自転車 ブレーキ うるさい 前輪。 要注意!自転車から異音がする場合の対処法ガイド|快適ライフBLOG

自転車のブレーキ音がなるワケ5つ|前輪/後輪/キャリパーブレーキ

自転車 ブレーキ うるさい 前輪

ブレーキシュー(ゴム)と、リムが平行になったからです。 すなわち、シューに角度をつければ音が止みます。 ママチャリでしたら、シュー取り付け部にドライバー等を差込み、後方が開くようにちょびっとひねって下さい。 私は、故意に少し音が出るように調整しています。 ベルを鳴らす手間が省けます。 シューは100円ショップでも売っています。 自転車屋さんでも数百円で売られています。 取り付けはそんなに難しくありません。 リムが傷ついてからシューを取り替えても間に合います。 傷ついても乗れます。 中古のリムと交換すれば新品を買わなくても良い。 (と、言っても安いママチャリなら1万円で買えますが) つまり、その自転車屋さんは技術を持っていないか、単に新車を販売したいだけです。 この回答への補足 今日、色々やってみました。 と言っても試行錯誤でしたが。 まず、後輪ですが、自動車用のタイミングベルトの鳴き防止スプレーをシュッとやってみました。 おぉ、一発で鳴かなくなりました。 ついでにブレーキも全くきかなくなりました・・・。 シュー交換は部品の入手が困難そうだし、手間も掛かりそうなので、あきらめて前輪へ。 前輪にも、とりあえず鳴き防止スプレーをシュッ。 こちらは全く効果が無く、鳴き止みません。 次にゴムパッドを新品に交換。 全く鳴き止みません。 リムとゴムパッドをウェスでごしごし拭きました。 全く鳴き止みません。 んで、ゴムパッドを無理やりモンキースパナではさんで曲げて、前が開く様(逆八の字)にしたら、全く効果なし。 んで、今度は後ろが開く様(八の字)にしたら・・・。 みごとピタッと鳴かなくなりました。 これで、なんとか買わずにすみそうです。 もし、後ろのブレーキの直し方がわかりましたら、教えて下さい。 トーインといってハの字で音消えます。 自転車屋さんは自転車売りたかっただけでしょう。 後ろのブレーキは、バンドブレーキの場合、あきらめるしかないと思います。 (各自転車メーカーもお手上げのようです)保証書には走行上問題の無い音にはクレーム効きません。 (うるさくて問題ありですが。 ) 後ろのホイール(タイヤ)を外して、 ブレーキも外して、ブレーキの内側のゴムを紙やすりで少しごしごしと。 気休めには。 あとは、ブレーキの交換サーボブレーキというのがあります。 これもどうか、バンドブレーキより良いと思いますが。 付くかどうか?ですがブリヂストンのダイネックスブレーキ。 名前あってるか? ローラーブレーキはハブ(タイヤの中心の部分)がローラーブレーキ用で無いとつきません、ハブの交換に(ここまでするなら本当に新しいものの方が。 ) ローラーブレーキが音鳴りの場合は、専用のグリスがありますからいれるといいかも、他のグリスはダメですし、あくまでもローラーブレーキだけです。 自転車を色々整備するのは楽しいものです、がんばってください。 くれぐれも、物がブレーキだけに事故の無いように。 気をつけてください。 お疲れ様でした。 後輪の効き具合は如何ですか? 鳴き防止スプレーで効かないのであれば、直ちに洗剤で洗い流してください。 後輪はドラムブレーキ(バンドブレーキ)でしょうか? そうであれば、一時しのぎの方法はあります。 止めるバンド部と回転する部分の隙間に、練り歯磨きを米粒くらいかませて下さい。 その後、走っては止めを繰り返して研磨して下さい。 最初は効きが悪くなりますので十分注意して下さい。 ずっと効きが悪い場合、水を充てて洗い落として下さい。 残留物で滑面状態だったのが多少落とせて、若干回復します。 自転車屋さんでローラーブレーキなどに交換すると4~5千円かかります。 