ショウエイ グラム スター。 ボバーTFC用ヘルメットを買う

SHOEI The Glamsterの情報を入手。特徴の解説とラインナップ情報。

ショウエイ グラム スター

バイク用ヘルメットに関してはいつも悩みの種になる。 バイクの場合ヘルメットは常に被らなければ駄目だし、安全性はもとより、常に被っている為 、かぶり心地や視界、デザイン等が重要になってくる。 安全性はクリアした上で、兎にも角にもかぶり心地にデザインである。 私の場合、この3つの基準をクリアしなければならない。 まあ誰でも同じだろうが、デザインは結構妥協する場合もあるし、安全性も微妙だったりする。 そんなわけで、バイク用ヘルメットは,バイクを買うたびにあれこれ購入して、なんだか気がつけば無駄に凄いことになってしまっているのだが、探してみても、私のラインアップでは、 スペシャルなトライアンフボバーTFCに似合うヘルメットがない事が気になっていた。 ボバーに似合うヘルメットって考えると、やっぱりジェット型半キャップでゴーグルが似合いそうなんだけど、ゴーグルは顔が痒くなるので、難しいし、飛び石や安全性も心配だ。 かといってジェットヘルメットもいいが、視界も広くて安全性も確保されてるし悪くはないのだが、なんだかピンとこない。 かといってフルフェイスは安全性はいいが視界も狭いし、スポーツ感満載でこれも又微妙である。 合成してみた フルフェイスとジェットヘルメット どちらも色が大事 最後は微妙かもだ。 先に書いた、安全性、かぶり心地、デザインが重要な要素としたが、安全性に関しては、スネル規格 JIS規格 PSC認証 SGマーク MFJ認証等がある。 この中でも重要なのは PSC SGマークである。 これらがないともし事故になって、頭の障害などが発生した場合、保証の対象にならないことがあるからだ。 先ず絶対条件として、ここはクリアしていなければならい。 よく通販サイトで販売している物の中には、これら規格を取得してない物もあるから要注意だ。 その他、JIS規格 スネル規格 ECE22-05規格 MFJ公認などがあるが、ヘルメットの性能の一定の評価になるので、こちらも重要である。 特にレースに出る場合はMFJ公認でないとレースに出れないので、レースに出る場合は必須である。 これら全部の規格を通っていれば、性能的には一定以上の水準を満たしており、オートバイヘルメットとして、安心して被ることができる。 しかしながら、日本で購入する場合全てを持っているのはショウエイ 及び、アライの一部のヘルメットだけではないだろうか? JIS規格 スネル規格 ECE22-05規格 MFJ公認は中身的には微妙に被っており、SGも然りである。 そしてかぶり心地、これに関しては主観だが個人的的にアライのかぶり心地は良く、同じくSUOMY 、OGK そして、AGV X-LITEという順番で、最後に大きく外れてフィッテイングしてもショウエイはこめかみが痛くなりどうも頭に合わない。 特に頭が大きいわけではないけれど、ショウエイは合わないの悲しい。 最近はインカムの取り付けもあり、それも含めてのかぶり心地を考えると、国産メーカが良いと思う。 特にショウエイはこの辺が進んでいるが合わない。 かぶり心地に関しては、 快適性もあるが、視界も重要である。 やはりバイクの楽しさはオープンエア感の開放感だ、物によっては視界が狭く圧迫感もあるし、何しろ、スーパースポーツだと前傾で信号も見えないので危険だ。 特に視界は大事だと思う。 更に忘れてはならないのは、 風切り音。 