天気の子 アヤネ カナ。 【天気の子】天野凪の彼女カナとアヤネの秘密!本名と声優のプロフィールも

天気の子(2019年)

天気の子 アヤネ カナ

この記事の目次• 映画「天気の子」陽菜の青い石のチョーカーが壊れた理由は? 陽菜さん可愛い💕 — とある大3のアニメ好き! SHIN ilikeanimation 映画「天気の子」では陽菜と帆高が天空から戻ってきた際、代々木ビルの屋上で陽菜の青い石のチョーカーが壊れているカットがありました。 青い石は陽菜の母親の形見です。 物語の冒頭で陽菜母が入院しているときは、青い石のチョーカーは母親が持っていました。 その後は陽菜母は亡くなり、以降はずっと陽菜の首につけられたものであり、陽菜を象徴するアクセサリーでした。 上空から舞い降りた際の衝撃で破損したのでしょうか。 個人的にはそうではなく、青い石=天気の巫女の証、だと考えます。 天気の巫女となったのはいつ? まず、陽菜が晴れ女こと天気の巫女になったのはいつでしょうか。 これは映画冒頭で鳥居をくぐった時で間違いないでしょう。 この時はまだ陽菜はチョーカーを持っておらず、病院で母親が持っていたため、下記のような意見もあります。 陽菜が初めて晴れ女の能力を使う場面になりますが、この時にはチョーカーをつけていません。 そういったことを考えても個人的には、陽菜が晴れ女の能力をチョーカーに依存している可能性が低いと思いますね。 陽菜が鳥居をくぐった時に青いチョーカーを持っていないため、ただの母親からの形見という意見です。 ただ、この時はあくまでも「鳥居をくぐったから」晴れになっているのであり、陽菜自身の意思で晴れにしたわけではありません。 病院から晴れている光をみつけてそれにつられるようにビルの屋上に向かっており、最初は陽菜の力ではなく、純粋な天の力で晴れにしているのでしょう。 青い石は天気の巫女の証 しかし、以降は陽菜は青い石のチョーカーを首につけています。 これについては母親の形見であると同時に、陽菜の母も天気の巫女だったという説があります。 詳細はページ下段に記載しますが、陽菜の母親が病気で亡くなることがわかっており、代わりに人柱になる存在として天が陽菜に目をつけたという考えです。 青い石のチョーカーが壊れたのは天気の巫女ではなくなったから 最後に青い石のチョーカーが壊れたのは、天気の巫女ではなくなったことをさしているのではないでしょうか。 というのも、もし天気の巫女と青い石のチョーカーが無関係なのであれば、あそこでチョーカーが壊れているカットは不要だと思います。 帆高から連れ戻されたことにより天気の巫女ではなくなったという証明するため、破損=能力の消滅、を暗喩させたものだと考えます。 映画「天気の子」陽菜の母親は天気の巫女(晴れ女)だった? 天気の子 ひなさんのお母さんも人柱? 人柱になる前に死んでしまったから、ひなさんが人柱になったのかも チョーカーが取れるのは呪縛から解放された暗喩か。 ならばお母さんの呪いとも言えるかも。 — kanbashi58 kanbashi58 そもそも、陽菜が屋上が鳥居に向かった理由を思い出していくと ・雨が降っている ・鳥居の部分だけ晴れている という気象的な要因以外にも、最初の段階で"天空の水のような生物が窓を叩いている"描写がありました。 つまり、病院の窓にわざわざ"天空の水のような生物が窓を叩き"に来ているのです。 では、なんで天空の水のような生物が窓を叩いたのか。 これは陽菜の母親が天気の巫女(晴れ女)だったからではないでしょうか。 陽菜の母親=天気の巫女(晴れ女)という結論にたつと全てが繋がっていきます。 -- 陽菜の母親は、おそらく「君の名は。 」同様に家系の呪いで、天気の巫女(晴れ女)だった。 陽菜の母親も母(陽菜の祖母)の形見として青い石のチョーカーを持っていた。 しかし、体が病気にかかってしまい、天気の巫女(晴れ女)として人柱になる前に亡くなる可能性ができてた。 天気の巫女が亡くなることは、天空の秩序が保たれなくことであり、「天空の水のような生物」がなんとかしないと地上に降って来た。 「天空の水のような生物」が映画冒頭で陽菜がお見舞いをしている際、窓ガラスを叩いていたのはそのため。 (途中で魚のような生物がたくさん降ってきたというニュースがあったと思いますが、あれは天空の秩序が乱れつつあり、雨として降らなくても良い生物が降ってきたから) 陽菜がその音に気づいた時、天空が鳥居をてらしたのは、陽菜に天気の巫女の後継者になるべく、儀式として一度天空へ呼び寄せる必要があったから。 (母親はその儀式も経験して何もかも全て知っていたが、15歳の陽菜にその重みを受け継がせたくない(=地球からいなくなること)と考え、雨が振り続ける代わりに自分の代で天気の巫女を死滅させることを決意していた可能性もある) 窓の音に気付いた陽菜はそのまま天の明かりに導かれるようにして鳥居を潜り、天気の巫女としての能力を手に入れた。 自分も体験したことから陽菜母は陽菜が天空に向かったことを察し、結局血は争えないと感じて青い石のチョーカー(天気の巫女の証)を授けて亡くなった。 -- という流れです。 そして、最後は帆高が無理やり陽菜を天空から引きずりもどし、陽菜もそれに従ったため、天気の巫女という存在そのものが消え、青い石のチョーカーも壊れたのではないでしょうか。 天気の巫女という存在そのものが消えるというのは、天空の秩序が乱れる(=晴れがない)ということであり、雨が振り続けてしまうこと。 だから、東京は三分の一が雨で埋もれてしまったのでしょう。 天気の巫女としての陽菜の能力や正体は下記にまとめました。

次の

天気の子(2019年)

天気の子 アヤネ カナ

