引っ越し おすすめ。 引っ越し業者おすすめ

おすすめ引越し業者TOP5|単身・家族別口コミランキング

引っ越し おすすめ

空き賃貸物件を探すには狙い目の時期! 賃貸住宅情報サービスを手掛ける株式会社CHINTAIが運営する「Woman. CHINTAI」によれば、8月は秋の転勤シーズンに向けて引っ越しを考える人がいるため、 不動産会社からもうすぐ空く物件を教えてもらえることもあるとのこと。 また同サイトでは、「GW明けから8月上旬」は引っ越しが少なくなる時期であるので、賃貸相場の下がってくる時期として知られている、とも。 そしてそれに伴い、どの物件も入居希望者が極端に減少するため、不動産業界全体の閑散期となり、安い家賃の物件を探すことのできる時期であると説明しています。 8月は決して引っ越し相場が安い月ではない 一方で8月の引っ越し相場はと言えば、連日のように厳しい暑さが続くため引っ越しには不向きな時期のようですが、子どもの新学期に合わせて引っ越したり、夏休み中に新居を片付けたいファミリー世帯にとっては、絶好のタイミングといえるため、そんな事情にあわせて料金はそこまで下がりません。 では、8月の引っ越し相場をチェックしてみましょう。 7月から9月の同一都道府県内での引っ越し料金相場は、以下の通りです。 単身 2人 7月の料金相場 39,000円 61,000円 8月の料金相場 35,000円 95,000円 9 月の料金相場 45,000円 43,000円 出典:「」/2018年実績データ 8月のファミリー世帯の引っ越し相場は、ほかの月より高い 夏休みが始まる7月後半から突入した引っ越し業界における「第二の繁忙期」(最大の繁忙期は3月~4月)は、8月に入っても続きます。 引っ越し相場は、引っ越し件数と比例するため、5月から2月のオフシーズンの中でも、8月は比較的引っ越し料金が高めになるのです。 夏休みに入る7月、人事異動の時期で転勤者の引っ越しが増える9月と比べると、単身者の引っ越し相場は8月のほうが安いものの、2人家族、3人以上の家族の引っ越し相場は、どちらも8月のほうがぐんと高くなっていることがわかります。 引っ越し料金は、8月後半よりも前半のほうが安い なおこれは8月に限ったことではありませんが、月の後半よりも前半のほうが、引っ越し料金が安くなる傾向にあります。 特に8月の場合、夏休みに入ってすぐ引っ越しをしたい人は7月中に済ませ、9月から新生活が始まる人は後半に引っ越すケースが多く、前半は「穴場」である可能性も。 8月の前半で、さらに平日であれば、希望の日時で引っ越し会社の予約が取りやすく、引っ越し料金を抑えることができる可能性が高くなります。 とはいえ、新居の片付けを早めに終わらせて、残りの夏休みをのんびり過ごしたいファミリー世帯など、同じように8月前半の引っ越しを検討しているか方も少なくないかもしれません。 引っ越しを計画しているなら、早めに引っ越し会社を予約することをお勧めします。 8月に引っ越しをするなら、お盆が狙い目 8月は子どもだけでなく、大人もまとまった休みがとれる時期。 特に8月13日から15日のお盆は、休みになる企業も多いようです。 では、お盆の引っ越し相場はどうでしょうか。 引越会社は、お盆も休まず営業中! ほとんどの引っ越し会社は、年末年始に休業日を設けているものの、一般企業のようにお盆休みはありません。 お盆も通常営業で、もちろん料金も通常価格で対応してくれます。 お盆の引っ越し、実は相場よりも安い 前述の通り、8月は決して引っ越し料金が安い月ではなく、後半に入るとさらに料金が上がる傾向にありますが、そんな中でお盆は帰省する人が多いため、引っ越し件数は比較的少なく、引っ越し料金が安くなると言われる期間。 特別料金や割増料金の設定も、ほとんどの場合はありません。 なるべく引っ越し料金を安くしたいなら、実はお盆は「狙い目」なのです。 お盆の引っ越しは、縁起が悪い!? 「お盆に引っ越しをすると、縁起が悪い」と聞いたことはありませんか?「ご先祖様の霊が帰る家をわからなくなってしまうから」、「お盆や夏土用の時期に土を動かしてはならないから」など、さまざまな謂れがありますが、実際のところ、仏教の世界でお盆の引っ越しを禁忌としているわけではないようです。 