三井 住友 カード あと から 分割。 リボ払いと分割払い|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友ビジネスカード for Ownersは後から分割できるカード?個人事業主におすすめな特徴とは

三井 住友 カード あと から 分割

使い過ぎてしまったとき• 請求額の案内が来て驚いたとき• 支払うべきお金が足りないとき• 高額の買い物をカード払いしたとき• つい見栄を張って1回で支払ってしまったとき• 分割払いしようと思っていたのに一括にしてしまったとき• ボーナス払いにしたものが沢山あったとき• 今しか買えない高額のものを買ったとき 一括払いを分割にしたい、今月請求額をあとからリボ払いにしたい、ボーナス払いが増えてしまったのでリボ払いにしたい、つい見栄を張って1回払いしたけど本当は一括から分割にして支払いたい等々、そんな時には支払方法の変更手続をしましょう。 支払方法の変更はネットか電話 支払方法の変更手続は、インターネットで会員サービスにログインして変更するか、サービスセンターに電話して変更の申し込みをするかのどちらかです。 支払方法の変更には期日がある• カード会社により変更できる支払方法が異なる• リボ払いや分割払いは手数料がかかる• 生命保険料などの支払方法は変更できない 支払方法の変更手続は期日内にする必要があります。 期日を過ぎてしまうと、変更できなくなるので注意しましょう。 三井住友カードを例に挙げると、三井住友銀行口座なら引落日の2営業日前までが期限で、みずほ銀行口座なら支払日の6営業日前までに申し込まなくてはいけません。 変更可能な期日は、カード会社や引落口座の金融機関によって違いますので、早めに手続きすることが大切ですね。 また、カード会社によって変更できる支払方法が違うこともあります。 一般的に、一括払いやボーナス払いから変更できるのは、リボ払いや分割払いですが、 JCBカードではショッピングスキップ払いといって、支払月を最長6か月先まで変更できるサービスもあります。 (一括払いのみ変更可能な支払方法です。 ) 三菱UFJニコスカードにも「あといち」といって、最大5か月先まで支払いを延長できる支払方法があります。 また、楽天カードではキャッシングについても、あとからリボ払いに変更できるようになっています。 あとからリボ払いや分割払いに変更する場合は、支払方法をよく理解して手数料がかかるのだと知っておくことが重要だよ。 あとからリボ払いとは あとからリボとは、一括払いやボーナス払いで買い物したあとからでも、支払方法をリボ払いに変更できるサービスです。 例えば、先月のカード利用分が13万円だったとします。 13万円を一括で支払いするのは厳しいと思ったら、あとからリボ払いに変更することもできます。 あとからリボは、ひとつの買い物だけをリボ払いにすることもできますし、ひと月分まとめてリボ払いにすることもできます。 あとリボにすれば支払いは翌月からスタートになり、支払額はほぼ一定になります。 月々の支払負担が軽くなるので、大変便利なサービスです。 一括払いと指定したものをあとからリボで支払方法を変更できることは便利かもしれないけど、クレジットカードの基本は計画的に利用すること。 