外の音も聞こえないといけないし、風切り音は極力下げたいから、この相反する項目を満たすとなるとなかなか難しい。 更にはベンチレーションも良くないと夏は暑いし、冬は寒いし、バイザーは曇ってしまう。 ヘルメットに要求する仕様はとにかく沢山あって、難しい事だらけだ。 まだまだある。 重さを忘れてはならない。 フィッティングが同じなら軽い方が絶対にいいし、軽さはテクノロジーの証でもあるから大事だ。 参考に持ってるフルフェイスヘルメットの重さ。 望外に高い AGV PISTA GP misano 限定• AGV PISTA GP ミサノ フルカーボン 1390g• SUOMY SPEC 1R 1420g• ノーラン Xライト 1355g• シューベルトS1カーボン 1380g• OGK カーボンコンポジット フルフェイス 限定品 1430g• アライ TX モタード VXD 1530g• アライ シグネットRR4 1450g 大体の1500グラム前後だ。 海外勢は軽い傾向にある。 ちなみにショウエイはもれなく重い!重さ的には1500グラム前後が及第点でそれ以上はちと重く感じる。 ここで悩ましいのは最後のデザインだ!日本のメーカは気に入ったデザインがなく、バイク同様性能は良いけど、垢抜けしないのが殆どなのが実情だ。 特にカーボンマテリアルやグラフィックは大の苦手で、カーボンも特殊なのを除いて無いし、グラフィックはほぼ壊滅。 レプリカは派手。 なので無地オンリーなら日本製が良い気がする。 しかし 無地は色気がない。 それでもアライのラパイドNEROやショウエイグラムスターなどは、フルフェイスでもハーレーなどレトロっぽいバイクに合うデザインもラインナップに加えてきており、旧車ブームやアメリカンタイプのバイクを意識している感じがするが決め手がない。 なので、こだわりが多い私の場合、無地は無いよな。 とかカーボンだよな。 なんて思ってしって、なかなか良いのが見つからない。 ジェットでもするかな?グラムスターにするかなとは思ってはみたが、ジェットに心揺さぶるものはないし、グラムスターは無地だし、まだまだ日本では販売されない。 そこでエトスで見つけたのがこれ!先月末やっと再入荷したもの。 今回が最後かもしれない。 レアヘルメットだ。 デザインは少し派手かもしれないが、美しい! suomy 何と言ってもカーボンで軽いはず!(1480グラムだった) 実績のあるsuomyのジャパンフィット。 デザインだってなんだか速そうじゃないし、カーボンにしては安くて、おしゃれな感じがする。 ブリテッシュバイクには速度感が無いデザインが合ってると思う。 安全性はバッチリで、レースにも使える。 最高峰レースモトGPのトップ選手にも採用されているメーカというのも重要だ!日本台湾という微妙な限定はきになるけど、ある意味消去法で、最近ヘルメット買ってないし。 これをポチッとしてしまった訳です。 実際マッチングがどうなるか怖いけど、ちょっと楽しみな気がする。 失敗かもしれない。 こういうのも新しくて有りだな。 何と言っても誰とも被らない気がする。 被り物だけど被らないなんて、おしゃれじゃないか!! でもジェットも用意しよう。 何しろジェットの開放感はこの上なくいいのだから。 結局使うのは無難な無地のジェットかもしれないが、ヘルメットは存在感が強いしファッションポイントでも有る。 アパレル含めてコーディネートして楽しめるし、ヘルメットは落としたりしなければ、かなり長く使える物だから持っておいてTPOで使い分けも楽しいし買っておいても無駄にはならないだろう。