私は、後輪がもともとローラーブレーキの自転車を購入しました。 物凄く効くわけでは有りませんが、従来のバンドブレーキに比べ効きが良く、音がしません。 私も皆さんの意見と同じですがリムが傷つくくらい乗っているのであればこれから別の部品も壊れてくるであろうと言う意味も含めているのであると思います。 もしリム交換をしてブレーキゴムを替えても数千円でしょう。 しかし後ろブレーキが鳴り始めたら修理は可能ですが自転車屋からしてみると自転車自体の寿命と見るようです。 それらを含めてこれから修理が必要であろう金額を考えたら買い換えた方がよいといったんだと思います。 使われる方の「まだ使える」と自転車屋の「まだ使える」はかなりのズレがありますからね。 きっとどこに修理に行っても商売もありますがついでに壊れそうな部品をあらかじめ交換しておきましょうと進められると思いますよ。 応急処置としてはサビ取りなどでリムを磨くと音がおさまる事もあります。 A ベストアンサー 一般的な自転車についているブレーキは、バンドブレーキというタイプで、鉄のドラムをゴムバンドみたいなので締め付けて止めるんですけど、そのゴムがだんだん劣化してきて、滑る部分と滑らない部分ができてきます。 そうすると、効く、効かない、効く、効かないの繰り返しで、その振動が、キーッという嫌な音を生みます。 たぶんなってるはずです。 ブレーキだけ変えるのは、できます。 もちろん新しいバンド部ーレ気をつけることもできますが、やはり音鳴りしない、しにくい、サーボブレーキに変えるのをお勧めします。 自分で交換できないことはないですが、ドラムの径が微妙に違うため、取り換える必要が出てきます。 取り換えるのに専門工具がいるので、自転車屋さんに頼むのがいいです。 ちゃんとした自転車屋さんで。 ホームセンターでは サーボブレーキ?なにそれ?? でしたよw ブレーキ部分に歯磨き粉を塗れば一時的に回復し、音もなりませんが、すぐに再発するので、ブレーキユニットの交換をお勧めします。 A ベストアンサー ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤスリで軽くこする、表面の汚れを取るような感じで。 最後に、ブレーキシューを交換してみる、 自信がないなら自転車屋さんに持っていく、有料。 それでもだめなら自転車屋さんに持っていく。 後輪のブレーキから音が出る場合 サーボブレーキはまず音がしません、ローラーブレーキはグリスがなくなると音が出る場合があるので、自転車屋さんで専用グリスを入れてもらってください、サーブで音がしたらすぐに自転車屋さんへ。 バンドブレーキは 研磨材(コンパウンド、サビ取り剤等)と、やや太めの針金かそれに似たもの(長串とか)を用意します。 研磨材を針金の先にご飯粒の半分くらい付けてブレーキの内側の金属部分に付けます。 (ペダル側から見ると内部が見えます) そしてタイヤを回しブレーキをかけるを繰り返す。 最初はブレーキの利きが悪いです、、何度か繰り返すと大丈夫です。 何回やっても効きが悪い時は研磨材の付けすぎ、しばらくは注意して乗ってください。 バンドブレーキは新品なら音は出ないのですが、使い込んでいくとどうしても音が出ます、なので、上記の方法などで音を止めてもいずれまた出ます。 ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤ... A ベストアンサー 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししばらく置いたり、空回りさせてからウェスで拭き取ります。 この作業で余分な油を汚れと一緒に落とすわけです。 リンクの中に残っている油が役に立つのであって、プレートの外側に付いているのは埃を吸着するだけでろくなことはありません。 