アルファ ポリス。 部下からの「人望が厚い上司」が持つ3つの特徴

小説一覧

アルファ ポリス

【男性向け文庫】• 【男性向け単行本】• 【女性向け文庫】• 【女性向け単行本】• 【ティーズラブ】• 【ラノベ・その他】• 【一般向け文庫】• 【一般向け単行本】• 【その他】• 【廃刊・休刊】• 刊行月一覧 '20: '19: '18: '17: '16: '15: '14: '13: '12: '11: '10: '09: '08: '07: '06: '05: アンケート結果• その他• 発売日 タイトル 著者 イラスト 定価 ISBN 3 愛され王子の異世界ほのぼの生活 ~顔良し、才能あり、王族生まれ。 そして私は『神』でした??

次の

アルファポリス (9467) : 株価/予想・目標株価 [AlphaPolis]

アルファ ポリス

国を守護する聖女の力を宿すルイーゼ。 彼女の役割は、王国のそばにある魔窟の封印を維持すること。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 「なりません。 結界を解けば魔物が噴出し、国が崩壊します」 力強くそう説得していくが、彼女の言葉に耳を貸すものは次第に少なくなっていく。 そして彼女は、次期国王候補として人気取りに奔走するニック王子に利用されてしまう。 「聖女などもはや不要!(これで僕の支持率はうなぎ登り!)」 「わかりました。 苦手な方はご注意ください。 タイトルを変更しました。 かつては忌み子とされていた双子も何代か前の王によって、そういった扱いは禁止されたはずだった。 だけどいつの時代でも古い因習に囚われてしまう人達がいる。 エレナにとって不幸だったのはそれが実の両親だったということだった。 両親は妹のエレンだけを我が子 長女 として溺愛し、エレナは家族とさえ認められない日々を過ごしていた。 そんな中でエレンのミスによって辺境伯カナトス卿の令息リオネルがケガを負ってしまう。 療養期間の1年間、娘を差し出すよう求めてくるカナトス卿へ両親が差し出したのは、エレンではなくエレナだった。 エレンのフリをして初恋の相手のリオネルの元に向かうエレナは、そんな中でリオネルから優しさをむけてもらえる。 だが、その優しささえも本当はエレンへ向けられたものなのだ。 自分がニセモノだと知っている。 だから、この1年限りの恋をしよう。 そう心に決めてエレナは1年を過ごし始める。 現実と違うな、という場面も多いと思います(すみません💦) ファンタジーという事でゆるくとらえて頂けると助かります💦 Sランクパーティで活躍していた【サモナー】のルビン。 豊富な知識と経験をもってリーダーの【双剣士】エリックを支えていたはずなのだが……。 ある日、仲間に勧められ【テイマー】に転職することに。 しかし、怠惰な転職の女神によって誤字入力によって【テイマー】から【タイマー】へと間違って転職してしまう。 その日よりルビンの生活は一変。 聞いたこともない職業に転職したルビンは、あっと言う間に「お荷物」「足手まとい」のゴミ扱い。 そして、とうとうルビンは追放され、ダンジョンの奥地で見捨てれてしまった。 だが、ルビンをパーティから追放したのは決定的なミスだった。 モンスターの囮にされたあげく、追放されたルビン。 しかし、彼の才能と【タイマー】の性能が芽吹き、ルビンは最強の冒険者として成り上がり始める! これは、 騙され、蔑まれてきた【サモナー】の青年が、新しい力に目覚めてやり直す物語 伝説のスキル「テイマー」の力が目覚めた平民のノネットは、両親に売り飛ばされてしまう。 1頭限定で動物を国を守る神獣にまで育てることが可能なノネットは、城で神獣を育てながら暮らしていた。 育てた神獣は国を守る結界が張れるようになり、「役割を果たした平民は用済み」と国を追い出されることになってしまう。 平民の私が何を言っても生活を捨てたくない虚言にしかとられず、国を出た私の目の前に神獣がやって来る。 やっぱり神獣は国より私を選んだみたいだけど、これは忠告を聞かず追い出すことに決めた国王や王子、貴族達が悪い。 もし追い出されることになったら招待すると隣国の王子に言われていた言葉を思い出し、私は神獣と隣国に向かおうとしていた。 孤児のアイリスは女神の加護を受ける聖女候補に選ばれ神殿の巫女として生活していた。 