実印 名前。 女性の実印のおすすめは?大きさ・書体・素材がベストな印鑑はコレ!

実印に彫る名前は「縦彫り?」「横彫り?」どちらが理想なのか!?

実印 名前

実印は「縦彫り」が一般的 実印は「縦彫り」が一般的です。 実印として登録できる氏名は「 フルネーム」「 苗字」「 下の名前」の3パターンですが、どのパターンにおいても「縦彫り」で彫っている方が大多数です。 特にフルネームの場合、全体のバランスを考えて必然的に「縦彫り」で彫られることがほとんどです。 「縦彫り」と言っても縦1行に彫られるわけではなく、 右から苗字1行、名前1行の計2行の縦彫りになります。 例えば「徳川家康」という氏名を縦彫りすると、画像のように右に徳川 苗字 、左に家康 名前 という具合に縦に2行彫られることになります。 氏名が3文字だとどうなる? 氏名が漢字3文字の場合、文字全体が枠内に収まるようにデザインされます。 例えば苗字が2文字、名前が1文字だとしたら、名前1文字を縦長にし余分なスペースが空かないように配置されます。 これはフルネームが漢字3文字に関わらず、4文字や5文字などあらゆる字数においても同じです。 人によっては苗字と名前の文字数が異なるため見た目の心配をされている方もいるかと思いますが、実際にはバランスを考えてデザインされます。 「縦長だと不格好・・・」と見た目を気にするのであれば、なら実印っぽくて違和感がありません。 いずれにしろ自分の意図しないデザインで仕上がってくる可能性もありますので、彫ってもらう前に一度デザインは確認した方が良いです。 実際にお店で彫ってもらった結果 これはお店で彫ってもらった実印ですが、文字のデザイン 書体 から向きまで全て職人に任せて彫ってもらいました。 気になる文字の向きはと言うとやはり「縦彫り」で彫られていました。 既製品の印鑑が「縦彫り」であるように、オーダーメイドの実印も職人が文字のバランスを考えて「縦彫り」で彫るのが主流のようです。 今回のように印鑑のプロに全て任すのも良いですし、融通の利くひとであればこちらの要望にも応えてくれるでしょう。 印鑑店によっては文字の向きを指定できたり、できなかったりするのでその辺りは事前に確認しておいた方がよいかと思います。 「横彫り」も実印として使える 「横彫り」でも実印として登録することができます。 住民登録されている氏名 フルネーム・苗字・下の名前 であれば、「横彫り」でも実印として登録することができます。 「苗字」や「下の名前」であれば文字数が少ないため「横彫り」でもバランスよく収まります。 ただフルネームの場合だと文字数が多いため、1段目に苗字、2段目に名前と横彫りの2段にデザインされます。 これではパッと見なんて彫られているか分かりずらいのも事実です。 実際フルネームの「横彫り」を使っている方なんて滅多に見かけませんよね。 それだけフルネームの「横彫り」は珍しいということです。 世間一般的には「縦彫り」が主流ですが「横彫り」でも問題ありません。 「横彫り」は右から左へ読む 印鑑業界では捺印された文字は右から左へ読むことが一般的とされています。 例えば「田中」と捺印された文字は現代風 左から右 に読むと「タナカ」ですが、先の読み方 右から左へ に当てはめると「ナカタ」とも読むことができます。 「横彫り」にすると同じ漢字であるにも関わらず、人によっては読み方が異なるため混乱を招いてしまうことも多々あるようです。 こうした煩 わずら わしさから注文した実印の「漢字が間違っている」などのクレームも実際にあるようです。 文字の読みやすさで言ったら上から下へ読む「縦彫り」の方がシンプルで分かりやすいのは確かです。 店舗によって「左から右へ」や「右から左へ」などの文字の向きも指定できるようですので、事前に確認しておくことをおすすめします。 女性は「横彫り」が良いと聞くが・・・。 「女性の方は横彫りのほうが運気が上がる」といった意見も聞きます。 これら意見には賛否両論あり、 開運の観点から「横彫り」を押してくる所もあれば、「何の根拠もない」と真っ向から否定している所も存在します。 これでは何が正しくて何が正しくないのか分かりませんよね。 ひとつアドバイスするとしたら本人次第ということです。 縁起を気にする方であれば積極的に取り入れるのも良いですし、まったく興味がないのであれば取り入れるべきではないでしょう。 また「シンプルに横彫りの方がデザインが好き」であれば、横彫りにするのも多いにアリだと思います。 最終的には本人の好みで決めて問題ないかと思います。 実印は「一生モノ」と言われるように何回も買い替えるものではありません。 だったら始めから自分が納得する形で購入するのが1番ではないでしょうか。 今回のおさらい.

