テスラ 株価 チャート。 【米国株】テスラ(Tesla:TSLA)の銘柄分析

米国株テスラ(Tesla)はどこまで成長するのか?今後の業績と株価の予想・見通し

テスラ 株価 チャート

テスラ(Tesla Inc. )はイーロンマスクが数名のエンジニアとともに設立したベンチャー企業です。 テスラは2008年にスポーツカー「ロードスター」を発売。 2012年には2車種目の高級セダン「モデルS」を投入。 15年9月にはSUV「モデルX」の納車を米国で開始しました(17年7月に普及版のモデル3を発売)。 現在では、モデルSやモデルXに加え、2017年に発売された「モデル3」が量産体制を確立しており、今後、コンパクトSUVのモデルYが20年内に量産開始されます。 自動運転に関しては、18年に事故が起きましたが、豊富な走行実験をペースに技術開発を進めています。 全体的には、発電事業は縮小し、EVに力を入れています。 住宅用太陽光発電事業を縮小します。 18年第1四半期の発電量は76メガワットしかなく、2年前の水準(約200メガワット)を大きく下回ったからです。 米フリーモントに次ぐ第二の工場となる)。 EVの最大市場である中国では、18年中にEVに関する外資の出資規制廃止という好機が来ているからです。 中国上海工場は1年足らずで整備し、19年12月に生産開始にこぎつけました。 今後は独ベルリン工場の建設が見込まれています。 20年1月には、米フリーモント工場で廉価版SUV「モデルY」を生産開始。 今後、「サイバートラック」(電動ピックアップトラック)や「テスラ・セミ」(電動トラック)などの新製品が順次、市場に投入される予定です。 5 959. 1 418. 9 311. 7 213. 8 222. 9 33. 8 28. 9 26. 5 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通常、売上高>営業CF>純利益となる。 営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。 1 -2. 53 14. 4 -3. 69 16. 0 -0. 62 6. 8 -2. 36 15. 7 -6. 93 17. 5 -4. 68 17. 9 -11. 83 15. 2 -5. 72 12. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。 3 -118. 0 1. 4 -227. 2 0. 2 -18. 7 1. 1 -37. 3 1. 8 -88. 8 0. 4 -23. 1 1. 6 -43. 6 0. 3 -21. 3 0. こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の

Tesla【TSLA】銘柄情報

テスラ 株価 チャート

SP500を大きく上回り、急上昇するテスラ株 無名の小型株ではこうした上昇はまれにありますが、比較的規模が大きな有名企業でこれほどの株価の急上昇が起こる機会はなかなかありません。 相場に乗るのが上手い人は、既にテスラ株の上昇気流に乗っていると思いますが、「乗り遅れた」と既に諦めている人、「そもそもこうした上昇相場はバブルだから、いつかはじける」と思っている人も、買わなくてもテスラ株を眺めるのは勉強になると思っています。 」、「売るとしたら、そのタイミングは今か」、「なぜそのような判断をするのか」を考える練習になるからです。 この記事のポイント• テスラ株は投資しなくても、「上昇相場に乗るべきか」「テスラ株を保有していたとしたら、今売却するべきか」を考えながら、見てみると面白い。 テスラ株で上手く予想できなかった場合でも「今の自分は上昇相場に乗る投資は向いていない」ことがわかれば、大事な投資資金が守れる。 すでに趣旨は「この記事のポイント」に書いてしまったので、補足の説明をいくつかしておきます。 テスラの株価を見る観点 どんな観点でテスラ株を眺めるかですが、例えば以下のものが挙げられます。 「今から、上昇相場に乗るべきか」• 「テスラ株はバブル崩壊は起こるかどうか。 なぜそう思うのか。 「既にテスラ株を保有していた場合、今売るべきかどうか。 その理由は何か。 「株価が急落するとしたら、いつ頃か。 」 株価のチャートを眺めて線を引いて見たり、株価上昇率の変化を調べてみたり、空売り比率を調べたりするのも良いかも知れません。 もしくはテスラ株の適正価格を自分で算出したり、やり方は何でもありです。 こうして予想が外れてしまっても、実際にテスラ株を買っていない以上、損失はゼロなので全然問題ありません。 「今の自分には短期的な相場を当てるのは難しい」と知れば、次にテスラのような急上昇する株が現れても、無理に投資せずに大事な資産が守れます。 私もこうした予想はほとんど当たらないので、「(少なくとも今の)自分には短期的な相場の予想は無理だな」と理解しています。 このブログでチャートに線を書いた図や、予想株価がまったく載っていないのは、自分にそういうセンスがないことを知っているためです。 そもそもテスラ株は購入候補にならないのか 最後に、テスラ株を買わない前提で話をしてるけど、価格さえ低ければテスラ株は買う対象になるのかについて補足します。 あくまで個人的な意見ですが、今のところテスラは購入候補にはしていません。 テスラが取り組んでいるのは電気自動車・バッテリーと少々の自動運転ですが、自動運転技術はかなり他社に遅れている上に、電気自動車やバッテリーで業界の競争が激しくなった場合に、それでもユーザがテスラを選ぶ理由(優位性)がまだ見えていません。 たしかにテスラ車は「デザインがかっこいい」とよく言われますが、価格(利益)を押し上げるほどのデザインやブランドかどうかも少し疑問です。 例えば、フェラーリでは、モデルによっては中古のほうが「ビンテージ」「クラシックカー」として価格が上がるほど、一部のユーザに圧倒的に支持されるデザインを誇っています。 フェラーリのようにデザイン性とブランドのおかげで、ライバル企業が参入しても高い価格を維持できる様子を「経済的な濠がある」と言い、濠があれば長期的に利益が安定して株が上昇する傾向がありますが、テスラに濠があるかはまだわかりません。 最後はやや話は脱線しましたが、この記事ではテスラ株が急上昇していること、さらにこれだけの大きな企業で株が急上昇するのは珍しいので、自分だったら上昇相場でどのような投資をするかシミュレーションすると勉強になるというお話をしました。 あ、私のテスラ株の予想を聞きたいですか?残念ながら、既に予想を外しているので、そんなものは載せられません。 今度どんな動きをするのかを楽しみに、投資せずに眺めたいと思います。

