呂不韋 キャスト。 映画「キングダム」続編はいつ公開?気になるキャストとあらすじは?

キングダム2(映画)登場人物にほうけん・呂不韋・李牧は?キャストや続編情報も!

呂不韋 キャスト

嬴政陣営• 嬴政 【国王】中華を統べる事を夢見る若き秦国国王• 成蟜 【王弟】兄王・政に協力し勢力拡大に励む• 昌文君 【左丞相】政の教育係りから一番の側近へ• 向 【大王側室】政を心から慕う芯の強い宮女• 麗 【王女】政と向の間に生まれた娘• 陽 【宮女】気の強い向の親友• 瑠衣 【王弟第一夫人】屯留出身の成蟜の第一夫人• 肆氏 【文官】竭氏の反乱鎮圧後、政の側近となる 飛信隊• 信 【飛信隊:隊長 五千人将】五千人将まで登りつめた王騎の遺志を継ぐ者• 河了貂 【飛信隊:軍師】飛信隊を動かす頭脳明晰な女軍師• 羌瘣 【飛信隊:副長 三千人将】復讐の「先」を見付けた飛信隊の頭脳兼右腕• 渕 【飛信隊副長】もっとも古株な副長• 楚水 【飛信隊副長】有能な働きで飛信隊を支える• 尾平 【飛信隊什長】お調子者だが仲間思い• 岳雷 【飛信隊】寡黙な元麃公兵• 我呂 【飛信隊】麃公軍から編入 呂不韋陣営• 呂不韋 【元相国】秦王の座をおびやかす最大勢力の長• 昌平君 【右丞相 呂氏四柱 】文武に優れた秦軍の総司令• 蒙武 【大将軍 呂氏四柱 】次世代の秦国を担う秦軍最強の猛将• 蔡沢 【文官 呂氏四柱 】秦に長く仕える外交のプロフェッショナル• 李斯 【文官 呂氏四柱 】厳格なる法の番人• 蒙毅 【文官】軍師を志す貂の兄弟子 秦軍• 麃公 【大将軍】戦場の匂いを嗅ぎ取る本能型将軍の極み!• 蒙驁 【大将軍】確かな腕と眼力を持つ秦を代表する大将軍• 張唐 【大将軍】確かな経験を持つ頑固一徹な老将• 王騎 【六大将軍】亡き後もその意志は信の中に• 摎 【六大将軍】六大将軍にして昭王の実の娘• 騰 【大将軍】捕らえどころがない王騎の元副官• 録鳴未 【将軍】激烈な性格の王騎軍筆頭• 隆国 【将軍】王騎の意思を継ぐ元第2軍長• 千央 【将軍】死闘の中で活路を見出す!• 王翦 【将軍】王の座を狙うミステリアスな知将• 桓騎 【将軍】友軍すら身構える残虐非道な元野盗• 雷土 【桓騎軍:副官】自信も軍を率いる桓騎軍副官• 黒桜 【桓騎軍:副官】桓騎を慕う女性副官• 摩論 【桓騎軍:参謀】奇策を操る桓騎軍参謀• オギコ 【桓騎軍:千人将】桓騎のお気に入り千人将• 王賁 【玉鳳隊:隊長 五千将】次世代将軍の筆頭候補!• 関常 【玉鳳隊:千人将】王翦から編入された切れ者の千人将• 蒙恬 【楽華隊:隊長 二千将】蒙武を父に持つ才気溢れる秦将• 陸仙 【楽華隊:副長】蒙恬に付き従う副長• 壁 【将軍】将軍に昇進した昌文君の右腕• 尚鹿 【将軍】壁の幼馴染みも将軍に• 袁夏 【将軍】成蟜を慕う将軍 山の民• 楊端和 【山の民・大将軍】山民族を束ねる山界の死王• バジオウ 【山の民】双刀を扱う山民族ナンバー2• タジフ 【山の民】山民族有数の怪力の持ち主• シュンメン 【山の民】山界一 屈強な鳥牙族の代表• ランカイ 【山の民】成蟜の元から山の民へ その他• 羌象 【羌族】外界を夢見た羌瘣の姉的存在• 羌明 【羌族】羌族の情報を流している一団の長• 幽連 【幽族】現蚩尤で羌瘣の仇討ち相手• ムタ 南越ベッサ族の戦士• 漂 政の影武者となった信の幼馴染.

