あの頃君を追いかけた 原作。 【みんなの口コミ】映画『あの頃、君を追いかけた』の感想評価評判

あの頃、君を追いかけた|動画がフルで見れる無料映画配信サイト一覧

あの頃君を追いかけた 原作

複数のVODで配信されていますが、• 無料登録の入力項目が少ない• 無料キャンペーン期間が長い• 作品の充実度• 解約が簡単 という理由から、最もオススメな動画配信サイトは U-NEXTになります! 映画『あの頃、君を追いかけた』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。 U-NEXTにラインナップされている作品は• 見放題作品• ポイントレンタル作品 の2パターンが存在します。 『あの頃、君を追いかけた』はポイントレンタル作品となり、通常は追加料金がかかってしまいますが、 現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『あの頃、君を追いかけた』を観ることが出来ます! U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。 配信状況などはをご確認ください。 スマホで予約• 視聴後、ポストに返却 という簡単3ステップで、家にいながらツタヤの充実した商品ラインナップを楽しめるサービスです。 の説明が少し分かりにくい部分もありますが、 現在30日間の無料キャンペーンを実施しているので、試しに使ってみて自分が想像していたサービスと違う…と感じた場合はキャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。 この機会に試してみてはいかがでしょうか? 映画『あの頃、君を追いかけた』作品紹介 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 映画『あの頃、君を追いかけた』作品概要 台湾で社会現象を起こすほどの大ヒットを記録した作品の、日本リメイク版青春ラブストーリー。 2018年公開。 原作は台湾の人気作家ギデンズ・コーの自伝的小説。 いたずら好きな男子学生の初恋の行方を描いています。 監督を務めるのは、脚本家として『ホワイトアウト』などに携わり、舞台演出なども数多く手掛ける長谷川康夫。 主人公を演じるのは山田裕貴と乃木坂46の齋藤飛鳥。 『この世界の片隅に』の松本穂香ら実力派俳優が共演しています。 胸キュンのときめきと切なさが凝縮された作品です。 映画『あの頃、君を追いかけた』あらすじ C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 地方都市の男子高校生・水島浩介は、クラスメイトとバカを繰り返しながらお気楽な学校生活を送っています。 ある日、度を過ぎた悪ふざけが原因で授業が中断し、教師は激怒。 優等生の早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命します。 お堅い真愛を疎ましく思いながらも、ずっと憧れの存在だった彼女に胸がざわつく浩介。 教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことから、二人の距離は一気に縮まりますが…。 映画『あの頃、君を追いかけた』主要キャスト紹介• 山田裕貴/水島浩介• 齋藤飛鳥/早瀬真愛• 松本穂香/小松原詩子• 佐久本宝/大野陽平• 國島直希/町田健人 映画『あの頃、君を追いかけた』主要スタッフ紹介• 長谷川康夫/監督• ギデンズ・コー/原作• 飯田健三郎、谷間月栞/脚本• 未知瑠/音楽 まとめ 映画『あの頃、君を追いかけた』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『あの頃、君を追いかけた』を無料で見られるので安心ですね!.

次の

OUTSIDE IN TOKYO / ギデンズ・コー『あの頃、君を追いかけた』インタヴュー

あの頃君を追いかけた 原作

映画『あの頃、君を追いかけた』口コミ感想ネタバレ 映画『あの頃、君を追いかけた』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「心がお腹いっぱいです!青春や恋って良いですね!」「齋藤飛鳥のウェディングドレス姿が最高!」「何回見ても飽きないし、むしろ見たくなっちゃう!」 上映中【2018年10月5日 金 公開】 いたずら好きな男子学生の初恋の行方を描き、台湾で社会現象を巻き起こすヒットを記録。 2013年に日本でも公開された青春ラブストーリーを日本人キャストによってリメイク。 主人公を演じる山田裕貴、乃木坂46の齋藤飛鳥、ドラマ「この世界の片隅に」の松本穂香ら実力派若手俳優が共演し、キラキラとした世界観を作り上げる。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> いつだって、男よりも女のほうが一足先に大人になるのが、この世の常。 地方都市で暮らす水島浩介(山田裕貴)は、クラスメイトと一緒にバカを繰り返し、お気楽な高校生活を送っていた。 そんなある日、度の過ぎた浩介の悪ふざけが原因で授業が中断。 激怒した教師が、優等生の早瀬真愛(齋藤飛鳥)を浩介のお目付け役に任命する。 真面目で堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がざわつき始める浩介。 彼と4人の仲間にとって、真愛は中学時代から憧れの存在だったのだ。 やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まるが……。 三連休なので皆さん、お外に出て、映画を観て、タピオカでも飲みに行ってください。 彼が最近始めたロカボは【10日目】です。 んで齋藤飛鳥は最高だった。 まだ、見に行ってない人は、是非見て下さい。 話が切なくて感動する映画でした。 飛鳥が可愛すぎるし主題歌も良かったです。 まさかの展開すぎて泣ける。 真愛の天燈に書いた文字が頭から離れない。 過去一番の恋愛映画と言っても過言ではないぐらい良かった。 一回観たら一生忘れられへんやろなぁ。 綺麗な涙が自然と。 という冗談はおいといて、 毛穴の数を数えてるうちに泣いてる自分がいました。 舞台挨拶付👏 私の大好きな映画の日本リメイク版。 ほんで山田裕貴さんめっちゃ好きになった。 嫉妬心なんて全くなかった。 私にとっては凄く共感する内容でした。 最初は、齋藤飛鳥さんの可愛さに魅入ってしまいましたが、ラストにいくにつれ、別の人と重ねて見えてしまい、泣いてしまいました。 原作とはまるで別物ですが、とても良い作品でした。 なんか、映画終わってから泣きたくなった感じです。 とりあえず、めっちゃよかったから、もう一回観たい。 あと、もっといろんなところでやってほしい。 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、...