次の

ボバーTFC用ヘルメットを買う

ショウエイ グラム スター

勝ちが約束されたヘルメット!? こんにちは、のぶです( SHOEIからめちゃくちゃカッコイイフルフェイスヘルメットが発表されました。 これZ900RSにはドンピシャでしょ.... バチクソかっこいいです。 EX-ZEROと同じでネオクラシックスタイルのフルフェイスヘルメットです。 名前は Glamster グラムスター! これは絶対日本でも流行る! EX-ZEROみたいに最初は品薄になるでしょうかね? 大人気で買えなかったですもん! かっこいいバイクライフスタイルのための最高のフルフェイスですね。 個人的に感じたのはBELL BULLITTなどと同じ感じでしょうか。 ラパイドネオと似たようなテイストで作られているでしょうが、どことなくこっちの方がスタイリッシュではありません?あちらも素晴らしいヘルメットですが、こちらの方が人気が出そうです。 それもSHOEIのジャパンクオリティで体現したというところがセールスポイントでしょう。 BELL BULLITTは国内では正規販売しておりませんし、海外でもネームバリューのあるSHOEIのネオクラシックヘルメットということで早速注目を集めているようです。 本当にクールです。 かなり考え抜かれたフォルム。 やはりシェルの大きさは意識してそう。 絶対Z900RSに似合うよ。 カラーラインアップ ソリッドカラーは4色 グラフィックモデルは3色です。 Resurrection(リザレクション)というグラフィック名のようです。 「復活」という意味ですね。 おでこのマークも 旧ロゴマークを使っているので、復刻のようなものですね^^ ブルー綺麗ですねーかなりカッコイイ。 XSR900のブルーなんてめちゃくちゃ合うんじゃないかな。 でも、買うならブラックベースの リザレクションか パサルトグレーかな.... EX-ZEROでマットブラックは持っているので、単色ブラックはもういいかなと。 Z6もマットブラックですし... 気になるスペック・内容は? 内容は通常のSHOEIモデルと変わらなそうですね。 AIMシェル• EPSライナー• Sインナー• 専用バイザー• あごとおでこのベンチレーション• ピンロックシート装備可能• Dリング式あごベルト• 3サイズのシェル こんな感じですね。 専用バイザーの両サイドの機構部の装飾はBELLブリットを意識している気がします。 顎のダクトが開閉可能か気になりますね。 冬に大開口の EX-ZEROを使うのは厳しいので、冬や花粉の時期用に欲しいです。 バイザーは通常のフルフェイスより大きい気がします。 ブリットと同じように開放感あるフルフェイスになっていそうです。 そこまででもないのかな? ブリットよりは狭いけど、通常の フルフェイスよりは広そうにみえるぞ! ベンチレーションは前頭部と顎から入り、首の部分から抜けるようです。 オーソドックスですね。 前頭部は開閉可能ですね。 顎も開閉可能ならいいな~ まあ、SHOEIなので基本的な性能や安全性は問題ないと思います。 質感もいいですしね👍 気になる値段と日本発売は? 値段と時期が気になるところですね。 恐らく日本ではバイクシーズンのはじまる関係で、3月から4月ではないかと個人的に予想していますw そのぐらいだと嬉しいなー絶対買うよ俺は! 価格ですが、 ヨーロッパの通販サイトではすでに価格が出ていました! 正式な価格かはわかりませんが、 449ユーロと表記! 日本円に換算すると 54,000円ですね。 そのサイトではEX-ZEROが 399ユーロで売っているようです。 これは日本円換算だと 48,000円 EX-ZEROよりは高い価格ということは間違いないと思います! 日本のEX-ZEROの定価が38,000円ということを考えると.... 当サイトでは 45,000円から~53,000円と予想します!! SHOEIのZ-7と同じ価格帯ではないかなと。 まとめ いかがでしょうか?めっちゃかっこいいし僕は絶対買う!(何度目だ) SHOEIありがとう!MOTO3買うの延期だな~ 笑 バイクだけでなくヘルメットや装備、バッグなどもネオクラシックがとても流行っていますね。 この人気は当分は続くでしょう。 また、カフェレーサーやハーレーなどのクルーザーにも似合うヘルメットだと思います。

次の

SHOEI Glamster(グラムスター)の日本発売はいつだ⁉【ネオクラにぴったりのフルフェイスヘルメット】

ショウエイ グラム スター

ショウエイのオフィシャルショールーム「SHOEI Gallery TOKYO」(東京都千代田区)がオープンした。 1階に展示室、2階に展示・販売スペースを持つこの店舗では、全ての現行販売商品を見ることが出来る。 このほか、修理対応やオリジナルグッズの販売も行っているので、興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。 SHOEI Gallery TOKYO オープンのお知らせ SHOEI オフィシャルのショールーム「SHOEI Gallery TOKYO」 が3月16日(月)13:00にオープン! 2フロアからなるショールームの1階は、SHOEI 契約ライダーの本人用ヘルメットや写真等を展示。 2階は SHOEI 製品の展示・ 販売スペースとなっており、現行ラインナップ品で発売中の製品を展示します。 また、内装調整サービス「SHOEI Personal Fitting System」を常時実施(お持ち込みの方は有料・要予約)しており、メーカーオフィシャルならではの体験ができるショールームです。 shoei. html)よりご確認ください。 また、ご予約が必要です。 ご希望日の前日、SHOEI Gallery TOKYO 営業時間終了までにご予約ください。 SHOEI Gallery TOKYO の公式 Facebook ページ( shoeigallerytokyo)、「予約する」ボタンよりご予約いただけます。 ・オリジナルグッズ/SHOEI Gallery TOKYO オリジナルの T シャツやキーホルダー、マグカップ等を販売。 他では買えない SHOEI Gallery TOKYO 限定品です。

次の