リボ払いはどうしても支払いが厳しい時の最後の手段として考えるようにしよう! あとから分割払いとは あとから分割とは、一括払いやボーナス払いで買い物したあとからでも、分割払い(3回以上)に変更できるサービスです。 一括から分割払いに変更できるのは、1回の利用金額が5万円以上になっている場合や、1万円以上と決まっていることもあります。 あとから分割を利用する際に1回の支払額が5万円以上と決まっている場合には、上記のような買い物で1万円は分割できず、旅行代12万円はあとから分割することができます。 あとから分割払いを利用する際にも、手数料がかかるので注意が必要です。 リボ払いや分割払いには金利・手数料がかかる• 月々の支払金額は少なくても手数料で総支払額は増えている• 次々にリボや分割を利用すると一向に支払いが終わらない カードの種類によって金利や手数料は異なりますが、リボ払いは年15. 0%程度が設定され、分割払いの金利は3回払いだと年10~12%程度となり、回数が増えるごとに金利も上がります。 月々の支払負担が減るのは良いことですが、手数料の支払いがあるので、支払った総額を考えると増えています。 また、先々月の買い物はリボ、先月もリボ、今月もリボで支払おうと次々にリボ払いや分割払いを利用して買い物すると、いくら使ったのか、いくら支払うのか、いつ支払いが終わるのかなど、買い物した本人もわからなくなって管理できなくなります。 高額の買い物をしても少しずつの支払いになることに味を占めて、金銭感覚が鈍り次々に買い物してしまう人もいます。 これらのことから、「リボ払いは絶対に利用してはいけない」「リボ払いは恐い」などと言われることがあります。 リボ払いや分割払いを、よく理解した上で利用する分には問題ありません。 ただし、手数料の支払いを考えると、余裕ができた時に早いうちにまとめて全額を支払うことをおすすめします。 1回払いしたものをあとから指定の月に支払いを延長できる• ショッピング1回払いのみスキップ払いに変更できる• 最長6か月先まで支払いを延ばせる• 支払金額はカード利用+金利手数料がかかる スキップ払いに変更できるのは、ショッピング1回払いのみです。 ボーナス払い、リボ払い、分割払いからスキップ払い変更することはできないので注意しましょう。 スキップ払いでの支払いは、最長6か月先まで延ばすことができます。 ただし、スキップ払いの利用は手数料がかかります。 スキップ月 支払元金20,000円 支払元金100,000円 1か月先 20,250円 101,250円 3か月先 20,750円 103,750円 6か月先 21,500円 107,500円 JCBカードにスキップ払いのシミュレーションがあったので、2万円と10万円をスキップ払いした場合に、どれぐらいの手数料がかかるのかやってみました。 0%で計算) 見て頂くとわかる通り、 スキップ払いで支払月を延ばせば延ばすほど、手数料が多くかかります。 ボーナスが入ってから支払いしようと、スキップ払いで支払いを先延ばしにすると手数料がかかってしまいます。 始めから店頭でボーナス払いを指定しておけば、手数料はかかりません。 1回払いしたものをあとからボーナス払いに変更することはできないので、計画的に利用することがとても大切です。