縁起を担ぐ人はお盆を避けたほうが気持ちよく引っ越しができそうですが、気にならない人は、安く引っ越しをするチャンス。 8月の相場よりも安い時期だとプラスに捉えて、引っ越しを計画するのもいいかもしれません。 8月の引っ越しのメリット・デメリット 8月の引っ越しはお盆前の上旬であれば、繁忙期に比べ低い価格で引っ越しを行うことができる可能性がある、お得な月です。 ですが、メリットがあればデメリットもあります。 ここからは、8月の引っ越しのメリットとデメリットについて説明していきます。 8月に引っ越しをするメリット• 上旬は引っ越し料金が安い• 上旬は希望日時で引っ越しができる• 上旬は料金交渉がしやすい 先ほども説明しましたが、8月の上旬は引っ越し業界の通常期ですので、3月〜4月の繁忙期に比べると引っ越し料金が安くなります。 新生活を始める方も落ちつく頃で、引っ越し希望者も少ない時期なので、希望日の引っ越しの予約が取りやすくなり、予定が立てやすくなります。 さらに、引っ越し希望者が比較的少ないことで、引っ越し会社への値引き交渉もしやすくなり、納得のいく料金を提示してもらえる可能性が高くなります。 8月に引っ越しをするデメリット• 台風のシーズンである• 荷物が濡れる可能性がある• 気温が高く暑い 8月は台風が多いシーズンですので、天候に不安があります。 悪天候の中の引っ越しは荷物が濡れてしまうことがあり、濡れてしまった家具や家電の拭き取りなど、天気が良ければしないで良い仕事が増えてしまうので、手間がかかることも。 また、夏真っ盛りの気温で引っ越し作業をするのも一苦労。 熱中症に気をつけて無理をせず計画的に引っ越しを行うことができるように準備しておきましょう。 8月に引っ越しする際に気をつけるべきポイント 以上のデメリットなども踏まえつつ、夏真っ盛りで台風シーズンでもある8月の引っ越しならではの注意ポイントがいくつかあります。 これらのことに気をつけて快適に引っ越しを行うようにしましょう。 8月の引っ越しの注意ポイント• 台風情報をチェック• キャンセルの規約を確認• 荷物の防水対策は万全に!• 荷物はしっかりと拭き取り• 熱中症に注意 台風情報はしっかりチェック 小雨程度であれば問題ないのですが、災害を伴うような大雨の場合、引っ越しが延期になるケースも。 見積もり時などに、キャンセルに関する規約はしっかり確認しておくことをお勧めします。 8月は、快晴な日も多いですが、台風や悪天候も多いシーズンです。 近年では突然のゲリラ豪雨で激しい雨が降り出すこともあり、雨の予測を立てることが難しいとされています。 また、引っ越しの途中で大雨になることも考えられるので、引っ越し当日の雨が心配な場合は、荷物に防水対策を施しておくと良いでしょう。 新居へ荷物を運び入れる際の床養生もしっかりとしておくと、新居を汚すリスクを最小限にすることができます。 参考:気象庁 令和元年8月の天候: キャンセルの規約を確認 基本的に引っ越し作業は雨や雪が降っている場合でも、引っ越し会社側からの中止や延期の申し出はありません。 天災を除いては引っ越し会社側からのキャンセルはできないと「標準引越運送約款」で定められているからです。 余程大きな台風でない限り引っ越しは決行されます。 また、引っ越しの予約が多い時期には作業員やトラックの手配が数週間先まで決められているため、延期も難しくなってきます。 国土交通省 標準引越運送約款: 利用者側からのキャンセルや延期は可能ですが、キャンセル料が発生するので契約時に確認しておくことが大切です。 荷物には防水対策を 衣類や本、パソコンなど雨に濡れると困るものは、ビニール袋などに入れた上で段ボールに収納し、しっかりと梱包するようにしておくと安心です。 家具や家電などは、引っ越し会社に梱包方法や対応を聞いておくのがお勧めです。 引っ越し会社によっては防水シートでカバーしてくれることもあります。 ・家電製品 家電製品の内部に水が入ると故障の原因になるので、エアーキャップやエアーキャップのついた段ボール箱などを使って梱包しましょう。 ノートパソコンやゲーム機器などは梱包して自分で運ぶと安心です。 ・段ボール 濡れてしまうと強度が落ちてしまう段ボールは、荷物を入れている状態で壊れてしまう可能性があります。 大きめのゴミ袋などで濡れないようにしておくと安心です。 ・家具 木製のタンスやベッド、机などは湿気に弱く、濡れたままの放置は厳禁です。 搬入後は素早く拭き取りを行い、風通しの良い場所で乾かすようにしましょう。 ソファなどの革製品は、濡れてしまうとシミになってしまうため、ビニールなどでしっかりと梱包するように!革製品が湿気に弱いので搬入後は速やかに開梱し、乾燥させましょう。 熱中症予防をしっかりと! 夏の引っ越しで一番気をつけて欲しいのが「熱中症」です。 旧居での荷物の運び出しの際は、前日までにエアコンを取り外している場合は暑い中での作業となる上に、冷蔵庫も霜取りのために中身を空にして電源を落としているので、冷たい飲み物も用意しておけない状態となります。 少しの時間とはいえ、高温の部屋での作業は体に負担をかけてしまうので、クーラーボックスに冷たい飲み物や冷やしたタオルなどを用意しておきましょう。 クーラーボックスに準備しておきたいもの• スポーツドリンク• お茶・水など• 冷たいおしぼり・タオルなど• 熱中症予防タブレット・飴など また、新居での引っ越し作業を快適に行うためにもエアコンの設置は早めに行っておくことをお勧めします。 エアコンの設置が引っ越し日に間に合わない場合は、引っ越し後に扇風機やサーキュレーターをすぐに使用できるように荷物の搬入の際には、すぐに取り出せる位置に運び入れておきましょう。 また、環境省が発表している「暑さ指数(WBGT)」で熱中症リスクの高い日を確認することができるので、参考にして熱中症にならないように細心の注意を払ってください。 環境省 熱中症予防情報サイト: 引っ越しの際は必ず相見積もりを取ろう! 8月の引っ越しが決まったら、まずは引っ越し会社へ引っ越しの見積もりをお願いしましょう。 そもそも引っ越し料金には業界標準の料金体系はないため、引っ越し会社によって料金が大きく異なって来ます。 そのため引っ越しの見積もりは、一社だけでなく数社から見積もりをとる「相見積もり」を行うことが基本です。 とはいえ複数社を相手に、一社ずつ見積もりを取るのは面倒くさいという方もいらっしゃるかと思います。 そんな方には、弊社の「引越しラクっとNAVI」 がおすすめ! 引越しラクっとNAVI: 「引越しラクっとNAVI」はここが便利! こちらのサービスは、弊社のコンシェルジュにお電話1本でご希望の条件をお伝えいただくだけで、複数社の見積もりを一括で簡単に取ることができる便利なサービスです。 お見積内容はWEB上で簡単に比較していただき、ワンクリックで発注も済ませることができる上に、発注を入れた会社以外には自動で失注が伝わるようになっているので、断りの連絡を自分で入れる必要もありません。 さらに、コンシェルジュがお客様の引っ越しにおける全ての窓口を務めさせていただくことで、引っ越し会社の窓口業務を一部削減!その分お客様に安価な見積もりをご提示することが可能となっています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひ下記リンクから無料お見積もりをお申込みください。 お客様の目線に立って、納得のいくお引っ越しをサポートさせていただきます! まとめ:8月の引っ越しは相見積もりでさらにお得に! 上旬とお盆以降で引っ越し料金が変わってくる8月。 気温が高く台風のシーズンだからと敬遠しないで、しっかりと対策を取り、引っ越し時期を見極めることでお得に引っ越すことができます。 ですが、真夏の引っ越し作業は負担も大きく疲れて体調を崩してしまうことも…。 無理な計画は予想外の出費に繋がってしまうこともあるので、天候の確認や暑さ対策は万全に整えて引っ越しの準備を行うようにしましょう。 8月の引っ越しで失敗しないためにも、相見積もりで各社の料金を確認すると同時に、悪天候時の引っ越しの対応もしっかりと確認して十分に比較検討を行い、納得のいく引っ越し会社を選ぶようにしましょう!.

次の

札幌引っ越し〜1番安いおすすめの引っ越し業者はどこ?