このやりかたでも乗り続けていると油汚れや埃が溜まってきますので、その時はディグリーザーや556をつけて歯ブラシ・ウェスなどで清掃をします。 なおクレの「チェーンルブ」はオートバイ・動力機用のグリスなのでしょう、しばらく乗ると埃の団子になってしまいますから自転車には不向きと私は思います。 自転車チェーンの場合「グリス」は不向きで、自転車屋で「チェーンオイル」として売っているものが適当だと思います。 (粘度は各種ありますので、好みのものを見つけるといいです) 今使っているチェーンは油を注さずに1500km踏み倒しているとのことで、設定より早めに摩耗してしまっている可能性はありますね。 特に、同じ歯ばかり使っているとその歯だけ摩耗してしまいます。 チェーンも摩耗してピッチが伸びてしまい、減っていない歯でかえって歯飛びや異音がするようになります。 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししば... ただ、トーインの方が一般的? で、どうしても直らない場合だけトーアウトにします。 bufsiz. html 【トーイン】 自転車にまたがってブレーキを見たときに、「ハ」の字になっているように調整することです。 ブレーキシューの後ろ側に名刺なり何なりを挟んだ状態でネジを締めます。 【トーアウト】 「逆ハ」の字に調整します。 前側に挟んで調整します。 因みにブレーキシューの角度は1mm単位で少しずつつけていきます。 極端に角度をつけすぎると、ブレーキタッチまで悪くなるので、注意してください。 A ベストアンサー どういった自転車のブレーキでしょう ママチャリの場合 ホームセンターや量販店の安い 1万ちょいの自転車の場合 バンドブレーキは、いじれば弄るほど 鳴きが止まらなくなります。 なので 自転車屋さんは、触りたくない・関わりたくなく 修理を断るんです。 部品が粗悪な作りで 鳴きが仕方ない様です。 購入した店に相談するしかないですが 調整できるような店か??? 最悪は、捨てるしかない 以後ちゃんとした自転車店で ちゃんとしたメーカー車を購入することですかねー スポーツ車の場合 シューの固定を ハの字に設定します 回転方向前方が先に当たるように 後方を1mm程度隙間を明かせるように取り付けることで ビビり音(ジャダー)を発生させない様にできます。 リムに対して水平に当たると ビビり音が出るんです。 A ベストアンサー 素人が、構造をよく知らずに、 オイルを塗ったり、潤滑スプレーを塗布したりする事は、 逆効果になることもありますので、 こと、ブレーキに関しては自転車屋に任せた方がいいです。 ブレーキのものすごい鳴りは、 回りもそうですが、自分もかなり赤面ものですよね?笑 大体、安価な軽快車 ママチャリなど)に、 使われているバンドブレーキが、 磨耗により、お話のような音が響きやすいです。 バンドが磨り減ってくるので、 古くなるとどうしても音が出ますし、 また、砂などの異物が入っても音が出ます。 自転車屋に行って、 ブレーキそのものを交換してもらってください。 自転車屋に相談すれば、教えてもらえると思いますが、 ローラーブレーキ、もしくは、 サーボブレーキなどが、音鳴りがありません。 やっぱ、恐竜を退治するためには、 後輪ブレーキを交換しかないです。 ブレーキのきかない原因は円盤と円環の間に油が侵入し、両者の間の摩擦が小さくなったのが原因と思われます。 よって、円盤と円環の間にできた油の層を除去すれば、もとの性能が復活するはずです。 その層をどうやって除去するかは、これまでに回答されているクリーナーを使うのがベストだと思います。 クリーナーを買ってくるのがめんどうな場合は、食器用洗剤を水でうすめたものを利用するといいかも知れません。 食器用洗剤はかなり油を落とします。 あくまでも自己責任でお願いします。

