スキレット スモア。 今流行のスキレットでスモア!とろ〜りスイーツがバーベキューでも作れる!

鋳鉄フライパン「スキレット」を使った簡単レシピ3選 キャンプ初心者にもおすすめ!

スキレット スモア

とろりマシュマロがやみつきに このスモア、実はアメリカ人にとってはとても馴染み深い味なのです。 アメリカやカナダではキャンプの夜、焚き火を囲みながら串に刺したマシュマロを焼いて、とろりと溶けてきたところでチョコを乗せたクラッカーに挟んで食べるのが人気です。 なにより焚き火にかざしたマシュマロがとろりと溶けていく様を見るだけで、不思議と時間が経つのも忘れて夢中になってしまうのです。 自宅でもおしゃれにスモアを楽しむ さて、今回はそのスモアをもっとおしゃれに、自宅でも楽しめるレシピをご紹介します。 用意するのはマシュマロ、チョコレート、クラッカー。 野外で楽しむならぜひ分厚い鉄製のスキレットで、自宅ならオーブンで加熱できる耐熱皿を使いましょう。 マシュマロ 1袋• 板チョコ 1枚• クラッカー 適量(全粒粉入りがおすすめ) つくり方 チョコレートを敷き詰めた上にマシュマロを置く• スキレット(耐熱容器)に小チョコレートを折って敷き詰め、さらにその上にマシュマロをぎっしりと並べます。 200度に予熱したオーブンで15分加熱します。 マシュマロが焦げすぎないよう、アルミホイルなどをかけて調節してください。 このときアルミホイルとマシュマロの間に十分な空間がないととけたマシュマロがくっついてしまいます。 クラッカーにのせていただきます。 野外でやるときはアウトドア用オーブンに入れるか、スキレットをふたつ使い、一方を蓋にして焚き火調理するといい具合に焦げ目がつきますよ ドミニクアンセルもびっくり!? 超簡単なんちゃってフローズンスモアのつくり方.

次の

おしゃれで簡単スペインバル!インスタ映えするキャンプ飯のレシピ・作り方を紹介!

スキレット スモア

出典: スモアとは、焼いたマシュマロと小さく割ったチョコレートを、ビスケットやクラッカーで挟んだもの。 キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで定番スイーツの一つとなっています。 焼いたマシュマロ&チョコの組み合わせは、そのまま食べるだけでも十分おいしいですが、いろいろアレンジもできちゃうのがこのスモアの良いところ。 しまりんがなでしこに作ってあげるシーンが話題になりました。 注目が高まったことで、最近では東京駅や銀座、羽田空港、大阪、福岡など次々と専門店がオープンしたり、通販でも好評だったり、あまおうなどの地域限定フレーバーも登場したりなど、人気急上昇中のお菓子でもあります。 スモアの材料はたったの3つ! 出典: スモアの作り方はとっても簡単!材料も以下の3つだけなので、とにかく手軽に作れます。 焚き火をしながら、おしゃべりをしながら…道具を使わず気軽にできるのもキャンパーにはうれしいですね。 マシュマロ 大きめサイズがおすすめ 板チョコ ミルクチョコレートでも、ビターチョコレートでもOK グラハムクラッカー、ビスケットなど マシュマロとあわせるのは、こってりした甘さが好きな人はミルクチョコレートを、マシュマロだけでも十分甘い、と感じる人はビターチョコレートをセレクトするのをおすすめします。 本場アメリカでは、全粒粉が入った香ばしいグラハムクラッカーを使うことが多いですが、普通のスーパーやコンビニで手に入るクラッカーやビスケットで代用もOKです。 スモアの作り方はたったの3ステップ 基本のスモアの作り方【おうち編】 出典: バニラアイスを使って作るフローズンスモアは一度挑戦してみたいレシピ。 表面は熱くてトロトロ、中は冷たい新感覚のスイーツです。 アイスクリームと合わせるため、とても甘いスイーツになります。 甘すぎるのが苦手という方は、ビターチョコレートを使用することをおすすめします。 <材料> ・バニラアイス ・板チョコ ・マシュマロ 1. ココットにバニラアイスを敷き詰めて、上から刻んだチョコレートをのせる。 細かくちぎったマシュマロを 1 の上にのせていく。 2 をオーブントースターに入れ、表面に焦げ目がつくまで焼いて完成。 焼いた上にバニラアイスを載せるとさらにスイーツ感が増しますね!ビスケットやトッピングのフルーツを用意して、それぞれが好きなように食べられるのもいいアイデア! ブルボン「アルフォート」&マシュマロでスモア! 若手俳優の坂口健太郎さんが出ている、「アルフォート」のCMは目にしたことがありますか?旅先でアルフォートを使ってスモアを作るシーンが印象的ですよね。 「アルフォート」はすでにチョコとビスケットがくっついているお菓子だから、あとは焼いたマシュマロを用意し、チョコの面を内側にして挟めばOK。 超簡単スモアの出来上がりです。 <材料> ・アルフォート ・マシュマロ 1. マシュマロをオーブントースターで1分半〜2分ほど焼く 2. 冷凍パイシートとオーブンがあればお手軽に作れます。 材料も自分好みにアレンジできるので、好きなフルーツを使って作ってみましょう。 調理時間も約40分程度で作れ、費用も300円程度しかかからないので、気軽に作れます! <材料> ・冷凍パイシート ・マシュマロ ・卵 ・バナナ ・チョコレート 1. パイシートの上に輪切りにしたバナナとチョコレートをのせ、周りに溶いた卵を塗りオーブンで約15分加熱。 出典: ダンデライオン・チョコレートは、アメリカのサンフランシスコ発祥のチョコレートのファクトリー&カフェです。 現地で話題沸騰の人気店となり、日本の第一号店として蔵前に数年前にオープンしました。 1階はチョコレートファクトリーとスタンド、2階はカフェとワークショップスペースを併設したファクトリーとなっていて、実際に製造されていく工程を間近で見ながらチョコレートやスイーツを楽しむことができます。 こちらで販売されているスモアは、ホームメイドのグラハムクラッカー、マシュマロ、チョコレートガナッシュのスモアです。 ご注文後にはバーナーで表面を焼き上げるようです。 1を維持し続けているモンスタースイーツです! 約8か月の試行錯誤の末に完成されたスモアは、とろとろなマシュマロとサクサクなクラッカーが絶妙なバランスで出来ていて美味しいですよ!またパッケージがオシャレなので東京おみやげにもピッタリですね。 大阪にスモアを食べれるお店はある? 出典: ボニーズベイクショップは、手作りの焼き菓子やコーヒーが楽しめるアメリカンスイーツの専門店です。 さながらニューヨークの街角にあるかのような外観のお店は、アメリカンな焼き菓子への愛情が深い姉妹で運営されています。 ショーケースに入っている焼き菓子、レジの上の黒板には手書きで書かれた英語のメニュー、一つ一つにこだわりを感じさせる小物やレイアウト、そして店外にはテラス席もあり、とってもポップでオシャレなのでお店にいるだけで楽しめます。 もちろんインスタ映えにももってこい! メニューのバリエーションもとても多く、季節ごとにメニューが変更されるので、いつ訪れても新鮮ですし、カップケーキ・チーズケーキ・パイ・クッキー・マフィン・ホットドックと様々なアメリカンスイーツを堪能することができます! こちらのスモアは注文後に手作りで熱々の状態で食べることができるので、とろとろなマシュマロとこんがり焼けたクッキーの絶妙なハーモニーを味わうことができますよ! スモアを作っておしゃれキャンプを楽しもう!.

