エリオット。 ミュージカル「ビリー・エリオット」のチケット情報

ミュージカル「ビリー・エリオット」のチケット情報

エリオット

エリオット波動をグラフにしたもの 実際には小刻みに値段が変動するものの、上昇局面では5波動・下降局面では3波動で値動きが推移している。 上昇局面では、以下のような「5つの波動」を描く。 これらの波動については、「 上昇5波動のうち第3波動が最短になることは無い」という理論がある。 従って、第3波動が最も短くなる波動の捉え方は、そもそも波動の捉え方自体に誤りがあると解釈されることとなる。 また、上昇第5波の最高値は通常上昇第3波よりも高くなるが、時折第5波の最高値が第3波の最高値を超えられずに下回る場合がある。 これをフェイラーと呼び、相場の転換点となる可能性が高い波形であるとされている。 この他に、トレンドの勢いが強い場合は上昇5波または下降3波を超えて波動が描かれることがあり、これをエクステンションと呼ぶ。 波動の規模 [ ]• グランドスーパーサイクル … 100年以上• スーパーサイクル … 50年• サイクル … 10年• プライマリー … 3~5年• インターミディエット … 30週~50週• マイナー … 10週• ミニュット … 3~5週 関連項目 [ ]•

次の

荒地 (岩波文庫)

エリオット

こんにちは、まるにです。 前回の投稿から少し時間がたってしまいましが、NY株式の方は思ったほど下落せずに反発し、現在はまた方向感を見失っているように見えます。 メインシナリオとしては、黒文字の(1)から(5)まで終わり現在は修正波動の(c)に向かいつつあると見ていますが、大統領選に向けてさらなる経済対策を発表するようなことがあるとナスダックのようにするすると上昇してしまう可能性は残っています。 しかし、短期的には下落する可能性が高いと思います。 直近の(a)のポイントを下抜けするか、触れずにに反発するかを意識してトレードしていきたいところです。 前回は上のチャートで緑 1 のポイントを下回らなければ緑(4)波かもと書きましたが、先物やCFDのチャートを見てみると明らかに下回っていましたのでこのパターンの可能性は低いと判断しました。 一応CFDのチャートを載せておきます。 (オレンジ線) 緑の文字で書いたシナリオも一応残しておきます。 前回は書かなかったのですが、もしかしたら3-3-3-3-3のエンディングダイアゴナルの可能性もあるからです。 このパターンであればもう少し上昇傾向が続くことになりますね。

次の

米物言う株主エリオット、ソフトバンクG株3%取得 (写真=ロイター) :日本経済新聞

エリオット

こんな悩みを解決• エリオット波動とグランビルの法則はどちらが優れているの?• 2つの違いって何?• トモカズの見解は? 記事を読むことで、エリオット波動とグランビルの法則の違いが分かって2つの理論の使い方を理解できます。 結論を言うと、私の実践的な見解では、エリオット波動とグランビルの法則は、2つの足りないところを補完し合うことでお互いの論理の精度を上げることができます。 私のトレードは、この2つの論理が基礎となっています。 この2つの論理を深く理解して組み合わせると、押し目買いや戻し売り、過熱した相場の逆張り、勝負してはいけないポイントが手に取るように分かるのですね。 そこまでいかずとも、まずはこの記事であなたの疑問を解決し、2つの論理を合わせて使うヒントを得てみてください。 実績公開(4か月ごと) (現在2019年8月まで公開) スポンサーリンク エリオット波動とグランビルの法則の比較 エリオット波動とグランビルの法則の何が違うのか考えるためには、それぞれの論理を理解しておかなければなりませんね。 まずは、2つの論理の本質をまとめました。 さらに詳しく考察したい人は、各関連記事へリンクを貼っておくので、そこで学習してみるといいですよ。 エリオット波動とは エリオット波動とは、簡単に言うと、トレンドの上げ下げ、下げ上げのパターンを示すものです。 これは、上げの中にも下げがあり、下げの中にも上げがあるといったフラクタル構造になっています。 フラクタル構造とは、片方を太くし、もう片方を細くした金太郎飴を切っていった時のように、時間軸が長くても短くても同じような動きになっている構造のことをいいます。 この構造を利用して、一つの上げの中に上げ下げが何回あるのか?押しの上げ下げはどのくらいか?というパターンを示しているわけです。 こういった性質から、私は、 エリオット波動でエントリーポイントを探るのではなく、今後の流れや押し・戻りの大体の位置を把握するために使っています。 基本のルールをきちんと身につけると、少しずつ開示される答えを先に予測するゲームのような感覚で相場を読めるようになりますよ。 参考記事 グランビルの法則とは 一方、グランビルの法則は、移動平均線とローソク足を使って、エントリーポイントを探る論理として使っています。 人によっては、グランビルの法則で流れを読むという人もいますが、実際は、グランビルの法則で流れを読んでいるのではなくて、移動平均線の並びと傾き、短期線・中期線・長期線・超長期線の位置で流れを読んでいる場合が多いと思います。 そうすると、やはり有利なエントリーポイントの位置を探るのに使えるのですが、実は、ローソク足だけでは、心許ないと私は思っています。 まず、下の図に書いたグランビルの法則のエントリーポイントを見てください。 しかし、本当に次のポイントまで都合よく下がってくれるのでしょうか?また、真っすぐ下げるのではなくてジグザグしながら下がるようなトレーダーを騙す動きをすることもしばしばあるでしょう。 このように、グランビルの法則は、有利なエントリーポイントとシグナルを知ることができますが、だましにも引っかかりやすいという特徴があるのです。 参考記事• 2つの違い ここまでのお話しから、エリオット波動とグランビルの法則は、流れを予測するものとエントリーポイントを探るといった違いがあります。 そして、論理の性質が違う以上、優劣をつけることができないし、それを考えるのは、本質から外れている気がします。 ちょっと違うかもしれませんが、インジケーターとオシレーターに優劣をつけても仕方がないのと似ていますね。 結論 Youtubeやブログを見たり読んだりしていると、グランビルの法則が最強だとかエリオット波動だけで稼げるみたいな情報がたくさん出てきますが、自分の投資スタイルに合う方を選べばいいと思います。 私の場合は、2つの論理を合わせて使うとうまくいくし、理論的・実践的にも補完し合える論理なので、そうしています。 なお、エリオット波動を使って実際の取引をするときは、その本質について理解してないと、ほとんど役に立たないどころか逆効果になってしまいます。 その本質を理解して実践で使えるように下記のnoteでまとめましたのでご参考いただければ嬉しく思います。 note 今回は以上です。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 人気記事 スポンサーリンク.

次の