クレゾール 石鹸 液。 【コロナウイルス】クレゾールの有効性クレゾール石けん液で作っ...

クレゾール

クレゾール 石鹸 液

濃厚液が皮膚に付着すると、灼熱感、知覚麻痺、炎症を起こし、初め皮膚を白変させ、ついで紅斑を生じ、局所組織の壊死を起こす。 21歳、女性。 クレゾール石ケン液を全身の約30%に浴びた。 7歳、男児。 滑り台で遊んでいた男児が突然意識障害をきたして倒れ、近医に搬送された。 臀部、左膝関節裏面、陰嚢に化学熱傷とクレゾール臭を認めたためクレゾール中毒と診断された。 38歳、男性。 水虫治療のためゴム長靴にクレゾール石ケン液(原液)を入れて作業中、意識を消失し倒れた。 第1病日に意識障害、痙攣、軽度肝機能障害。 第2病日より腎機能障害、肺炎。 第3病日に肺水種。 第7病日に血圧低下、徐脈となり、第10病日に死亡した。 19歳、男性。 主として両下肢(体表の約21%)にクレゾール石ケン液(原液)500mLを浴び、受傷後約10時間で来院。 当初より非乏尿性腎不全像を呈した。 さらに、肝障害(高トランスアミナーゼ血症)、溶血に基づくと考えられる高ビリルビン血症を伴った。 43歳、女性。 床にまかれたクレゾールの上で何度も転倒し、頭部打撲後に意識障害をきたした。 第13病日の生検にて急性腎不全を認めた。 誤飲例• 77歳、女性。 自殺目的にてクレゾールを服用。 意識障害、呼吸困難、口腔粘膜の高度なびらん、3日後に剥離性食道炎を認めた。 咽頭浮腫が強いため、第12病日に気管切開を行なった。 19歳、男性。 自殺目的にてクレゾール石ケン液を服用し急性の中毒死に至った。 肺はうっ血水腫著明で心臓内に暗赤色流動血をやや多量、気管支内にクレゾール臭顕著な褐色の流動液を少量認めた。 消化管内容のクレゾール濃度は高く、クレゾール臭が著明であった。 58歳、女性。 クレゾール石ケン液を服用し、気管支肺炎により死亡。 肺はうっ血水腫状で気管及び気管支内には吐物の吸引がみられ、細気管支炎を認めた。 消化管は粘膜変性を認め、消化管全般にクレゾール臭を認めた。 79歳、女性。 自殺目的でクレゾール石ケン液約80mLを服用した。 クレゾール臭著明で過呼吸、代謝性アシドーシス及び顔面、四肢に軽度のチアノーゼを認めた。 また軽度の肺炎、腐蝕性食道炎を併発した。 19歳、女性。 自殺目的でクレゾール石ケン液約120mLを服用した。 来院時は昏睡状態で、低体温、頻脈、脱水、代謝性アシドーシス、呼気中にクレゾール臭、黒色尿、顔面化学熱傷及び肺水腫を認めた。 またその後、播種性血管内凝固症候群、急性腎不全、肝障害、横紋筋融解症などを生じた。 65歳、女性。 