次の

あとから分割|三井住友トラストカード

三井 住友 カード あと から 分割

無理なく支払えるから延滞の心配なし!『あとから分割・リボ』とは 問題なく支払えるつもりで決済時には1回払いにしたけれど、実際に支払日が近づいてきたら意外とお金が厳しそう…そんな時、とても頼りになるのが決済後に分割払いやリボ払いに支払い方法を変更できる、その名も『あとから分割』・『あとからリボ』というサービスです。 このサービスは各加盟店側とは無関係にカード会社が提供するものなので、予定外の支払い方法の変更だけでなく、お店側の事情で分割払いができなかった場合などにも活用することができます。 無理なく支払える方法に変更することで、支払い不可能になり延滞することを防ぐ、利用者にもカード会社にもメリットのあるサービスなのです。 決済後に支払い方法を変更!『あとから分割・リボ』の仕組み では、『あとから分割』や『あとからリボ』のサービスの仕組みを簡単にご説明しましょう。 『あとから分割』・『あとからリボ』は、どちらも1回払いや2回払い、ボーナス1回払いなどで支払いした決済分の支払い方法を後日、それぞれ分割払いとリボ払いに変更できるサービスです。 の場合は、1件の利用分を5回、10回というように回数で割って1回ごとの支払額を決めるので、原則として1件ごとの適用となります。 一方でのほうは、支払い回数の制限を設けずに月々の支払額を一定にするという支払い方法なので、1件ごとの利用だけでなく、1か月分の利用額全額にも適用できる仕組みになっているカード会社が大半です。 このように、支払い方法自体の違いによる微妙な違いはありますが、いずれも1回払いの決済を後から複数回に分けて支払うように変更するという点では変わりません。 店頭で一括払い決済してもリボ払いになる登録制リボ払いサービスもある また、カード会社によっては、店頭で一括払いで決済をしても自動的にリボ払いで支払いが進められる登録制のリボ払いサービスを用意しているところもあります。 いちいち店頭でリボ払いにしたり、『あとから分割』・『あとからリボ』に変更する手間がかからないので、継続的にリボ払いを利用する方にとっては便利なサービスですよね。 クレジットカードの支払い方法は、個々のライフスタイルに対応しながらどんどん多様化していっているのです。 『あとから分割』変更は電話かWEBで!各カード会社の変更方法一覧 1回払いの決済を『あとから分割』・『あとからリボ』に変更する方法についても、確認しておきましょう。 『あとから分割』などへの変更は、基本的にカード会員向けのWEBサービスもしくは電話のいずれかで行うことになっています。 カード会社によって、どちらの方法にも対応していたり、WEBでしか変更できなかったりと、システムは微妙に異なります。 主なカード会社の『あとから分割』・『あとからリボ』への変更手続きの方法を一覧で見てみましょう。 また、カード会社によっては『あとから分割』は不可で、『あとからリボ』のみ対応の場合もあります。 『あとから分割』・『あとからリボ』サービスを利用する場合には、こうしたカード会社ごとのシステムの違いもよく確認しましょう。 次の章で後から分割や後からリボに変更する際の注意点を紹介するから確認しておいてね。 『あとから分割』を活用するなら知っておきたい4つの注意点 『あとから分割』や『あとからリボ』といった支払い方法を変更できるサービスはとても便利なのですが、決済という重要な部分に干渉するサービスである以上、ある程度の制約があります。 そうした制約や条件を知らないと、『あとから分割』にするつもりでショッピングをしたのに支払い方法の変更ができなかった…なんていうことにもなりかねません。 そこで『あとから分割』・『あとからリボ』サービスを快適に活用するために知っておいてほしい、以下の4つの注意点についても解説しておきましょう。 分割払いから分割払い・リボ払いへの変更は原則不可• 決められた期日までに変更手続きをしなければならない• 分割払い・リボ払いに変更することで手数料が発生する• 分割払いの決済を支払い回数の異なる分割払いやリボ払いへの変更ということは原則としてできません。 例えば、もとは10回の分割払いだった決済を、24回の分割払いに変更する…ということは基本的には不可能なのです。 したがって、決済時に最初から分割払いを指定する場合には、支払回数の設定はくれぐれも慎重に決めるようにしてください。 あとから毎月の分割払い分の金額が多すぎたと思っても、変えることはできないのです。 分割払いへの変更は3回以上が対象となりますが、分割払いの回数変更ができるクレジットカードが新たに欲しいと考えている方は、こうした細かいサービス内容にも是非注目して選ぶといいですね。 VIASO(ビアソ)カードは年会費も無料ですし、ETC利用分や携帯電話・プロバイダ料金がポイント2倍、VIASO eショップ経由でネットショッピングをすれば最大10%還元など、高還元カードとしても人気の1枚です。 