宮下 草薙 解散。 「1度解散して…」宮下草薙・宮下、草薙との“コンビ格差”で苦しい心境を吐露|E

宮下草薙・草薙、相方に激怒!「腹立つな」壮絶なケンカの末、解散危機に(テレ朝POST)

宮下 草薙 解散

宮下草薙・宮下兼史鷹が、相方の草薙航基が大活躍した昨年を踏まえてえ驚きの本音を漏らした。 お笑い第7世代の悩みが次々と明らかになった。 そのなかで、ネガティブキャラとして注目を集め、テレビに引っ張りだこになった相方・草薙と比べて、思うような活躍が出来なかった宮下は、心の闇をのぞかせていく。 「コンビでももっとテレビに出たい」と望んでいる草薙だが、「(宮下が)一緒に出演しても喋らなすぎてネットニュースになった」と嘆いた。 宮下は実際に出演しても喋ることができず、「『僕はいらないな』と思いながら収録に参加していた」と寂しそうに告白。 その姿に草薙が「本当に最近元気がない。 昔の元気ある宮下に戻ってほしい」と本心を吐露した。 さらに、草薙の「おこぼれで出演している感じがすごいイヤ」と漏らし、「一度、解散してゼロからピン芸人としてやりたい」と解散すら考えているほど悩んでいたと明らかに。 草薙もこの宮下の本音は初耳だったようで、コンビとしてこれからもやっていきたい、喋らなくても隣にいてくれるだけで安心するとフォローしたが、宮下は「隣りにいるだけの芸人って必要ですか?」とネガティブな意見を口にし続けた。 最終的にはキレた草薙が、ツッコミを超えたボディブローを繰り出して黙らせるという衝撃的な展開となり、周囲を騒然とさせた。 視聴者からは「宮下が思ったより拗らせてる」「宮下草薙の葛藤ドキュメントだったなー」「宮下草薙が心配で仕方ない」と心配する声が殺到。 本音を漏らし、草薙以上の闇をのぞかせた宮下に「応援したくなるな、あんなこと言われると」「なんか宮下草薙に宮下要らないとか言い出して、草薙同様自分も悲しくなっちゃった」など、反響も大きい。 (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。 ) 引用元:.