自殺目的でクレゾール石ケン液約70mLを服用した。 来院時は呼吸停止状態で黒色尿、食道、胃粘膜に腐蝕性の病変を認めた。 翌日より呼吸状態は回復したが、意識の回復とともに、口唇周囲に異常運動(ラビット症候群)が、また四肢にパーキンソン様の症状がみられた。 26歳、女性。 クレゾール石ケン液約70mLを自殺目的で服用した。 8時間後、顔面蒼白、傾眠傾向、呼気の異常臭に家人が気付き、当院救急部に搬送された。 来院時、意識状態はほぼ清明、呼吸・循環動態は安定していたが、顔面蒼白、呼気のクレゾール臭、緑褐色尿を認めた。 60歳、女性。 37歳、女性。 10年来の精神分裂病で治療中であったが、クレゾール石ケン液100mL、ジアゼパム52錠(104mg)を服用。 顔面蒼白、末梢冷感著明、呼気にクレゾール臭著明、下口唇から下顎にかけて化学熱傷を認め、口腔内、咽頭、喉頭に発赤、浮腫、びらん、水疱形成を認めた。 黒色尿の排出、軽度の呼吸機能低下、代謝性アシドーシスを認めた。 46歳、男性。 自殺目的にてクレゾール石ケン液約100mLを飲用。 意識障害、頻脈、呼吸抑制、肺うっ血、血圧低下の所見を認めた。 39歳、女性。 自殺目的にてクレゾール石ケン液を約270mL飲用し、約3時間後に意識消失。 顔面、両肩、右上腕、右膝にかけて、皮膚面積約8%の化学熱傷と全身クレゾール臭を認めた。 喘鳴が強く、口腔粘膜は発赤し、喉頭披裂部と声帯浮腫が著明であった。 77歳、女性。 老人性痴呆症。 クレゾール4倍希釈液を誤飲。 咽頭蓋の発赤と浮腫、気管内の発赤を認めた。 第3病日の上部消化管内視鏡で、剝離性食道炎を認めた。 35歳、女性。 意識レベル低下、胃洗浄液の臭いよりクレゾール飲用と考えられ、尿に黒色の沈殿物を確認。 第2病日に急性肝不全、急性腎不全、DICとなり多臓器不全を認めた。 86歳、男性。 自殺目的にてクレゾール石ケン液約100~120mL服用。 下顎~頸部の皮膚の茶色状の変色、口腔内びらん、胸部X線にて右上肺野に無気肺を認めた。 第3病日より肝機能障害を生じた。 28歳、男性。 自殺目的にてクレゾール100mL内服。 昏睡状態にて発見され、重篤な急性肝不全、腎不全を認めた。 経口の場合• 胃洗浄(腐蝕が進行している場合は穿孔を起こすため禁忌) 1%炭酸水素ナトリウム液• 希釈剤投与 牛乳200~300mL又はオリブ油30mL• 輸液投与• 強制利尿 フロセミド注を加える• 呼吸管理(気道確保、酸素吸入、人工呼吸など)• 対症療法 痙攣................................. 重症の場合 血液吸着(DHP)、血液透析(HD)を行う.

