この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん。 自己署名証明書で「この接続ではプライバシーが保護されません」「SAN対応のSHA

【Chrome】「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の対処法

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

google chromeをいつも通り起動したのですが、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、切断が中断されます。 詳細情報を表示してみたところ、悪意のあるユーザーがなりすま そうとしている、Wi-Fiログイン画面で接続が止まっている可能性がありますと書いてあります。 その下には、「www. google. jpではHSTSが使用はれているため、現在アクセスできません。 通常、ネットワークエラーや不正な操作は一時的なものです。 少し時間をおくと、またページにアクセスできるようになる可能性があります。 」と書かれています。 そのため、一日あけて起動させてみたのですが、同じ結果となってしまいました。 IEでも試してみたのですが、ブロードバンドのログイン画面が開かれてしまい、ログインは失敗します。 また、日付がずれているなどのエラーはありません。 ウイルス対策ソフトはavastを使っています。 解決法を見つけられずに困っています。 どのように対処すればよいでしょうか??足りない情報等あれば補足させていただきます。 回答よろしくお願いします。

次の

Windows+Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」となる場合の対処: 小粋空間

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

こんにちはGassyuです 今回は「 この接続ではプライバシーが保護されません」とパソコンなどの画面に表示されて困った方の為に、少しでもお役に立てればと思い記事を作成しました。 恐らくこのページを見て頂いてる方は、今まさにその時ではないでしょうか? ちょっぴり焦っちゃいますよね。 わかります!その気持ち! この記事を作成したのも同じような経験をしたためで、 結果から言うと私の今回のケースは約5時間で解消しました。 結論から申し上げますと 記事を読んで頂いて私と同じケースだ!という方は!、 恐らく 対処は不要! となると思います。 「TinyPng」というサイトが表示されなくなった経緯 本日2020年6月11日(木)午前11時頃 いつものようにブログの作成。 さて画像でも貼り付けようかとデータ圧縮サイトの、パンダさんのいる「TinyPng」に行こうとしたところ、 こんな画面が表示されました。 「tinypng. comdeでは、 悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジットカードなどの 情報が盗まれる可能性があります。 」 と表示。 えっ!! 悪意のあるユーザ!? 情報が盗まれる可能性!? 今まで沢山お世話になっていたのに パンダさんは悪い方だったの? と焦ってしまいました。 こんな普段見ない画面を見ると、 私のような凡人はやっぱり焦ります。 すると幾つかの原因があり 最もこれだという内容がこれでした。 期限切れなどによる、SSL証明書側の問題! SSL証明書とはインターネット上の情報を暗号化して、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことで、信頼できる第三者機関(認証局)が発行する電子証明書です。 「hhtps:」でアドレスが始まります。 SSL証明書には期限がありますが、 SSLサーバ証明書の最長有効期間は825日(27ヶ月)でしたが、変更があり2020年9月1日以降に発行される有効期間が398日を超える証明書は、Safariでは無効となります。 となったようです。 サイトのSSL証明書の期限の確認 早速、パンダさんのサイトに戻り確認 すると 確かに 期限切れだとわかりました! この場合「エラー画面になり、サイトへ接続することができなくなってしまいます。 」 とあり正にその通りでした。 サイトの安全性を示す「SSLサーバ証明書」ですが その期限を確認するには アドレスバーにページのURLが表示されますので、そこにある「鍵のマーク」が付いているかを確認しましょう。 今回のように期限切れの場合は鍵マークが消えており、 赤文字で「 保護されていません」と表示されます、 鍵マークをクリックすると、そのサイトが所有するSSL証明書の期限の確認ができます。 原因と対処が分かったので後は待つのみ! ここまででほぼほぼの原因が分かりました。 このようにサイト運営側のSSL証明書期限切れであれば こっちでなんとか出来ることではないので 後は対処方法「 待つ」だけです。 約5時間後・・・。 再びパンダさんのサイトへ、 おっ!パンダさんがいた! 通常のページになっていました。 SSL証明書の期限を確認してみると・・・ 更新されていました。 今回はサイトが正常になるまで約5時間。 参考の一つにとして役立たせてくれればと思います。 最後までお付き合い頂きありがとうございました!.

