厚生 年金 保険 料 いつまで 払う。 厚生年金の保険料はいつまで(何歳まで)払い続けるのか?

60歳(65歳、70歳)になっても厚生年金保険料は支払わなければならないのでしょうか?

厚生 年金 保険 料 いつまで 払う

おはようございます、大阪の社労士有馬です 会社に所属している人のほとんどは厚生年金の被保険者。 すなわち厚生年金の保険料を払っていると思いますが、いつまで厚生年金の被保険者なのかを知っているという人は意外に少ないんじゃないでしょうか 厚生年金の保険料っていつまではらうの? 今回は知ってそうで知らないこの疑問についてお答えします 厚生年金の保険料っていつまで払うの? この記事を書いている私は勤務・開業合わせて社会保険労務士を4年ほど 日本年金機構大阪広域事務センター(大阪の年金機構に届出された届書を一括で審査する場所です)にも勤務していた経験があります 65歳から年金がもらえるということは知っていても保険料はいつまで払わなければいけないのかということを知っている人は結構少ないんじゃないでしょうか 今すぐに関係ない人でもいつかは関係してきますので、私と一緒に今のうちに確認しておきましょう 少しややこしい話をするので、結論だけ知れればいいよという方は まで飛ばしてください まずは確認。 厚生年金にはどんな人が加入するの? まずは基本事項の確認です 厚生年金に加入している人を厚生年金の被保険者といいますが、厚生年金の被保険者とはいったいどんな人なのでしょうか? 答えは 適用事業所(厚生年金の対象の会社)で働いている70歳未満の一般の労働者です ……おっと! いきなり結論が出ましたね! そうです。 実は 厚生年金の保険料を払うのは70歳までなのです 一部例外を除いて厚生年金の保険料を払うのは70歳までです ちなみに一部例外というのは年金をもらう資格を持っていない人のことです 年金は10年間(240ヶ月)の加入期間が必要なので10年間(240ヶ月)の加入期間が無い人は70歳過ぎても引き続き任意で保険料を納めることができるのでそれ以外の方は70歳まで保険料を納めることになります 今回は以上となります お疲れ様でした。 いやー今回は短くてよかった楽できましたねめでたしめでたし とはいかないのが年金なんですね! 年金に例外はつきものです むしろ例外が無いほうが珍しいくらいでしょう この厚生年金の保険料をいつまではらえばいいの? という疑問に対する答えについてもご多分にもれず例外があります 70歳未満でも年金を払わなくていい人もいる 厚生年金の保険料を払うのは70歳まで でもちょっと待って 周りの人で、60歳になったら、あるいは65歳になったら急に年金の保険料払わなくてよくなった、といっている人は結構いるんじゃないでしょうか? そうなんです。 実は70歳未満でも年金を払わなくていい人がいるんです どういう人が厚生年金の保険料を払わなくていいのでしょうか? なぜ急にその人は厚生年金の保険料を払わなくてよくなったのでしょうか その疑問の答えは、実は先ほどの答えの中に隠れています 答えは 適用事業所(厚生年金の対象の会社)で働いている70歳未満の一般の労働者です そうです。 週の所定労働時間が20時間以上あること• 雇用期間が1年以上見込まれること• 賃金の月額が8. 8万円以上であること• 学生でないこと• 常時501人以上の企業(特定適用事業所)に勤めていること まとめ 厚生年金は60歳からもらえるというイメージがある人には、年金制度は少しややこしく感じるかもしれません ですが、被保険者でもないのに保険料を徴収してしまうと大変なことになるので、人事・労務管理担当者はこのあたりの制度はきちんと把握しておく必要があります 不安に感じたときは専門家、もしくは近くの年金事務所に相談に行きましょう 今回は以上となります この記事が皆様のお役に立てれば幸いです 年金についての疑問やお役立ち記事をまとめていますのでよければこちらもご覧ください 年金に関する疑問、お役立ち情報をこちらのページにてまとめています 年金についてもっと知りたいという方は是非こちらのページもご覧ください カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