引っ越し おすすめ

アーク引っ越しセンターは、質の高いサービスが提供できるよう、スタッフの育成・単純明快な見積もり・多彩なプランなど、8つのポイントを掲げています。 万が一の破損には、しっかり補償も用意されているので安心です。 引っ越し時に何かと便利なオプションサービスも充実。 AV機器の配線作業などを行ってくれる電気工事や、ピアノの 運送・ 調律、ペットの輸送や、トランクルームでの荷物の一時保管など、嬉しいオプションが揃っています。 自社で教育したスタッフと自社トラックにより、荷物を大切に運んでくれます。 引っ越しスタッフは全員名札を付けているので安心感もありますね。 不明な点にはすぐ対応できるよう、カスタマーもサポートも設置。 各種プランには、作業後の10分間で家具の配置換えや簡単な掃除などをしてくれるサポートが付属しています。 新居到着後も快適で、気持ちよく引っ越しを完了することができます。 梱包資材は無料で提供、また家具運搬の際にはしっかりと梱包・養生も行ってくれます。 搬出後は指定の場所まできちんと運んでくれますので、希望通りの位置に家具を配置できます。 引っ越し依頼したお客様には アンケートを実施し、それを基にサービス向上に役立てているところもこだわりの1つです。 業界内ではいち早くプライバシーマークも取得しており、個人情報を大切に守ります。 長年培ってきたノウハウを活かし、他にはないサービスを提供しています。 例えば、 雨の日でも荷物が濡れないように運搬・搬入。 またお友達紹介やポイントカードによってお得に利用できるサービスもありますよ。 荷物については、これでもかというほど丁寧に梱包を行い、安全に運び出し・運び入れをしてくれます。 新居にも隙間なく養生した上で作業を行ってくれるので、安心して作業を任せることができますね。 これだけ「つぼ」を押さえたサービスだけあって、リピーターが多いのもうなずけます。 その理由としては、どんな人でも自分に合わせて選べる豊富なプランやサービスが用意されているところが挙げられます。 基本の引っ越しコースをはじめ、荷造り作業をプラスしたハーフコース、荷解きも加えたフルコースが選択可能。 また学割パック・シニアパック・レディースパックなど、利用者に合わせたプランも豊富。 オプションサービスも充実しており、ハウスリフォーム・地震対策・家事や掃除のサポート・車両運送などを選ぶことができます。 品質が高く評価されている、満足度の高い引っ越し業者と言えます。

次の

引っ越し挨拶時のおすすめ手土産を紹介!のしや時間などマナーを徹底解説

引っ越し おすすめ

東京都内の単身者におすすめ!引越し業者リスト ここでは女性の一人暮らしでも安心して依頼できる東京都内のおすすめ引越し業者を紹介しています。 都内引っ越し業者 簡単早見表 不用品回収 都内にある営業所 対応地域 無料引き取り・買取りOK 本社は江戸川区 東京、千葉、埼玉、神奈川などを中心に全国対応 無料引き取り・買取りOK 東京センター・多摩センター 日本全国 有料・粗大ごみ可 府中市内に営業所あり 東京、神奈川(横浜、川崎)、東北(仙台) 有料・5年以内の家電買取り可 横浜本店(都内にはナシ) 東京、神奈川(横浜、川崎)、東北(仙台) 製造6年以内の家具・家電買取りOK 東京統括支店 日本全国 無料・粗大ごみNG 東京支店・葛西支店など15拠点 日本全国 有料・粗大ごみ可 東京ベイエリア支店 港引越センターなど7拠点 日本全国 有料・買取りOK 東京本社・東京南支店・東京東支店・東京西支店 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪など 有料・買取ナシ 本社は港区 東京都内、神奈川県、埼玉県、千葉県 有料・リサイクル家電処分OK 東京本部・足立支店・江戸川支店など6拠点 日本全国 引越し業者を選ぶ時は、 トータルの料金を比較するのが非常に大事。 つまり基本料金だけを見るのではなく、引っ越しで出る廃棄処分の費用や不用品の買取サービスの有無も費用計算に含めましょう。 表にもあるように無料回収するところと有料のところとまちまちですから、事前に確認しておくことをおすすめします。 引越し時の掃除やエアコンの取り外しなど、どこまでサービスに含まれているか? オプションはどうなっているのか?といったところまで含めて比較すると、満足のいく引越しが可能です。 また、営業エリアも確認しましょう。 自分の住まいの近くに事務所があると、見積もりなども含め、何かと申し込みやすいものです。 ここなら安心!評判のよい都内引越し業者を徹底リサーチ これまでの12年間、2年に1回の割合で引越しを続けてきた管理人の私が見積もりを取ったり、実際に利用したことがある引越し業者の中で信頼できるところだけをピックアップ。 それぞれのサービスの特徴についてまとめました。 都内で 50年以上の実績をもつ引っ越しのプロとして、大手では得にくい細かなサービスが評判です。 