次の

クレゾール石鹸液(殺菌消毒成分)・・・特異なクレゾール臭を持つ。

クレゾール 石鹸 液

クレゾール石鹸液の全体的なまとめとして、日常生活で消毒や殺菌に使うことができる溶液です。 色は褐色の液体になります。 原液では非常に刺激が強くなっているので、どのような場合でも薄めて利用する必要があります。 原液が皮膚などにつくとあまり良くありませんから、薄めようとする時は素手で触らないようにする工夫が必要になります。 日常的には、手洗いの時の消毒、傷があるときの消毒をすることができます。 そのほかではトイレや排水溝などの消毒、水害などが起きた時の消毒、ウイルス性の病気が発生したときに患者の周辺を消毒する時などに使うことができます。 消毒のために人の体に付けるときはアレルギーなどがないことが必要です。 自分自身になくても家族にあるような場合は使えない場合があります。 念のため医師や薬剤師に相談をして使うようにします。 クレゾール石鹸液とは、消毒や殺菌をするための溶液です。 化学薬品などを製造している会社などが製造、販売をしています。 基本的には薬局やドラッグストアなどで購入でき、インターネットなどからでも購入できるようになっています。 名称のとおりにクレゾールが中に入っていて、これが殺菌に対して有効になります。 石鹸液とのことで白い液体を創造することがありますが、褐色の溶液になります。 最近においてはウイルス性の病気などが発生することがあります。 その場合に殺菌、消毒をする必要が出て来るでしょう。 一般的な消毒のための溶液では弱いこともりますから、こちらを利用しないといけない場合があります。 水害などが発生して床下浸水、床上浸水になったときなどにも消毒が必要になります。 このような場合にも散布をすることによって腐敗などを防ぎます。 初心者がクレゾール石鹸液を利用する時の使い方としては、基本的には希釈をして使うことを覚えておきます。 原液については非常に刺激が強いことが知られています。 それが手などにつくと炎症を起こす可能性があります。 どのようなところ、どのような目的においてはどれくらいに希釈をするのが好ましいのかが示されています。 普通に手の洗浄、消毒をするような場合には50倍ぐらいに薄めるようにするとされます。 水の中に2パーセントだけこの液が入っていれば十分消毒の役割りを果たしてくれます。 初歩的に使う時として傷口の消毒があります。 このときは傷口への影響を少なくするために100倍ぐらいにします。 手洗いの時よりも薄める必要があります。 クレゾール石鹸液というのは、第二類医薬品に分類されており、ドラッグストアなどで簡単に買えて使うことができる石鹸液です。 液状になっていることから、使い方としてはボトルなどに入れて使うことになりますが、使用目的によってそれぞれに定められたパーセンテージまで希釈する必要があるため、その点については注意が必要ではあるものの、基本的には簡単に使えて便利な物です。 初歩的な使い方としては、手指・創傷面の殺菌・消毒に用いるほか、トイレ、便器、ごみ箱、たんつぼ、浄化そうなど疾病が発生しやすい場所の細菌発生予防のために、殺菌・消毒を目的として使われます。 このように、さまざまな目的で使えることや入手が容易なことから、簡単に使える薬剤です。 クレゾール石鹸液を使う際に必要な準備は、希釈するための水と、クレゾール石鹸液とを混ぜ合わせたときに入れる容器です。 手指や創傷面の殺菌・消毒に使う場合は、2%の水で希釈することとします。 他の利用法の希釈度合いについては、創傷面の消毒には1%の水で希釈し、トイレ等の消毒には3%の水で希釈します。 利用方法としては、希釈したクレゾール石鹸液を別の容器に入れておけば、それぞれの用途に応じてすぐに使えて便利です。 クレゾール石鹸液はもともと手指の消毒などで使えることもあり、安全な仕様のものであることは間違いありませんが、原液が皮膚に付着すると刺激症状を引き起こす場合がありますので、すぐに石鹸で洗い、水でよく流すことが大事です。 クレゾール石鹸液は原液のまま使うと刺激が強すぎ、皮膚を傷めてしまうことになりますので、使い方の手順としてはまず何に使うのかを決め、それに適した割合で水で希釈するところから始めます。 利用目的によって希釈度合いが異なるため、いくつか作った場合、間違えないようラベルを貼っておくなどの工夫が必要です。 たくさん使うのであれば、大きめのバケツを用意し、原液に対して希釈したい分量の水を入れ、一気に混ぜて作ってしまうという方法もあります。 大量に使う場合には、最初にたくさん作ってしまう方が、手順としてはスムーズに進むでしょう。 この場合も、直接原液に触れると肌を痛めてしまいますので、くれぐれも取扱いに注意して希釈しなければなりません。 クレゾール石鹸液を使うことのメリットとして、希釈することによって手指の殺菌ができたり、傷の消毒が可能になるなど、衛生面において非常に大きな効果を発揮するという点が挙げられます。 また、医療器具をはじめとする、衛生的に保たなくてはならない器具の滅菌にも使えますし、当然のことながらトイレその他の不衛生になりがちな場所の掃除に使うことで、雑菌を一掃することができます。 希釈して使うことから、たくさんの量の石鹸液を作ることができるため、経済的であることも大きな魅力の一つです。 さらには、トイレやゴミ箱、病人の部屋などの掃除のためにいちいち洗剤を使い分けずとも、クレゾール石鹸液さえあればどこでも殺菌・消毒ができてしまうこともよいところです。 クレゾール石鹸液の利用方法での注意点としては、使ってはいけない部分について知ることです。 体においては粘膜などに用いるのは良くないとされています。 目、口などの周りは注意をします。 直接塗らないとしても、液を調合したりする時にはねたりして入ることがあります。 そのようなことがないようにしておく必要があります。 傷の消毒には使えますが、あまり深い傷には使うことができません。 病院などに行って治療をする必要があります。 多くの人に対して利用することができますが、アレルギー症状が出ている場合は使えないことがあります。 本人だけでなく、家族でアレルギー症状が出ている場合には利用前に医師などに相談をします。 炎症などが出たときは使用を中止します。

次の

クレゾール石鹸液(薬局)を約33倍ぐらいに薄めたものを、劇薬と知らずにエタノー...