しかし聖女に選ばれないと決めつけられ廃棄される予定である事や、ある男爵に金で買われることが決まっている事を知る。 やってられるか!と逃げ出したアイリスは、偶然馬車に乗り合わせた美麗の騎士を助けてしまい深く感謝され、そのまま彼の屋敷で暮らす事に。 まるで恋人にするかのように溺愛してくる騎士にアイリスは戸惑いまくり。 一方そのころ、アイリスの逃走に気が付いた神殿はパニックに。 なんと女神が聖女に選んだのはアイリスだった。 男爵もアイリスを諦めてはおらず… 展開ゆっくりですが恋愛要素メインのお話です。 ヒロインはNOTチートなので普通に不運に見舞われています。 ざまぁは後半! 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」 聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。 王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。 セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。 無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。 セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。 ふとハルクは提案してくる。 「なあ、どうせ戻る場所もないし、俺たち二人でパーティを組まないか?」 「賛成です!」 こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。 この時の彼らはすっかり忘れていた。 その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。 理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録等いつもありがとうございます。 とても励みになります! もしよかったら感想もぜひお願いします。 泣いて喜んで続きを書きます。 11お陰様でHOTランキングに載ることができました。 まさか一日で載るとは……す、ストックが……! 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 「この国に聖女は2人も要らないってセレネ様が言っていたわ。 私はただ聖女同士仲良くしたいのに……セレネ様は私を追い出そうとしている。 メイソン様、私…すごく怖いわ…。 」 「光の聖女様、心配はいりませんよ。 この国に必要ないのは闇の聖女であるセレネの方ですから。 今日、この国の魔術師に頼んでセレネに死の呪いをかけて貰いました。 まる1日後に即死するそうです。 」 神殿で祈りを捧げている最中に、その話を聞いてしまった闇の聖女であるセレネはハラハラと涙を流していた。 光の聖女が辺境の地で発見されてこの国へ来た数日後に、今まで私の傍に居た人々が手の平を返したように態度を変えて離れて行った。 「貴様とは婚約破棄だ!そして私はリアンヌと婚約する!」 「ユーザ様……嬉しいです」 ああ、やっぱりヒロインには敵わないんだなぁと、これから起こることを予測して泣きそうになった時だった。 「ふざけるのもいい加減になさいませ!このクソ王子!」 「誰だ!今私を侮辱したのは!不敬罪に……っ」 「私が言いました」 「あー、私も言いました」 「私も言ってしまいましたわ」 これは………なんですの? 婚約破棄シリーズ主人公置いてきぼりに続く第四段……いつシリーズ化したか、それは私にもわからない。 とりあえず婚約破棄シリーズタグは荷居人をつけました。 6月13日10時08分HOTランキング5位!人気ランキング16位!恋愛ランキング12位! 久々に上位のランキングです。 彼女の母親も国を守って命を落としている。 人生の多くの瞬間を、オルビアと、その民たちに捧げてきたのに。 聖女フローラは無実の罪により聖女の座を追われてしまう。 そして自分を陥れた、王女の犬になることを強要されるが? 追放されたことで、彼女の運命は好転していきます。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 (これまでの書き込みが消失したわけではありませんので、しばらくご容赦くださいませ) 正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたわ。 