次の

個人実印の印影プレビュー

実印 名前

自分自身の夢や 家族の幸せ 大きな決意。 どんな想いを込めますか? その「想い」はきっとあなたの人生の一歩をあと押ししてくれることでしょう。 小林大伸堂の 開運印鑑の特徴 小林大伸堂の実印は、お一人お一人 お名前の画数を拝見して画数を吉数に整え、「想い」をうかがいながら彫刻士が一本一本おつくりいたします。 吉相体(きっそうたい)と呼ばれる書体をもとに 八方位の8つの運気 から、特にご希望の運気を強めた印影(いんえい:印鑑の文字デザイン)でお仕立ていたします。 「家族仲良くいられますように」「心も身体も健康でいられますように」「愛情に満ちた人生を」… そんな人生への願いや想いがあなたの名前に込められた、自分だけの印影デザインでお仕立て。 「美しく咲く花のように…」という美咲さんのお名前に込められた願い、そして「幸せな人生を」という想いを、印鑑の文字に込めて刻みます。 女性用実印の 文字の彫り方 女性の実印は、「名前のみ」横書きで作りましょう。 「美咲さん」のお名前のみの実印。 Q.既婚女性も「名前だけ」? A.既婚女性はもう苗字が変わることはないでしょうが、フルネームの実印は「一家を背負って立つ」との意味があることから、既婚女性も「名前」でお作りになることをおすすめします。 ただ、女性の方でもご自身が一家の長の立場でいらっしゃるならば、フルネームでお作りいただくこともございます。 Q.商売をしているので、名前の実印はちょっと。。。。 A.女性の方でも、社会的な肩書きがある方やお商売のオーナーをされている場合は、フルネームの実印をお選びになります。 特に実印は、重要な契約や書類に用いる印鑑なので、ご自身の社会的立場を考慮してお作りいただくとよいですね。 彫る方向は「横書き」で お名前を彫刻する場合、縦書きよりも 横書きがバランス良く美しくデザインできます。 また、横の配置は「安定」や「守護」を意味するとされ、「成長・発展・繁栄」を意味する縦書きの男性用実印と対(つい)となって、家庭を守るとされています。 印相体(吉相体)は印鑑のための書体なのです。 女性らしいやわらかい書体がお好みの方は、「もご参考くださいませ。 (=判読性が低い) この読みにくさ、が大切で、複雑な書体であればあるほど、偽造されにくいというメリットがあるのです。 実印は、最も重要な印鑑なので、簡単に複製されたり偽造されないことが求められます。 また他の書体と違って、オリジナル性を出せるのも特徴です。 彫刻士の意匠を反映できるためあなただけの印影(いんえい=印鑑の文字のデザインのこと)を作って貰うことができます。 枠との接点が多いので、その分枠が欠けにくいメリットがあるのですね。 印鑑が欠けてしまうのはほとんどが「枠」の欠けです。 しかし、実印の場合、文字部分が大丈夫でも枠が欠けてしまうとそれだけで実印としての効力を失ってしまい、新しく実印を作り直し+印鑑登録をし直し しなくてはいけなくなってしまいます。 そのことから、欠けにくい印相体は実印向き、と言えるのです。 そして、印鑑の丸い枠の中に文字がぎゅっと詰まってデザインされた文字であることが一つ。 日本人の心情として、大切な物や大切な節目や場面で縁起を大切にしたい、という伝統や風習から培われた書体なのですね。 人生の節目や大きなライフイベントでこそ出番がある 重要な役割を果たす実印だから。 女性の印鑑でしたら、こんな書体もおすすめです 小林大伸堂の書体は通常、運気や画数を取り込んだ「吉相体」にておつくりしておりますが、やわらかい曲線で描く「こころ書体」でもおつくりすることができます。 とは、たおやかにしなやかに幸せを願って名前をしるす 女性のための書体です。 