特に高齢者世帯の引越しには高いノウハウを発揮し、一人暮らしの高齢者に困難な家具の分解・組み立てや、電配線工事などにも対応してくれます。 家具などの生活用品をハセッパー水で噴霧消臭するサービスもあるため、臭いを気にする方にも嬉しいサービスです。 洋服など不用品の無料回収や購入10年以内の家具・家電の買い取りなどがあり、引っ越しを機にシンプルライフを目指したい人にうってつけ。 また、都営住宅の引越しも得意なので、エレベーターのない建物での作業も安心しておまかせできます。 キタザワ引越センターの口コミ• 何の問題もなく引っ越し完了 有名な大手ではないので少し不安でしたが、なんの問題もなく作業をしてくださいましたよ。 単身で、荷物は少し多いほうだったと思うのですが、料金は40,000円。 たくさんの業者に見積もってもらいましたが、わずかにキタザワさんが安かったです。 値引きを頑張ってくれた 色々な業者に見積もってもらい、最後にキタザワさんに来てもらって「2度目の利用です」と伝えたら、「ぜったいに他社より安くします!」と値引きを頑張ってくれました。 実際、すべての見積もりの中で一番安かったですよ。 満足です。 単身者引越しの格安プランがあるだけではなく、顧客のニーズに答えた、細やかなオプションが特徴。 ペットの輸送もしてくれますし、マイカー陸送も可能です。 そして新居のハウスクリーニングで、気持ちよく引っ越しができるのも嬉しいところです。 さらにお得なサービスとして エアコン付け替えが1台無料、不要品の引き取りが3点まで無料ですから、粗大ごみの処分も楽になります。 家電の買取も行っているので、要らない物の片付けをしながらスッキリと引っ越しができます。 ただし不用品の無料引取か、廃棄処分(有料)かの判定が若干厳しいので、処分したい家具・家電の状態が良い人におすすめ。 ハート引越センターの口コミ• 他社より50,000円近く安かった 単身で広島から埼玉に引っ越したんですが、見積もりはなんと50,000円という安さ。 しかも、実際にかかったお金は2,000円引きの48,000円。 他社にも見積もりしてもらったのですが、50,000円近くも安くしてもらいましたよ。 とにかく安かった 夫婦2人で、マンションから市内の戸建てに引っ越したのですが、見積もりが100,000円のところ、結局支払ったお金は43,200円。 他社の半額くらいですね。 養生をもっときちんとやって欲しかったとは思いますが、まずは値段に納得です。 府中の赤帽は『赤帽ひっこし専門』のネーミングで、15年の実績をもつお手軽な引っ越しサービスとして人気があります。 近距離、軽トラック1台に乗る程度の荷物であれば非常にリーズナブル。 レンタカーを借りて仲間内で引っ越しをするよりも、掛かる費用が安上がりになるかもしれません。 つまり 単身世帯の引っ越しに適していて、ベッドやソファなど、大きな家具を持っていない人におすすめの業者です。 ダンボールが有料なので、スーパーなどからもらえるダンボールに抵抗がなければ、さらに値段を抑えることができます。 赤帽の口コミ• なんの不満もありません 見積もりは25,000円で、支払った金額も25,000円でした。 単身の引っ越しだったので、けっこう安かったですね。 時間通りにきちんと来てくれたし、作業の段取りもスムーズ。 なんの不満もありません。 また引っ越すときはお願いしたいと思います。 いくら単身でも安すぎじゃない? 1LDKの一人暮らしで、大きな家電もありませんでした。 よって、けっこう安く済むだろうと思っていたのですが、まさか15,000円で済むとは思っていませんでした。 作業員は2人来てくれたのに、これ安すぎじゃないですか? スター引越センターは軽貨物運送事業がメインの引っ越し業者で、宅配などのノウハウを生かした小回りの利くサービスが評判です。 東京や横浜周辺を営業エリアとして、 年間で1万件前後の引越しを行ってきた実績の高さも注目です。 荷物が少なく、不用品も少ない人なら格安で引越しできる業者。 荷造りなどを本人が行う単身者向けのスタンダードコースが1万円と、とにかく節約したい方にはお得なサービスです。 また長距離トラックの空きスペースに引っ越し荷物を積んで、長距離でも混載便を活用した格安プランを提供。 オプションになりますが、盗聴器・盗撮器調査があり、新居に安全を求める人にもおすすめです。 スター引越センター の口コミ• 良心的な価格だと思う 単身の引っ越しで78,000円です。 そう聞くと、少し高いように思うかも知れませんが、3月のハイシーズンで、しかも移動距離は50km。 他社に見積もりしてもらったら、倍近くふっかけられました。 良心的な引っ越し業者だと思いますよ。 かなり安いです 結婚を機に、2月にワンルームマンションから4LDKの戸建てへ引っ越し。 移動距離は233キロで、しかも引っ越し先の3階の部屋に階段で荷物を運ぶという状況。 