てんとうむし てんとうむし 行かないでおくれ。 スバル360いじり23日目 ドライブシャフトを外す

実家に帰れない方、それでいいですか

てんとうむし てんとうむし 行かないでおくれ

40 さくら 既婚者で、実家に帰してもらえない方、それで納得しています? 実家の不幸の時だけでも帰りたいのですが、夫はどうして帰りたいのか理解ができない様子です。 先日、また不幸があり「さすがに今回は帰らせて」と言っても「なんで?」で終わったため、勝手に飛行機を取り(仕事は調整できます)留守期間中の食事を作って冷凍してからお通夜に駆けつけました。 もう離婚でもいいやという心境でした。 夫は怒ってはなかったけれど「何かあった時くらいは帰らせて」という私の言葉にウンとは言いませんでした。 自分は月2回ほど、2時間かけて帰省するのに、私は遠いとはいえ不幸の時すら帰れず、情けなくて悲しく、夫との今後を考えているところです。 同じような方、どのような気持ちでいらっしゃるか、何か対策をなさったのかなど、お尋ねしたいです。 今回の強硬手段については良くない行為と認識してますので叱責はご容赦願いたいです。 帰るのはもちろんあり。 大奥じゃないんだから。 帰りすぎも問題ですけどね。 夫の意見って言うけど人をかえられるのは人ですからあなたとの生活上困ったら変えたほうがいいと思います。 従いすぎた結果がこれです。 どうしてさくらさんのご実家やご親族で不幸ごとがあっても帰宅させてもらえないのでしょうか?まさか一旦嫁いだらその家の人間になったのだから実家の事は忘れろという無謀な考えの家系なのでしょうか?ご主人の心無い言い分は無視して帰宅するのが当たり前だと思います。 頑張ってくださいね。 明治時代の奉公人でさえ、ご不幸時は勿論、盆暮れは帰省させて貰っていたとか。 どこの世界に、ご不幸にも駆けつけさせて貰えない家が有りますか。 普通は夫婦で駆けつけるべきです。 ご主人は、お友達と話していて、自分だけおかしいと気付かず今の年齢まで来られたんでしょうか。 不思議です。 2時間の遠方で介護も無いのに月2回というのもおかしいのに、妻の帰省は理解できないって、それこそ理解できません。 幸い怒ってはおられないのですから、夫は夫、自分は自分で遠慮なさらずに帰省しましょう。 私なら反対に夫の帰省に「何で??」と思いっきりつっこんで徹底対戦です。 大人しく黙っていてはいけません。 喧嘩を恐れず向き合いましょう。 当たり前の行動をするのに、ご主人の許可は必要ないですよ。 今まで許可が取れず帰省もしていなかったってことですよね? 今回のお通夜のための帰省に対しては怒ってはいなかったようなので、理解できないだけなんですね。 もしかしたら、義母さんが実家に帰らない人だったから、妻は実家には帰らないものだと思ってしまっているのかも? 何回か帰省すれば徐々に理解してくれるかも?何かと理由をつけて帰省してみてはどうですか?離婚を覚悟してまで帰省したとのことなので、その覚悟があるなら、試してみるのもいいかな〜と思います。 留守番よろしく。 ご飯は作っておくから〜。 」って決定事項として伝えてみてはどうですか?もしくは一緒に帰省するとか。 常識の範囲内なら誰に許しがいるのでしょう。 よほど家に困りごとがないのであれば許しなど得る必要はないでしょう。 離婚がこわくて我慢することを選ぶことを別に否定はしませんがそのままじゃずっと自分を殺して生きていかないといけない。 それで満足かどうか考えないと駄目です。 男性が帰れて嫁が帰れないのは不平等ですよね。 文章からそんな感じ受けますが。 ご主人はきっと人格障害ですよ。 モラハラする人はほとんどが自己愛性人格障害だそうですよ。 相手は病気なのでくれぐれも自分ばかり責めないよう、できれば離婚して自由になった方がいい気がしますね。 ご主人にも実家に帰る事は許さず、ご主人の親御さんが亡くなった時も、お葬式にも行かせなかったそうです。 