だけど、伯爵様が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。 一応、関係者ですし。 未成年ですが。 なので、王宮に来たのも渋々でしたの。 コルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。 それも公衆の面前で。 ましてや破棄理由が冤罪って。 ありえませんわ。 何のパーティーかご存知なのかしら。 それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。 その言葉だけは絶対許せませんわ。 そもそも、婚約なんてしたくはなかったんです。 本当にいいんですね。 分かりました。 私は別に構いませんよ。 但し、こちらから破棄させて頂きますわ。 宜しいですね。 そんなカテゴリー分けをした少年はAグループの悪友たちにふりまわされた穏やかとは言いにくい中学校生活と違い、高校生活は穏やかに過ごしたいと考え、高校ではB(普通)グループに入り、その中でも特に目立たないよう存在感を薄く生活し、平穏な一年を過ごす。 この平穏を逃すものかと誓う少年だが、ある日、特A(特に目立つ)の美少女を助けたことから変化を始める。 「ウィズ・オーリア! 貴様を退学処分とする!」 平民の魔導士ウィズ・オーリアはある日突然、学院長の言いがかりによって魔導学院を退学させられてしまう。 この世界では魔導士=貴族。 他の魔導士にしてみれば、ただの平民が貴族と同じ扱いを受けているのが気に入らなかったのだ。 冒険者となったウィズは、世界に四人しかいない『大魔導士』に鍛えられた規格外の実力を発揮し、次々と依頼をこなしていく。 すべては手柄を立て、名声を得て、魔導士の最高位である『賢者』の称号を手に入れるため。 これは平民だからと冷遇されていた天才魔導士が、冒険者になって無双する物語。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 7お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! 「エルヴィラ・ヴォダ・ルストロ。 お前を聖女と認めるわけにはいかない! お前が育てていた『乙女の百合』は偽物だった! この偽聖女め!」 アレキサンデル様が、わたくしをそう罵ります。 皆が驚きの声をあげました。 「エルヴィラ様が聖女でなかった?」 「何かの間違いでは?」 それもそのはず。 本来なら、わたくしが、正統な聖女だと認定されるはずの儀式です。 それが、一転して、「偽聖女」呼ばわり。 さらにアレキサンデル様は、宣言します。 「聖女ではない女とは結婚できない! お前との婚約は白紙に戻す」 そこで、初めてわたくしは、口を開きました。 王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 留学から帰ってきたマーテリーはすっかりあか抜けており、王太子はマーテリーに夢中。 政略結婚と割り切っていたが納得いかず、必死に説得するも、ありもしない罪をかぶせられ国外追放になる。 家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。 アトリアは弱いながらも治癒の力がある。 子供の怪我の治癒をした時、ある男性に目撃されて旅に付いて来てしまう。 それ以降も街で見かけた体調の悪い人を治癒の力で回復したが、気が付くとさっきの男性がずっとそばに付いて来る。 「ぜひ我が国へ来てほしい」 男性から誘いを受け、行く当てもないため付いて行く。 が、着いた先は祖国ヴァルプールとは比較にならない大国メジェンヌ……の王城。 「……ん!?」 レイラは生まれた時から強力な魔力を持っていたため、キアーラ王国の大神殿で聖女として育てられ、毎日祈りを捧げてきた。 その力の大きさから王太子との婚約が決まっていたが、彼は身元不明のレイラとは結婚できないと婚約破棄した。 そのうえ、彼の恋人の公爵令嬢に無礼な態度をとったということでレイラを国外追放する。 一方、キアーラ王国ではレイラがいなくなったことにより魔物がたくさん出るようになってしまい、 彼女を連れ戻そうと使いを出す。

