ジョングク 歌声。 BTS(防弾少年団) ジョングク、Lauvの「Never Not」をカバー!ベッドの上で甘い歌声を披露(動画あり)

Euphoriaとは?BTS防弾少年団ジョングクが歌う神曲を紹介

ジョングク 歌声

プロフィール チョン・ジョングク 전정국 田柾國 1997年9月1日生まれ 釜山出身 178cm 70kg A型 ラップ、ボーカル、ダンス、作曲 父・母・兄 グク、黄金マンネの愛称で知られています。 マンネとは末っ子の意味で、黄金マンネとは歌もダンスも作曲も何でもできる万能な末っ子という意味です。 メインボーカルだけに分量が多く、防弾少年団特有の激しいダンスをこなしながらも安定した歌声で定評があります。 パワフルというより感性的なボーカルで、やさしい声色が人気です。 ダンスは基本に忠実に踊るため、動作一つ一つが正確できれいと評価されています。 振付師のソンソンドクさんによると「ジョングクは力強く、ラインがきれい。 自分自身でどこがきれいなのかがよくわかっている」と語っています。 ファンのほとんどはグループ内ダンストップ3はジェイホープさんの技巧、ジミンさんのセンス、そしてジョングクさんの力強さを挙げています。 もともとダンスが好きで、ダンス動画をいろいろ見ているうちに、G-DRAGONさんに憧れて歌手を夢見るように。 スーパースターK3オーディションの予選落ちしてしまいましたが、7つの芸能事務所からスカウトされました。 その中から現在の事務所を選んだのは、RMさんが練習する姿を見て「カッコイイ」と思ったから、だそうです。 デビュー1ヶ月前にアメリカにダンス留学の経験があり、そのときに実力が劇的に伸びたといわれています。 2013年に7人組男性グループ防弾少年団としてデビューし、現在は世界中で愛されるKPOPスターとなりました。 スポンサーリンク 性格は人見知り? ジョングクさんの性格ですが、「親しい人といる時は活発で、そうでない時は人見知り」なんだそうです。 デビュー当初、放送やメンバー全員が集まるような場所では無口でほとんど口を聞かず、いつも最後列にいるようなメンバーでした。 インタビューでも口数が少ないほう。 練習生時代は恥ずかしがり屋で、他の人の前に出て歌うことも難しく、所属事務所の関係者も心配するほどだったそうです。 Vさんがいうにはジョングクさんはカメラの外ではいたずらも多くよく話すけど、カメラの前では急に静かになるんだとか。 現在は極端に恥ずかしがることはなくなりましたが、今も人見知りで先に近づくことはなかなかできないのだそう。 マイペースで、メンバーのジミンさんによると、Vさんとと共にとても正直でやりたくないことはやらないとはっきりしてるとのこと。 メンバーたちの言葉を総合すると、「男らしくみせたがるけど、まだ幼くて純粋。 本人の感情表現がうまくない」のだそうです。 また、悲しい歌が好きで、感性的だとも言われています。 スポンサーリンク 兄のインスタ発見! 追記:2018年5月お兄さんのインスタアカウントが削除されてしまいました! 防弾少年団は個人のアカウントがないため、お兄さんのインスタが注目されていましたが、一般人なのに世界中からアクセスがあったため、何か問題も起こったのかもしれませんね。 お兄さんは絵の才能があって、ご自身の作品をインスタに多く投稿していましたが、お父さんお母さんも絵がお上手なんだそうです。 naver. 実際空港で撮られた写真やダンスの練習映像など、無地Tシャツを好んでいることがわかります。 naver. naver. (the-star. krより) ご自身ではあまりおしゃれさんではないと思っているようですね。 好きなファッションは 「大きな上着に大きな無地Tシャツ、ペギパジにウォカ」 (the-star. krより)だそうです。 ペギパジ?ウォカ?と思って調べたら、 防弾少年団のダンス動画をキャプチャーしました。 中央の男性がジョングクさんです。 ペギパジはこんなズボンで、ウォカはこんな靴のことです。 雑誌ceciより そのほか、 「においに敏感で香水がすき。 特に石鹸や牛乳のようなやわらかい香りが好きで、ウォームコットンは毎日使っても飽きない」と雑誌インタビューで答えています。 熱愛彼女はいるの? 練習生時代の彼女として知られているのが一般人のパクセウォンさんです。 同じ中学の同級生だったといわれていますが、これについてネットでは「単なるうわさで事実ではない」という説と「付き合っていたのは確か」という説といろいろです。 ネットで写真も出回っており、二人がキスしている横顔の写真は「似ている別人」という意見が多く、決定的な証拠となるようなものはありません。 一般人なのにSNSで詮索され、おそらく誹謗中傷もあることでしょう。 いずれにしろ、デビュー前には別れたとされており、現在彼女はいないようです。 パクセウォンさんに関しては事実かどうかあいまいな部分もあり、一般人なのでここでは画像は掲載しないことにします。 デビュー後は、さんとのうわさがありました。 二人は音楽番組の司会を務めたこともあり、そのときの親しげな様子などから「ジョングクがサナをみつめていた」とかそのときの画像が出回ったりして騒がれましたが、どう考えてもこじつけであるようにしか思えません。 防弾、TWICEともに忙しく恋愛どころではないのではないかと思います。