それにも関わらず、かかったお金は29,800円です。 申し訳ないくらい安かったです。 クロネコヤマトの宅配便のノウハウを最大限に活かした安心・安全な引っ越しサービスで、料金設定が明確でわかりやすく、信頼できる業者です。 こちらは料金が高めではありますが、エアコンの取り付けや換気扇・冷蔵庫・部屋の掃除に模様替え・荷物預かり保管と サービスが充実していて満足度は高いでしょう。 また総合ホームサービスの会社という事で、引越しだけではなく、行政手続きの代行や家電レンタルなど住まいに関するあらゆるサポートを提供しています。 引越し作業以外にも住まいに関する悩みや要望がある人は特におすすめです。 ヤマトホームコンビニエンスの口コミ• 他社よりも安め ヤマトと聞くと、作業は丁寧でも値段が高いというイメージがあったのですが、値段は他社よりも安めでした。 作業の質の高さもヤマトならでは。 プロ意識を持って丁寧に運んでくださいました。 また引っ越すときはお願いしたいですね。 見積もり後の丁寧な電話 沖縄県内での引っ越しで、単身パックを利用しました。 web見積もりの後に電話が入って、どんな場合だと追加料金がかかるのかを丁寧に説明してくださいました。 おかげさまで、当日までに荷物を減らすなどの対策をすることができました。 引っ越し業界のパイオニアで、大手の安心感と老舗のノウハウを併せ持ち、サービス内容に定評がある業者です。 従業員教育がしっかりしていて、顧客満足度の高い引越しが可能。 単身者用の引っ越しでも、学割サービスでお得な学生向けプランや、女性スタッフによる女性向けプラン、またすべてお任せのシニア向けプランなど、顧客に合わせた細やかなパックプランがあります。 またオプションも充実していて、家具などの一時預かりサービスや車両陸送、おまかせパックジェット便など 大手ならではのサービスが魅力。 ただし粗大ゴミなどの引き取りは対応していませんので、引越しの準備はしっかりしておきましょう。 アート引越センターの口コミ• 料金に納得 三重県から千葉県への単身での引っ越し。 時間がなかったので、たくさんの業者に見積もりしてもらったわけではありませんが、アークさんの料金には納得しています。 160,000円の見積もりのことろ、結局は86,400円で済みました。 ネームバリューで選んだ 町田から川崎という近場の単身引っ越しです。 他社にも見積もってもらったのですが、少しだけアートさんのほうが高かったです。 でも最終的にアートさんに決めたのは、やはりネームバリュー。 いい加減な仕事はしない会社だと信じてお願いしました。 国策会社としての抜群の安定感・信頼性を持つ引っ越し業者で、質の高い引越しを求める人、例えばきっちりと予定通りに引越しを終わらせたい人に特におすすめ。 全国235店舗のネットワークを生かしたフットワークの良さもメリットで、スタッフ層が厚く、丁寧な仕事には定評があります。 また、単身女性の引っ越しには 盗聴器・盗撮器探査サービスを用意するなど、オプションも豊富で安心しておまかせできます。 処分する不用品が少ないなら、金額とサービスのバランスが絶妙な優良業者です。 引越しは日通の口コミ• おおむね満足 一人暮らしで移動距離は800km。 料金は60,000円でした。 他社にも見積もりをしてもらったのですが、どこも同じようなものでしたね。 最後は「日通」という名前で選びました。 接客にやや気になる部分がありましたが、おおむね満足しています。 見積もりが一番安かった 一人暮らしの学生なので、あまりお金を欠けたくないと思い、見積もりしてもらって一番安いところを選びました。 重たい家電などもスムーズに運んでもらえて、とても満足しています。 笑顔で親切な方が作業をしてくださいましたよ。 アップル引越センターは 『より良いものを、より安く』をコンセプトに、質の高い顧客に寄り添ったサービスを提供してくれる業者です。 顧客満足度の高い引っ越し業者ですから、2回目・3回目のリピーターさんも珍しくありません。 他の格安引っ越しサービスと比べると見積もり金額は若干高い印象ですが、洗濯機の取外し・取付けや照明器具の取り付け取り外し、大型家具の解体・組立てなど無料オプションが豊富なので、追加オプションなしでも満足のいくサービスが受けられます。 アップル引越センターの口コミ• ムダのない動き 世田谷区内でマンションからマンションへの引っ越しです。 単身なので、荷物が少ない分、料金は安かったですね。 ムダのない動きで、粛々と作業をしてくださいました。 白物家電を接続してくださるなど、細かいサービスにも満足です。 コスパのいい業者 3社に見積もってもらったのですが、正直、アップルさんよりも安いところはありました。 でも、電話対応が良くて見積もりもスムーズだったので、一番信頼できると思いアップルさんに決めました。 引っ越し当日も迅速かつ丁寧。 コスパのいい業者さんですね。 コストカットによる低価格を実現している格安業者。 