次の

【重要】刊行延期タイトル 発売予定日決定のお知らせ(2020/5/13)

アルファ ポリス

国を守護する聖女の力を宿すルイーゼ。 彼女の役割は、王国のそばにある魔窟の封印を維持すること。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 「なりません。 結界を解けば魔物が噴出し、国が崩壊します」 力強くそう説得していくが、彼女の言葉に耳を貸すものは次第に少なくなっていく。 そして彼女は、次期国王候補として人気取りに奔走するニック王子に利用されてしまう。 「聖女などもはや不要!(これで僕の支持率はうなぎ登り!)」 「わかりました。 苦手な方はご注意ください。 タイトルを変更しました。 かつては忌み子とされていた双子も何代か前の王によって、そういった扱いは禁止されたはずだった。 だけどいつの時代でも古い因習に囚われてしまう人達がいる。 エレナにとって不幸だったのはそれが実の両親だったということだった。 両親は妹のエレンだけを我が子 長女 として溺愛し、エレナは家族とさえ認められない日々を過ごしていた。 そんな中でエレンのミスによって辺境伯カナトス卿の令息リオネルがケガを負ってしまう。 療養期間の1年間、娘を差し出すよう求めてくるカナトス卿へ両親が差し出したのは、エレンではなくエレナだった。 エレンのフリをして初恋の相手のリオネルの元に向かうエレナは、そんな中でリオネルから優しさをむけてもらえる。 だが、その優しささえも本当はエレンへ向けられたものなのだ。 自分がニセモノだと知っている。 だから、この1年限りの恋をしよう。 そう心に決めてエレナは1年を過ごし始める。 現実と違うな、という場面も多いと思います(すみません💦) ファンタジーという事でゆるくとらえて頂けると助かります💦 Sランクパーティで活躍していた【サモナー】のルビン。 豊富な知識と経験をもってリーダーの【双剣士】エリックを支えていたはずなのだが……。 ある日、仲間に勧められ【テイマー】に転職することに。 しかし、怠惰な転職の女神によって誤字入力によって【テイマー】から【タイマー】へと間違って転職してしまう。 その日よりルビンの生活は一変。 聞いたこともない職業に転職したルビンは、あっと言う間に「お荷物」「足手まとい」のゴミ扱い。 そして、とうとうルビンは追放され、ダンジョンの奥地で見捨てれてしまった。 だが、ルビンをパーティから追放したのは決定的なミスだった。 モンスターの囮にされたあげく、追放されたルビン。 しかし、彼の才能と【タイマー】の性能が芽吹き、ルビンは最強の冒険者として成り上がり始める! これは、 騙され、蔑まれてきた【サモナー】の青年が、新しい力に目覚めてやり直す物語 伝説のスキル「テイマー」の力が目覚めた平民のノネットは、両親に売り飛ばされてしまう。 1頭限定で動物を国を守る神獣にまで育てることが可能なノネットは、城で神獣を育てながら暮らしていた。 育てた神獣は国を守る結界が張れるようになり、「役割を果たした平民は用済み」と国を追い出されることになってしまう。 平民の私が何を言っても生活を捨てたくない虚言にしかとられず、国を出た私の目の前に神獣がやって来る。 やっぱり神獣は国より私を選んだみたいだけど、これは忠告を聞かず追い出すことに決めた国王や王子、貴族達が悪い。 もし追い出されることになったら招待すると隣国の王子に言われていた言葉を思い出し、私は神獣と隣国に向かおうとしていた。 孤児のアイリスは女神の加護を受ける聖女候補に選ばれ神殿の巫女として生活していた。 しかし聖女に選ばれないと決めつけられ廃棄される予定である事や、ある男爵に金で買われることが決まっている事を知る。 やってられるか!と逃げ出したアイリスは、偶然馬車に乗り合わせた美麗の騎士を助けてしまい深く感謝され、そのまま彼の屋敷で暮らす事に。 まるで恋人にするかのように溺愛してくる騎士にアイリスは戸惑いまくり。 一方そのころ、アイリスの逃走に気が付いた神殿はパニックに。 なんと女神が聖女に選んだのはアイリスだった。 男爵もアイリスを諦めてはおらず… 展開ゆっくりですが恋愛要素メインのお話です。 ヒロインはNOTチートなので普通に不運に見舞われています。 ざまぁは後半! 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」 聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。 王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。 セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。 無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。 セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。 ふとハルクは提案してくる。 「なあ、どうせ戻る場所もないし、俺たち二人でパーティを組まないか?」 「賛成です!」 こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。 この時の彼らはすっかり忘れていた。 その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。 理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録等いつもありがとうございます。 とても励みになります! もしよかったら感想もぜひお願いします。 泣いて喜んで続きを書きます。 11お陰様でHOTランキングに載ることができました。 まさか一日で載るとは……す、ストックが……! 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 「この国に聖女は2人も要らないってセレネ様が言っていたわ。 私はただ聖女同士仲良くしたいのに……セレネ様は私を追い出そうとしている。 メイソン様、私…すごく怖いわ…。 