馬 と 鹿 意味。 質問です。『バカ』は何故 馬 鹿って書くのですか? 教えて下さ…

米津玄師『馬と鹿』歌詞の意味と内容を制作背景をもとに考察【ノーサイドゲーム主題歌】|Moriの音楽ラボ

馬 と 鹿 意味

7月 7日から TBS系列日曜劇場で放送開始した「ノーサイドゲーム」。 主演の(元)エリートサラリーマン・君嶋を演じるのは大泉洋さん。 王道の池井戸潤作品で、しかも 単行本が6月11日に出版されたばかりです。 「半沢直樹」 「ルーズヴェルト・ゲーム」 「下町ロケット」 「陸王」 に続く書下ろしということで、ファンならず とも大きな期待を寄せているドラマです。 そして、これまでの池井戸作品とは 大きく異なる点が主題歌です。 「陸王」までの 日曜劇場シリーズでは 壮大なメインテーマがあり、その曲を聴けばすぐにドラマを連想して思い出すほどの印象を残していました。 「ノーサイドゲーム」主題歌は米津玄師の「馬と鹿」! そんな池井戸潤作品で、 実にインパクトのある楽曲が発表されました。 しかもサプライズで 何の告知もないままに一話の放送中、クライマックスのシーンに合わせて!です。 タイトルが「馬と鹿」。 それまでの番宣で全く触れられていなかった主題歌、しかも米津玄師さんの歌声に驚いた方も多かったことでしょう。 主人公・君嶋は対立する陣営に足を掬われて左遷され、 ルールも知らない素人であるにもかかわらず、実業団ラグビーチーム「アストロズ」の ゼネラルマネージャーに任命されてしまいます。 チームも君嶋も崖っぷちを超えてどん底、まさにそんなシーンに流れたのがこの「馬と鹿」でした。 静かな、まるで 語り掛けるような言葉で始まるその歌は傷ついた者を慰めているような、しかし降りかかる理不尽に静かな怒りを込めているような。 逆境から這い上がろうとする者を 後ろから押し上げてくれるような力強さを感じさせる、そんな響きをもつ歌です。 このままでは終わらない___終わらせられない。 君嶋も、アストロズも、守るものを守り、次に挑む、そんな力強さがじわりと伝わってきます。 初見で観終わった瞬間にふと思い出したのは、池井戸作品ではありませんが、今作のプロデューサーの伊與田英徳氏がかつて手掛けた「小さな巨人」の主題歌「ノンフィクション」(平井堅)。 理不尽に立ち向かう物語の系譜を感じました。 米津玄師さんご自身がこのドラマ初回の放送時、この楽曲について語っています。 TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 一つひとつのシーンが、表情が、緩急取り混ぜてこの 歌詞と旋律にシンクロしていくさまが、しびれるほどに心に刻まれます。 TBSのドラマはこうした手法がとても秀逸で、コンマ 1秒も無駄にしないカット割りがまるで映画のようです。 「馬と鹿」、その意味はまさに、彼らの生き様なのです。 「馬と鹿」に関する Twitterの反応は? めちゃくちゃ米津さんって感じの曲で嬉しい。 ぜひじっくりと味わっていただきたいですね。 まだフルで聞いていないのに、野暮かもしれないけれど… の主題歌として、パズルの最後のピースがピタリとはまるような曲なんだろうな。 現在はまだテレビサイズの尺のみで公開されている「馬と鹿」ですが。 CDは9月11日発売と発表されています。 ダウンロード配信の情報も待ち遠しいですね。 まだ聴いていない部分にはどんな歌詞があり、どんな思いが込められているのか。 ドラマの展開とともに、明らかになっていくだろうその歌の全貌も、とても楽しみです。 「ノーサイド・ゲーム」を見逃した!見逃し配信について それから、ドラマ『 ノーサード・ゲーム』を 見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい!という方に朗報があります! なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。 その間に解約すればお金は一切かかりません。