次の

【TSLA】テスラの株価・配当金の推移と銘柄分析

テスラ 株価 チャート

(出典:Tesla IR) 事業としては電気自動車(EV)の販売がメインで全体の7割くらいを占めています。 それ以外にはEVのリースと、買収した太陽光発電事業もやってますが、基本はEV事業の行方を追っておけば良いでしょう。 利益は出ておらず、赤字体質です。 それどころか直近で過去最大の赤字を計上しています。 中国、ノルウェーは世界でも特にEVシェアが高く、そこで人気があるのはいいことですね。 EVはなにがいいのか 電気自動車はバッテリーに電気を充電して、それでモータを動かして走ります。 EVの競争相手は従来の自動車だったり、ハイブリットカーなどの次世代自動車になります。 EVがそれらと比較してどこが優れているのでしょう。 個人の問題• 電気代がガソリン代よりも安い(維持費の目安は約半分)• 税金が安い(日本ではエコカー減税、欧州各国などでも税制優遇あり)• 充電は自宅で出来る(ガソリンスタンドに行かなくていい)• デザインが良い 社会的な問題とか• 環境に優しい(排気ガスや二酸化炭素は電気を作る工場以外発生しない)• 部品が少ない(エンジンの部品は3万点近くあるが、モーターの部品は数十点のみ) テスラの車種について テスラで販売している電気自動車は以下の3種類があります。 HPの写真を見てみると、どれもかなり洗礼されたデザインになってますね。 電気自動車はモーターで動くのでエンジンが不要で、かなり広々しています。 テスラは電気自動車用にデザインを一新しており、見た目にすごくカッコイイですね。 人気が出るのも頷けます。 ロードスター:2008年にはじめて売り出した電気自動車で、1000万円以上します。 性能が非常に高く、1回の充電で1000km走ります。 モデルS:1000万円程度のセダンタイプ(4ドア車)です。 充電に45分要しますが、1回の充電で600km以上走り、電気代も1000円程度だそうです。 ガソリンと比べるとかなり安いんですね。 モデルX:クロスオーバータイプらしい。 モデル3:低価格(400万円程度)のセダンタイプらしい。 上のメリットでもちょっと書きましたが、電気自動車は燃費が非常に良いです。 だいたい1kmあたり3円以下で動きます(ガソリンだと1km6円くらいになるらしいです)。 バッテリーが高いので本体購入価格が高額になっていますが、維持費で元が取れるかどうかということになりますね。 生産基盤がクソ弱い テスラは部品メーカーとのサプライチェーンを持たないままに参入したため、生産基盤がとにかく弱いです。 販売台数は過去累計でも25万台、四半期ではわずか2万台程度です。 トヨタやフォルクスワーゲンが年間1000万台の販売で競っているところと比較すると、いかに少ないか分かるでしょうか。 参考 しかし人気がないわけじゃないんですね。 むしろEVブランドとしては圧倒的で、生産数が追いついていないんです。 任天堂Switchみたいなもん。 直近の赤字決算についても目標数量を生産出来ていないからです。 18年1Q目標でも週5000台しか生産出来ないので、販売機会を大きく逸していると言わざるを得ません。 ビジネス感覚としてはもっとずっと赤字を拡大して販売量を増やし、シェアを一気に拡大すべきだと思います。 競合 EV市場ではトップを走っています。 後を追いかけるのが日産のリーフ、トヨタのプリウスプライム(PHV)ですね。 重要市場の米国、中国でトップシェアを確保し、欧州最大シェアのノルウェーでもトップで大人気です。 余談ですが、ノルウェーはEUに加盟していないながら隠れたエネルギー輸出国です。 原油や天然ガスの埋蔵量はサウジアラビアとほぼ同等でありながら、山岳地帯と降水量の多さから95%が水力発電で賄っていて、電気代がとても安いです。 