次の

キングダム実写化の理想キャストは誰?呂不韋・昌平君・王翦・蒙武・桓騎を考えてみる

呂不韋 キャスト

呂不韋は相国を剥奪される 嫪毐(ろうあい)が乱を起こして鎮圧されると、呂不韋も連座して失脚してしまいます。 ここにおいて相国の身分も失ってしまいます。 普通であれば呂不韋は処刑されてもおかしくありませんでした。 しかし、呂不韋は秦王政の父親である 荘襄王を秦王にしたキングメーカーでもありますし 功績も絶大なるものがあったわけです。 さらに、呂不韋は諸侯でも名が通っていますし、 賓客たちは呂不韋を処罰しないように、秦王政に嘆願します。 秦王政も呂不韋を処刑する事は出来ずに、河南で蟄居する事になりました。 呂不韋の最後 呂不韋は蟄居中にも関わらず多くの名士が呂不韋の元を訪れたりしていたわけです。 これに 秦王政は権力の座を再び奪われるのではないかと考えて恐怖を覚えます。 呂不韋の事をかつては仲父とも呼んでいたわけですが、ここにおいて嫌がらせとも取れる手紙を呂不韋に送り付けます。 「君(呂不韋)にどのような功績があって、秦は河南で10万戸を授けたのか。 家族と共に蜀へうつれ」 この様に命令しています。 呂不韋は秦王政の命令に従って、蜀に移りますが、秦王政が 呂不韋の権勢を根こそぎ奪い排除することに気が付きます。 それに絶望したのか蜀に行く道中で呂不韋は自殺しています。 尚、呂不韋の家族の大半は蜀に移り住んだようです。 呂不韋における出処進退 呂不韋を見ていると荘襄王を「奇貨居くべし」と考えて、キングメーカーとなり莫大な富を築いたわけです。 しかし、 出世すると権力闘争もありますし、危険な面もあるわけです。 出る時は出る引くときは引く事を出処進退を呼びますが、歴史上でも 名宰相とか名臣と呼ばれた人でも出処進退に失敗した人は多いです。 呉起は、楚の悼王が亡くなると貴族によって殺されていますし、秦の商鞅も孝公が亡くなると恵文王や貴族たちに殺されてしまいました。 越の文種も句践を覇者にするのに功績がありましたが、自殺させられています。 しかし、全ての功臣が殺されたわけではなく、 秦の 范雎は昭王が生きている間に権力を返上してしまい天寿を全うしています。 他にも、越の范蠡も主君である句践が覇者になると、 大臣をやめて商人になっています。 范蠡は政治家から商人となり、商人から政治家になった呂不韋とは反対のパターンです。 呂不韋も范蠡を見習って、 権力があるうちに引退して商人に戻った方が良かったのかも知れません。 それか悠々自適の生活を目指すのもよいでしょう。 歴史上を見ても 最後を全うした人物は意外と少ないです。 劉邦の元で活躍した武将なども多くは、処刑されているわけです。 呂不韋を見ても引くときにひかなかった事が、最後の最後で災いを呼んだとも言えそうです。 尚、粛清される前に、 見事なボケ老人の演技で逆に権力を奪ってしまった司馬懿の様な人物もいます。 それを考えれば、呂不韋や 嫪毐は司馬懿になれなかったと言えそうです。 しかし、呂不韋は一介の商人から秦で最も尊貴な大臣になってしまうわけですから、 傑物と言えるのではないかと思います。 確かに、司馬遷の評価したように 「有名だが行いが芳しくない人物」とも言えそうですが、傑物ではないかと私は感じています。 関連記事: 劉邦の嫁呂后は呂不韋の子孫です。 呂不韋の一族は秦王政の命令により蜀に住み着きました。 スポンサーリンク しかし、ずっと蜀にいた人もいれば離れた人もいるようです。 秦王政は6国(韓・魏・趙・燕・楚・斉)を滅ぼして天下統一を成し遂げます。 