次の

「この接続ではプライバシーが保護されません」(自分のサイトが表示されない時の対処法)

この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

この接続ではプライバシーが保護されません では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。 この原因と対処方法について説明していきます。 IEとEdgeの場合はこちらをご覧ください。 この接続ではプライバシーが保護されません サイト名 では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。 こんなメッセージが表示されるとちょっとびっくりしちゃいますよね。 いくつかのパターンがあるのでそれを解説していきます。 その前に、このメッセージが出たら、そこだけでなく、メッセージの下にある [NET::ERR] から始まる英語のエラーを含めて確認するようにしてください。 これが、エラーが表示されている理由になります。 サーバ管理者が有効期間が更新されたサーバ証明書へ置き換えれば問題解決です。 まれに、クライアント側PCのシステムデートがずれている場合もあるので、クライアントPCの日付時刻設定もチェックもお忘れなく。 サーバ証明書のコモンネームは基本的にサイトのFQDNと一致していなければなりませんが、コモンネームが違うサーバ証明書が設定されている場合なんかに表示されるものです。 単純にサーバ証明書の設定を間違えている場合もあると思いますが、最近はクラウドサービスとか使っていて、どこにどのサーバ証明書を設定しているかサーバ管理者でもわからないことがあるので、複雑ですね。 いずれにしても、サーバ管理者側での対処が必要となります。 このメッセージは一般的にそのサーバでオレオレ証明書(自己署名の証明書)を使っている場合なんかに表示されます。 IE、Edgeなどのブラウザは自分が持っている、パブリック認証局のルート証明書で検証ができないサーバ証明書に対してこのようなエラーを返します。 当然、オレオレ証明書のルート証明書はChromeに搭載されていないので、このメッセージが表示されます。 ルート証明書って何?って場合は以下の記事をご覧ください。 また、中間証明書がサーバにインストールされていない場合も表示されることがありますが、インターネット接続できていれば、ブラウザ側に中間証明書は自動でダウンロードされたりするので、たいていはオレオレ証明書が設定されているサイトに接続した場合のエラーになると思います。 (あんまり考えられないですが)意図的に設定している場合は良いですが、そうでなければ設定している証明書の確認が必要です。 証明書が失効されている状態なので、サーバ管理者は速やかに有効な証明書への置き換えが必要となります。 現在、パブリック認証局から発行されている証明書の署名アルゴリズムはSHA-2へ移行している(はず)ので、ほとんど表示される機会はないと思います。 もし、このメッセージが出たら、SHA-2の署名アルゴリズムで署名されているサーバ証明書へ置き換える必要があります。 ちなみに中間証明書もこの警告の対象になるので、もし、中間証明書にSHA-1アルゴリズムが使われていたらそれも置き換え対象となります。 (ルート証明書は警告の対象外です) いずれにしてもこの内容もサーバ管理者側での対処が必要なものです。 認証局が証明書を発行する際に、第三者が運用するCTログサーバーに証明書を登録します。 この時、CTログサーバーから証明書に対してSigned Certificate Timestamp SCT と呼ばれるタイムスタンプが付与されるので、それを証明書に埋め込んで発行しなければならないわけです。 これが抜けているとこのエラーが表示されます。 これもサーバ監理者側の問題ですが、SCTが含まれていない証明書を発行した認証局の問題にもなりかねませんので、もしかしたらおおごとになるかもしれないですね。 今ではシマンテックの証明書を使っているサイトなんてないとは思いますが、これも管理者に言って証明書を置き換えてもらうしかありません。 シマンテックの証明書が信頼されなくなる件について詳しく知りたい方は、当サイトのシマンテック関連記事をご参照ください。 Webサーバー側でWebブラウザにTLSの使用を強制する機能のことですが、この機能自体には問題がないのですが、Webサーバ側の設定がおかしい場合などに、サイトにアクセスできなくなってしまうことがあります。 Webサーバ監理者に相談するのが良いと思いますが、ブラウザ側でも対処できるようですので、その手順をご紹介します。 Delete domain security policiesの欄に問題のあるドメインを入力して、「Delete」ボタンをクリックします。 ウェブサイトへのアクセスを再試行します。 これで解決できないようであれば、Web監理者へ相談してください。 基本的にサーバ証明書の入れ替えが必要 となります。 このメッセージに遭遇したら• サイト閲覧者:サイト管理者へ問い合わせ• サーバ(サイト)管理者:サーバ証明書のチェックと必要に応じ置き換え という対応が必要となります。 Chromeのエラーメッセージ一覧」でした。

次の