さらに年会費無料にも関わらず充実した海外旅行保険が付帯するなどスペックも高く、最短翌営業日に発行が可能ですから、お急ぎの方にもおすすめの1枚ですよ。 オートキャッシュバック制ですから、ポイント交換の手続きが不要な点も魅力の1つと言えるでしょう。 締め切り過ぎたら変更できない!支払い方法変更の期日は確認必須 『あとから分割』・『あとからリボ』のサービスを利用するにあたって何よりも重要な注意事項といえるのが、支払い方法変更には必ず期日があるという点です。 変更期日までに『あとから分割』や『あとからリボ』の申し込みを済ませなければ、サービスを適用することはできず、当初の決済通りに1回払いなどで支払いをしなければならなくなってしまいます。 支払い方法の変更期日はカード会社によって異なるのはもちろんのこと、引き落とし口座に指定している金融機関や、支払日などによって細かく異なる場合があります。 また、営業日との兼ね合いによって月ごとでも変更期日が変わってくることもあります。 自分の条件と照らし合わせて、正しい変更期日を確実にチェックするようにしてください。 また、変更期日直前でばたばたしなくてもよいように、『あとから分割』や『あとからリボ』を利用することを決めているのであれば、なるべく早く手続きを済ませてしまうことをおすすめします。 分割払い・リボ払いの最大のネック!手数料に気を付けて 1回払いから分割払いやリボ払いにするうえで忘れてはならないデメリットがあります。 それは、分割・リボの手数料が発生するということです。 通常、クレジットカードは1回払いや2回払いでは手数料は必要ありません。 純粋にショッピングに利用した金額だけを支払えばよいことになっています。 しかし分割払いやリボ払いで支払いを進める場合には、利用額に対して相応の手数料が必要となります。 分割払い・リボ払いの手数料は、キャッシングなどの金利と同じように年利で設定されており、カード会社によって多少設定は異なりますが、手数料不要ということはまずありえません。 『あとから分割』や『あとからリボ』を利用する場合には、この手数料が加算されることによる出費を計算に入れることを忘れないようにしてください。 割賦取引利用可能枠に注意!限度額の範囲内でも利用できないケースあり の制限によって、『あとから分割』や『あとからリボ』が利用できないというケースもあります。 クレジットカードのショッピング利用枠は下記の2つに分けることができます。 総利用可能枠• 割賦取引利用可能枠 このうちの割賦取引利用可能枠は、割賦払いに該当する2回払い、分割払い、リボ払いなどを対象とした利用枠なのですが、法律上明確にその算定方法が定められているのです。 そのため、各カード会社の裁量で設定できるショッピング総利用可能枠と割賦取引利用可能枠とでは、金額に差が出てしまうことがあります。 その場合、例えばもともと1回払いやボーナス1回払いだったものを『あとから分割』サービスを利用して支払い方法を変更しようと思っても、割賦取引利用可能枠をオーバーしてしまうためにできないということが起こりえるのです。 ただし2回払いから分割払いやリボ払いへの変更の場合は、いずれも割賦取引となるので利用枠オーバーの心配はありません。 あとからの1つに、この割賦枠オーバーが考えられる為、支払い方法による利用枠の違いにも注意が必要なのです。 各社の『あとから分割』変更期日、手数料、金額制限をまとめて紹介! 『あとから分割』・『あとからリボ』を利用する上での注意点が分かったところで、各カード会社の支払い方法変更期日や分割払い・リボ払い手数料について、まとめて一覧でご紹介しておきましょう。 カード会社 変更期日 手数料 三井住友カード 支払日の2~6営業日前または当月4日まで (引き落とし日が毎月10日の場合は前月20日まで) 12. 00~14. 50% JCBカード 支払日の5~7営業日前まで 7. 92~18. 00% 楽天カード 支払予定月の最長20日まで 12. 25~15. 52% オリコカード 毎月13日午後~支払予定月8日まで 15. 0% エポスカード 引き落とし日の5~11日前まで 15. 0% MUFGカード 支払日の5~9営業日前まで 12. 25~15. 25~15. 20~14. 82% dカード 支払日の6~8日前まで 12. 00~14. 75% クレジットカードの支払いは待ってはくれません、支払うことができずに延滞してしまえば、遅延損害金が発生するだけでなくカード会社からの信用を損なうことにつながります。 延滞の程度によっては、カードの一時利用停止などのペナルティが課せられたりと、利用に影響が出ることもあり得るのです。 だからといって無理にお金を都合してその月の支払いを乗り切ったとしても生活に支障が出たり、翌月以降の支払いが結局できなくなってしまったりといった困った状況に陥る可能性は高いでしょう。 そんな時、支払い方法を変更できる『あとから分割』や『あとからリボ』はとても頼りになるサービスです。 ぜひ使えるサービスは最大限活用して、無理なく快適にクレジットカードを使い続けられる環境を維持していきましょう。

