次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険。 パナソニック、次亜塩素酸でインフルエンザウイルスを99%以上抑制する空間清浄技術

「ジアイーノ」の効果は?次亜塩素酸って?安いのは?|hanamaru

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

「次亜塩素酸を用いた空間清浄技術」の仕組み パナソニック エコシステムズは、除菌や脱臭に特化した「次亜塩素酸を用いた空間清浄技術」の説明会を開催した。 次亜塩素酸による空間清浄技術は、インフルエンザウイルスやノロウイルスの抑制に効果があることが実証されている。 検証は、パナソニック エコシステムズと北里環境科学センターにより、約25立方m 約6畳 の空間で、検証装置から次亜塩素酸を発生させて行なわれた。 これにより、次亜塩素酸は部屋に付着したウイルスだけでなく、空気中に浮遊しているウイルスにも効果があると実証された。 パナソニック エコシステムズ IAQビジネスユニット チームリーダー 木下 剛氏 同社は、IAQ Indoor AIR Quality と呼ばれる室内空気質の関連事業に取り組んでおり、扇風機や空気清浄機、空間清浄機などを展開している。 パナソニック エコシステムズ IAQビジネスユニット チームリーダー 木下 剛氏は、空間清浄技術を用いてウイルスを抑制する必要性について、次のように語った。 「空気は人が1日にもっとも多く体に取り入れる物質で、その中には健康に影響を与える因子も含まれています。 インフルエンザやノロウイルスは毎年感染が発生しており、除菌機器は今後ますますニーズが高まるでしょう。 特に、人が多く集まる場所は感染予防対策がいっそう求められており、病院や介護施設、幼稚園など除菌が必要な空間は500万室以上あると推定します。 パナソニックでは、こうした場所に向けた空間清浄機器の開発を進めていきます」.

次の

臭いだけじゃなかった!「知られざる塩素の害」

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

スポンサーリンク 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? 加湿器の除菌剤として販売されている商品は、『次亜塩素酸水』。 ハイターなどの塩素系漂白剤の主成分は『次亜塩素酸ナトリウム』。 どちらも『次亜塩素酸』という文字が含まれているので、 混同しやすいようですね。 でもこの二つの何が違うのか? 『次亜塩素酸ナトリウム』と『弱酸性次亜塩素酸水』の違いはpHです。 たったそれだけ?と思うかもしれませんが、この違いが使用時の 安全性の違いなのです。 次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。 一般的な塩素系漂白剤 ハイターなど には 『まぜるな危険』という表記がありますよね。 何が危険かというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、 有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。 これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。 また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。 塩素系漂白剤が手に着くとぬるぬるしますよね。 肌表面を溶かしてしまっているからです。 結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。 直に触るだけで危険なものを加湿器に入れて噴霧すればどうなるか? いくら希釈してあるとはいえ、噴霧したものを直接吸い込めば、喉や鼻の粘膜、呼吸器にその成分が付着してしまうということですよね。 害がないはずがありません。 せき込んだり、 呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると 失明のおそれもあります! 水道水の塩素濃度だったら害はありませんが、その代わり空間除菌の効果もありません。 対して『次亜塩素酸水』は、電気分解することでpHを調整しています。 主に微酸性~弱酸性のものが『次亜塩素酸水』の商品として販売されています。 肌と同じ弱酸性なので、肌に直接ついてもハイターのようにぬるぬるすることもなく、安全です。 まぜるな危険の表記もありません。 漂白作用もなく、口に入っても安全なので、取り扱いがとても楽です。 それなのに殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウムの80倍と言われています。 加湿器に入れていいのは、この『次亜塩素酸水』です。 決して漂白剤を入れないでください!! 加湿器で使える次亜塩素酸水をいくつかあげておきますね。 色々なメーカーから出ていますが、わが家で実際使用しているものと使用したことがある製品のみあげておきます。 現在コロナ対策で品薄状態ですが、タイミングが良ければ予約購入できるようです。 濃度50ppmが目安です より除菌したいから・・・と濃い濃度で使用してしまうと、人体に影響が出たり加湿器の故障の原因になったりする場合があります。 次亜塩素酸水はわずかながらもパッキンや金属部分を劣化させる作用があります。 次亜塩素酸水対応の噴霧器は、それらに対応しています。 わが家では噴霧器として販売されているものと同型の加湿器を使用しています。 スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、対応の超音波加湿器または専用の噴霧器を使用しましょう。 次亜塩素酸水対応の噴霧器も品薄のようです。 購入可能なものを探してみたので貼っておきますね。 加湿器病のこと。 近年『加湿器病』という言葉をよく聞くようになりました。 主に、 超音波加湿器のお手入れを怠ったために加湿器内に『レジオネラ菌』が繁殖し、それを空気中に噴霧することで感染する病気のことを指すようです。 これは『毎日のお手入れ』で防ぐことができますし、次亜塩素酸水は『レジオネラ菌』への殺菌も有効ですので、加湿器の水に次亜塩素酸水を使用していれば、加湿器病の心配はないと思われます。 しかし、ここで注意しなければいけないことが。 加湿器に次亜塩素酸水を入れているからといって、 お手入れ不要なわけではありません! 次亜塩素酸水の殺菌効力は長くは持続しません。 次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。 希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。 「中身が次亜塩素酸水だから」と何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖する可能性があります。 できれば毎日、最低でも2,3日に一回は必ずお手入れするようにしてください。 ・加湿器のお手入れを怠らない。 ・除菌能力を過信せず、手洗いや咳エチケットを徹底する。 一日も早く穏やかな日々がもどりますように。。。