「ねえ、今から晴れるよ」 CV: 概要 東京で暮らし始めた主人公の がある日偶然出会った、をにした17歳の少女。 誕生日は8月22日(小説版、144ページ)。 つねに明るく快活に振る舞うことを忘れない気丈さの持ち主であり、現在はとある事情によって小学生の弟である とふたりだけで暮らしている。 いままで勤めていたアルバイトを突然辞めさせられ、生活費を稼ぐためにやむなくの紹介を受けようとしていたところを帆高に助けられた陽菜は、家出中の身である彼を元気づけるために自身の力を明かす。 そして、その力を目の当たりにした帆高のアイデアによって、街の人々に「晴れ」を届ける晴れ女としての仕事を始めることになる。 人物 容姿 つやつやとしたをにしてふわりと垂らした、黒目がちな大きな瞳の少女。 (小説版、68ページ、116ページ、157ページ) 作中全体を通してにという出で立ちで登場しており、よく動く表情やころころ変わる声のトーンなどと相まって、彼女のまとう快活さをよりいっそう強調している。 なお、10代の後半にしては幼い顔つきや白くて華奢な体躯、作りたてのように滑らかな頬や唇などが醸し出す雰囲気は、彼女と初めて知り合ったときの帆高をして「 とても年上には見えない、せいぜい同い年か、なんなら一つ二つ下かと思っていた」(小説版、78ページ)というような、実年齢との隔たりを感じさせるものとなっている。 性格 陽射しのような明るい笑顔を絶やさない、にこにことした快活な性格の持ち主。 年上の人間に対してはしっかりとした受け答えのもとに礼儀正しい振る舞いをとっているものの、親しい間柄の人と一緒にいる際にはころりとした笑顔や寂しげな表情などをくるくると変えており、「 虹色の嵐に吹かれているようだ」(小説版、100ページ)という目まぐるしい印象を与えている。 また、弟とふたりだけで暮らしている現状としっかりと向き合い、「 私は——早く、大人になりたいんです」と自立する覚悟を口にするなど、苦境にめげずにまっすぐに未来を見つめるたくましさも併せ持っている。 家庭環境 彼女が暮らしているは、の南口の先にある細い坂道の上に建てられている。 (小説版、90~91ページ) そのアパートの二階の一番奥にある陽菜の部屋は、決して広くはない空間に多くのものがあふれ返っているにもかかわらず不思議と雑然とした印象を与えない、色とりどりのハンドメイドの調度品に囲まれた楽しげな空気を漂わせたものとなっている。 (小説版、92~94ページ) 家には両親はおらず、現在は弟の凪とふたり暮らしをしている。 彼女たちの母親は一年前、長い闘病生活の末に亡くなっており、陽菜はその日からずっと自身と凪の生活のためにアルバイトに精を出すことを常としていた。 その他• 陽菜が首元につけているは、彼女の母親が生前着用していたを形見として加工したものである。 (『天気の子』映画公式パンフレットvol. 2、19ページ、『天気の子』公式ビジュアルガイド、68ページ)• この年頃の少女にしては珍しくもも持っておらず、帆高を自宅に招いた際には家までの道順を記した手書きのメモを渡している。 (小説版、90ページ、286ページ)• 手先が器用で、裁縫や装飾を手作りしたりするほか、手料理の腕前も確かなものである。 また、自宅でカイワレダイコンやを栽培するなど、節約にもこだわっている。 絵を描くのはあまり得意なほうではなく、晴れ女の仕事を始める際に作成したWebサイトにのイラストを添えたときには、帆高からと間違えられていた。 彼女の誕生日は8月22日であるが、映画『』公開中の2019年の同日には、同作品の興行収入が100億円を突破(前日に100億7千万円を記録)するという喜ばしいニュースが発表されている。 雨雲を退けて晴れを呼べる範囲は彼女の周囲のごく限られた一帯で、晴れにできる時間もおおむね1時間程度であるものの(小説版、114ページ)、彼女が望めば時期・場所を問わずいつでもどこでも天気を変えることができる。 その存在は決して有名なものとして大々的に知られているわけではないが、やの世界では「 100%の晴れ女」という触れ込みのもとに、その噂を確かにささやかれている。 経緯 陽菜の持つ「晴れ女」の力は生まれつき備わっていたものではなく、物語の一年前に彼女が巡り合わせたある体験が大きな契機となっている。 一年前のある雨の日、病院の一室で数か月ものあいだ意識を取り戻さない母親に寄り添っていた陽菜は、不意に病室の窓から見える景色のなかでただ一点だけ、ぽつんと光の差し込んでいるビルの屋上があるのを目にする。 誰かに呼ばれたかのように無意識的に病室を抜け出し、その光の差す廃ビルの屋上にたどり着いた彼女は、降り注ぐ陽光が屋上の一角にある小さな鳥居をまっすぐに照らしていることを認め、そこに向かって歩き出す。 鳥居をくぐる直前、両手を合わせながら「 雨が止みますように。 お母さんが目を覚まして、青空の下を一緒に歩けますように」と強く願った陽菜は、鳥居をくぐったその瞬間、自らが広大な青空の真ん中に浮かんでいることを知った。 その大空を漂う過程で、彼女はの頭頂に広がる緑の草原やそのあいだを回遊する水の魚たちなど、これまで誰も知りえなかった「世界の秘密」を目にするとともに、自分自身の意識が風や水、雲や大空といった世界の事象と一体になっていくのを知覚している。 「晴れ女」の伝承 陽菜のような「空と繋がった」特別な人間は、古来から「 天気の巫女」として崇められており、人々の願いを空に届けることのできる存在として神聖視されていた(小説版、139~140ページ、142ページ)。 しかし、天気の巫女たちの強大な力には同時に重い代償も伴っており、「 最後は人柱となって空に還る」「 力を使いすぎると神隠しに遭う」「 ガイアと一体になってしまう」などといった悲しい運命も背負わなければならなかったと伝えられている。 主要キャラクターとの関係 離島から家出して東京にやってきた16歳の少年。 陽菜は帆高のことを「 帆高」または単に「 君」と呼んでおり、対する帆高は「 陽菜さん」と呼んでいる。 まだ陽菜がでアルバイトとして働いていたころ、3日連続で来店してだけを頼んでいた帆高のことを気の毒に思い、彼のために店側に無断でを差し出したのがふたりが出会ったきっかけである(小説版、34~35ページ)。 それからひと月後、辞めさせられたアルバイト先に代わる新たな収入先を探すためにやむなくの紹介をスカウトマンたちから受けようとしていたところを、偶然通りかかった帆高になかば連れ去られるような形で助けられる。 一時は追いつかれて窮地に陥るも、帆高が隠し持っていた実弾入りのを発砲したことによって双方ともに茫然となり、その隙をついて陽菜は帆高とともに逃げ切ることに成功する。 逃げ切った先の廃ビルのなかで、陽菜は一歩間違えれば相手を殺害していたかもしれない帆高を激しく非難するが、同時に身寄りのない家出少年であった彼の身を案じ、彼を元気づけるために廃ビルの屋上に上がって自らの持つ不思議な力を明かす。 驚きを隠せない帆高に改めて自己紹介をした陽菜は、重ねるようにして自身は翌月に誕生日を控えた17歳であることを告げ、「 年上には敬語ねっ!」