女性用実印のおすすめサイズ 三本の印鑑の中で最も大切な印鑑、ということで認印・銀行印と比べると一番大きいものとなります。 女性用実印のサイズは、おおむね 15mmか 13. 5mmが一般的なサイズです。 縁起良くしっかりサイズなら 15mm、控え目サイズなら 13.5mm もしくはとお考えください。 では、15㎜と13.5㎜、どちらを選べば良いでしょう? 人生の ここぞ!という大切な場面で必要になる実印だから。 大切な書類でこそ出番がある実印ですので、大き目サイズだと堂々として見えますね。 お名前が一文字の方なら、小さめの13.5mmの方が文字とのバランスが良いですね。 お名前が二文字の方なら、13.5mmでも15mmでも。 お名前が三文字以上の方なら、13.5mmでも大丈夫ですが画数が多くて文字が詰まり気味かな?と感じられる場合は15mmがバランスが良いでしょう。 女性の実印は「お名前ヨコ書き」が吉。 横書きの場合は、右から左に読めるように彫刻いたします。 また、敢えてフルネームで実印を作られるなら、15mm以上がおすすめです。 経営者の方でしたら男性同様に16.5mmの大き目サイズを敢えてお選びいただいても良いでしょう。 縁起担ぎかもしれませんが、男性よりも女性の印鑑は小さめの方がバランスが良いとされているからです。 ご主人の実印が15mmでしたら控え目な13.5mmを選ぶと良いですね。 このように、しっかりめの15mmサイズを選ぶか、控え目な13.5mmを選ぶかは、いろいろな条件を考慮してお選びください。 15mmも13.5mmも、女性用実印として多くの方が一般的に使っていらっしゃるサイズですので、どちらのサイズでも安心してお選びいただけますよ。 ひらがなのお名前、画数の多い少ないなどでも印象は変わりますが、彫刻士がバランスよくデザインいたしますのでお好みでお選び下さいませ。 印鑑のサイズについては、 でも詳しく説明しておりますのでご参考ください。 優しいピンクのローズクォーツは、和名では「紅水晶」と呼ばれます。 桜柄の和風ケースで楽しむのも素敵ですね。 実印を作るならどんな 印材が良いのでしょう? 印鑑の素材って、たくさんあって迷ってしまいますね。 好みや予算のことももちろんありますが、ポイントとしては、 一つは「実印を作ろう」と思ったきっかけ、 二つ目は「一生のおつきあい」、この2つを考慮して選ぶことです。 相反しているようですが、 実印は必要となったきっかけや人生の節目に向かい合うからこそ作ろうと思う物です。 例えば、「初めて自分の自動車を購入しよう!」というきっかけや、「結婚して苗字が変わる。 新しい人生のスタートの時」という大切な節目だったりしますね。 その時の決意や未来への希望の気持ちを大切にしていただきたいのです。 そして、印鑑、とくに 実印は正に「一生もの」のお買物です。 今後の社会生活において重要な契約や書類に必要となり、歳をとってからも出番があるかもしれない大切な印鑑です。 このことから、「大切な人生のタイミング」で作る「一生使うもの」と考えて、 長く愛用できる自分に合った素材を選んでいただければ、と思うのです。 女性の実印におすすめ! 女性らしい雰囲気で選びたいな、という方には伝統印材の がおすすめです。 上品で艶やかな飴色のボディは、長く愛用できる落ち着きのある佇まい。 「芯持ち」と呼ばれる希少部位は、丈夫で「成長」や「発展」の力を持つとも言われています。 木、ならではの手触りの良さと押し心地の柔らかさにファンも多い柘植印鑑。 ナチュラル派の方に。 実印は、「あなた自身の名前を刻み」「あなただけが使う」もの。 お好みに合わせて、自分が好きだなと思う印材をぜひお選びください。 それでもやっぱりどの素材が良いのか決めかねる。。 