厚生年金はいつまで払うのか?何歳までかの検証

厚生 年金 保険 料 いつまで 払う

第1回のコラムで説明したように、日本の公的年金制度は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満の全ての方が加入する「 国民年金(基礎年金)」を1階部分として、その上に会社員・公務員の方が加入する「 厚生年金」の2階部分が乗る、2階建ての仕組みになっています。 そして、厚生年金に加入している会社員・公務員の方は、厚生年金の加入資格を喪失するまで(一般的には60歳や65歳などの定年退職まで)保険料を支払う必要があります。 しかし高齢化社会の現在では、60歳や65歳の定年を迎えた後も継続雇用などで働き続ける方が増えています。 定年を迎えた後も働き続ければ、厚生年金保険料をずっと支払い続けなければいけないのかというと、必ずしもそうではありません。 厚生年金の加入は70歳までという決まりがありますので、働き続けていても70歳になると厚生年金の加入資格を喪失し、厚生年金保険料を徴収されなくなります。 よって、 厚生年金保険料の支払いは、原則として、最長で70歳までということになります。 1961年4月2日以降生まれの男性、1966年4月2日以降生まれの女性は、 原則として65歳になると(条件によっては60歳から)、老齢年金が受給できるようになります。 上記でお伝えしたとおり、厚生年金に加入して働き続けている70歳未満の方は厚生年金保険料を支払う必要があり、そこに老齢年金を受給しているかどうかは関係ありません。 厚生年金に加入して働き続けているのならば、老齢年金の受給が開始していても厚生年金保険料を支払う必要があります。 また、厚生年金保険料には国民年金保険料が含まれますが、国民年金の被保険者期間が終わる60歳以降になると厚生年金保険料に影響が出るか、というとそうではありません。 厚生年金保険料はあくまでも給与や賞与の金額をもとに算出されるもので、給与などの金額が高ければ、厚生年金保険料も高くなる仕組みです。 年齢 在職老齢年金制度の支給停止要件 60歳から65歳未満• 総報酬月額相当額と基本月額の合計が28万円を超えると、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる• 基本月額とは、老齢厚生年金の定額部分と報酬比例部分の月額を指す 65歳以上• 総報酬月額相当額と基本月額の合計が47万円を超えると、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる• 算出した額がマイナスになる場合は、老齢厚生年金(加給年金額を含む)は全部支給停止となります。 また、60歳から65歳未満で老齢厚生年金の受給を開始する方は、支給停止要件の金額が28万円となっていますので、より注意が必要といえます。 このように、60歳以上で一定以上の収入がある方は、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる可能性があります。 原則として70歳以上の方は、働いていたとしても厚生年金への加入資格を喪失します。 ただし、70歳以上の方でも老齢年金の受給資格として必要な加入期間が不足している方は、その期間を満たすまで厚生年金に加入できる「高齢任意加入被保険者」という制度があります。 老齢基礎年金の受給資格を取得するには、国民年金保険料の支払期間や免除期間が、合わせて10年以上必要です。 また、老齢厚生年金の受給資格は、老齢基礎年金の受給資格があることに加えて、厚生年金の被保険者期間が1カ月以上あることです(65歳未満の方に支給する老齢厚生年金については、1年以上の被保険者期間が必要です)。 高齢任意加入被保険者の厚生年金保険料は、基本的に本人が全額負担することになりますが、事業主の同意があれば、半分を事業主が負担してくれることもあります。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

厚生年金の加入期間は何歳まで?60歳,65歳,70歳のポイントや妻の第三号保険者はどうなる?

厚生 年金 保険 料 いつまで 払う

会社に就職=厚生年金に加入 法律上は、パートやアルバイトは正社員の4分の3以上の時間勤務している場合は、厚生年金に加入となる。 尚、加入義務は「会社」に課せられている さて、今回は「誰がいつから払う?もらえる?」シリーズの2回目。 、今回は「厚生年金」について書いてみたいと思います。 「国民年金の加入は「20歳」から」、これは多くの方がご存知なのですが、厚生年金の加入は何歳からなの? これは知っているようで知らないことのようです。 国民年金は「20歳」という年齢が加入のポイントでしたが、「厚生年金は会社への入社が加入時期」となります。 従って、年齢は関係がありません。 仮に中学卒業後15歳で就職した場合は、15歳が加入時期となります。 又、パートやアルバイトから、正社員になったようなケースは、正社員になったときに厚生年金に加入する場合もあります。 会社員の期間=厚生年金加入期間 また加入期間について、国民年金が「20歳から60歳まで40年間」と決まっていたのに対し、厚生年金は「会社員であった期間がそのまま」加入期間となります。 但し、加入年齢の上限(70歳)は設けられています。 会社に勤めた人は、会社の役職に係わらず加入することになります。 ですから、社長や取締役といった「役員」についても常勤であれば厚生年金に加入することになります。 仮に15歳で入社し、65歳までずっと会社員であったならば、50年間厚生年金に加入したことになりますし、1ヵ月だけ会社員として働いて、後は自営業者であった、なんてケースですと厚生年金の加入期間は1ヵ月だけとなります。 複数の会社に勤めたケースについては、当然加入期間は通算されます。

次の