と念を押すようにしながら彼と握手を交わしている。 その後日、陽菜は彼女の家を訪れた帆高から、陽菜の持つ晴れ女の力を使い、晴れを必要としている人たちに天気を届けるという「 晴れ女ビジネス」を提案される。 陽菜は最初こそ渋っていたものの、その後は順調に料金やWebサイトのデザインなどの調整を重ね、終日をかけて事業体系の完成にこぎつけている(小説版、98~104ページ)。 そして、さっそく舞い込んだ翌日の依頼を皮切りに、都内に暮らす老若男女からのさまざまな依頼を帆高とともにこなしていき、「晴れ女ビジネス」の信頼を広く得ることに成功している。 陽菜は「晴れ女ビジネス」における一連の活動を通して、自らの生きる意味を見つけるきっかけを与えてくれた帆高に深い感謝を寄せており、とらえどころのないからかい混じりの振る舞いのなかにその本心を少しだけ含めながら彼と接している。 陽菜の弟で、都内の小学校に通っている10歳の小学生。 陽菜は凪のことを「 凪」と呼んでおり、対する凪は「 姉ちゃん」と呼んでいる。 一年前に母親が亡くなって以降、陽菜は生活費を稼ぐためにずっとアルバイト漬けの生活を送っており、凪はそんな彼女に対して自身の無力さを申し訳なく思うとともに、「 姉ちゃんには、もっと青春っぽいことしてほしいんだよね」という応援の気持ちも抱いている。 (小説版、149ページ) また、陽菜が帆高とともに「晴れ女ビジネス」を立ち上げた際にも、その翌日に行うことになった初仕事を成功させるための手伝いとして帆高お手製の巨大を着用し、晴れを祈る陽菜のそばを駆け回りながら応援している。 陽菜は夏美のことを「 夏美さん」と呼んでおり、対する夏美は「 陽菜ちゃん」と呼んでいる。 陽菜は、帆高から前もって聞かされていたとおりの夏美の人柄に接して、「 会えてすごく嬉しい」という社交辞令ではないまっすぐな想いを打ち明けている。 また、編集プロダクションの仕事で「 100%の晴れ女」の都市伝説を追っていた夏美から「晴れ女ビジネス」の利用者たちが陽菜の力を喜んでいたことを告げられた際には、湧き上がる喜びをあらわにしながら彼女にまぶしい笑顔を向けている。 関連イラスト ノースリーブパーカー&ショートパンツ 関連タグ - 陽菜と偶然知り合った家出中の少年。 16歳の高校生。 - 陽菜の弟。 都内の小学校に通う10歳の小学生。 - 森嶋帆高とのカップリングタグ。 - 森嶋帆高、天野凪とのトリオ(グループ)タグ。 - 陽菜の設定面における元ネタである可能性が指摘される民話の人物。 () () 外部リンク• (2019年8月21日)• (英文記事) 参考文献• 新海誠『小説 天気の子』 角川文庫 2019年7月25日初版発行 ISBN 978-4-04-102640-3• パンフレット 映画『天気の子』 東宝 2019年7月19日発行• パンフレットvol. 2 映画『天気の子』 東宝 2019年9月14日発行• 新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド KADOKAWA 2019年8月30日発行 ISBN 978-4-04-108431-1 ネタバレ注意 のちに、本当の年齢が15歳であることが判明する。 母親を失っても弟と暮らすのに施設に入ることを嫌がったため、年齢詐称をしてアルバイトもしていた。 しかし、そのアルバイトも嘘がばれてクビになってしまう。 そのため、スカウトマンに誘われて胡散臭い仕事に手を出そうとしていた。 関連記事 親記事.

次の

[天気の子]凪を助けた女の子たちの設定がすごい!花澤香菜と佐倉綾音?

天気の子 アヤネ カナ

この項目では、日本のアニメーション映画について説明しています。 本作のサウンドトラックについては「」をご覧ください。 天気の子 Weathering With You 監督 脚本 新海誠 原作 新海誠 製作 川口典孝 製作総指揮 古澤佳寛 ナレーター なし 出演者 音楽 主題歌 RADWIMPS 「愛にできることはまだあるかい」 「グランドエスケープ Movie Edit feat. 」 「風たちの声 Movie Edit 」 「祝祭 Movie Edit feat. キャッチコピーは「 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」。 概要 [ ] 前作『』から3年ぶりとなる、新海の7作目の劇場用。 2018年12月に製作発表会見で主演、メインスタッフと公開日を発表した。 翌年4月9日には予告編が公開。 完成したのは公開直前のため、試写会は一切行われなかった。 東宝配給作品史上最大級の359館448スクリーンの規模での公開となり、初日には午前0時に世界最速上映が行われ、午前9時に全劇場で一斉に初回が上映された。 9月14日には劇場パンフレットの第2弾が発売された。 9月27日から4D版(MX4D、4DX)が上映開始された。 ストーリー [ ] 帆高が上京する際に乗っていた東京 - 神津島航路の 2021年(令和3年)6月。 で暮らす高校1年生、 森嶋帆高(もりしま ほだか)はし、フェリー「 」で東京にやって来た。 ネットカフェで暮らすが、アルバイトにも就けないまま所持金ばかり減っていき、フェリーで知り合ったライターの 須賀圭介(すが けいすけ)の元を訪ねる。 圭介は姪の 夏美(なつみ)と2人で雑誌 に記事を寄稿する零細編集プロダクションを営んでいた。 帆高は住み込み・食事付きの条件に惹かれ、そこで働き始める。 その夏の関東地方は、異常気象により長期間にわたって雨の日が続いていた。 帆高はある事件 で 天野陽菜(あまの ひな)という少女と出会う。 彼女こそが「晴れ女」であり、祈ることで短時間、局地的だが確実に雲の晴れ間を作る能力を持っていた。 陽菜は小学生の弟、 凪(なぎ)と暮らしており、2人が経済的に困っている様子をみた帆高は、晴れ女の能力で商売をすることを提案し、依頼用ウェブサイトを作成した。 「晴れ女」のサービスは次第に評判を呼び、順調に仕事を増やして行った。 しかし、 を晴れにする依頼の際、テレビに映ってしまい依頼が殺到したため、休業することにした。 帆高には家族により捜索願が出されていたことと、陽菜と出会った時の事件 でのの発砲が警察に知られたことから、圭介のもとに刑事が捜査に訪れた。 