という場合は、 と呼ばれるあなたの生まれ星から選ぶという方法もありますよ。 詳しくは をご覧ください。 5.女性が実印を作る タイミングはいつ? 実際に実印が必要となるのはどんな時でしょうか?• 自動車の売買をする• 不動産を購入する• ローン契約をする• 遺産相続をする• 起業して会社を登記する などが挙げられます。 多くの方は、例えば初めての自動車購入!と言う場面で、「実印と印鑑証明書をご用意しておいてくださいね~」とディーラーさんに言われて初めて「実印!??ナニソレ??・・・実印急いで作らなきゃ!!」と、必要になってから実印を作られることが多いようです。 また、遺産相続など急遽必要になってしまって…というお声もよく伺います。 もちろん、「必要になってから作る」のも合理的で間違いではありません。 けれど、時間がなくて納得のいかない実印で間に合わせてしまった、という失敗談もよく伺います。 重要な契約で必要となる印鑑だからこそ、前もって用意しておくこともひとつのたしなみかもしれませんね。 苗字が変わり、パートナーと一緒に新しい家庭を築く上で、女性にとっては新しい扉を開く時。 新しい人生のスタートの節目に実印をあつらえておけば、結婚後も安心ですね。 名をしるす実印だからこそ。 それは 「私が私であるしるし」です。 6.実印の 条件を知っておこう 実印は、実は様々な決まりごとがあり、条件を満たさない印鑑は「実印として認めてもらえ」ません。 (それだけ重要な印鑑、ということでもあります。 ) 詳しくは、 も併せてご覧くださいませ。 印影の大きさが一辺8mmの正方形に収まるもの(=小さすぎる)、または25mmの正方形に収まらないもの(=大きすぎ)。 住民票に記載されている氏名や、外国人登録原票に記載されている氏名、氏、名、または氏名の一部を組み合わせた以外のもの。 (本名以外はダメ、)• 欠けたもの、擦り減ったもの。 大量生産された既製品(=三文判は不可)やゴム印。 成人や就職、結婚、不動産の購入など、人生の大切な場面で必要となる実印だから。。。 女性の実印作成のポイント まとめ 1.文字の彫り方:名前のみ横書き(右から左に読めるように) 2.書体:縁起の良い印相体 3.サイズ:15mmか13.5mm 4.印材:お好みに合わせて 5.タイミング:社会人として今後必要となる前に、結婚や成人式など人生の節目に 大切な実印の作成、お問合せ・ご相談 うけたまわります。 馴染みのない実印作りで疑問や不安も多いかと思われます。 少しでも参考になりましたでしょうか?それでも分からない心配だ、ということがおありでしたら、お気軽に専門家である印章店にお問合せください。 プロと相談することで納得・安心して実印選びを進めていただけます。 お名前に込めたい願いもどうぞお聞かせくださいませ。 フォーム内のコメント欄に「実印作成の相談」の旨ご記入の上、お問合せ内容をご入力くださいませ。 メールにてお返事させていただきます。 お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メール :メール: ななどもでうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せくださいませ。 オンラインショップのご紹介 伝統的な和風印材にて彫刻士が手仕上げする。 パワーストーン宝石印鑑に あなたの想いを込める 宝石印鑑の。 新生活にどんな印鑑が必要?おすすめは?印材選びに迷ってしまって。。。 実は画数が気になるんです。。。 そんなご質問やご相談も、どうぞお気軽にお問合せ下さい。 人生や幸せな日々の「あと押し」となる、そんなかけがえのない あなたのための「しるし」となりますよう お手伝いいたします。