次の

草薙が宮下に手紙「もしダメになったら2人で違う仕事でもしましょう」【霜降りバラエティ 霜バラクリニック 宮下を治療 後編 感想】

宮下 草薙 解散

経歴 お笑いコンビ宮下草薙の草薙(本名は草彅航基)は、1991年生まれで愛知県名古屋市出身。 子どもの頃から大人しく、小学生、中学生、高校生時代とそれぞれずっと物静かでほとんど誰とも喋らず、勉強も運動もできなかった。 家に帰ってテレビを観ることもなく、性格は極度の心配性とネガティブ思考、弟の出来がよいことから卑屈にもなった。 高校は、入学式と身体測定の二日のみ出席しただけで中退。 中退の理由は、身体測定の際に「胸板が厚い」と軽くいじられたことでいじめられると不安になったこと。 入学後すぐに中退する。 中退後は、警備員、ごみ収集、宅配などのバイトを転々とするが、どの仕事も二ヶ月程度で辞める。 ごみ収集のバイトでは、終わったあとにみんなで事務所の風呂に入るのだが、裸を見られるのが恥ずかしいという理由で退職。 芸人になってからバイトしていたスーパーでも、芸人なら物ボケしてみろ、と言われるのでは、と不安になって辞めた。 その草薙が芸人を目指すようになったきっかけは、『爆笑レッドシアター』で観たはんにゃのネタだった。 以来、はんにゃが好きで、あんな風にみんなを元気にする芸人に憧れるようになる。 また、『ヘキサゴン』で島田紳助が言った「こいつら(おバカタレント)は、社会に出ても役に立てへん。 でも芸能界に入ってくれば一発逆転あるんや」という言葉に感銘を受け、NSC(吉本養成所)の面接に行くも落とされ、人力舎も履歴書で不合格。 その後、太田プロの養成所に入所。 相方となる宮下との出会いも、この養成所だった(草薙は宮下とコンビを組む前に三度の解散を経験、いずれも草薙が相方に嫌われたり空気が悪くなってそのまま、というのが解散の理由)。 一方の宮下は、1990年生まれで群馬県佐波郡出身。 本名は、宮下兼史鷹(けんしょう)。 小学校三年生の頃にバカ殿に憧れ、当時はクラスメイトを笑わせる人気者タイプだった。 しかし、四年生頃からぜんそくになり、運動ができなくなったり両親が離婚するなどが原因で歪み始め、中学時代には、モノマネで笑いをとる同級生に「お前の手柄じゃない」と嫌味を言うこともあった。 宮下の父親は「群馬最強伝説」と呼ばれる地下格闘家の桜井マック秀樹。 普段は「桜井シール」の代表で塗装関係の職人。 両親の離婚後、宮下は母と一緒に暮らすも、その母親が心の病で入院、働かなくてはいけなくなったことから高校一年の夏休み終わりで中退し、当時の母の恋人だった大工の棟梁のもとで働き始める。 しかし、一年半ほどで母親と棟梁が破局し、気まずくなって宮下も退職。 その後父親の仕事場で働くようになり、養成所に行くための費用もこの時期に貯めた。 太田プロの養成所時代には、宮下はピン芸人として尖った話芸一本のネタで、「俺のセンスを見ろ」「俺のネタで笑わない奴はセンスがない」と自信満々。 作家さんのダメ出しにも食ってかかっていた。 草薙は色々とコンビを組むも、そのたびに相方に嫌われるなど不仲となり、三度の解散(元コンビの名前は「スーパーキングドラゴン」)。 もうこれで芸人を辞めようと思っていた頃に宮下に声をかけられ、「宮下草薙」を結成する。 コンビ結成は2016年。 宮下は、ライブ終わりにすべって落ち込む草薙に腹一杯食べさせて励ましたり、群馬から東京の同じアパートに引っ越してきて色々とアドバイスや面倒を見るが、頭がよくなるために鯖缶ばかり食べさせつづけたり、ポストに自己啓発本を入れておくなど、押し付けがましい側面もあり、草薙は窮屈にも感じている。 2017年末の『ぐるナイ』のおもしろ荘でテレビ初出演し、注目を集める。 『アメトーーク』や『ゴッドタン』など数多くの番組に出演。 M-1グランプリ(2018)では三回戦進出。 お笑い第七世代。 コンビ名の由来 コンビ名の由来は、そのままお互いの名前。 ただし、草「薙」の本名は本来は草「彅」だが、宮下がコンビ名を登録する際に間違って登録し、今もそのまま。 コンビ名は仮で、もっとかっこいいコンビ名が見つかれば変えたい、としている。 結成のきっかけ 太田プロの養成所で出会い、他の芸人は見下していた宮下が、草薙だけは面白いと惚れ込み、「じゃないほう芸人」になってもいい、草薙に芸人を続けさせることが自分の責務、と決意。 三度のコンビ解散によって芸人の道を諦めようとしていた草薙を誘ってコンビ結成。 2016年。 結成当初はフリーで、太田プロの仮所属(おもしろ荘出演の頃はまだ仮所属だった)を経て正式に所属する形になった。 画像 : 東京新聞 コンビ仲は複雑で、仲が悪いとも良いとも言えない関係。 同じアパートの同じ階の二つ隣の部屋に宮下が引っ越し、大喜利の番組を見せて感想を言わせたり、お酒の禁止を草薙に言い渡すなど押し付けがましい部分もあることから、草薙が疎ましく思っていることもあり、喧嘩も多い。 加えてテレビで活躍する機会が増えてきたことからお互いのパワーバランスも崩れつつあるが、宮下は、もともと草薙を世に出したかったというのが一番なので、嫉妬などは全くなく、純粋に嬉しい、と語っている。 また喧嘩になっても、宮下が最後は折れることで収拾する。 尊敬する先輩芸人は、二人とも同じ太田プロ所属の有吉弘行。 太田プロでは先輩後輩の上下関係も緩く、居心地がよいと言う。

次の

宮下草薙はなぜ人気?つまらない、面白くない、嫌いなのに売れる理由|newstyle

宮下 草薙 解散

宮下草薙・宮下兼史鷹が、相方の草薙航基が大活躍した昨年を踏まえてえ驚きの本音を漏らした。 お笑い第7世代の悩みが次々と明らかになった。 そのなかで、ネガティブキャラとして注目を集め、テレビに引っ張りだこになった相方・草薙と比べて、思うような活躍が出来なかった宮下は、心の闇をのぞかせていく。 「コンビでももっとテレビに出たい」と望んでいる草薙だが、「(宮下が)一緒に出演しても喋らなすぎてネットニュースになった」と嘆いた。 宮下は実際に出演しても喋ることができず、「『僕はいらないな』と思いながら収録に参加していた」と寂しそうに告白。 その姿に草薙が「本当に最近元気がない。 昔の元気ある宮下に戻ってほしい」と本心を吐露した。 さらに、草薙の「おこぼれで出演している感じがすごいイヤ」と漏らし、「一度、解散してゼロからピン芸人としてやりたい」と解散すら考えているほど悩んでいたと明らかに。 草薙もこの宮下の本音は初耳だったようで、コンビとしてこれからもやっていきたい、喋らなくても隣にいてくれるだけで安心するとフォローしたが、宮下は「隣りにいるだけの芸人って必要ですか?」とネガティブな意見を口にし続けた。 最終的にはキレた草薙が、ツッコミを超えたボディブローを繰り出して黙らせるという衝撃的な展開となり、周囲を騒然とさせた。 視聴者からは「宮下が思ったより拗らせてる」「宮下草薙の葛藤ドキュメントだったなー」「宮下草薙が心配で仕方ない」と心配する声が殺到。 本音を漏らし、草薙以上の闇をのぞかせた宮下に「応援したくなるな、あんなこと言われると」「なんか宮下草薙に宮下要らないとか言い出して、草薙同様自分も悲しくなっちゃった」など、反響も大きい。 (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。

次の