このためEVと相性が良いですし、掘り起こした原油はほとんど輸出に回せるので経済も安定しているのです。 (出典:富士経済) 中国で普及しているのは大気汚染の解決策として国が優先的に導入を推奨しているからです。 同じように環境配慮で欧州での勢いが強く、ノルウェーやオランダでは将来的にガソリン車を禁止する可能性もあるそうです。 テスラもノルウェーでの売上が割りと大きな比率を占めます。 EVって将来どうなんだろうね 自動車産業全体として言えば、先進国では市場成長が限界に来ています。 実際私も車に乗らないのでEVをほしいとは思わないです、正直。 現代ではカーシェアリングで所有しない時代になってますから、購入意欲の高い新興国(特にEVなら中国)へ向けることは必須じゃないでしょうか。 とすると、やっぱり最安モデルで1台400万円は中々普及に厳しい価格帯ですよね。 初乗り700円のタクシー5000回以上乗れちゃうじゃないですか。 単価(特にバッテリー価格)を下げていって、そこからですね。 まあテスラの主戦場である北米も自動車市場は天井感が強まってきているとはいえ、あちらは日本より遥かに車社会ですから、そこで既存の車メーカーのシェアをひっくり返したら十二分な利益になるでしょう。 リスク要素 全てはイーロン・マスク次第 テスラのトップであるイーロン・マスクは、ペイパルを興し、テスラを立ち上げ、今宇宙産業のスペースXでも脚光を浴びる新進気鋭の実業家です。 まだ大赤字垂れ流しているだけのテスラに異常な高値がついているのも、ほとんどこのイーロン・マスクが何かをやってくれるという期待感から来ているように思われます。 前にちょっとだけ考察してみましたが、やっぱり経営者って二流企業と一流企業に変える最後のスパイスだと思うんですよね。 既存自動車と影響大きいガソリン価格の変動 テスラの主戦場はやはり米国です。 こういっちゃなんですが、あまりエコを気にしないお方々というイメージがあります。 笑 彼らに訴求するのはスマートなデザインであったり、ガソリン代よりも電気代が安い=コストメリットのほうが普及を左右すると思います。 昨今は下落していた石油価格が徐々に戻ってきていますが、テスラ的にはガソリン代も上昇し続けたほうがメリットが大きいでしょうね(まあ火力発電メインなので電気の価格も似た動きをしますが、高くなると本体と維持費を合わせた総費用の差は縮まりますよね)。 テスラ(TSLA)の財務分析 PL 売上としてはまだまだで、利益は出ていません。 テスラの投資を考えるにあたっては、利益ではなく売上&シェア拡大で評価されるフェーズだと思ったほうが良いです。 2003年に誕生したテスラも、期待だけで株価が動く時期は終わりました。 段々と実ビジネスとしての成果に繋がっているかどうかが見られるようになっていて、今のところはテスラは人気化しているというメリットと、生産基盤が弱くてシェアを取り切れていないというデメリットが共存しています。 赤字なのでこの辺の数字もめちゃくちゃです。 BS 同じく、あんま参考にならない指標です。 CF キャッシュはないですね(笑) 利益出てないのはまあEV普及してからが収穫期と考えれば今はいいのですが、普及フェーズに向けて生産台数が確保出来ないほうがむしろ問題です。 現状販売機会を逸しているので、もっと投資拡大していくべきフェーズですが……お金がなくて動けないのかもしれません。 株主還元指標 配当に回す日は当分来ないでしょう。 ずっと来なくてもおかしくないです。 株価高で株主に還元すれば良いのです。 直近配当利回り:0. 過去の最高値、最安値• 最高値:389. 61ドル(17年)• 最安値:14. 98ドル(07年) 上場から20倍以上になりました。 