次の

ジョングクのソロ曲「Begin」と「Euphoria」によせて ~いっそ悲しいほど透明な愛情~

ジョングク 歌声

単刀直入に言う。 私はのジョングクの歌声が好きだ。 私には、好きな歌声がある。 これは 「声フェチ」に近い感覚である。 というか完全に私は「声フェチ」である。 世間一般にいうイケメンボイスとかには、まったく反応もせず、ふと自分が本能で感じる究極に好みの声がある。 今まで色んな国のアーティストの歌を聴いてきた中で頭を抱える程に「最高に好きだ…」となった歌声の持ち主は2人いる。 まず1人は、 Charlie Puth。 知ってる人も多いですよね。 カ出身の人気シンガーソングライターで、映画『』主題歌の「See You Again」で一躍有名になったアーティストである。 それともう1人は、前述でも紹介しましたが、今じゃワールドワイの人気を誇るのボーカルラインである ジョングクである。 とにかく私は2人の声が心の底から、川の底から、海の底から好きです。 もはや精神的に MGA2018でのチャーリーとジョングクのコラボは胸が熱くなりましたね。 耳が、精神がブワッと溢れるものでいっぱいで、興奮しすぎて覚えてません。 そのあと動画見返しまくりました 私の「心の底から好きな歌声」基準は、実は物凄く単純で、簡単に説明させてもらうと 「自分の目の前で、マイク1つだけを持って1人の為だけに歌って欲しいと心の底から思った」 というのを基準にしてます。 これは、ファンの方なら誰もが思う感情ですし、尚且つとんでもなく単純な動機であるが、やはりどう考えても自分の基準ではこれになる。 ポイントは「私の為」ではなく「1人の為」である。 その対象は私ではなくても誰でも良い。 相変わらず、自分でも何言ってるのか分からないし、伝え難いし、伝わる? その 謎 基準を満たしてきたのが唯一、チャーリープースとジョングクだけであるわけで 今のところ。 本記事では、特に個人的好みの歌声を持ち合わせてるジョングクについて少し語らせてもらいます。 個人的趣向の意見となりますので悪しからず・お手柔らかにお願いします 私が「おっ、声良いな」と初めて気付いたのがで歌ってる楽曲中ではなく、ジョングク自身がカバーした曲からである。 「えっ、こんなに顔も良くて歌上手いとか、この世界にそんな事本当にあるん?」 と本気で思ったし、真剣にまじ引いた。 それくらい衝撃だった。 そもそも「歌が上手い」というのは、音域や音程を正確に表現する事ができて、歌い方にも抑揚をつける事ができたり、アレンジも自らかける事や響きのコンが出来るなど色んな例え様があるわけである。 一概に私は声楽に通じるプロの方ではないので、不確かな事しか言えない。 でも、大凡それらを熟せたり該当する人が所謂「歌が上手い人」にあたるわけである。 しかし、いくつか項目に該当するジョングクに関しては「歌が上手い」以前に 「私自身が心の奥深くから精神的に彼の歌声が好き」なのである。 もう既にお分かりであると思うがそれを私が独断と偏見で語る記事なのである。 私の「心の底から好きな歌声」基準は、実は物凄く単純で、簡単に説明させてもらうと 「自分の目の前で、マイク1つだけを持って1人の為だけに歌って欲しいと心の底から思った」 である。 さて、前述でも言ったが、私がジョングクの歌声に深く触れるきっかけとなったのは、彼のカバーソングを聴いてからである。 最近は多忙のせいか公開されるのが少なくなってしまっているが、様々なアーティストの歌をジャンル問わずカバーをして「Sound Cloud」という音声ファイル共有サービスアプリにアップして披露している。 その中でも特に好きなカバー曲がDavid Guetta feat. Justin Bieberの「2U」である。 ダンス• provided courtesy of フランス出身の大人気DJデヴィッド・ゲッダと世界的人気アーティストのとのついに実現した最強コラボは大いに話題になったエレクトリック爆発な楽曲。 この曲はざっくり言うとロマンチック属性溢れるソングで、タイトルの 「2U」を 「to you」とかけていて、言わば「君のために」を主とした、" 意中の君へ、僕はこれくらい君に本気なんだ"と示す物語である。 そんな曲を、ジョングクが甘美に繊細に、まるで彼の中にある何かが綻ぶかの様に歌うもんだからね。 まず私の中で、彼に対する歌の価値観が変化した。 ンとジョングク言えば、ソロ曲としては異例のヒットとなったジョングクが歌っている「」で話題になったことがある。 