結婚祝い お礼 メール。 祝電のお礼にメール返信はマナー違反?会社・取引先から結婚や昇進の祝電を頂いた際のビジネスマナー

お相手別!結婚内祝いの挨拶状に使える文例集

結婚祝い お礼 メール

以下に、結婚式にいただいた祝電にお礼を贈る場合の例文を紹介します。 親しい友人へ贈るお礼文 私たちの結婚式に、祝電を贈ってくれて本当にありがとう。 落ち着いたら、みんなで一緒に遊びに来てくださいね。 会社の上司や目上の人へ贈るお礼文 この度は、私どもの結婚式に際しまして、大変心温まる祝電をいただき誠にありがたく心より御礼申し上げます。 未熟な私どもではございますが、夫婦で協力し合い、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思っています。 今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします。 親戚へ贈るお礼文 この度は、私どもの結婚式に際しまして祝電をいただきありがとうございました。 仕事も家庭生活にもまだまだ未熟な私どもではございますが、祝電にありましたお言葉を胸に、あたたかい家庭を築いて行けたらと思っています。 近くにお寄りの際は、ぜひ新居にお立ち寄りください。 またお会いする日を楽しみにしています。 「祝電をいただいたらどうする?祝電のお返し方法」 まとめ.

次の

内祝いにお礼は必要?言い方、返事の手段はメール電話どっち?

結婚祝い お礼 メール

家族や親せきだけでなく、職場の上司や同僚、後輩にまでお祝いの品物や言葉をいただく機会も少なくはないでしょう。 もちろん、面と向かってお礼を述べるべきですが、改めて感謝の意を送るようにするのがビジネスマナーの基本でしょう。 ここでは、そんなビジネスマナーにのっとった『お礼メールにかかせない言葉』をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 お礼メールで時候の挨拶を忘れないようにしよう! お礼メールを送る前に気をつけたいのが、『時候の挨拶を入れる』という事です。 お祝いをしてもらった際に返すメールでは、案外忘れられがちです。 基本的には下記にある、春夏秋冬それぞれの季節の時候の挨拶をするようにします。 逆に、女性のみが使用する言葉として「かしこ」というものがあります。 その際、頭語(拝啓、謹啓など)を付ける場合は、文章系のもの「謹んで申し上げます」「一筆申し上げます」を使うことで、女性らしくおしとやかな印象の文面になります。 ちなみに、「敬具」や「かしこ」などの結語は、目上の人ではない場合に限り省略してもかまいません。 頭語-結語の組み合わせとしては「拝啓-敬具」「謹啓-敬具」と決まっていますので、間違って使用することのないよう注意しましょう。 これも時候同様、お礼を返す際のマナーのひとつです。 」 というパターンがあります。 」「ご無沙汰いたしておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 」などの言葉でもOKです。 「お祝いをいただいてうれしい」という率直な気持ちを込めて書きましょう。 例えば、出産祝いの場合は「このたびはお心遣いありがとうございました。 さっそく使わせて頂いております。 」となりますね。 お礼と感想を書き込む上でのポイントは、感謝の気持ちをまっすぐに伝えることです。 形式ばったテンプレートな文面を使うのではなく、自分自身の言葉を綴って送ることをお勧めします。 今後も引き続きお付き合いをお願いする言葉を! 家族や親せき、親しい友人、上司など。 お祝いをくれる人は、特に親しい関係であるケースが多いでしょう。 これからも引き続き変わらないお付き合いをしてもらえるよう、今後のお付き合いもお願いする文章を入れましょう。 例えば、「暖かくなってきました頃に、改めてご挨拶にお伺いいたします。 これからもご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 」となります。 つまり、「実際にお会いするまでの間の取り急ぎ」「お礼の(内祝いの)品を返すまでの取り急ぎ」などの要素を含んでいます。 そのため、お礼メールは遅くても3日以内に送るのが原則です。 お礼メールを送る際には、どういったことに注意するべきでしょうか。 お礼メールは送るまでの時間が勝負! メールという簡単に使えるツールでお礼を述べるわけですから、とにかく早めに送るのがベストです。 時間が経ってしまうと、お礼を伝えるチャンスもなくなっていってしまうので、「時間が勝負!」と心得て、お祝いをもらったらすぐにお礼のメールを作成するようにしてください。 丁寧な文章を作成することはもちろんいいことですが、そのせいでメールを送るのが何日も遅くなってしまうくらいなら、多少要点のみであったとしても、早くお送りするのが正解となります。 また、メールでの文面だからといって長文過ぎても読みにくい内容となってしまいますので、画面上でスクロールせずに読み切れる程度のものが最適です。 長々とした内容のメールは、相手にとっても迷惑なものです。 お礼メールの最後に「取り急ぎ、御礼まで」を入れる お礼メールを「取り急ぎ、御礼まで」という言葉で結ぶんでおけば、とりあえず簡単な内容であっても失礼な印象にはならないでしょう。 これによって、急いでお礼のみを言いたくて書いたことが伝わりますし、後日きちんとした形でお礼をすればOKです。 ちなみに、「取り急ぎ」という言葉はなかなか便利で、さまざまな場面で使うことができますよ。 お祝いのお礼メールで使える常套句! 基本的なお礼のフレーズにこそ、しっかりと気を遣いたいものです。 日常でも良く使う当たり前の言葉とはいえ、丁寧かつ正しい使い方をするようにしましょう。 以下に、お祝いに対するお礼の定番フレーズを載せておきましたので、適宜活用してください。 内祝いなどの品物としてのお礼は後回しでいいのです。 まずは感謝の気持ちを相手になるべく早く伝えるようにするのがマナーです。 ここで紹介した内容を参考にきちんとお礼メールを送るようにしましょう。

次の

【結婚祝いのお礼メール】メールを書くコツや例文・注意ポイントなどをご紹介

結婚祝い お礼 メール

拝啓 春光天地に満ちる季節となり、一層ご清祥と存じます。 このたびは、お心遣いをいただきまして心からお礼を申し上げます。 披露宴ではご祝辞を賜り、その上このような素晴らしいお祝いのお品をお贈りくださり、大変恐縮いたしております。 お忙しい合間を縫ってお品を選んでくださり、ありがたい気持ちでいっぱいでございます。 我が家にはもったいないほどのお品でございますが、家宝にすべく、いつも家をきれいに保ち大切に飾らせていただきます。 ここ数ヵ月は、結婚式の準備などで慌ただしく、あっという間に時が過ぎていきました。 仕事の上でもご心配をお掛けしたこともあったことと存じますが、温かく見守ってくださり感謝しております。 結婚式を終え、ようやく落ち着いてまいりました。 これからは、家庭を大事にしながらもより一層仕事に力を入れてまいりますので、今後もご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 なお、気持ちばかりの内祝いをお送りいたします。 どうかご笑納ください。 まずは書中にてお礼といたします。

次の