次の

実印とは|知っておいて損はない!【はんこ豆事典】

実印 名前

「実印を注文したいけど、作り方がわからない」 「苗字だけ入れるのが正解なの?」 実印を作る際にこのように悩むことがあるかもしれません。 なんと印鑑は紀元前メソポタミアの時代から存在しており、シルクロードに乗ってアジアにその文化が伝わりました。 日本で印鑑の役割が明確化されたのは明治初期、およそ150年前です。 そのため実印には当時の名残があり、男女や立場によってデザインや作り方が異なります。 今回は実印の作り方を書体や名前の入れ方に注目して、実印作りについて解説していきます。 しかし、実はあれは実印ではありません。 実印は印鑑の中でも最も法的効力がある印鑑で、「私が自分の意思で決定しました」という証明にをするものです。 そんなに重大な意思決定を日常的にする人は少ないはずなので、滅多に使われることがありません。 例えば、遺産相続、車の売買、保険金を受け取る時、そして起業するときなど重要なライフイベントに際して使うのが実印です。 実印は、15歳から作ることができるので、高校や大学の進学祝い、就職祝いなどでお子様へプレゼントされるのも良いかもしれませんね。 実印は非常に重要な印鑑なので、市販の大量販売の印鑑を使わずに、きちんと注文したものにするのがおすすめです。 また作った後は、偽造や盗難にあわないようにパスポートや通帳などと同様に大切に保管してください。 一般的に私たちがよく目にするのは楷書体です。 しかし楷書体や少しそれを崩した行書体で実印を作ってしまうのは危険です。 なぜなら、それらの書体は読みやすく偽造されてしまう可能性があるからです。 また、書体によって見た人に与える印象も違うので、こだわってみても良いのではないでしょうか。 男性と女性とでおすすめは異なりますので、それぞれをご紹介します。 ・男性 男性には「篆書体」「印相体」がおすすめです。 篆書体は、私たちが普段から使っているお札にも使われている書体です。 なんと書いているのか分かりにくい書き方なので、防犯効果もあります。 もう一つのおすすめである印相体は、縁起の良い書体であると言われています。 八方向に文字が伸びており、大きく広がっていく繁栄のイメージが湧きますよね。 ・女性 女性の場合は「細篆書体」がおすすめです。 細篆書体は篆書体の線を細くしたもので、篆書体と比べるとすらりとしたおしとやかな印象を与えることができます。 この書体は、別名「太枠篆書体」とも呼ばれていて、枠が太いため文字が欠けにくいのが特徴です。 長く持つ実印を作りたい方は、欠けにくい書体を選ぶことも重要です。 一度文字が欠けてしまうと、もう一度印鑑を作り直して再登録し、それまでに使っていた印を破棄しなければなりません。 自分にあった書体を選んでみてはどうでしょうか。 しかし、これは決まりではなく、名前だけにするメリットとフルネームで作るメリットをご紹介します。 ・女性が名前だけにするメリット 1. 苗字が変わっても大丈夫 当たり前ですが女性は結婚や離婚で苗字が変わることがあります。 作り直すとなると、別の印鑑を作成・再登録・前の実印の破棄といった面倒が生じるため、最初から名前だけで作っておく方が多いです。 「後家相」を避ける フルネームの実印は一家の長が持つものとされていたので、女性は下の名前のみの実印を持つのが普通でした。 そのため、女性がフルネームの実印を持つと、家庭内の男性と衝突し、家庭に良くない災いが訪れる、いわゆる「後家相」が現れると言われています。 ・男女ともにフルネームにするメリット 1. 偽造されにくい 苗字よりも画数が多くなり、そのぶん複雑な印面になるため、偽装されて悪用される可能性が低くなるでしょう。 男女平等社会への適応 上記で後家相のことについて話ししましたが、今となっては、男女平等を意識される方が増え、女性の方でもお好みでフルネームを入れても問題は無いと言えます。 会社を持たれる方は特にフルネームでの実印が必要となるでしょう。 女性だから名前だけ、男性だからフルネーム、と決めてしまわずに、それぞれのメリットを理解して、自分の立場や考え方が反映されている名入れをしましょう。 以上、実印作りにおける、おすすめの書体や氏名の入れ方についてご紹介しました。 手に収まる小さなアイテムですが、持ち主の性別や立場・考え方が一本に反映されていることがお分りいただけたかと思います。 実印の相場は1万円ぐらいです。 せっかく作るのであれば、よく考えて、こだわりの一本を作ってみてはいかがでしょうか。 印鑑の知識• 大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。。 但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。 文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。 そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。 実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。 読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。 大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。 印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

次の