クレゾール 石鹸 液

クレゾール石鹸液の全体的なまとめとして、日常生活で消毒や殺菌に使うことができる溶液です。 色は褐色の液体になります。 原液では非常に刺激が強くなっているので、どのような場合でも薄めて利用する必要があります。 原液が皮膚などにつくとあまり良くありませんから、薄めようとする時は素手で触らないようにする工夫が必要になります。 日常的には、手洗いの時の消毒、傷があるときの消毒をすることができます。 そのほかではトイレや排水溝などの消毒、水害などが起きた時の消毒、ウイルス性の病気が発生したときに患者の周辺を消毒する時などに使うことができます。 消毒のために人の体に付けるときはアレルギーなどがないことが必要です。 自分自身になくても家族にあるような場合は使えない場合があります。 念のため医師や薬剤師に相談をして使うようにします。 クレゾール石鹸液とは、消毒や殺菌をするための溶液です。 化学薬品などを製造している会社などが製造、販売をしています。 基本的には薬局やドラッグストアなどで購入でき、インターネットなどからでも購入できるようになっています。 名称のとおりにクレゾールが中に入っていて、これが殺菌に対して有効になります。 石鹸液とのことで白い液体を創造することがありますが、褐色の溶液になります。 最近においてはウイルス性の病気などが発生することがあります。 その場合に殺菌、消毒をする必要が出て来るでしょう。 一般的な消毒のための溶液では弱いこともりますから、こちらを利用しないといけない場合があります。 水害などが発生して床下浸水、床上浸水になったときなどにも消毒が必要になります。 このような場合にも散布をすることによって腐敗などを防ぎます。 初心者がクレゾール石鹸液を利用する時の使い方としては、基本的には希釈をして使うことを覚えておきます。 原液については非常に刺激が強いことが知られています。 それが手などにつくと炎症を起こす可能性があります。 どのようなところ、どのような目的においてはどれくらいに希釈をするのが好ましいのかが示されています。 普通に手の洗浄、消毒をするような場合には50倍ぐらいに薄めるようにするとされます。 水の中に2パーセントだけこの液が入っていれば十分消毒の役割りを果たしてくれます。 初歩的に使う時として傷口の消毒があります。 このときは傷口への影響を少なくするために100倍ぐらいにします。 手洗いの時よりも薄める必要があります。 クレゾール石鹸液というのは、第二類医薬品に分類されており、ドラッグストアなどで簡単に買えて使うことができる石鹸液です。 液状になっていることから、使い方としてはボトルなどに入れて使うことになりますが、使用目的によってそれぞれに定められたパーセンテージまで希釈する必要があるため、その点については注意が必要ではあるものの、基本的には簡単に使えて便利な物です。 初歩的な使い方としては、手指・創傷面の殺菌・消毒に用いるほか、トイレ、便器、ごみ箱、たんつぼ、浄化そうなど疾病が発生しやすい場所の細菌発生予防のために、殺菌・消毒を目的として使われます。 このように、さまざまな目的で使えることや入手が容易なことから、簡単に使える薬剤です。 クレゾール石鹸液を使う際に必要な準備は、希釈するための水と、クレゾール石鹸液とを混ぜ合わせたときに入れる容器です。 手指や創傷面の殺菌・消毒に使う場合は、2%の水で希釈することとします。 他の利用法の希釈度合いについては、創傷面の消毒には1%の水で希釈し、トイレ等の消毒には3%の水で希釈します。 利用方法としては、希釈したクレゾール石鹸液を別の容器に入れておけば、それぞれの用途に応じてすぐに使えて便利です。 クレゾール石鹸液はもともと手指の消毒などで使えることもあり、安全な仕様のものであることは間違いありませんが、原液が皮膚に付着すると刺激症状を引き起こす場合がありますので、すぐに石鹸で洗い、水でよく流すことが大事です。 クレゾール石鹸液は原液のまま使うと刺激が強すぎ、皮膚を傷めてしまうことになりますので、使い方の手順としてはまず何に使うのかを決め、それに適した割合で水で希釈するところから始めます。 利用目的によって希釈度合いが異なるため、いくつか作った場合、間違えないようラベルを貼っておくなどの工夫が必要です。 たくさん使うのであれば、大きめのバケツを用意し、原液に対して希釈したい分量の水を入れ、一気に混ぜて作ってしまうという方法もあります。 大量に使う場合には、最初にたくさん作ってしまう方が、手順としてはスムーズに進むでしょう。 この場合も、直接原液に触れると肌を痛めてしまいますので、くれぐれも取扱いに注意して希釈しなければなりません。 クレゾール石鹸液を使うことのメリットとして、希釈することによって手指の殺菌ができたり、傷の消毒が可能になるなど、衛生面において非常に大きな効果を発揮するという点が挙げられます。 また、医療器具をはじめとする、衛生的に保たなくてはならない器具の滅菌にも使えますし、当然のことながらトイレその他の不衛生になりがちな場所の掃除に使うことで、雑菌を一掃することができます。 希釈して使うことから、たくさんの量の石鹸液を作ることができるため、経済的であることも大きな魅力の一つです。 さらには、トイレやゴミ箱、病人の部屋などの掃除のためにいちいち洗剤を使い分けずとも、クレゾール石鹸液さえあればどこでも殺菌・消毒ができてしまうこともよいところです。 クレゾール石鹸液の利用方法での注意点としては、使ってはいけない部分について知ることです。 体においては粘膜などに用いるのは良くないとされています。 目、口などの周りは注意をします。 直接塗らないとしても、液を調合したりする時にはねたりして入ることがあります。 そのようなことがないようにしておく必要があります。 傷の消毒には使えますが、あまり深い傷には使うことができません。 病院などに行って治療をする必要があります。 多くの人に対して利用することができますが、アレルギー症状が出ている場合は使えないことがあります。 本人だけでなく、家族でアレルギー症状が出ている場合には利用前に医師などに相談をします。 炎症などが出たときは使用を中止します。

次の