首都圏に特化することで作業効率を上げ、あえて訪問見積もりを行わず人件費を削減。 注目すべきは 1万円以下の激安プランです。 一切の無駄を排除して、合理的な引っ越しプランを提供してくれます。 また、必要となるオプションも多数用意されています。 時間指定や横持ちといった都会環境では役立つサービスが利用できますし、エントランスや廊下床養生も追加できます。 ただし不用品の処分など苦手分野はありますが、安く単身引越しをしたいなら一度見積もりはとってほしい業者です。 ケーエー引越センターの口コミ• 安くする方法を教えてくれた 都内で単身の引っ越しをしました。 複数の業者に見積もってもらったのですが、当日に料金を安くする方法など、色々な小技を教えてもらえて好感がモ持てたので、ケーエー引越センターにお願いすることにしました。 満足しています。 20,000円で市内の単身引越し 調布市内で単身の引っ越しです。 見積もり額は30,000円でしたが、実際には20,000円しかかかりませんでした。 作業をしてくれたのは、20代と50代の力自慢風な男性2人。 2人とも人柄が良くて、気持ちの良い引っ越しをできました。 創業以来45年以上も引越しを専門に行っている業者で、自社内の技術研修センターで従業員教育がしっかり行われています。 身元保証人付き従業員証を着用しているので、単身女性の方でも安心してお任せできるでしょう。 電話対応が素晴らしく、常に丁寧で素早い引っ越し作業を行う上にリーズナブル。 基本料金内で済ませられるなら、驚くほどの低料金を提示してくれます。 家具・家電や不用品の処分が付随しない引越しにおすすめです。 アリさんマークの引越社の口コミ• 断る理由なし 7月という閑散期だったので、どの業者も見積もりは安かったですね。 ただ、ほとんどの業者が「混載したほうがいい」と言って見積もりを提案してきた中、同じような値段でアリさんだけが個別で運ぶプランを提案。 断る理由がありませんでした。 見積もりの半額くらいで済んだ 思っていたよりも安く済みましたね。 というか、見積もりの半額くらいで済みました。 成約したときには色々な優待券をもらえたし、作業はテキパキしていたし、何も不満はありません。 次回引っ越すときにも、またお願いしたいと思います。 地域密着型で、 東京近郊の単身者の引越しを得意とする中堅の引っ越し業者ですが、地方への引越しにも対応していて、他の運送会社との提携で家具だけの配送も可能と利便性が高いです。 引越しの時間帯を業者おまかせするフリー便が、驚くほど安く利用できます。 平日、軽トラックに詰みこめる程度の荷物なら、12,960円から。 ベッドなどの大物家具があっても、2万円以下で引っ越せることも。 時間に余裕がある人におすすめです。 また府中市不用品回収センターも運営していて無料の出張見積もりがあり、車の買取りの査定・廃車手続きまで無料サービスをしてくれます。 KIZUNA引越センターの口コミ• かなり安かった 一人暮らしですが荷物は多め。 大型家具・家電の輸送もオプションで付けてもらったので料金が心配でしたが、結局支払った金額は40,000円です。 かなり安かったですね。 家具・家電の配置にも気を配ってくださり、とても感謝しています。 大手より10,000円安かった 戸建てからマンションへの単身転居です。 大手数社にも見積もってもらったのですが、KIZUNA引越センターのほうが10,000円くらい安くて計30,000円。 びっくりしました。 本当は28,000円だったのですが、申し訳なくて30,000円払いました(笑)。 カルガモ引越センター 30年以上の実績がある引越し専門業者で、おすすめは1t車の時間制限なし、積み放題プランは12,800円からで、ざっくりとした要望に答えてくれる柔軟な業者。 金額もリーズナブルです。 さらに低予算にしたい方は、荷物運びを自分で手伝う事で ドライバー1名コースが選べます。 そしてトランクルームが1ヶ月間無料で、荷造りサービスとして、3時間無料のサポートもあります。 またオプションも豊富ですから、自分の都合でアレンジしてみましょう。 また、不用品を一部無料回収してくれるので、不用品はあるけれど少ない、という人にも向いています。 カルガモ引越センターの口コミ• 安いので3回リピート 今まで3回、カルガモ引越センターを利用しています。 リピートしている理由はただ一つ。 安いからです。 毎回、複数の業者に見積もってもらうのですが、かならずカルガモが一番安いです。 作業も何の問題もないですよ。 笑ってしまうほどの安さ 20km離れた場所に単身で引っ越しましたが、料金が21,000円です。 笑ってしまうくらい安かったです(笑)。 ちゃんと儲かっているのか心配になるほどでしたが、とりあえず何のトラブルもなく引っ越しが完了したので、何ら不満はありません。 関東エリアに特化して、地域密着No. 1を目指す引っ越し業者です。 