これを機に帆高は圭介から退職金を渡されて事務所を追い出されてしまった。 それとほぼ同時に、子供2人だけの天野家にが介入することが重なったため、互いが引き離されることを恐れた陽菜と凪とともに、帆高は3人で逃げ出した。 逃避行中に異常気象が進み、夏でありながら雪が降っていた。 3人はに泊まり、インスタント食品やカラオケで一夜を過ごす。 一方で能力の代償として、陽菜の身体は薄く透明になり始めていた。 そして「天気の巫女がとして犠牲になる」という伝承のとおり、夜が明ける前に陽菜の身体は消失してしまう。 手前:本作で登場する廃ビル「」(2020年1月で建物の解体工事が完了し、現存しない )。 なお、本作の屋上神社は架空のもの。 奥:新海誠監督作品では頻繁に登場する(ドコモタワー) 翌朝、ホテルの部屋に警察が踏み込み、凪は児童相談所へ、帆高はへと送られるが、2人ともそれぞれ脱走し、陽菜が「晴れ女」としての能力を得たの廃ビルへ向かう。 一方、東京は数か月ぶり の晴れとなった。 警察の追跡の中、夏美、圭介、凪の3人の助けで廃ビル屋上の神社にたどり着いた帆高が祈りながらをくぐると、彼の身体は遥か上空へとワープし、の上に囚われていた陽菜を救い出すことに成功した。 2人が神社の場所に戻されると同時に再び雨雲が東京を覆った。 帆高は再逮捕された後、高校卒業までの期間の処分を受け、神津島に戻された。 陽菜救出後に降り始めた雨は、それから2年半のあいだ止むことなく続き、東京の、下流域の広範囲が徐々にしていった。 2024年の春、帆高は大学進学 を機に東京本土へと再び渡り、陽菜と再会を果たしたのだった。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 森嶋 帆高(もりしま ほだか) 声 - 本作の主人公。 高校 1年生。 本作冒頭で東京本土にフェリーで家出した。 家出の理由について劇中では詳しい説明は無い。 家出中であり身分証を提示できないことからアルバイトに就けず、に泊まる日々が続いていた。 そんな中、大量の銃器所持で逮捕された犯人・柴田 が捨てたとみられる拳銃を拾った。 その後、職を探していた陽菜をバイトに勧誘した木村とトラブルになり、誤って発砲したが弾は外れた。 圭介に雇ってもらい食と住を確保し、順風満帆な生活を送っていたが、発砲したところがに映っていたことと家族が届を提出したことの2つの理由で警察に追われることになった。 なお、カップヌードルは3分待たずに2分で食べる習慣がある。 外出時は常に黄色の を身に着けており、拾った拳銃もこの中に入れて持ち歩いていた。 圭介の事務所で雇われている間は、携帯通信料は事務所が支払っていた。 何かわからないことがあるとすぐにスマートフォンを介して に質問し、回答を得ようとする癖がある。 圭介からビールを勧められても突き返してジュースを手に取るなど普段は律儀な性格であるが、陽菜が絡むと法律違反も躊躇しない攻撃的な性格に変貌する。 圭介、陽菜、凪からは「帆高」、夏美からは「帆高くん」と呼ばれる。 一人称については、人と話す時は「俺」、モノローグでは「僕」で統一されている。 制作初期の設定 制作初期の企画の段階では中学2年生の設定だった。 天野 陽菜(あまの ひな) 声 - 本作のヒロイン。 生まれ。 中学3年生。 に存する廃ビル屋上に鎮座する小さな鳥居をくぐったことで、局地的な範囲を祈りによって一時的に晴れにする能力を手に入れた。 しかし、その能力を行使するごとに身体が徐々に透明化していく代償を抱えることにもなった。 ので年齢を詐称してのアルバイト(後に発覚して解雇される)中、お金を使い果たしてひもじそうにしている帆高にをおごったことが縁で、彼と知り合うことになった。 帆高に最初に出会った時点では14歳だったが、次の誕生日で18歳になると彼に伝えた。 普段着として、ののにを着用している。 JR周辺の高台 のアパートの2DKの一室にて弟(凪)と二人で暮らしている。 1年前に母親を病気で亡くしており、母親の形見のを、 に加工して首に付けていた。 自身の住む部屋の装飾品(等)を手作りしたり、などのありあわせの食材を上手く用いて料理を作るなど、器用な一面も持つ。 、を所持していないため、外部から通話、、などで連絡が取れない。 帆高からは「陽菜さん」もしくは「陽菜」 と呼ばれる。 凪からは「姉ちゃん」、圭介、夏美、萌花からは「陽菜ちゃん」と呼ばれる。 制作初期の設定 制作初期の企画の段階では「陽咲(ひなた)」という名前であり、年齢も14歳ではなく18歳。 弟の代わりに妹が二人いる設定だった。 実際には天気予報を当てるのではなく、本人が天気を操作していたという種明かしをストーリー後半に入れる予定であった。 その他の人物 [ ] 天野 凪(あまの なぎ) 声 - 陽菜の弟。 小学5年生。 当初は陽菜と一緒に居る帆高に対して嫌な印象を持ったが、陽菜が「晴れ女」のサービスを始めるに際し、早期に帆高と打ち解けた。 また、萌花(圭介の娘)とも初めて会ったその日に仲よくなった。 帆高からは「センパイ」 、圭介、陽菜からは「凪」、夏美、アヤネ、カナからは「凪くん」と呼ばれる。 家出中の帆高が船から落ちそうになるところを救い、船内の食堂で食事とビールを奢らせた。 その後、下船時に渡した名刺をもとに訪ねて来た帆高をアシスタントとして採用した。 義母(間宮夫人)に引き取られなかなか会わせてもらえない娘(萌花)との面会のため、「晴れ女」サービスを利用することになった。 明日花が他界した後も彼女への愛情は深く 、彼女との間に生まれた娘の萌花を溺愛している。 仕事ではオカルト雑誌・週刊誌の記事を執筆しているが、迷信などについては馬鹿にしており、読者も自身と同じように記事内容を信じていないという前提で仕事に取り組んでいる。 帆高、陽菜からは「須賀さん」、夏美からは「圭ちゃん」、間宮夫人からは「圭介さん」、萌花からは「パパ」と呼ばれる。 制作初期の設定 制作初期の企画の段階では、雑文ライター兼、気象AI研究者という設定だった。 須賀 夏美(すが なつみ) 声 - 圭介の姪。 大学生。 圭介の事務所のバイト従業員。 その妖艶な容姿、圭介を「圭ちゃん」と呼ぶ言動、帆高初対面時に圭介との関係を説明する折にを立てたことなどから、帆高に圭介のと勘違いされた。 事務所での勤務と並行してに勤しんだが、成果は出せなかった。 