次の

要注意!自転車から異音がする場合の対処法ガイド|快適ライフBLOG

自転車 ブレーキ うるさい 前輪

自転車の音鳴りの原因は前輪ブレーキ?後輪ブレーキ? 自転車のブレーキ音がうるさいときってありますよね? メンテナンス不足によるところが多いので、しっかりと自転車をメンテナンスしておきましょう。 また、メンテナンスを行う前に、自転車の掃除もしておくと心地良く使えますので、ぜひやっておきましょう。 《メンテナンス前に》 ・準備 修理するにあたり、汚れても良い服や軍手や手袋を準備しておきましょう。 これなら、汚れてしまっても安心です。 ・定期的な掃除とチェック 修理に合わせて自転車を水洗いしましょう。 スポンジは100円ショップ等の物で良いです。 細かい所は、濡れ雑巾で拭いていきます。 拭き終わったら、ワックス(鏡面ワックス)を塗り、最後に乾いた雑巾で全体を拭けば、おしまいです。 また、自転車の空気圧のチェックもしておきましょう。 ママチャリなら3ヶ月に1回は見といたほうが良いです。 また、1年に1回は、虫ゴムの交換をしておきましょう。 虫ゴムが原因で空気が抜けているのを、パンクと勘違いをして自転車屋さんに持っていくのは、労力の無駄になってしまいます。 《ブレーキ音の修理》 前輪ブレーキ、後輪ブレーキ、どちらの音がうるさく鳴っているのかを調べましょう。 これは実際に乗ってみれば、すぐにわかります。 念のため、車の通りが少ないところなど、安全な場所で行いましょう。 スピードの出しすぎにも注意しましょう。 うるさくなっているのが前輪・後輪どちらかわかったら、実際に修理をしていきましょう。 前輪ブレーキ・後輪ブレーキには種類がある? 修理の前に、ブレーキについて知っておく必要があります。 後輪ブレーキには、様々の種類と特徴があります。 《パーツ数が少なくメンテナンスのしやすいブレーキ》 ・リムブレーキ ホイールのリムをシューで挟むブレーキで、ハブブレーキよりも制動力が高いです。 種類が豊富なため、同じものに買い換えやすいです。 制動力は、シューを締め付ける力とホイールの半径によって決まるので、制動力が高いですが、シューやリムが泥で汚れたりすると一気にその力は落ちます。 《雨水やぬかるみに強いブレーキ》 ・ディスクブレーキ(マウンテンバイクなどに使用) ローターをホイールやシャフトに取り付けて、それをブレーキパッドで両側から挟み込む仕組みです。 ただし、リムブレーキより制動力は弱く、重いのが欠点です。 ・サーボブレーキ ドラムブレーキの一種で、ブレーキ摩擦面がドラム内側にあります。 ブレーキドラムの内側から、頑丈なブレーキシューによって押さえつけ、うるさい高音も出にくいです。 ・ローラーブレーキ シティサイクルに使用されている、密閉型ブレーキです。 ハブにドラムがついており、そのドラムの内側においてブレーキシューを押し付けます。 サーボ効果が低いためブレーキ力は弱く、ユニットは重いですが、静音性は高いです。 《マイナーなブレーキ》 ・バンドブレーキ 車輪のハブにねじ込まれたドラムの周りを、バンドで締め付ける仕組みです。 ゴムが硬化するとブレーキ力が弱くなる上に、ブレーキ音が酷くうるさいため、現在ではローラーブレーキが主流となっています。 自転車の音鳴りの原因を突き止めよう! 一般的な自転車には、大抵、リムブレーキが採用されています。 リムブレーキは、ホイールのリムが、ゴム製のシューによって挟み込まれ、ブレーキがかかります。 よって、後輪ブレーキが音が鳴っている場合は、このリムかシューに原因があると考えられます。 そして、その判別方法は購入時期でわかります。 まだ、買ったばかりならば、シューに原因があります。 というのも、新品のシューは新しいがために、音が出やすいのです。 よって、しばらく使ってみて自転車を慣らしましょう。 また、軽い手入れでも、十分直すことも可能です。 もし、長期間たった自転車ならば、シューの劣化によって、シューの固定器具とリムとの接触が原因と思われます。 