しかし、強引な政策が反動となり、 始皇帝が崩御するとわずか4年で滅亡してしまいます。 秦の都を落としたのは武関から秦に攻め入った劉邦です。 この 劉邦の妻を 呂雉と呼ぶのですが、これが呂不韋の子孫です。 秦を完全に滅ぼしたのは項羽(項燕の孫)ですが、秦の都を制圧したのは劉邦なわけです。 これを考えれば間接的ではありますが、 秦を滅ぼしたのは呂不韋の子孫だとも言えます。 歴史の因果を感じるところです。 呂不韋の子孫が帝王になる? 劉邦は楚漢戦争において項羽を破り漢の皇帝となります。 その後、劉邦は亡くなるのですが、 劉邦が亡くなると 呂雉が政務を見るようになります。 呂后は劉邦に気に入られていた戚夫人なども含めて次々に粛清していきます。 劉邦の他の女性に産ませた子であっても、 容赦なく罪を問い粛清を行っているわけです。 そして、呂氏の一族を王位につけたりして高官を独占しようとしたりもしました。 実際に、皇帝は呂后の息子である恵帝なのですが、 司馬遷は実質天下を運営しているのは呂后だと判断しています。 そのため、劉邦の 高祖本紀の次が恵帝本紀ではなく 呂后本紀となっているわけです。 しかし、余りにも過激に粛清してしまったせいか、恵帝は病んでしまい死亡してしまう事になります。 その後、後宮の女性に恵帝に子がいた事にして 傀儡の皇帝を擁立したりもしています。 この頃の漢の宮廷はかなり乱れていました。 呂后が政務を執っているわけですから、ある意味、呂不韋の子孫が天下を取ったと言えるでしょう。 しかし、 呂后が死ぬと劉邦時代の功臣である陳平や周勃が立ち上がり劉氏に実権を戻しています。 皇帝には劉邦の子である 劉恒(文帝)が即位しました。 劉恒の父親は劉邦ですが、母親は薄氏ですので、呂后との血のつながりはありません。 そのため呂不韋の子孫である 呂后は一代だけの女帝だと考えるべきでしょう。 尚、呂后の政治ですが宮廷では粛清などがあり功臣たちには嫌われていたようですが、司馬遷によると宮廷の中でずっと揉めていたため、 庶民は平和だったとあります。 呂后は大臣達には嫌われて人民には好かれた人だったと言う事なのでしょう。 三国志時代の呂凱も呂不韋の子孫 三国志の時代に蜀に仕えた 呂凱も呂不韋の子孫です。 最初にも言いましたが、呂不韋の子孫が呂布ではありません。 呂凱は諸葛亮からも信頼されていましたし、 道理を守った人物とも評価されています。 「有名だけど内容が芳しくない」と評価されている呂不韋とは大変な違いですねw 呂凱は諸葛亮の南征でも活躍したりしています。 しかし、最後は諸葛亮が帰還後に南蛮の反乱により命を落としています。 呂凱が亡くなると子の呂祥が跡を継いでいます。 呂不韋について 呂不韋は終わりが良くなかった為に、 好きだという人は少ないように思います。 キングダムでは大物ではありますが、どこか胡散臭い部分も見え隠れするように感じました。 貨幣を重視している辺りが、そのように見えてしまうのかも知れません。 しかし、 呂不韋は奇貨居くべしとあるように、目利きが凄く利く人物だと思っています。 呂后の父親である呂公は劉邦を見た時に 「必ず凄い人物になる」と予言したそうです。 これもある意味、 呂不韋譲りの人物鑑定術だったのではないでしょうか? 呂后の代で天下を運営したのも、ある意味、当然の成り行きだったのかも知れません。 尚、漢の恵帝は呂后の子ですので、 呂不韋の子孫は皇帝になった事は間違いないです。 ちなみに、キングダムの有名どころでは、司馬尚と李信の子孫は皇帝になっています。 関連記事: 関連記事: 呂不韋の記事一覧: キングダム:.