なお、事件の二年半後に帆高が圭介の事務所を訪れた際に、夏美のヘルメットが置かれており、結局大学卒業後もここで働いていることが仄めかされている。 父(圭介の兄) とは仲が悪い。 取材時には、相手の胡散臭い話を聴く時も真剣に耳を傾けるなど、聞き上手である。 帆高、陽菜からは「夏美さん」、圭介からは「夏美」、萌花からは「なっちゃん」と呼ばれる。。 須賀 明日花(すが あすか) 圭介の妻。 旧姓:間宮。 10代の時に出会った圭介と大恋愛の末、結婚した。 萌花を生んだ後、事故 により夭逝した。 須賀 萌花(すが もか) 声 - 圭介と明日花の娘。 持ちのため、雨天に弱く晴れた日でないと外出時に発作を起こしやすい。 間宮夫人に引き取られており、圭介とは会える日が限定される。 間宮夫人(まみや) 声 - 明日花の母。 須賀萌花の祖母で。 圭介に対し、喫煙の習慣を指摘して萌花と会わせることを渋っている。 立花 冨美(たちばな ふみ) 声 - 老婦人。 後述する立花瀧の祖母。 「晴れ女サービス」のWebサイトに、夫の初盆の日を晴れにして欲しいという依頼を書き込んだ。 そして、仕事で訪れた帆高と陽菜に「空の上に死者が住まう彼岸がある」という内容の話をした。 その後、大雨により自宅 が水没したため、水没地域以西(駅周辺)のアパートの一室に引越した。 さらにその後、再びWebサイトに依頼 を寄せた。 この依頼が受けられないことを伝えに家を訪れた帆高に対し、「水没地域は以前には海だった場所であり、それが元に戻っただけ」という考えを伝えた。 また、このシーンでの冨美の右手にはのブレスレット が装着されているのが確認できる。 安井刑事(やすい) 声 - 高井と共に捜査を行う老刑事。 比較的穏やかな人物であり、説得重視の方針を採る。 終盤の代々木の廃ビルシーンでは、高井刑事らが帆高を包囲して銃口を向けた際も一人だけ銃口を下ろして構えていた。 高井刑事(たかい) 声 - 安井と共に捜査を行う若い刑事。 作中で掲げた警察手帳によるとフルネームは高井高司で。 警察官としての使命感は高いが若さゆえに血が上り易く、逮捕するためには手段を選ばず、抵抗する帆高に銃口を向けたり、殴るなどの暴力行為も厭わない。 佐々木巡査(ささき) 声 - 婦人警官。 保護された凪の世話をしつつ、逃亡しないように監視していた。 しかし、カナの演技に騙され、凪から目を離すこととなり、逃亡される失態を犯してしまった。 アヤネ 声 - 凪の元彼女。 小学5年生で凪と同い年。 髪型はショートヘア。 帆高が圭介の事務所を訪ねるためにに乗車しているシーンにて、凪と仲良く会話していた。 凪が児童相談所に収容された際には、女装のためのとを提供する等、逃亡の手伝いをした。 その際の訪問者記帳時に「花澤綾音」と記名 していた。 カナ 声 - 凪の彼女。 小学4年生で凪の1つ年下。 帆高が圭介の事務所を訪ねるために都営バスに乗車しているシーンにて、アヤネと入れ替わりでバスに乗り込んで来て凪と仲良く会話していた。 そのしばらく後で、の時に凪とデートする姿が映された。 凪が児童相談所に収容された際には、アヤネ共々、逃亡の手伝いをした。 木村(きむら) 声 - で働く風俗嬢のスカウトマン。 店の前で休んでいた帆高にちょっかいをかけるなど悪辣な行為を働いた。 後に店に陽菜をスカウト しようとしているところを偶然居合わせた帆高に邪魔されたため、彼に暴行した結果、帆高が持っていた拳銃で発砲されてしまった(弾は当たっていない)。 陽菜消失時で東京に晴れが戻るシーンにて家族とともに登場した際には、妻帯者であり子供もいることが確認できる。 占いおババ 声 - の老婆。 「天の気のバランスが崩れると晴れ女が生まれやすい」「天候系の力を使いすぎると神隠しに会う」等、気象神社の神主が語った「天気の巫女伝承」に通じる話を夏美と帆高に伝えた。 荒木研究官(あらき) 声 - の研究官。 取材のためにやって来た夏美と帆高に対し、最初はインタビューを受けるのを渋るが、いざインタビューが始まると雲の中に何かの群のようなものが観測されたと熱っぽく語った。 神主(かんぬし) 声 - の神主。 取材で訪れた圭介と夏美に「天気の巫女伝承」を伝えた。 100年程度しかない気象観測結果に対し、例外的な気象状況が発生する度に「異常気象」という言葉を使う世間の風潮を嫌っている。 アメ 野良猫。 帆高がの路地裏で拾い、後に圭介が引き取った。 劇中後半までは痩せていたが、帆高が再上京した時には以前より肉付きがよくなり、目つきも圭介そっくりになっていた。 前作『君の名は。 』関連の人物 [ ] 前作『』で、瀧と三葉が再会したのは2022年以降だが、本作で東京の連続降雨が始まったのは2021年の初夏からである。 よって、前作の瀧と三葉が再会した場面で空が晴れていたことは本作の世界線とは矛盾する。 なお、前作『君の名は。 』にも前々作『』のキャラクターが登場しているが、この場合も2作品の設定が矛盾する形になっている。 なお、『君の名は。 』の人物を登場させた理由として、新海は「個人的に、再会する前の瀧と三葉の姿を見てみたかったという気持ちもあります。 」と答えている。 立花 瀧(たちばな たき) 声 - 冨美の孫。 前作『』の主人公。 お盆で祖母の冨美宅に遊びに来ていた折、「晴れ女」サービスで冨美宅に訪れていた帆高たちと遭遇した。 その際、帆高に対し、陽菜へ誕生日プレゼントを贈るように提案した。 宮水 三葉(みやみず みつは) 声 - 内のジュエリーショップの女性販売員。 前作『君の名は。 』のヒロイン。 帆高に陽菜の誕生日プレゼント用の指輪を販売した。 その際、陽菜との仲が上手く行くよう帆高にエールを送った。 勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ) 声 - 三葉の高校時代の同級生。 帆高と陽菜が初めて「晴れ女」サービスを行った際のののシーンに登場した。 早耶香とに同乗中 、陽菜が天気を晴れにする様子を目撃し、「すーげぇ」と感嘆の声を上げた。 名取 早耶香(なとり さやか) 声 - 三葉の高校時代の同級生。 帆高と陽菜が初めて「晴れ女」サービスを行った際の台場のフリーマーケットのシーンに登場した。 克彦と観覧車に同乗中 、陽菜が天気を晴れにする様子を目撃し、「わー、きれい」と感嘆の声を上げた。 宮水 四葉(みやみず よつは) 声 - 三葉の妹。 