その話を聞いた時に驚きましたが、そういう人もいうんですね。 でも親の死に目に逢えないとかお通夜などにもいけないなんて異常ですから、行けば良いと思いmす。 私は帰る実家はありませんが、お話を聞いているだけで腹が立ってきます。 他に何か束縛されているようなことはありませんか? ご主人モラハラ夫じゃないでしょうか。 価値観が違うのではなく、ご主人にそういう経験がないのでわからないのではないでしょうかね? 何と思われようと旦那さんのことは気にせず帰ってはどうですか。 投稿者さんの肉親(親か兄弟か祖父母)が亡くなられたのでしょ? 当然ご主人も一緒に行かなくてはいけないのに、妻の肉親のお通夜に行かないこと事態がおかしいのに 肉親を亡くした妻にお通夜に行く事に対して「なんで?」というなんてすいませんけどご主人は頭がおかしいのでは? 離婚した方がいいと思います。 別に行ったからと言って怒るわけじゃないんですよね。 それなら「行ってきます」とだけ言って行ってしまえばいいんですよ。 ご自分が決めつけているだけで、無理に行ったからといって 何も変わらないと思いますよ。 一度置き手紙でも置いて家出してみたらどうですか。 ちなみに私は実家など帰りたくないので、 もう何年も帰省してません。 心のよりどころがまだご実家にあるんですかね。 それなら離婚も視野に入れた方が良いかもしれないですね。 うちは、車で40分の所に実家がありますが、親がしょっちゅう帰って来る事を嫌うので月に1回くらいしか孫を連れて帰りません。 (そんな主張を持っているなら、100年前の価値観の持ち主なので離婚も視野に入れた方がいいと思うけど…) だったらこれからも自分の帰省する必要のある時には、どんどん帰省しちゃえばいいのよ。 何回もやっていれば、それが普通になります。 鉄面皮も必要です。 ご主人が自分の実家に帰省する事を許さないとかよく思わないお嫁さんは、いると思います。 そういう方を選んで結婚してしまったのですね。 まぁ夫婦といえども人の考えを変えるのはむつかしいので、離婚覚悟で強引に帰るか、我慢するかしかないですね。 しかもご主人が元凶となると、つらいですね。 今回はいいやって自分から言い出すぐらいです。 私の実家に帰るくらいなら家に来いと言われました。 そういう義母に育てられたせいか、 旦那も私が自分の実家に帰るのを面白くないようでした。 義親が関わっているのならとても難しい話だと思いますが、 旦那さんだけがそういうのであれば、別れるの覚悟して実家に帰らせてもらえるように動けばいいと思います。 今時親の死に目にも逢えない結婚なんてありえませんよ。 あなたがそれでも旦那さんが好きだというのならそのままでいいと思いますが、 違うと思うのならどうにか動かないと事態は変わらないと思います。 あなたの今回の行動は悪くありません。 至極当然のことです。 さくらさんの親御さんは何と言ってるのでしょうか? うまくいくこと、願っております。 うちは実家に泊まることが ゆるされないです。 すっごい不満です。 もう嫁にきたんだから実家は関係ないということでしょうか。 自分は月2回帰っているだし不公平ですよね。 自分はよくて嫁はダメなんでしょうか。 無視していったらいいんじゃないですかね。 許可要りますか? 「帰るから〜」でいいじゃないですか。 バカなの?アホなの?どっち?と聞きたくなります。 強行手段だろうと気にしてないなら、ご主人はあなたの行動に興味がないだけなんじゃないかなと感じました。 精神的に縛られてるDV体質なんですかね。 まだ行動できるなら教育しなおす余地があるじゃないですか。 じゃ、お前もいなくなればとは言われないんでしょ。 まだまだ。 自分が悪いように思わないことですね。 お互いに。 私は結婚自体が特殊だけど、さくらさんは好きな相手と結婚したんでしょうし。 