次の

「あの頃、君を追いかけた」感想

あの頃君を追いかけた 原作

浩介(山田裕貴=左)は真愛(齋藤飛鳥)からオリジナルの問題を出題され特訓を受ける C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 主人公が現在の地点から過去を振り返るという内容のアジア映画が最近目立ち、またヒットを重ねている。 ではその作品のリメークにも「振り返る映画=成功の条件」は当てはまるだろうか。 そんなことを考えてしまうのは、韓国映画「サニー永遠の仲間たち」の日本版「SUNNY 強い気持ち・強い愛」が話題を集めたばかりなのに、今度は台湾映画「あの頃、君を追いかけた」の日本版が公開されたからである。 この作品もヒットすれば、「過去を振り返る」と「リメーク」の組み合わせも興行を成功させるための大事な条件になるかもしれない。 浩介と真愛を加えた7人は卒業後の進路を語り合う C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 本作は台湾の人気作家ギデンズ・コー監督が自伝的小説を自ら映画化し、地元台湾や香港で記録的なヒットとなった学園青春物語を長谷川康夫監督が日本に置き換えて作ったリメーク作品。 地方都市の高校に通う浩介はクラス1の優等生の真愛(まな)から幼稚と言われるほど悪ふざけを繰り返し再三にわたって授業が中断。 怒った教師が真愛の前に浩介を座らせ彼女をお目付役に任命する。 最初は真面目な彼女を疎ましく思っていた浩介だが、話してみると彼女の可愛らしさに気付き、一方の真愛も浩介の粗雑な行動の陰に隠れた意外な優しさに触れて徐々に2人のぎこちない交際が始まる。 これに真愛の親友詩子と浩介のいたずら仲間4人を加えた仲良し7人は自由で気ままな高校生活を満喫する。 ギデンズ・コー監督のオリジナル作品を見たことがあれば、ほぼ同じカット割りが多用されていることに驚くかもしれない。 長谷川監督はなぜそこまでしたのか。 それは長谷川監督のオリジナル作品へのリスペクトではないかと思う。 たとえば高校を卒業して真愛とは違う大学で寮生活を送る浩介が「3・11」を想起させる大地震が起きた際に、すぐ真愛の安否を確認するために携帯を頭上高く挙げて不安定な電波をキャッチしようと頑張るシーン。 あわてて外に飛び出した他の学生たちも同じように手を挙げたまま歩く姿はオリジナルと同様、本来は必死な行動なのにどこか祝祭的な儀式のようにも見えた。 価値観や自分自身を見つめる思いが高校時代の時とは微妙に変わってきて互いの連絡も間が空いてしまった2人にとって、余計なことは考えずに相手の安否を確かめ今の思いを率直に伝えることができる極めて大事な場面。 あえて同じ構図にしたのは2人の本心を明らかにするのにこれ以上ふさわしい場面はないと考えたであろう原作者の思いを尊重したからに違いない。 ポニーテールの真愛を茫然と見つめる浩介(前列中央)ら5人 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ もうひとつ感心したのは、浩介たちの通った高校は日本の高校なのに、大学時代に2人がローカル線に乗って遊びに行った場所がいつの間にかオリジナル作品と同じ台湾の平渓線沿いの街に変っていたことだ。 もしかしてこの作品はパラレルワールドを描いていて、2人は双方の世界を生きていると考えてもいい作り方になっているのだ。 台湾ロケまでして作品の解釈の幅をより自由にしているのは、一方では原作に忠実であろうとしながら、オリジナル作品にはない工夫を盛り込んだためともいえる。 個人的には解釈の幅を広げつつ、台湾版よりも分かりやすい内容になっていると感じた。 ギデンズ・コー監督には2011年と15年の2回、インタビューしたことがある。 「大ヒットだね」と言われるよりも、「心を込めて丁寧に撮っているね」と言われた方がうれしいと、独特の表現で作品への愛情を語っている。 本作の長谷川監督もオリジナル作品へのリスペクトを忘れず心を込めて丁寧に撮ったと言えないだろうか。 浩介のことを語り合う詩子(松本穂香=左)と真愛 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 台湾版はクー・チェンドンとミシェル・チェンが、日本版では山田裕貴と齋藤飛鳥がそれぞれ共演している。 ところで日本と台湾はこの20年間だけでも繰り返し大きな地震があり、そのたびに互いに支援をしている間柄だ。 しかも残念なことにというべきか、地震を描いた作品が徐々に増えており、リメーク作品を作っても地震のシーンを違和感なく受け入れられるという特殊な関係にある。 フィリピンやインドネシアも同じ地震国。 せめて映画を通じ地震国同士共感を寄せ合うことができたらいい。 「あの頃、君を追いかけた」は10月5日より全国公開 【紀平 重成】 【関連リンク】.

次の