高校3年生。 陽菜の消失で東京に晴れが戻るシーンにて、学校のベランダから級友二人と空を見上げ、「なんか、涙出るね」と発言した。 スタッフ [ ] 原作・脚本・監督・絵コンテ・ 編集・イメージボード キャラクターデザイン 、田村篤 製作 、川口典孝 企画・プロデュース エグゼクティブプロデューサー 古澤佳寛 プロデューサー 、伊藤絹恵 音楽プロデューサー 成川沙世子 作画監督 田村篤 美術監督 滝口比呂志 演出 徳野悠我、居村健治 CGチーフ 竹内良貴 音楽 音響監督 音響効果 森川永子 撮影監督 津田涼介 色彩設計・助監督 三木陽子 制作 制作プロデュース STORY inc. 製作 「天気の子」製作委員会 (、コミックス・ウェーブ・フィルム、STORY、、 、、) 配給 東宝 制作経緯 [ ]• 2017年• 2月、計画書提出、プロット開発スタート。 4月、キャラクターデザイン開発スタート。 7月、脚本開発スタート。 8月、設定開発スタート、ロケハン、資料収集スタート。 10月、絵コンテ・Vコンテ開発スタート。 2018年• 5月、作画作業スタート。 7月、雨素材の開発スタート。 8月、キャストオーディション。 9月、美術背景作業スタート。 10月、主人公・ヒロインキャスト決定。 12月、空ポスター公開、製作発表会見。 2019年• 1月、撮影作業スタート。 7月2日、製作報告会見。 7月7日、完成。 7月19日、公開。 音楽 [ ] 「」も参照 『君の名は。 』に引き続きが音楽を担当しているが、ボーカルのは前作以上にストーリー展開を決める話し合いにも参加しており、としての職務も担っている。 2019年7月19日に、本作で使用されている27曲のと5曲の主題歌を収録したのアルバム『天気の子』が発売された。 を担当したはこのアルバムについて「最も美しく、クリエイティブなRADWIMPSのアルバムだった」と述べている。 主題歌は以下の通りである。 「風たちの声 Movie edit 」• 「祝祭 Movie edit feat. 三浦透子」• 「グランドエスケープ Movie edit feat. 「大丈夫 Movie edit 」 - ラストシーン• 「愛にできることはまだあるかい」 - エンディング(Movie edit もある) ただし、映画本編の制作がアルバム完成以降も続いたため、一部楽曲において変更点がみられる。 「愛にできることはまだあるかい」のエンドロールで使用されているバージョン、さらに上記5曲のうち「 Movie edit. 」である4曲のフルサイズバージョンも未収録である。 なお、4曲のフルサイズバージョンと「Is There Still Anything That Love Can Do English ver. 」は、2019年11月27日発売予定の『天気の子 complete version』に収録された。 また、本作劇中ののカラオケシーン で、帆高・凪、陽菜のそれぞれが以下を歌っていた。 「()」• 「()」 公開 [ ] 「」も参照 日本では、2019年(令和元年)7月19日に全国公開され、7月20日から21日の観客動員数で初登場1位となった。 最初の3日間で動員数は115万9020人、興行収入は16億4380万9400円に達し、前作の『君の名は。 』対比128. 6%を記録した。 週末の全国映画動員ランキングで3週連続で1位を獲得した。 公開から8月21日までの34日間の興行収入が100億円を突破し、2作連続100億円を突破するのは日本の映画監督ではに続く2人目の達成となった (通算2作ならを加えて3人目)。 公開から10月1日までの75日間の観客動員数が1000万人を突破した。 11月11日までには、累計観客動員数は1042万人を超え、興行収入は139億円を突破し、で歴代興収は12位となった。 2020年1月28日に日本映画製作者連盟より2019年の映画興行収入が発表され、本作が2020年1月の時点で140億6000万円で邦画・洋画通じてトップとなったことがわかった。 『天気の子』動員数・興行収入の推移 動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 7月20日・21日 1位 83. 0 115. 9 11. 9 16. 4 2週目の週末 7月27日・28日 70. 4 287. 6 10. 1 39. 9 3週目の週末 8月3日・4日 50. 5 433. 7 7. 2 59. 1 4週目の週末 8月10日・11日 3位 46. 8 6. 5 75. 1 累計動員584万人、興収78億円を突破 12日まで 5週目の週末 8月17日・18日 2位 38. 4 717. 9 5. 3 96. 5 6週目の週末 8月24日・25日 1位 30. 5 801. 0 4. 2 107. 3 7週目の週末 8月31日・9月1日 34. 7 875. 1 4. 2 116. 6 8週目の週末 9月7日・8日 2位 19. 0 914. 0 2. 5 121. 8 9週目の週末 9月14日・15日 3位 16. 2 2. 1 126. 0 累計動員955万人、興収127億円を突破 16日まで 10週目の週末 9月21日・22日 4位 11. 2 1. 5 129. 8 累計動員982万人、興収130億円を突破 23日まで 11週目の週末 9月28日・29日 3位 8. 5 997. 2 1. 3 132. 9 12週目の週末 10月5日・6日 7位 1011. 8 1. 0 135. 1 13週目の週末 10月12日・13日 8位 0. 5 136. 2 累計動員1022万人、興収136億円を突破 14日まで 14週目の週末 10月19日・20日 - 1027. 7 0. 4 137. 4 15週目の週末 10月26日・27日 - 1034. 0 0. 3 138. 2 16週目の週末 11月2日・3日 - 0. 3 138. 8 累計動員1039万人、興収138億円を突破 4日まで 17週目の週末 11月9日・10日 - 1042. 0 0. 2 139. 3 累計動員1042万人、興収139億円を突破 11日まで 18週目の週末 11月16日・17日 - 139. 6 19週目の週末 11月23日・24日 - 139. 9 20週目の週末 11月30日・12月1日 - 140. 