販売台数なんて微々たるものですから、いかにテスラの将来性が評価されているかということになりますね。 4年くらい200ドル~290ドルあたりで形成していた踊り場をトランプ相場で突破し、上の波で泳いでいる格好です。 チャート的には高値にあり、時価総額でGMやフォードをも上回っています。 まあ北米市場取れればめっちゃ儲かると思うけれど……期待がどこまで織り込まれているのか怖いなあと。 今後の値動き予測 5年チャート 上場後しばらく抵抗になっていた50ドルが下限、踊り場上限は300ドル直前あたりにありましたが、そこを突破しました。 テスラは期待先行で株価がつり上がっているので、思惑・ニュースに過敏に反応して下落します。 300ドルは一見サポートラインに見えて、固い水準ではないと思います。 1年チャート 400ドルに触れるか触れないかというポイントで反転し、下落トレンドに移ったような感じのチャートですね。 テスラ(TSLA)の投資戦略 まとめときましょう。 電気自動車(EV)でトップを走るテスラは、モデルSなどの新モデルで売上を順調に拡大しているが、利益としては赤字状態が続く。 テスラのEVは人気があるものの、肝心の生産基盤が非常に弱く供給が追いついていない。 もったいない。 EV市場は今後も成長が予測されており、将来性は明るい。 2035年には年間630万台の販売予測となっている。 時価総額は全米の自動車メーカーで最大で、ちょっと期待されすぎな気もする。 回答 株価はここからどのくらい上がる余地があるんだろう。 思った以上に期待されていて株価は高騰し、でも実態が追いついていないから評価が定まっていない状態です。 調べていてなんとなくですが、今後EVは普及するしテスラは結構なシェアを取るんじゃないかと思っているんですよ。 でも製造業なんで利益率はそこまで良くならないとも思います。 フェーズ的に売上拡大していく時期なので赤字もやむなしです。 そのシェア拡大が生産追いついていないから売られているかと思いきや、そのうち解消するだろうと見られているんですかね、たいして下がってないですよね。 当面株価成長でしかリターンを得られないので、ここから倍は難しいでしょう。 テスラの挑戦は面白いですが、イーロン・マスク効果で上がったテスラへの投資妙味は大きくはなさそうです。 これまで調査してきた米国株の個別銘柄記事リストをまとめました! 企業名クリックで各詳細記事に飛ぶことが出来ます。 企業名 (リンク先は分析記事) ティッカー 業種区分 主力事業、ブランド AMZN IT ネット小売、クラウド GOOGL IT 広告(検索)、AI AAPL IT iphone MSFT IT OS、Office365 FB IT 広告(SNS) IBM IT クラウド、AI INTC IT 半導体(PC、サーバ) QCOM IT 半導体(モバイル) NVDA IT 半導体(GPU) ORCL IT ソフトウェア(DB) OKTA IT オクタ CSCO IT ネットワーク機器 BABA IT タオバオ、Tmall、アリペイ HKG00700 IT テンセント BIDU IT 百度 V 金融 決済インフラ MA 金融 決済インフラ AXP 金融 決済インフラ SPGI 金融 格付け機関 MCO 金融 格付け機関 BLK 金融 運用会社 WFC 金融 商業銀行 JPM 金融 商業銀行、投資銀行 C 金融 商業銀行、投資銀行 WBK 金融 オーストラリア銀行 BRK. B エネルギー 石油メジャー BA 資本財 B787ドリームライナー LMT 資本財 ステルス戦闘機F-35 UTX 資本財 航空機エンジン、エレベーター CAT 資本財 建設機械(油圧ショベル他) GE 資本財 照明、航空機エンジン TSLA 自動車 電気自動車(EV) MMM 素材 ポストイット DUK 公共 電力、ガス.

次の