」 「光の聖女様、心配はいりませんよ。 この国に必要ないのは闇の聖女であるセレネの方ですから。 今日、この国の魔術師に頼んでセレネに死の呪いをかけて貰いました。 まる1日後に即死するそうです。 」 神殿で祈りを捧げている最中に、その話を聞いてしまった闇の聖女であるセレネはハラハラと涙を流していた。 光の聖女が辺境の地で発見されてこの国へ来た数日後に、今まで私の傍に居た人々が手の平を返したように態度を変えて離れて行った。 「貴様とは婚約破棄だ!そして私はリアンヌと婚約する!」 「ユーザ様……嬉しいです」 ああ、やっぱりヒロインには敵わないんだなぁと、これから起こることを予測して泣きそうになった時だった。 「ふざけるのもいい加減になさいませ!このクソ王子!」 「誰だ!今私を侮辱したのは!不敬罪に……っ」 「私が言いました」 「あー、私も言いました」 「私も言ってしまいましたわ」 これは………なんですの? 婚約破棄シリーズ主人公置いてきぼりに続く第四段……いつシリーズ化したか、それは私にもわからない。 とりあえず婚約破棄シリーズタグは荷居人をつけました。 6月13日10時08分HOTランキング5位!人気ランキング16位!恋愛ランキング12位! 久々に上位のランキングです。 彼女の母親も国を守って命を落としている。 人生の多くの瞬間を、オルビアと、その民たちに捧げてきたのに。 聖女フローラは無実の罪により聖女の座を追われてしまう。 そして自分を陥れた、王女の犬になることを強要されるが? 追放されたことで、彼女の運命は好転していきます。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 (これまでの書き込みが消失したわけではありませんので、しばらくご容赦くださいませ) 正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたわ。 だけど、伯爵様が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。 一応、関係者ですし。 未成年ですが。 なので、王宮に来たのも渋々でしたの。 コルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。 それも公衆の面前で。 ましてや破棄理由が冤罪って。 ありえませんわ。 何のパーティーかご存知なのかしら。 それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。 その言葉だけは絶対許せませんわ。 そもそも、婚約なんてしたくはなかったんです。 本当にいいんですね。 分かりました。 私は別に構いませんよ。 但し、こちらから破棄させて頂きますわ。 宜しいですね。 そんなカテゴリー分けをした少年はAグループの悪友たちにふりまわされた穏やかとは言いにくい中学校生活と違い、高校生活は穏やかに過ごしたいと考え、高校ではB(普通)グループに入り、その中でも特に目立たないよう存在感を薄く生活し、平穏な一年を過ごす。 この平穏を逃すものかと誓う少年だが、ある日、特A(特に目立つ)の美少女を助けたことから変化を始める。 「ウィズ・オーリア! 貴様を退学処分とする!」 平民の魔導士ウィズ・オーリアはある日突然、学院長の言いがかりによって魔導学院を退学させられてしまう。 この世界では魔導士=貴族。 他の魔導士にしてみれば、ただの平民が貴族と同じ扱いを受けているのが気に入らなかったのだ。 冒険者となったウィズは、世界に四人しかいない『大魔導士』に鍛えられた規格外の実力を発揮し、次々と依頼をこなしていく。 すべては手柄を立て、名声を得て、魔導士の最高位である『賢者』の称号を手に入れるため。 これは平民だからと冷遇されていた天才魔導士が、冒険者になって無双する物語。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 7お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! 「エルヴィラ・ヴォダ・ルストロ。 お前を聖女と認めるわけにはいかない! お前が育てていた『乙女の百合』は偽物だった! この偽聖女め!」 アレキサンデル様が、わたくしをそう罵ります。 皆が驚きの声をあげました。 「エルヴィラ様が聖女でなかった?」 「何かの間違いでは?」 それもそのはず。 本来なら、わたくしが、正統な聖女だと認定されるはずの儀式です。 それが、一転して、「偽聖女」呼ばわり。 さらにアレキサンデル様は、宣言します。 「聖女ではない女とは結婚できない! お前との婚約は白紙に戻す」 そこで、初めてわたくしは、口を開きました。 王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 留学から帰ってきたマーテリーはすっかりあか抜けており、王太子はマーテリーに夢中。 政略結婚と割り切っていたが納得いかず、必死に説得するも、ありもしない罪をかぶせられ国外追放になる。 家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。 アトリアは弱いながらも治癒の力がある。 子供の怪我の治癒をした時、ある男性に目撃されて旅に付いて来てしまう。 それ以降も街で見かけた体調の悪い人を治癒の力で回復したが、気が付くとさっきの男性がずっとそばに付いて来る。 「ぜひ我が国へ来てほしい」 男性から誘いを受け、行く当てもないため付いて行く。 が、着いた先は祖国ヴァルプールとは比較にならない大国メジェンヌ……の王城。 「……ん!?」 レイラは生まれた時から強力な魔力を持っていたため、キアーラ王国の大神殿で聖女として育てられ、毎日祈りを捧げてきた。 その力の大きさから王太子との婚約が決まっていたが、彼は身元不明のレイラとは結婚できないと婚約破棄した。 そのうえ、彼の恋人の公爵令嬢に無礼な態度をとったということでレイラを国外追放する。 一方、キアーラ王国ではレイラがいなくなったことにより魔物がたくさん出るようになってしまい、 彼女を連れ戻そうと使いを出す。

次の