次の

呂不韋の最後と子孫は秦を滅ぼし帝王となる?

呂不韋 キャスト

生涯 [ ] 奇貨居くべし [ ] 呂不韋の出身地は二説ありの(『』)との(『』呂不韋列伝)である、商人の子として生まれ、若い頃より各国を渡り歩き商売で富を築いた。 の人質となっていて、みすぼらしい身なりをした秦の公子・異人(後に子楚と改称する。 秦の荘襄王のこと)をたまたま目にして、「 これ奇貨なり。 居くべし これは、掘り出し物だ。 手元におくべきだ。 )」 と言った。 陽翟に帰った呂不韋は父と相談し、話し合いの結果、将来のために異人にすることで結論がまとまったという。 やがて呂不韋は再び趙に赴き、公子の異人と初めて会見した。 当の異人は、当時の秦王であったの太子・安国君(後の)の子とはいえ、20人以上の兄弟が居ただけでなく、生母のが既に父からの寵愛を失っていたため王位を継げる可能性は極めて低く、母国にとっては死んでも惜しくない人質であった。 しかも趙との関係を日増しに悪化させていた秦の仕打ちによって、趙での異人は監視され、その待遇は悪く、日々の生活費にも事欠くほどであった。 だが呂不韋はこの異人を秦王にし、その功績を以て権力を握り、巨利を得る事を狙ったのである。 無論、呂不韋には勝算があった。 世子を擁立 [ ] 呂不韋は異人に金を渡して趙の社交界で名を売る事を指導し、自身は秦に入って安国君の寵姫・の元へ行った。 呂不韋は華陽夫人に異人は賢明であり、華陽夫人のことを実の母親のように慕って日々を送っていると吹き込んだ。 さらに華陽夫人の姉にも会って、自身の財宝の一部を贈って彼女を動かし、この姉を通じて異人を華陽夫人の養子とさせ、安国君の世子とするよう説いた。 華陽夫人は安国君に寵愛されていたが未だ子がなく、このまま年を取ってしまえば自らの地位が危うくなる事を恐れて、この話に乗った。 安国君もこの話を承諾して、異人を自分の世子に立てる事に決めた。 趙に帰った呂不韋が異人にこの吉報をもたらすと、異人は呂不韋を後見とした。 また異人はこのとき、養母となった華陽夫人がのだったのでこれに因んで名を子楚と改めている。 呂不韋は趙の[婦人]()を寵愛していたが、子楚は彼女を気に入り譲って欲しいと言い出した。 呂不韋は乗り気ではなかったが、ここで断って子楚の不興を買ってはこれまでの投資が水泡に帰すと思い、女を子楚に譲った。 彼女は既に呂不韋の子を身籠っていたが、子楚にはこれを隠し通し、生まれた子も子楚の子ということにしてしまった。 これが政(後の始皇帝)であるという。 この説が真実かどうか今となっては確かめる事はできないが、当時から広く噂されていたようで、『史記』呂不韋列伝でもこれを事実として書いているが、秦始皇本紀では触れていない。 秦の宰相 [ ] 、秦で高齢の昭襄王が在位55年で逝去し、その次男の孝文王が立つと子楚は秦に送り返され太子となったが、間もなくが50代で逝去したために太子の子楚が即位して荘襄王となった。 呂不韋は(当時は相邦と呼ばれていた)となり、文信侯と号しての10万戸を領地として授けられた。 呂不韋の狙いは見事に当たり、秦の丞相として彼の権勢は並ぶものがなかった。 、荘襄王が若くして死に、太子の政が王となった。 呂不韋は 仲父(ちゅうほ、父に次ぐ尊称あるいは「おじ」という意味)と言う称号を授けられ、呂不韋の権勢はますます上がった。 一字千金 [ ] この時期にはやなどが食客を集めて天下の名声を得ていたが、呂不韋はこれに対抗して3,000人の食客を集め、呂不韋家の召使は1万を超えたと言う。 この客の中にがおり、その才能を見込んで王に推挙した。 更に客の知識を集めて『』と言う書物を作った。 これは当時のの書物とは違って思想的には中立でのような書物である。 呂不韋はこの書物の出来栄えを自慢して、市の真ん中にこれを置いて「一字でも減らすか増やすか出来る者には千金を与える」と触れ回ったという(一字千金の由来)。 以呂氏春秋 布咸陽市門 縣千金其上 延諸侯游士賓客 有能增損一字者 予千金 — 『』巻八五 呂不韋列伝 斜陽 [ ] 権勢並ぶものがない呂不韋は、政の生母であるとしていた。 これは元々好色で、荘襄王の死後に男なしでは居られなくなった太后からの誘いであった。 呂不韋としても、元愛人であった太后への未練を断ち切れず、関係を戻したのである。 しかし政が成長するにつれて、今や国母となった太后との不義密通を続けるのはいくらなんでも危ないと感じた呂不韋は、(ろうあい)というの男を太后に紹介しただけでなく、男性の入れぬ後宮へ、に偽装して送り込んだ。 太后は 嫪毐の巨根に夢中になり、息子を2人生んだ。 その後の 嫪毐は、太后の寵愛を背景に長信侯に封じられて権勢を得たものの、所詮巨根だけで成り上がった男でしかなかった。 やがて太后との密通が発覚すると 嫪毐は政に対し謀反を起こし、窮地を乗り切ろうとする。 だがすぐに鎮圧され、で誅殺され、 嫪毐の2人の息子も処刑され、太后は幽閉された。 この一件は呂不韋へも波及。 連座制に則り、処刑されるところだったが、今までの功績を重んじた政によって、丞相職の罷免とに減刑された。 だが呂不韋は蟄居後であっても客との交流を止めず、諸国での名声も高かった。 そのため、、客や諸国と謀って反乱を起こすのではないかと危惧した政からの詰問状を受け、地域への流刑を追加された。 翌年、呂不韋は自らの末路に絶望し、酒を仰いで自殺した。 評価 [ ] 呂不韋が始皇帝の実の父であると言う話は流布しており、始皇帝生存時から存在したらしく、『史記』呂不韋列伝にも史実として記載されている。 しかし、ほぼ同時代のの宰相にも同様の逸話があることから、上記の秦始皇本紀には触れていないこともあり、それを否定する歴史家もおり、始皇帝を中傷するために作られた話とする見方もある。 真実を知っていたのは呂不韋と太后のみであり、定説が出る見込みはない。 後裔 [ ] の妻(呂后)は呂不韋の一族だったと・佐竹靖彦らは可能性を示唆している。 また、に呂不韋の名に因んだ不韋県の人でに仕えた豪族のは、呂不韋の後裔とされている(『』蜀志呂凱伝)。 参考資料 [ ] 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

次の