノートPCがなければ仕事にならない出張先の方が多いのですが、スマホだけでも行ける出張もあります、という「選択肢の一つ」として、ですが。 広告 スマホの外付けキーボードで便利なショートカット ほぼPCと共通です。 他にも色々ありますが。 主要なものだけ…。 やはり画面が小さいということで、少しでも長いテキストを書くと、テキストの全体像が捉えづらく、編集しづらいです。 スマホに外付けキーボードとマウスを付けて使う行為は快適なブラウジング環境、メール記述環境を構築する、という意味においては非常に良いのではないかと思います。 と、ここまで、かなり褒めた記述ですが、結局はスマホですから…。 周回遅れのパソコンとしてのスマホ もともとスマホは周回遅れの超小型パソコンとして、限界がある機材ですから、普通のスマホにプラスアルファの機能として使う、という考えであればいいかもしれません。 過剰な期待は禁物です。 スマートフォンにキーボードとマウスを接続したことによって、スマートフォンがパソコン並みに使えると思うのは幻想です。 スマートフォンは仕事の道具として考えれば、周回遅れのパソコンに超小型モニタを接続した存在のレベルなのですから。 結局、「情報の受信ではない」、つまり、自分で情報を発信する場合や、一定程度のデータ加工を行う際は、絶対に広い画面のモニターとと然るべき性能の本体、キーボードとマウスが必要です。 スマホへのキーボードとマウスの接続は、「無いよりは絶対に良いが、パソコンには絶対にかなわない」のが事実でしょうか。 そもそも、スマホにハードウェアキーボードとマウスを接続する行為、スマホ本体以外に何点もの付属品を持ち運びする行為、それ自体が面倒に思えてしまいます。 とはいえ、スマホ単体よりは絶対的に「マシ」なブラウジング、メーラー環境を作ることができるのは事実ですから、保険的に営業車に外付けキーボードと外付けマウスを放り込んでおくのはアリ、かもしれません。 私の個人的には「無いよりはあった方がいい」的なガジェットでした。 追記 結局、スマホはかなり限界があるため、「外出専用ノートPC」を購入し 正確には会社に購入してもらい 、使用しています。とはいえPCの本体の中にノートを残さない運用も、それはそれでまたコツが必要であったりもするのですが。 また、ある程度ハイスペックなPCを選択しておくことによって、「いざという場合、データさえ持ち出せば、社内PCと外出用PCで同様の仕事をすることができる」選択肢があるだけでも強みとなりえます。 結局、「出先であるがゆえに」、過酷な環境で仕事をせざるを得ないですし、しかも、差し迫った納期で、などの場合はノートPCしか頼る存在はありえません…。 とはいえ、「モノを限界まで使い倒す」という意味で、スマホにキーボードとマウスを付ける行為は「お遊びの延長」としては、非常に面白いとは思います。一定程度の長さのテキスト程度であればPCの代替は「不可能ではない」のですから。

次の

Androidスマホ/タブレットでマウスを使う方法

スマホ マウス キーボード

Bluetooth接続さえすれば、すぐに入力可能となるが まず、使えるキーボードを確認しておこう。 BluetoothならばAndroidやiPhoneに限らず一応使える。 「一応」としたのは、キー配置が細かく違っているため、キーボードのキートップに書いてある文字や記と、押したときに出てくる文字や記号が同じとは限らないからだ。 それが、スマートフォン用だったり、iPhone/iPad用としてあったりすれば、その場合の対策として、キートップに複数の文字が書いてあったりするので、使いやすい。 たとえば、スマートフォンやタブレット用として、スタンドまで内蔵しているロジクールの「K780」のようなキーボードには、複数のOSで使えるようにキートップには複数の記載がある。 もし、それが気にならなければどんなキーボードでも使えると思っていいだろう。 A~Z、1~0の配置は同じなので、入力する頻度の高い文字に関して言えば、あまり気にならないからだ。 USB接続のキーボード/マウスも使える MK235 Wireless Keyboard and MouseをAndroidスマホに接続。 マウス、キーボードともに利用できた また、AndroidはUSBマウスも使うことができる。 Bluetoothと違ってこちらは接続すればすぐ使えるため、画面割れや画面操作不能になったとき、非常手段としてスマートフォンを使ったり、データを救い出したりと活用方法が紹介されることもある。 覚えておくと便利だろう。 そして、マウスとキーボードを同時に使いたい場合は、1つのUSBポートで両方接続できるようなワイヤレスキーボードとマウスのセットを使う方法と、USBハブを併用して両方同時につなぐ方法もある。 一方、iPhone/iPadでもUSBキーボードを使う方法が一応ある。 使い方は、カメラアダプタのUSBポートにキーボードを接続するだけ。 ただし、この場合もBluetoothキーボードと同様、一部のキートップの文字と押して出てくる文字が違うという問題がある。 A~Z、1~0の配置は同じなので問題は少ないと思うが、細かな記号の場所の違いは覚えるしかないだろう。

次の