次の

馬鹿

馬 と 鹿 意味

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 生き足りないと強く ああ 始まるさ 噛み終えたガムの味 噛み切れないままの心で 一つ一つ無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい Wow wow… 何に喩えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 枯葉を揺れば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow wow… これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が消えない 馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームってどんなドラマ? 米津玄師の馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームとはどんなドラマなのでしょうか?Wikipediaにあらすじがありましたので、楽曲を詳しく理解するためにも前提知識として引用します。 トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。 この案件は、結局取締役会で見送られたが、それからおよそ3か月後、君嶋は横浜工場総務部長に左遷させられる。 横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。 アナリストの佐倉多英やキャプテンの岸和田徹の助言を受けながら、新監督は柴門琢磨に決まり、いよいよ新生アストロズが始動し、快進撃を続ける。 そして、君嶋は元上司・脇坂賢治から、見送られたはずのカザマ商事買収案件が復活したことを聞く。 引用: どうやらノーサイドゲームというドラマは企業エンターテイメントドラマのようですね!様々な 困難や逆境に立ち向かっていく様が描かれているのでしょう。 この逆境という言葉。 歌詞の意味を理解する上でかなり重要になりそうです。 なぜなら、米津玄師さんが以下のようなツイートをしているから。 逆境に立ち向かっていくヒーロー的なキャラを音楽で描くのはかなり難しいですが、一体どんな楽曲に仕上がっているのでしょうか。 歌詞の意味をしっかりみていきましょう。 「馬と鹿」とは動物の名前ですが、どういう意味で曲名として使われているのでしょうか? 馬と鹿。 この文字を見ただけで「馬鹿(バカ)」という言葉が頭によぎりますが、なぜ米津玄師は馬鹿を馬と鹿と表現したのでしょう。 考えていてもわからないので、まずは「馬と鹿」を分けて考えてみましょう。 まず、馬という動物から。 馬は昔から 高貴で縁起がいい動物であるとされています。 また、 綺麗 清潔か否かではないほう)というイメージがある動物ですよね。 現代でも競馬など賭け事や牧場の愛されつ動物の一つとして活躍している動物です。 次に鹿という動物。 鹿は、「古事記」に鹿の神「アメノカク(天迦久)」が登場したり、 神の使いとして鹿が使われたりするなど、古くから鹿は 神格化されている動物です。 また、鹿島神宮や春日大社では鹿が神の使いとして丁重に保護されているようです。 また、日本では勝利の象徴として、鹿が用いられていたそうです。 参考:) これらを包括すると、馬と鹿には「 高貴なもの」というイメージがあるわけです。 馬鹿という言葉とは全く真逆なイメージですよね。 つまり、米津玄師さんがあえて「馬と鹿」と曲名にしているということは馬鹿という意味で曲名にしたのではなく、 「高貴」や「大切にされるもの」という意味を込めるために「馬と鹿」という曲名をつけたのでしょう。 解釈 色々なものに傷つけられる春。 そんな痛みがあるにもかかわらず麻酔のようなものはあえて打たない。 自分の心の奥底から「もっと強く生きろ」と声が聞こえる。 噛み終えたガムのように味がないけれど、決してガムが切れないように強い心で前に進む。 一つ一つ着実に無くしてった果てにようやく残ったものが今だから。 米津玄師さんが言っていた通り、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をストレートに表現した歌詞ですね。 歪んで傷だらけという歌詞は、単純に外傷だけではなく、 心の傷も含まれるのだと思います。 この曲の主人公は「今」の環境以外に残っているものはないのかもしれませんね。 だから、たとえ傷だらけでも痛みを感じないように麻酔を打って、痛みを感じないようにしようなんて甘えずに、 今の環境を維持しようとなんとか しがみつきながら前に進んでいるのかもしれません。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 解釈 この感情が愛ではないなら他になんと呼んだらいいのだろうか。 ただ一つだけの大切な人に想いを伝えろよ。 張り裂けるくらい。 ああ、鼻先が触れて、唇が触れて、呼吸が止まる... 痛みは消えないままでいい。 「呼べよ花の名前」という歌詞。 ここは、主人公が感じている「愛」の対象の女性のことを言っているのだと思います。 また、呼吸が止まるという表現。 これは、主人公が想いの女性に告白して、付き合った後 キスをするシーンを表現しているのでしょう。 つまり、後に続く「痛みは消えないままでいい。 」という歌詞の痛みは、 キスの最中に感じているということになります。 では、この「痛み」という歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか。 おそらくですが、先ほど歌われていた傷の痛みではなく、 張り裂けるぐらい好きだったのに想いを伝えられなっかった過去の自分の痛みのことを指しているのだと思います。 過去の無力な自分は消さずに、好きな人とキスという人生で一番幸せな時間を過ごすなんて、きっと主人公は自分を 決して否定しない人物なのでしょうね。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を癒えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow….. 解釈 君と僕は何に例えられるかな。 踵に残る傷が似ている僕が馬で君が鹿だろうか。 雷雲が避けて晴れ間が出るように、君と出会えたことは美しいものだ。 まだ、僕たちの物語は始まったばかりだ。 急いで行こう。 この天気で花が咲く前に。 踵とは「かかと」という意味ですが、馬にも蹄の踵と書いて 蹄踵(ていしょう)と呼ぶ部分があります。 わかりやすい画像がありましたので、引用させていただきます。 この蹄踵(ていしょう)という部分。 馬の第二の心臓と呼ばれるほど大切なものらしいです。 なんでも、蹄踵(ていしょう)が原因で 命を落とす馬がいるほどとか。 曲の冒頭の歌詞で、主人公は心も傷を負っていると解釈しましたが、 その心の傷は死にたくなるほど辛いものだったということを「踵に残る似た傷」という歌詞で表現しているのだと思います。 そんな死にそうな主人公も、大切な「君」と出会うことで、雷雲が避けて晴れ間出るように、心が晴れて言ったのかもしれませんね。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに 花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が綺麗だ 馬鹿臭い.