無知ならしつけるしかないんじゃないですか。 よくない行為と書いていますが、そうじゃなく当然の行為だと思います。 いや、妻の家の不幸なのに一緒に帰らないのもおかしいですけど。 実家、海外とかじゃないんですよね? 「なんで?」と言われて、どう答えてるんでしょう。 「実家の不幸に帰るのは当然でしょ」と言ってるんでしょうか。 まさか、泣き寝入りじゃないですよね。 まともな会話が成立しないのなら、離婚もしょうがないでしょうね。 ご主人が帰らせてくれないのですね。 義父母が許してくれないというケースはよくありがちかと思いますが(私の母もそうでした)、夫が、、、というケースは近頃ではかなり珍しいのでは? 自分は頻繁にいそいそと帰省しているのに、妻の身内に不幸があっても参列をさせないなんて、最低ですね。 多分、ご主人の価値観ややり方は今後も変わらないような気がしますね。 もしそうなら、人のご主人に対して失礼だと思いますが、おかしいと思います。 DVですよ。 しかもDV。 実家でいざこざがあったと思われます。 母方の親戚が来ると必ず怒鳴って追い返していました。 なのに母は別れようとしませんでしたが(理解不能)結局家出、10年後父は孤独死(自業自得)。 最終判断はスレ主さんですが…もし私が同じ立場でも強行手段はもちろん、離婚もすると思います。 人間として。 今更言っても仕方ないでしょうけど その旦那のどこが好きで結婚したのでしょうか? 帰省は近いとか遠いの問題じゃないですよ。 不幸があったら夫婦で行くのが普通です。 今回の事も貴女は当然の事をしただけで「良くない行為」だなんて誰も思いません。 むしろ同行しない旦那が非常識。 今後の対策を考えてる場合じゃないですよ。 即刻離婚しましょう。 ご主人あんまりです。 身内の不幸でも帰らせてくれないなんて、もし家でそんなことがあったら私も勝手にいっちゃいそう。 逆に「なんで?」って聞き返して、夫OK・妻NGの理由を聞き出してみっちり話し合いたいです。 さくらさんが実家に帰られたのは当たり前のことです。 ご不幸があったのですから。 本来ならご主人も同行するのが常識です。 常識がなさ過ぎなのはご主人です。 異常とも言えます。 ご主人は、普段からさくらさんに思いやりがありますか? 一度、都道府県か市町村の女性の相談センターにカウンセラーがいると思いますので、 第三者の意見を聞くということで行かれてみては? 叱責されるところなんてないです。 叱責を受けるのはご主人のほうです。 人を支配しすぎ。 精神的DVだと思います。 だから投稿さんが自分の親の幸も不幸も無関心だし、無知なのだと思います。 これkら、旦那の実家に幸不幸が合った時に、倍返ししたら如何でしょう。 実家に帰してもらえない人はまわりで聞いたことがありません。 自分の自由も家族も大切にして貰えない人とは私なら一緒にいられません。 今回のことって、そんなに悪いことですか? 食事まで用意して帰ってるのに。 不幸がおありだったんですよね? 私なら、自分が帰りたいなら夫が許してくれなくても、親に顔見せに帰りますよ。 或いは、釣り(?)とも思いました。 すいません。 既婚者で実家に帰してもらえない方って周りにいませんし、皇室に嫁いだ方でさえ帰してもらえるのに・・・ホント何故なのかこちらが知りたいくらいです。 何か人格障害の類でもあるんじゃないですか? 究極に相手の気持ちが理解できない人っているんですよ。 自己愛性人格障害で検索して特徴調べてみてはどうでしょ。 そんな人はカウンセリング受けさせたほうがいいんですが なんせそういう人は何やっても自覚できないし、そこまで行くのも難しいんですよね。 奥さんの不幸があったら夫婦で出席するのが普通だと思うんですが こちらがなんで?って感じですよね。 不幸がなくても盆正月くらいは帰省するのが普通だと思います。 ご両親はご主人に対して怒ったりしないんですかね。