provided courtesy of この「」という楽曲は、実はンに提供する筈であったが、計画倒れになってしまい最終的にはに提供されたのである。 それをジョングクが歌い上げたというわけだ。 RM大師匠がアルバムレビューをした際に「ジョングクはを上手に歌ってるのに、少し面白味がない」「ジョングクの持ってる安定感のある歌の巧さと、ジミンの持つ声の角を混ぜたらちょうど良いと思った事もあった」 声の角を混ぜたらちょうどいいかもと思ったことがあった。 今はどっちも言うまでもなく素晴らしく成長した。 同じメンバーだからこそ、近い立場で彼の歌へ対する視点を見れるんだと思う。 要約すると「魅力的」なのだが「良くも悪くも巧すぎる」。 これらが尾を引いてきたのかもしれない。 は2018年4月に「 : Thema of LOVE YOURSELF 起 Wonder 」として、突如世に舞い降りてきた楽曲である。 4部作で構成されるLOVE YOURSELFシリーズ"起承転結"の「起」で、シリーズのスタートをかける楽曲でもあるが、実は映像として1番最初に公開されたは実はフルではない。 大衆がフルと対面するのは、それから4ヶ月後の話である。 LOVE YOURSELF 結 'Answer'とても良いアルバムでした 何も言わない。 聴いてくれ。 フルを。 3:06〜が特に彼の真骨頂であり、彼の全てを物語る。 断片的ではあるがジョングクの歌声は、癖や雑味も少なく、透明感があり、音を綺麗に歌いこなすのが特徴である。 柔らかく空気を含んでいる声が聴く人の耳に乗りやすく、好き嫌い別れ難い歌声である。 特に中高音域のミックスボイスなどで歌いあげる所が精神的にたまらなく好きなのだが、だからこそ、そんなジョングクに海のように深い、情緒溢れるエモーショナル要素強いバラードをいつか歌って欲しい。 RM大師匠と一緒に歌ったトロイシヴァンの「FOOLS」は、もし私が2015年末にタイムスリップしたなら「早よとんでもない逸材の歌に気付け」と過去の私に後ろからドロップキックをちゃうであろう、それくらい圧巻でお気に入りのカバーソングである。 トロイ・シヴァン• ポップ• provided courtesy of このカバーは私が選ぶ「ジョングクのカバーソングで涙目不可避」第1位です。 おめでとう!感動で最高傑作! いや、泣かないんかい。 今までジョングクが披露した数多のカバー曲を聴いてきた中で、1つ気付いた事がある。 それは たぶん私、英語で歌われると弱い。 単純に英詞だと、私の英文能力等が低いために歌詞をまったくなほど理解できない。 …と言うことは=メロディを聴くに最大限の集中ができている。 「声色」を深く集中しながら聴くことができる。 なので私は英詞で歌われると弱いわけである。 それぞれの音が弾ける様に耳に、頭に入る入る。 単純が故に感じれる暗示的要素よね 大開き直り この曲はウィスパーが強くでていて、ジョングクの息遣いに注目してほしい。 一つ一つのフレーズを歌う度に聴こえる息を吸ったり、漏らしたりする呼吸音さえも美しい。 言葉足りないかもだが、分かる人は分かってほしい。 ただただ「美しい」んだ。 曲を収録する際に、ブレスをカットしたり、自分自身で目立ちにくい歌い方をするのはいくらだって出来たはずなのに、曲の雰囲気を踏まえてワザと残したのかもしれない。 この曲での彼は「呼吸」である。 このカバーは約4年前に公開されたのが、当時18歳だった彼がどんな感情で歌っているのか、どうこの曲を解釈してるか、どうしてこの曲に巡り合ったのか。 10年後くらいに、それらをまとめた「僕が出会ったカバーソングたち」的なタイトルの書籍発表してください。 タイトルがチープで雑 逆に現在22歳になった彼が同じ曲を歌ったら、どう変わっているのかも感じてみたい。 もちろん技術も上がってらだろうし、歌い方にも変化も見られるであろう。 「 」の発音がジョングクとRMで少し違うのも、聴き所のポイントである。 最後にも、もう一度お伝えするがこの記事では、ジョングクの歌声を批評してる訳ではなく、あくまでも「私の好きな声」として誠心誠意に自己満足で語らせてもらいました。 私の「心の底から好きな歌声」基準である「自分の目の前で、マイク1つだけを持って1人の為だけに歌って欲しいと心の底から思った」ジョングクの生歌声がいつか聴ける日を願って… とりあえず、ビリー・とカリードの 「lovely with Khalid 」 カバーしてみない?.