次の

バカとは?なぜ馬と鹿でバカなのか?馬と鹿は神聖な生き物?

馬 と 鹿 意味

上は第1話の予告動画ですが、「馬と鹿」はこのドラマの為に作られた楽曲であるため、ドラマの理解は楽曲考察に欠かせることができません。 そのため、まずはあらすじを簡単に説明していきます。 大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、意向に沿わない異動を受けてしまいます。 その先に待ち受けていたのは、 ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーへの任命でした。 現在、成績不振な「アストロズ」を再建するという重荷。 出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まるというわけです。 今回、「ノーサイドゲーム」の主題歌となった「馬と鹿」について、米津玄師本人は TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 これを見て頂けると分かるのですが 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が 「馬と鹿」では描かれているのです。 具体的な内容はどのようになっているのでしょうか? さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「馬と鹿」とは 「馬と鹿」という二つの動物が、タイトル名になっていますが、これらは 「馬鹿 バカ 」という言葉を構成する要素になります。 「馬鹿」は、誰もが共通して浮かぶ語で 愚かなこと。 社会の常識に欠けていること。 という意味を持つ言葉。 時には蔑みの念を込めて、時には冗談交じりで私たちの日常で多く使われている言葉です。 ここで更にタイトル解釈を深読みすると なぜ「馬鹿」ではなく「馬と鹿」なのか。 という問題にぶつかります。 率直な「馬鹿」より、見栄えが良いから。 という可能性もあり得るとは思いますが、深い意味を持つ言葉を量産する米津さんのことです。 隠されたメッセージがあるのでは!?と疑ってしまいます。 そのためまずは、 両者の動物が象徴するもの を調査してみました。 まず「馬」に着目にしたところ、 馬は高貴で縁起がいいこと。 を象徴していることが明確になりました。 なぜなら、機械が発達する前は、移動手段として用いられており、たいへん貴重で高価なものだったからです。 だから馬は 「富や権力の象徴」とも言われていました。 次に「鹿」です。 これは文化によって異なりますが ハーモニー、幸福、平和、長寿 といった意味を持つそうです。 どの文化でもプラスイメージの動物でした これらを包括すると 「馬と鹿」は かなりポジティブなイメージ を象徴していることが分かります。 公開された歌詞からは「泥臭さ」のようなものを感じましたが、その中に隠された光や希望があり、だからこそ「馬鹿」ではなく 「馬と鹿」というタイトルになっているのかも知れません。 少なくとも、だた蔑むための意ではないのでしょう。 さらに、楽曲を深追いしていきます。 MVの詳細 スポンサーリンク 歌詞 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない.. 」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷あと 隠して歩いた そのくせ 影をばらまいた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛みしめた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に尋ねることは 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように 微笑むことが うまくできなかった ひとつ ただひとつでいい 守れるだけで それで良かったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも 奪えない魂 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに 花の名前を 「君じゃなきゃ駄目だ」と 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 作詞作曲:米津玄師 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない.. 