次の

てんとうむし

てんとうむし てんとうむし 行かないでおくれ

当番ノートより抜粋 1月24日 すごいなーと思ったこと。 お昼ご飯後、 Hさんがかけてくれたロープブランコで、 KO. SEが遊んでたら、 年少Fちゃんが入ってきて、3人に。 KOが、Fちゃん続けてやってずるい!」と怒り出したけれど、それでもFちゃん負けずにやろうとする。 さらにKOくん怒る。 この時点でどうしよう、声かけしようか、と思ってたら、KOくんがSEくんに相談。 そしたらあっさり、 「じゃんけんしたら?」とSEくん, そして、KOとFちゃんがじゃんけん。 「Fちゃんが後出しした!」と怒り、もう一度じゃんけんして、Fちゃんの勝ち。 (勝負に強い!) そして、みんな納得して Fちゃんが続けてブランコに。 あー、余計な口出ししなくて良かった。 と思った一コマでした。 「火遊びの研究」 研究者のような顔で 棒に火をつけて、それを水につけ、泡が出る様子や、ジューという音が面白いのか、それを何度も繰り返していたKOくん, 昼からは、紙をはがした骨だけのウチワで火をあおぎ、このぐらいのゆるい風の方が、火がつくんだよ、強い風と比べたりしながら、何度も繰り返していたね。 毎日毎日、自分で経験して、 その体験を積み重ねていくって、 すごく大切な時間だね。 一月の年長活動日は、バスと電車を乗り継いで、 日本こま博物館へ。 行きの電車はみんなワクワク 開いては閉じる電車のドアを見つめていたseくん。 扉が閉まったら 「もう一回、冒険の始まりだぁ」 今回の難関ポイントは 上前津駅での地下鉄乗り換え。 sま「ゆうきあるひと、手あげて。 おれ、0ぱーせんと」 、、誰も手をあげず、みんなでもぞもぞ。 YU「だれも聞かなかったら、ずっと着かないよ」 とがんばって、「ひらがなの地図ありますか?」って聞いてくれたよ! しかし駅員さんは、「ないです」の一言。。 道があったら進みたいseくんは、もうじっとしていられない。 天性の勘で?ホームに降り、YUくんが「13 分 の上に『築地口』の文字がある」って発見。 soくんが運転手さんにメモを見せながら「ここ行きますか?」って聞いて、 やっと無事乗り換えして到着! sま「おれが聞いたから乗れた」って嬉しそう! 地下鉄内では「おなかすいたー」と言ってたSeくんも、独楽博物館に着くとテンションアップ! コマのおっちゃんに実演してもらって、こまやけん玉皿回しなどを教えてもらい、 それぞれ買いたいものを選んで買いました。 帰りはお疲れモード。 乗り換え駅でジュースを買おうとするseくん 「seちゃん、20円あるよ! 」 それを聞いたKOくんに 「20円じゃ買えないね」と言われて、 あきらめてお財布しまってたね。 年長さんたちのワクワクドキドキ珍道中。 影武者のお当番は、楽しかったよー! 2020年1月16 日 木曜日 親子組メンバーさんがお父さんお母さんと一緒に、てんとうむし園児たちの活動へ体験に来てくれました。 いつもはママの抱っこから離れないTくんですが、 今日は園児たちに影響を受けたのかな? 火に枝をくべたり、野菜を切ったり、 とっても積極的に遊んでいて ママも『予想外!』と嬉しそう。 その場に居合わせた私も嬉しい瞬間でした。 てんとうむしの活動は、随時体験可能です。 体験費用は一回800円。 tentoumushi344 gmail. com まで、 体験希望の日にちを連絡してくださいね。 みよし市中心部の公園にて 10時30分~12時00分 お申し込みなどの詳細は、また後日お伝えします。 小さい椎の実の次に大きめの椎の実集めしてたら 『すごいね。 見つけるの上手だねっ』 って年長Yくんがほめてくれた! 割れた椎の実は鬼は外! 割れてない椎の実は、福は内! 私がちょっとだけ大きい声で割れた椎の実を森へ投げてたら、 『節分まだだよ』って冷静な年長Yくん。 『いいんだよ。 鬼退治の練習だもん』って返事をしたら、 『そっかー』。 って一緒に『鬼は外!』って投げてたよ。 年中Tちゃん、年少Mちゃん、Fちゃんたちも一緒に笑いながら投げてたよ。 午後は、動く範囲とスピードに動きが出てきて、大きな笑い声もあちこちで聞こえたよ。 二歳児Kちゃんが、飛びかかって抱っこでぐるぐるしてー。 って言ってくれたのが嬉しかったなぁ。 何度もくるくる回ったり 、こちょこちょして、遊んだよ。 とにかく暖かくて、春?冬はどこへ?っていうお天気だった。 当番母M 今年も行ってきました〜。 雪遊び! 古民家にみんなで泊まって、 みんなで遊んで 台所に入れるタイミングのある母たちが自由にお料理して、みんなでバイキング形式で食べる! 夜中におしゃべりしていたらKちゃんの手作り肉まんが登場〜! 家族会はいつも豪華メニューで、 お腹も心も満たされます。 夜に雪が降ってきたら、じっとしていられない男子たち。 寝る前にウッドデッキに出てひと遊び。 寒さよりも、それより雪への興味が勝つのも 子どもの特権。 雪遊びの魅力は、雪遊びでしか味わえない。 経験して初めてわかることもいっぱいあるから、 寒そうだから行かない。 興味ないし。。 っていう大人の声を聞くと、もったいないなぁって思っちゃう。 (ウェア着て遊んでると、むしろ暑い!から、私はスキーウェアの中に半袖シャツ着てます) 卒園児たちはリフトに乗って、丸一日スキー滑っていたね。 お部屋を基地にして、遊んだ後は、 みんなで協力して片付けして。 いろんな場面で、 みんなの成長をしみじみした三日間でした。 お父さんたちは、スキーをメンテナンスしてくれたり、ゲレンデで教えてくれたり、男湯の子たちをお世話してくれたり、いつもありがとう〜! さて、今週から通常活動始まります。 そして週末は、雪遊び第二弾。