次の

キャンプで人気!おしゃれスイーツ「スモア」ってなに [オートキャンプ] All About

スキレット スモア

画像引用 マシュマロをトースターで軽く焼いて食べる、 焼きマシュマロが好きで、 疲れた時によく食べています。 いや~これは気になるでしょ・・・ スモアはアメリカやカナダで定番のスイーツ 「スモア」は焼きマシュマロと板チョコを、 グラハムクラッカーで挟んだスイーツです。 アメリカやカナダで キャンプファイヤーの時に、 よく食べられているのだとか。 バーベキューで人気のスキレットスモア バーベキューと言えば、 肉、野菜、エビなどの海鮮などを焼いて、 タレをつけて食べたり、チーズフォンデュにしたり・・・ 割と味がこってりしたものが多いので、 食べ続けてると口の中をリセットしたくなります。 簡単で良いですよね! でも、最近スキレットが流行り出してから、 バーベキューでは スキレットスモアが人気なのだそうです。 それは定番のスモアとはちょっと違うもの。 レシピを紹介しますね。 スキレットスモアのレシピ スキレットを使ってスモアを作る場合は、 クラッカーで挟むのではなく、 グラノーラや砕いたクラッカーを使います。 スキレットに板チョコを敷き詰めた上に、 グラノーラや砕いたクラッカーを乗せます。 その上にマシュマロを敷き詰めたら、 あとは焦がさないように焼くだけ。 クラッカーに付けて食べるという、 シンプルだけど見た目も楽しいレシピですよね。 もちろんバーベキューでなくても、 家でもトースターなどで作れて便利。 スキレットは他の料理にも使えるので、 バーベキューの時に一つあれば、 いろいろ使えて良さそうですね。 もう一つ、ちょっと面白い、 アイデアレシピを見つけました! アイスのコーンを使ったスモアレシピ こちらはスキレットを使わないもので、 アイスのコーンを上手く利用したスモアレシピです。 面白いレシピなので、 これは挑戦してみたいですね! 市販のアイスのコーンの中に チョコレートとマシュマロを入れます。 アルミホイルで包んでグリルで焼くだけで完成。 できたては熱くて持てないので、 少し冷ましてから食べるのかな? これなら手を汚すこともなく子どもでも 食べやすくなりますよね。 焼くだけでいいという手軽さも バーベキューにピッタリ。 工夫次第で楽しみ方はいろいろですね。 最後に 夏はバーベキューで盛り上がりたい季節。 定番スモアやアレンジレシピなど、 いつもと違うメニューを楽しむのも良いですよね。 私のようなインドア派の人も、 マシュマロを1~2分トースターで焼いて、 チョコと一緒にクラッカーに挟むだけなので、 いつでも簡単に楽しめます。 まあ、ネットで買えば良い話なんですけどね・・・ yuki1995jp.

次の