」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの 作詞作曲:米津玄師 ここでは、米津さんが抱く楽曲の意図。 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が、まさに描かれています。 本来「春」という季節は、出会いや恋を連想させる期待感に溢れた季節であり、キラキラしたものの象徴であるともいえます。 しかし、 歪んで傷だらけの春という言葉を使うことで、逆境の中にあることを演出しているのです。 そして、 麻酔を打たないというのは 感覚を鈍らせないということ。 つまりは、 自分の気持ちに素直に向き合う ことを表現するために使われており、 歌詞の前半部分は たくさんのものを失くして傷だらけになったけど、これくらいで絶望するわけにはいかない。 いっさいのプライドを捨て、自分の心に問いただしてみると「生きたい」と強く訴えていた。 と解釈できます。 とにかく、前進しようとしているのです。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 作詞作曲:米津玄師 ここから先の歌詞は、 「愛」「鼻先が触れる」など、ラブソングのような語法で綴られていきますが、米津さんの制作意図を見る限り、単なる恋愛ソングと受け取るのは間違っていると思います。 おさらいですが、本楽曲「馬と鹿」は、 ラグビーチーム「アストロズ」を再建する という目的を持つ「ノーサイドゲーム」の主題歌として書き下ろされています。 それを踏まえると、ここの部分は チームを想う心 が描かれているのだと思います。 花に一つ一つ名前があり、それぞれの花言葉があるように、チームメンバー1人1人にも名前があって、各々の特徴があります。 呼べよ花の名前を 張り裂けるぐらいに という歌詞は、 チームを応援する君嶋の姿を映しているのではないでしょうか。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに 作詞作曲:米津玄師 歪んで傷だらけの春 と対比するくらい、心が張り裂けそうになっていた主人公でしたが、同じ境遇 似た傷 を持つ仲間のお陰で、 花の咲いていない春という逆境の中でも、進む意思を灯すことが出来たのです。 「春」や「花」という言葉で 「希望」や 「期待感」と、それをひっくり返されたときの 「絶望感」を演出しているのです。 さすが米津さんと言わんばかりのテクニカルな歌詞ですよね。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに 花の名前を 「君じゃなきゃ駄目だ」と 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 作詞作曲:米津玄師 上記のサビと同じですが最後は くだらない世界を肯定する ように締められます。 今回紹介した「馬と鹿」は、流して聴くと、ラブソングのようにも受け取ることが出来ますし、意図を踏まえて聴くと、がむしゃらに這い上がろうとする姿を連想することができます。 1曲で複数の解釈ができるのも、意味深な言葉が散りばめられる米津玄師の楽曲の醍醐味ですよね。 「馬と鹿」は「ノーサイドゲーム」の為に書き下ろされた楽曲!• 逆境の中を進んでいく様が描かれている!• サビがキャッチーで心に響く! 今回の作品もグッときますね~ 米津玄師の作品は毎度毎度、楽曲の顔が変わってくるから本当に飽きがこない。 同じアーティストなのに、それを感じさせない多角的なアプローチがすごい。 ファンを惹きつけてくれますね。 今回も素敵な楽曲をありがとうございます。 時間がある方はこちらの人気記事をどうぞ。

次の