この場合は、自転車屋さんに持っていって修理をしたほうが良いでしょう。 自分でシューを交換することもできますが、ブレーキの効きめにも関係してくるので、安全を考えて持っていったほうが無難です。 ちなみに、リムブレーキではなく、ローラーブレーキを使っているのであれば、シューの交換の必要はありません。 専用のグリスをブレーキの小穴に入れるだけで解消できます。 前輪ブレーキも後輪ブレーキもお手軽な手入れが必要 自転車の前輪・後輪ブレーキは共にお手入れが必要です。 といっても簡単にお手入れはできます。 《リムのお手入れ》 自転車を使っていると、黒い汚れや削りカスがこびりついて、汚れやカスが沢山あると、うるさい音が鳴る原因となります。 よって、汚れやカスをしっかり落とす必要があります。 軽度ならば、台所用洗剤ですぐ落ちます。 そうでないなら、クレンザーで擦るか、100円ショップで売っている砂消しゴムなどで落としましょう。 ちなみに、洗剤を使わない白いスポンジでは落ちは悪く、スポンジがボロボロと崩れてしまいますので、オススメしません。 《シューのお手入れ》 ブレーキを使っていると、シューの表面が硬くなったり、道にある砂や金属が刺さってしまっていたりします。 そのため、シューを取り外して硬くなった部分をやすりで削ったり、砂や金属をピンセットで取り除く必要があります。 取り除く方法は、ブレーキとシューを固定しているねじを、レンジなどで緩めて外します。 このとき、外したナットは無くさないようにしてください。 そして、リムにあたっている部分を綺麗にしましょう。 作業が終わったら、元に戻して、ブレーキのチェックをしてください。 このとき、スピードは上げず、ゆっくり試しましょう。 シューのお手入れは自分でもできますが、工具が必要です。 ないならば、潔く自転車屋さんに持っていきましょう。 その方が、工具を買うより安く済みます。 前輪ブレーキも後輪ブレーキも新品で音鳴りすることがある?! 自転車の音がうるさい原因は、色々とあります。 例えば、何年も使っている自転車の場合は、リムが減っていることで発生します。 また、ブレーキシューに金属片などが入り込んでしまい、それがリムを削って、音となっていたりもします。 他にも、リムとシューの相性の問題、接触角度(トーイン・トーアウト)の問題だったりします。 前述しましたが、買ったばかりの自転車の音鳴りは、決して珍しいことではありません。 前輪・後輪ブレーキ関係なく、新品であるがために鳴ってしまう現象なのです。 リムやブレーキシューが綺麗すぎることが原因で、リム面が滑っている状態なのです。 むしろ、この場合の音鳴りはブレーキが効いている証拠でもあります。 この音を取り除いたせいで、ブレーキ力が弱くなるということもあります。 なので、そこまで神経質にはならず、少し自転車に乗って慣らしてみましょう。 そうすれば、ブレーキシューの表面が削れて、自然と音はなくなります。 自転車の音鳴りは、必ずしもブレーキが原因とは限らない?! ここまで自転車の音鳴りの原因は、前輪や後輪ブレーキによるものとご紹介してきました。 しかし、音の原因は、必ずしもブレーキだけとは限りません。 どこか故障している所があるかもしれません。 下記の例のうち、下の項目ほど危険度が増します。 問題があるなら、自転車屋さんに持っていって、早めに修理をしましょう。 自分だけならば、靴がクランクに当たったり、キーホルダーの揺れ音などが考えられます。 この場合、部品に異常はないでしょう。 ボトムブラケットや軸受けが、傷んでいる可能性があります。 部品の限界や変形、もしくは固定が上手くされていないものと考えられます。 ブレーキの種類を把握して、適切な処置をしよう! 今回は、ブレーキの音鳴りについて詳しくご紹介しましたが、役に立つ情報はありましたか? ブレーキひとつでも、さまざまな種類があり、対処法もさまざまあるとわかりますね。 適切な処置を行えば、ブレーキを交換しなくても大丈夫!なんてこともあるかもしれません。 しっかりとした処置を行い、快適に自転車に乗りましょう! - ,.