0 21週目の週末 12月7日・8日 - 140. 2 22週目の週末 12月14日・15日 - 140. 3 23週目の週末 12月21日・22日 - 140. 4 24週目の週末 12月28日・29日 - 年末年始のため計測できず。 25週目の週末 1月4日・5日 - 140. 4 26週目の週末 1月11日・12日 - 140. 4 累計興行収入は、1月13日までのもの。 27週目の週末 1月18日・19日 - 140. 4 28週目の週末 1月25日・26日 - 140. 6 反応 [ ] のは、天野陽菜が祈りを行う際にが出てくることに着目し、陽菜のモデルの一つはてるてる坊主の原型という説がある少女、ではないかという考えを述べた。 海外 [ ] 海外での公開が決定しており、『君の名は。 』の公開規模を上回る140の国と地域で公開される。 8月8日に公開された香港と9月12日に公開された台湾では、初週の興行収入で1位となった。 インドでは本作の劇場公開を希望する5万人以上の署名が集まり、その署名に応える形で劇場公開が決定した。 インドでオリジナルの日本のアニメーション映画が公開されるのは初となる。 第92回(旧外国語映画賞)部門 日本代表• 『君の名は。 』と同様、映画の制作と並行して執筆された。 新海自身、今回は小説を書くつもりはなかったが、スタッフの強いオファーにより執筆した。 解説は、本作で音楽監督を務めるRADWIMPSの野田洋次郎が行なっている。 初週に9. 9万部を売り上げ、7月29日付の週間文庫ランキングで初登場1位となった。 2019年8月16日までには、31. 8万部を売り上げ、今年度の文庫で初めて30万部を上回る作品となった。 9月10日に、相次ぐ重版で65万部を突破した。 『天気の子』() 角川文庫版にふりがなをつけ、子どもにも読みやすいようにした児童文庫。 著者は新海誠。 挿絵はちーこ。 2019年発売。 初週1. 3万部を売り上げ、「児童書」ジャンルで1位を獲得した。 漫画 [ ]• ()で2019年9月号(2019年7月25日発売)より映画のコミカライズ版を連載。 漫画:窪田航。 展覧会 [ ] 本作の絵コンテなどの制作資料を展示する「天気の子」展が各地で開催されていたが、の影響で途中から中止になった。 2019年9月25日(水)~10月7日(月) - 東京・松屋銀座• 2019年12月26日(木)~2020年1月6日(月) - 福岡・大丸福岡天神店• 2020年1月22日(水)~2月3日(月) - 岡山・天満屋• 2020年3月19日(木)~4月5日(日) - 長野・井上アイシティ21 中止• 2020年4月29日(水)~5月11日(月) - 大阪・阪急うめだ本店• 2020年6月3日(水)〜6月15日(月) - 名古屋・松坂屋名古屋店 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、主人公である森嶋帆高自身が状況をナレーション的に語る場面が多々ある。 具体的には発行の雑誌『』の記事作成をする様子が作中で描かれている。 陽菜消失の夜、圭介、萌花、凪、ユーザー達が、陽菜が天空に消えていく夢を見ていたことが作中で描写されている。 「72日ぶりの快晴」のニュースが流れるシーンが有る。 小説版では3か月と言う記述が有る。 小説版には水没の理由について「降り止まない雨に従来の排水機能が間に合わず」との記述がある。 新海は、このシーンは先に野田洋次郎が本作のために作成していた楽曲「大丈夫」の歌詞を参考に作成した旨を、小説版のあとがきにて語っている。 神津島に実在するとは校名が異なる。 小説版では父との確執であることが言及されている。 柴田本人は劇中には登場しないが、街頭テレビのニュースに名前が出ている。 小説では、圭介側からはGPS信号を元に帆高の現在地が追跡できるようになっていた旨が明かされている。 アカウント名は「TOKYOBOY0701」• 圭介の依頼ででの娘(萌花)との面会を晴れにした際の出来事。 神宮外苑花火大会でののシーンでは髪をピンクのでにし、ラブホテルでの就寝前のシーンでは髪を下ろすなど、場面によって髪型を変えている。 の東端にあたり、東京東部の沖積平野が物語終盤で水没した時にちょうどそれを見下ろせる位置にある。 新海はストーリーから逆算してこの土地を選んだとしている。 を担当した田中将賀が大人びた印象を与えるためのアクセントとして陽菜に装着させただが、新海によって後付で母の形見と設定された。 天上世界から帆高に救い出された後のシーンでは、輪の部分が切れていた。 これについて新海は、陽菜から天気の巫女の役割から解放されたことを象徴している可能性に言及している。 なお、事件から2年半後に帆高が会った時の陽菜はチョーカーを着用していなかった。 帆高の感情の起伏で使い分けられる。 普段は「陽菜さん」。 感情が高ぶると「陽菜」。 企画書上の作品の仮タイトルも『天気予報の君』。 感情が高ぶると「凪」。 圭介・明日花夫婦の頭文字から名前がつけられた零細企業。 ののテナントを改装して事務所として使用し、本人もここに居住していた。 名刺上の肩書は• 小説では年齢が42歳であるとの記述がある。 小説では、この行為は帆高に恩を着せて自分を頼りにさせるためのものであることがほのめかされている。 これが「晴れ女」サービス最後の仕事となった。 小説版では、この家出の経験が同じ家出少年である帆高を助けようとする気持ちにつながったと仄めかされている。 圭介は左薬指に自分と明日花の両方の結婚指輪を並べて装着しており、明日花のことを思い出す度に右手で2つの指輪に触れる描写が作中に存在する。 また、睡眠中の圭介が寝言で明日花の名前を口にする描写も存在する。 この年、立花瀧も同様に成果が中々出ない就職活動を行っていた。 ホンダの販売するラインナップにはないピンクのカラーリングが施された架空のモデル。 「天気の子」製作委員会監修のもと、劇中のカラーリングを忠実に再現した車体色の「スーパーカブ50・『天気の子』ver. 」「スーパーカブ110・『天気の子』ver. 」を、2020年7月7日から10月31日までの受注期間限定で発売した。 小説版にて横の階段であることが明記されている。 小説では地方の名家出身で卒の財務官僚とのこと。 小説では交通事故と明記。 