次の

実家に帰れない方、それでいいですか

てんとうむし てんとうむし 行かないでおくれ

ご覧の通り、雨の中の入園式です 迷いに迷いましたが、テントを張っての入園式でした。 私の手際が悪く、とうちくへ行かれた方がおられました(申し訳ありません)が、とうちくの館長さんが 「てんとうむしさんで、入園式をしますよ」よ、お一人お一人に応対して下さいました。 ありがとうございました。 てんとうむし幼児園初日の、雨の中の入園式でしたのに、みなさんのこの柔らかい表情 私は、いつも、このように保護者の方々に助けられているのだと改めて、感謝しています。 「ああ、楽しかった~」と、子どもたちが笑って「また、明日」と帰って行く毎日でありたいと思います。 11人の子どもたち、保護者の方々、ご家族の皆様、どうぞ、よろしくお願い致します。 新入児の保護者を代表して、ご挨拶を頂きました。 数年前からの、お付き合いがある方です。 今回、てんとうむし幼児園にご縁を作って下さいました。 よろしくお願い致します。 来賓代表の祝辞は、卒園児(姉弟)にお願いしました。 10日に、中学校の入学式があるお姉さん。 私は、現在、年中さんの女の子がちびっこの時に、必ず、手をつないで 一緒に歩いてくれたことを思い出しました。 二人の話を聞きながら、涙していた在園児のお母さんがいらっしゃいました。 堂々とした、年長さんです。 月曜日から、きっと、私たちに力を貸してくれることと思います。 「滅多に着ない服を、着て来た だって、入園式だもん 」と、うれしそうにお話する年長さんたちです。 来賓の桃園小学校の校長先生や、健康が丘の区長さんが「てんとうむしさんらしい、入園式でした 」と、 おっしゃって下さいました。 これから、どんな毎日が待っているでしょう。 ドキドキ・ワクワクします。 宝箱に、どんな宝物が入る事でしょう。 楽しみです。 皆さま、雨の中、本当にありがとうございました.

次の