次の

クロスバイクのVブレーキの調整方法

自転車 ブレーキ うるさい 前輪

後ほど、ご自身の自転車をチェックしてくださいね。 「ブレーキレバー」を握ると、「ワイヤー」がひっぱられ、「アーム」が動き、「ブレーキシュー」が車輪に当たり、スピードを落とす。 ブレーキのメンテナンスは、この一連の流れをスムーズにすることが重要です。 引用元- ブレーキがかかる仕組みが良く分かりました。 まずはメカニズムを理解することで、ブレーキのメンテナンスをどう行えばよいのか分かりましたね。 家でできることに限りはありますが、注油をしたり調整をすることで、一連の流れをスムーズに行えるように手助けすることは出来そうですね。 修理代金はどのくらいかかるの??自転車ブレーキが「キーキー」うるさいとき! うるさい音を放っておくと キーキーと異常にうるさい音を上げる場合もあります。 これはブレーキのタイヤに触れる部分の消耗や、そこの角度がおかしくなっているために起きるものです。 ほうっておくとブレーキに大きな負担をかけ、ワイヤーの消耗を早めます。 あまりに音がうるさいと周りの人もびっくりしてしまいますしね。 これらの場合はすぐに 自転車屋さんで見てもらいましょう。 ワイヤーに問題が無い場合は「ブレーキのしめなおし」で改善します。 調整、調節に数分、料金はだいたい数百円くらいですみます。 ワイヤーが切れかけの場合は そして切れかけの場合は ワイヤー交換になります。 自転車屋さんによりますが、この場合修理時間は1時間程度、代金は1000円~3000円ほどです。 そんなに高くはありませんので、異常を感じたら絶対にすぐ自転車屋さんに行ってください。 たったこれだけのことであなたの命が救われることもあるのです。 もちろん、異常が無くても定期的に自転車屋さんで点検してもらうことが重要です。 今日は気になる自転車のブレーキについてでした。 引用元- 非常にうるさい音で坂道を下っている人をよく見かけます。 異常にうるさいブレーキ音を出している人は思わず何回も見てしまいます。 うるさいだけで済めばよいのですが、それでブレーキがかからず事故を起こしてしまえば取り返しがつきません。 面倒くさがらずに自転車屋さんで見てもらいましょう。 直すのに条件を出すお店があるって本当!?自転車ブレーキを修理したいとき! 他店購入お断り?! ロードバイクやクロスバイクの修理やメンテナンスで気になることの一つが「他店購入の自転車の修理はお断り!」など、厳しい条件のお店も有るとか無いとか。 とりあえず僕もクロスバイクを購入前にいろいろと調べていて、そう言った情報もチラホラとみかけたりしたので「ネットで買ったら大変なことになるな・・・」などと思ったりもしたものです。 しかし、今回調べている中では「他店購入の自転車の修理はお断り!」と明言しているお店は見かけませんでした。 「あんまり気が進まないですけどね、高くなっても良いですかね」というような感じのお店はあったかな・・・。 工賃は割高に 逆に、他店購入の自転車もウェルカムなお店も多く、中には、他所で買ったパーツの持ち込みも可能なお店もありました。 その場合は、多少工賃が割高にはなるケースが多いようですが、自転車屋さんにも生活がありますから、そのあたりはしょうがないかと思います。 むしろそのようなサービスをしてくれている事に感謝でしょうか。 引用元- さすがにそんな強気な店は今どきなさそうです。 他店で購入した自転車の修理をしてくれないなんて、非常に強気な店だと思ったのですが、さすがに実際にはあまりないようですね。 多少工賃が高くなっても受け入れてくれるのであればお願いしたいですね。 効果的な対策があれば教えて!?自転車のブレーキがキーキーうるさい時の対処法 前輪から異音がする場合 前輪のブレーキにゴミなどの汚れがついている場合は、それをキレイに取り除きましょう。 ここの汚れはなかなか手ごわいものであるため、クレンザーや台所洗剤などを使って磨くのがおすすめです。 ただし、成分に油分が含まれている洗剤を使うのはNGなので、注意しましょう。 油分が含まれているものを使ってしまうと、ブレーキが滑りやすくなってしまうため、いざというときにブレーキがききにくくなってしまいます。 ブレーキの汚れを落としても異音がおさまらない場合は、ブレーキシューを削りましょう。 ブレーキシューを取り外したら、そこに付着している汚れを取り除きます。 長く自転車を使っていると、ブレーキシューの表面が摩擦熱によってツルツルになっている可能性が高くなるのです。 その場合は、ヤスリなどで表面がザラザラの状態になるようにしてください。 ブレーキシューの角度を変えてみる これでも異音がおさまらない場合は、ブレーキシューの角度を変えてみましょう。 取り付け部分にあるステーをペンチ等でよじれば、角度を変えることができます。 ただし、このとき力を加え過ぎるとブレーキのききが悪くなってしまう可能性があるため、注意しましょう。 引用元- ブレーキシューの表面を削るところから上手くできるか不安です。 汚れを拭きとるまでは出来そうなのですが、削るとなると不器用なので、上手くいくか不安になってしまいます。 ただ、ここに挙げた作業は、特別な工具は必要ないので、器用な人であれば問題なく出来ると思います。 自分で修理することは出来る??自転車のうるさいブレーキ音を直すのは可能? 必要な工具がある ブレーキシューの交換には5mmの六角レンチが必要です。 それに加えて一般的な自転車の場合はスパナなどが必要となりますので自宅に工具がない場合は自転車屋に持ち込みましょう。 キーキー鳴るブレーキシューを新しいブレーキシューに交換。 約3分ほどの作業です。 ね、自転車屋に持っていくより早いでしょ。 ちなみに取り外した古いブレーキシューとは全く形状が違いますが問題なく取り付けできました。 交換は頻繁? ブレーキシューに寿命があるのかわかりませんが、古いブレーキシューは1年も持たずに異音が鳴り出しました。 こんなもんだと思ってちょくちょく交換する必要がありそうですね。 ちなみに交換後に5kmほど走ってみましたが一切キーキー音は鳴りませんでした。

次の