また、徹底して無駄なコストを省く事でかなりの低料金を提示してくれる上に、ダンボールの用意や家具の配置などを基本サービスに含むことで 満足度の高い引っ越しを提供している点も好評価。 現場スタッフの質の高さも特徴で、安さと質、両方を求める人におすすめの業者。 もちろんオプションが充実しているので、梱包作業・開梱作業が面倒な時は低料金で依頼できます。 また、見積もりがしっかりしていて、追加料金が発生しにくい仕組みになっているため、安心感があります。 口コミでも料金だけでなく、丁寧な対応が良いと人気もある業者です。 東京ムービングの口コミ• 単身23,000円で引っ越し完了 戸建てからアパートへの単身引越し。 移動距離30km。 引っ越し時期は10月です。 ハイシーズンではないかも知れませんが、それでも23,000円という料金は、破格ですね。 時間通りにきちんと来てくれたし作業も丁寧だったし、とても満足しています。 手際の良い作業 何か手伝おうと思っていたのですが、結局、何もせずに突っ立っていたら作業が終わりました(笑)。 単身の引っ越しなんて、プロにしてみればお手の物なんですね。 スタッフ2名が来てくれたのに、料金はたった27,000円でした。 創業50年以上の老舗業者で、プロの引越コンシェルジュが最適のプランを提案するので安心です。 スタンダード・エコノミー・パーフェクトの3つのプランから予算に合せて選べます。 それに驚くほど作業が早く、しかも建物の養生やエントランスの清掃は基本サービスで大家さんにも好印象です。 また単身者プランは基本的に訪問見積もりがないので、部屋を見られたくない女性にもおすすめの業者です。 天草引越センターの口コミ• 都内の単身引越しで30,000円 1Kからワンルームへの単身引っ越しです。 移動距離は都内15kmで、料金は30,000円ちょうどでした。 引っ越し先は階段なしの3Fだったのですが、ずいぶん値段は頑張ってくれた印象です。 終始無言で迅速に作業してくれました。 他の業者は考えられない 単身赴任で引っ越しが多いのですが、引っ越しのときはいつも天草さんにお願いしています。 価格がリーズナブルだし仕事がプロ。 今回は4回目のリピートです。 他の業者は考えられないので、いつも見積もりは天草さん1社です。 全国展開している有名な引越し業者で、蓄積されたノウハウときちんとした従業員教育があり、大手ならではの安心感があります。 業界で初めて品質の国際規格であるISO9001とISO14001の ダブル取得をした業者で、仕事の質の高さには定評があります。 基本プランが豊富なので料金が非常にわかりやすく、ニーズに合った選択ができて便利で、オプションには盗聴器発見やマイカー陸送サービス、造園サービスまで用意しています。 引っ越しに関しては、ダンボールの無料サービスはもちろん、荷物を保護するシューズBOXやハンガーケースや食器専用ボックスまで提供するなど、豊富な引越し資材のサービスなどが特徴です。 サカイ引越センターの口コミ• 親身な営業さん 営業がキツいという評判がありますが、私は逆に、ここまで親身になってくれる営業さんはいないと解釈しました。 家族2人で県内の引っ越しですが、料金は50,000円と格安。 さすが業界最安値を目指す業者さんです。 コスパのいい業者 安いという噂を聞いていたのですが、複数の業者の見積もりの中では、一番高かったです。 でも他社に比べてトラックのサイズが大きく、スタッフの人数も多め。 安いというより、コスパのいい業者さんですね。 単身で札幌市内の引っ越しですが、35,000円でした。 ひとりひとりの引っ越しニーズに合わせた多種多彩なプランを用意しているところが特徴。 任意で組み合わせられる オプションサービスも充実しており、一人では難しい電気工事や不用品の引き取り、ハウスクリーニングなども請け負ってもらえます。 見積もりは基本的にWebまたは電話受付のみですが、そのぶん引っ越し料金に反映されて業界最安値のリーズナブル価格を実現しています。 フクフク引越センターの口コミ• 安くて頭が上がらない 一人暮らしで10km離れた場所に引っ越ししました。 仕事が忙しくて、徹夜で梱包をしたのですが間に合わず。 作業の方に梱包まで手伝ってもらう始末でした。 スタッフが3名来たにも関わらず、料金は28,000円。 もう頭が上がりません。 オプション込みで20,000円 約30km離れたマンションに単身で引っ越し。 一括見積サイトを使ったら、ここが一番安かったのでお願いしました。 オプションを付けたにも関わらず、見積もりも支払い額も20,000円です。 作業もスムーズで、全く問題ありませんでした。 総評 引越し業者は全国展開している大手と地域密着型の中小に大きく分けられます。 大手は会社としての安定感がありますが、小回りがきかず料金はやや高めになります。 中小は規模が小さいという不安はありますが、こちらの要望に柔軟に対応してもらえるので、口コミや実績などを調査して上手に利用すれば格安な引越しも可能です。

次の