次の

臭いだけじゃなかった!「知られざる塩素の害」

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

出典: 次亜塩素酸とはプールや哺乳瓶、水道水の除菌などに使われている除菌成分のことです。 「ジアイーノ」に水道水と塩タブレットを投入すると食塩水になります。 その食塩水が電気分解され「次亜塩素酸」が生成されるのです。 汚れた空気を吸引し、次亜塩素酸が浸透した除菌フィルターで汚れた空気を除菌・脱臭します。 そして、キレイになった空気とともに揮発した次亜塩素酸が放出されます。 つまり、菌やウイルスの外側だけでなく、中まで浸透して、すばやく作用するということですね。 こういった優れた除菌力がありながら、有機物と反応した後は水に戻るという性質があるため、安全性も認められています。 ただ、喫煙環境で使うのはNG。 やばこのヤニで本体内部が汚れたり、性能の低下を招いたりするおそれがあるからだそうですよ。 塩素と聞くと安全性に疑問を感じる人もいるでしょうが、ジアイーノに使われている塩素は少量なので安全だそう。 保育園などで業務用として使われている実績もあり、安全に注意して研究を重ねた結果、進化して家庭用が発売されました。 「次亜塩素酸」は赤ちゃんに影響ないの? いくら安全とはいっても、生まれたばかりの赤ちゃんがいても大丈夫なのか心配ですよね? 「ジアイーノ」を販売しているパナソニックのサイトでは、こう説明しています。 「ミルク育児や混合育児の場合、赤ちゃんがもっとも多く口にするのが哺乳瓶。 洗浄していても目に見えない菌やウィルスなどが心配ですよね。 だからこそ、世の中には哺乳瓶を除菌するための専用消毒剤があるのですね。 そしてその消毒剤の多くに含まれているのが「次亜塩素酸」という成分なんです。 毎日の栄養補給に必要な消毒ですから、除菌力はもちろん、なにより安全に使えることが特徴です」 (パナソニック ジアイーノ広告より抜粋) 厚生労働省のウィルス抑制マニュアルなどでも、次亜塩素酸はウィルス対策として紹介されている成分なので、菌やウィルスに対して効果を発揮してくれそうですね。 高価格の「ジアイーノ」、本当に必要? 出典: 部屋の中にあるウイルスや菌は、空気中にあるだけでなく、ドアノブやテーブル、リモコンなど人が触ったところにはすべてに付着しています。 清潔な空間を保つためには、空気中だけでなくこの付着したウイルスや菌への対策もしなければなりません。 一般的な空気清浄機は、チリやホコリを集めるだけなので除菌することはできませんが、ジアイーノは付着した汚れまで除菌できるのです。 室内の菌やウイルスを徹底的に除去することで、快適な空気環境づくりをしてくれます。 だから、生まれたばかりの赤ちゃん、介護をされている方、ペットを飼っているご家庭には必須と言えるでしょう。 「ジアイーノ」の口コミ集 理屈ではわかっていても、目に見えないので「効果がある」とも「効果がない」ともはっきりはわからないですよね。 そこで、実際に使った方々の口コミを集めてみました。

次の