次の

「BTSの真ん中はだれ?」 日本の音楽ファンが続々とJUNGKOOK(ジョングク)に注目!

ジョングク 歌声

ジョングクがファンと恋人繋ぎ ジョングクの恋人繋ぎはサイン会でよく見られています! 手繋ぎ動画がこちらですね! やばくないですか!! こんなに見つめられながらしかも恋人繋ぎをしてくれるなんてもう立ってられないですよね。 笑 一瞬だけでも夢の時間を与えてくれるアイドル、最高です。 距離が近すぎて羨ましいですね! この距離の近さも韓国のアイドルならではのこと。 日本のアイドルと言ったらこんなサイン会や握手会はなく、AKB48や乃木坂46などのアイドルくらいですよね。 韓国だと人気絶頂グループのTWICEもSEVENTEENもイベントをたくさん開催してくれます! 出典:Twitter ちなみにジョングク、 恋人繋ぎが好きだそうでメンバーともこの通り。 笑 仲良すぎますね! 出典:Twitter これはわかりやすく、 他のメンバーは普通に手を繋ぐ中ジョングクだけが恋人繋ぎです。 しかもなんとも言えないこの顔、笑えます。 笑 ジョングクがファンのスマホで自撮り 気絶寸前映像がこちらです! 昨年の海外公演のものになります。 一生の運を使い果たさないとこんな経験は出来ないと思っています。 笑 なんと言っても 自撮りの動画なのにもかかわらず完璧なビジュアルで写っているのがさすがです! イケメンはセルフィー動画も美しく撮れる! ファンが落としたスマホをいち早く拾うジョングク こちらも昨年の海外公演での様子です。 ファンの元に走るジョングク。 それだけでも最高のファンサですが、このスマホが落とされたことに即座に気付きサッと拾って渡してくれる。 若すぎるのに礼儀正しくて低姿勢でファンに感謝を伝えてくれているような気もします。 笑 1人に向けられてやっていると思ったら少々嫉妬してしまいますね! そしてこちら! 日本でのライブ公演で、 日本で有名な米津玄師のLemonを日本語で歌ってくれました! 日韓関係が悪い中、日本のARMYのために日本語の歌詞を覚えて練習し、歌ってくれたようです。 それにこの歌声が素晴らしいですよね。 きれいな甘い歌声に惚れ惚れしちゃいます! コンサート以外でもファンサがすごい! 出典:Twitter 出典:Twitter これらの写真はジョングクの完全プライベート! 顔を隠さずオープンな状態で街に繰り出しファンと触れ合うという驚きの行動までしちゃいます。 ファンとは一緒に写真を撮ってあげるなど本当に優しすぎます。 まとめ 出典:Twitter ジョングクは、とてつもなくファン思いで喜ぶことを知っている! 嫌な顔ひとつせずに対応してくれるジョングクがみんな大好きなんです。 これからもたくさんのARMYを幸せにしていってほしいですね! こちらの記事も是非一緒にどうぞ!.

次の