萌花に喘息の設定がされたのは、物語終盤で圭介が陽菜の救出を阻止する動機づけのためだったと新海は語っている。 ただし、実際にはプロデューサーの反対により救出阻止自体が警察の役目にバトンタッチされている。 新海は声優選定の際に「強烈なラスボス感」を求めた結果採用した旨を語っている。 小説版の説明では曳舟近辺の日本家屋。 内容は作中では明かされていない。 このブレスレットは宮水三葉に作ってもらった可能性がある旨、新海は発言している。 新海は担当のに常識の枠に収まらないアニメチックで大胆なリーゼントを要望し、二度のリテイクを出している。 名前は配役を担当した佐倉綾音から採られており、小説版では苗字が「佐倉」であることがほのめかされている。 小説版ではロングヘアを毛嫌いする描写がある。 小説版ではその時の様子がアヤネ視点にて彼女の心情を交えて描かれている。 小説版にて、彼女の本当の名字は「佐倉」だが、児童相談所に先に来訪したカナの方が「佐倉カナ」という偽名を使ったため、仕返しの意味でカナの名字である「花澤」を使用した旨が語られている。 名前は配役を担当した花澤香菜から採られており、小説版では苗字が「花澤」であることがほのめかされている。 新海が東映に許可を得て劇中のイベントに登場させたというを演じるコスプレイヤーの声も担当している(ノンクレジット)。 苗字は配役を担当した木村良平から採られている。 木村の子供の声も担当している(ノンクレジット)。 スカウトに関しては強引ではなく、あくまで合意の上であると木村・陽菜の双方が語っており、帆高の妨害行動は強引なものと勝手に勘違いしたことによるものである。 小説では帆高が年齢不詳だとの印象を述べている。 苗字は配役を担当した荒木健太郎から採られている。 出典 [ ]• 2019年7月2日. 2019年11月3日閲覧。 2019年7月19日閲覧。 2020年1月28日閲覧。 2020年5月23日閲覧。 株式会社シネマトゥデイ. 2018年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 ナターシャ. 2018年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 2019年4月10日. 2019年5月30日閲覧。 2019年10月28日閲覧。 2019年10月28日閲覧。 2019年9月15日閲覧。 2019年9月20日閲覧。 「さるびあ丸」「神津島」は映画「天気の子」の本篇に協力しています. 2019年9月15日. 2019年9月15日閲覧。 初谷建設株式会社. 2020年4月27日閲覧。 127• 2019年9月2日閲覧。 9,16• 4,19• , p. , p. 2019年8月12日. 2019年11月18日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 engadget Verizon Media Japan KK 2020年7月7日. 2020年7月7日閲覧。 , p. , p. , p. ニッポン放送 NEWS ONLINE ニッポン放送. 2019年8月6日. 2020年6月27日閲覧。 , p. 2019年5月30日閲覧。 2019年5月25日. 2019年6月21日閲覧。 、 2019年6月21日閲覧。 、 2019年6月21日閲覧。 RADWIMPS. 2019年11月5日閲覧。 126• 2019年7月22日. 2019年7月23日閲覧。 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 2019年9月16日閲覧。 【es】エンタメステーション. 2019年10月2日閲覧。 2019年10月21日閲覧。 2019年8月17日. 2019年8月19日閲覧。 2019年7月2日. 2019年7月3日閲覧。 2019年11月6日閲覧。 2019年11月6日閲覧。 2019年8月10日. 2019年8月14日閲覧。 2019年6月11日. 2019年6月13日閲覧。 2019年7月30日閲覧。 2019年6月13日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年8月10日. 2019年8月13日閲覧。 2019年6月13日閲覧。 2019年9月29日閲覧。 2019年5月23日. 2019年7月21日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 一部の映画館では2020年1月29日、一部の映画館では2020年1月30日に初上映。 映画館によって、オランダ語字幕または英語字幕が使われた(音声は日本語)。 2020年3月6日. 2020年3月7日閲覧。 2019年10月3日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月21日. 2019年11月22日閲覧。 Rafael Antonio Pineda 2019年10月23日. 2019年10月26日閲覧。 Scotland Loves Anime 2019年10月20日. 2019年10月26日閲覧。 2019年11月2日. 2019年11月3日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年8月26日. 2019年8月26日閲覧。 2019年7月24日. 2019年7月25日閲覧。 2019年7月26日. 2019年7月27日閲覧。 2019年8月16日. 2019年8月26日閲覧。 KADOKAWA. 2019年10月9日閲覧。 参考文献 [ ]• 『新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド』角川書店、2019年8月30日、128頁。 「『天気の子』の空」『日経サイエンス 2019年10月号』、日経サイエンス社、2019年9月、 116頁。 『天気の子 Pamphlet vol. 2 Collection of interviews』株式会社東宝ステラ、東宝株式会社映像事業部、2019年9月14日、48頁。 外部リンク [ ]• - 東宝による映画紹介ページ• - KADOKAWAによる映画・書籍紹介サイト• - (英語)• - プレイリスト.

次の