次の

クレジットカードはあとから支払い方法を変更できる!後から分割の注意点

三井 住友 カード あと から 分割

ここでのポイント• 「スマートダイヤル24」「リボ・分割デスク」のどちらかに電話する• 「スマートダイヤル24」では1回払いの利用分のみ変更可能• 「リボ・分割デスク」には受付時間内に電話しよう 電話から三井住友VISAカードの「あとから分割」を申し込みする場合は、以下のどちらかでしましょう。 スマートダイヤル24(自動音声)• リボ・分割デスク(オペレーター対応) 「スマートダイヤル24」と「リボ・分割デスク」では、 受付時間が異なるので気をつけてください。 では、それぞれ詳しく見ていきましょう。 スマートダイヤル24から申し込みする場合 スマートダイヤル24から「あとから分割」を申し込みする時は、以下の連絡先へ電話しましょう。 スマートダイヤル24(自動音声) 連絡先:0120-863724 受付時間:24時間 スマートダイヤル24で申し込みする場合は、 「サービスコード(2ケタ)」「カード番号(16ケタ)」「暗証番号(4ケタ)」の入力が必要になります。 ちなみにあとから分割のサービスコードについては、以下のとおりです。 サービスコード:31(あとから分割のお申し込み) ただし、スマートダイヤル24で「あとから分割」の申し込みができるのは、 「1回払いの利用分」のみになります。 「2回払い」「ボーナス払い」の利用分を申し込みたい方は、「ネット」または「リボ・分割デスク」から手続きしましょう。 リボ・分割デスクから申し込みする場合 リボ・分割デスクから「あとから分割」を申し込みする時は、以下の連絡先へ電話しましょう。 オペレーターに繋がったら、 「あとから分割を申し込みたい」旨を伝えてください。 ここでのポイント• あとから分割払いは5万円以上の利用分から• 「あとから分割」には申し込み期限がある• 分割払いに変更できるのは利用枠の範囲内まで• 分割払い手数料がかかる• 利用分によって変更できない場合がある 三井住友VISAカードの支払い方法を分割払いに変更する時には、上記の注意点があります。 何も知らずにあとから分割を申し込みすると、 「分割払いできない」などのトラブルが発生する可能性があります。 では、それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。 あとから分割払いは5万円以上の利用分から 「あとから分割」が利用できるのは、1回払い・2回払い・ボーナス払いの 利用金額5万円(税込み)以上の利用分からになります。 利用金額が 5万円未満だった場合は、支払い方法を分割払いに変更できないので注意してください。 もし、5万円未満の利用分を変更したい場合は、支払い方法をリボ払いにするなどで対応しましょう。 「あとから分割」には申し込み期限がある 三井住友VISAカードの「あとから分割」は、 「申し込み期限」があります。 「あとから分割」の申し込み期限は、支払い口座の金融機関で異なります。 金融機関ごとの申し込み期限は、で確認しましょう。 もし、申し込み期限を過ぎた場合は、「あとから分割」を利用できないので注意してください。 分割払いに変更できるのは利用枠の範囲内まで 三井住友VISAカードで分割払いに変更できるのは、 「分割・2回・ボーナス利用枠」の範囲までになります。 「分割・2回・ボーナス利用枠」は、分割払い・2回払い・ボーナス払いが使える利用枠になります。 もし、三井住友VISAカードの「分割・2回・ボーナス利用枠」を超えてしまうと、 1回払いになるので注意してください。 分割払い手数料がかかる 三井住友VISAカードの「あとから分割」を利用する時は、 「分割払い手数料」が発生します。 分割払い手数料は、 実質年率12. 00~14. 分割回数が増えれば、分割払い手数料も増加するので注意してください。 利用分によって変更できない場合がある ショッピング利用分によっては、 「あとから分割」が利用できない場合があります。 「あとから分割」ができない利用分については、以下のとおりです。 エステティックサロン• 語学学校• パソコン教室 など 一部の加盟店では、 1回払い以外の支払い方法を選択できないので注意してください。 まとめ• 三井住友VISAカードは支払い方法をあとから分割払いに変更できる• 「あとから分割」は「ネット」「電話」のどちらかで申し込み可能• 状況によって分割払いできない場合がある 三井住友VISAカードでは、1回払い・2回払い・ボーナス払いのショッピング利用分をあとから分割払いに変更できます。 あとから分割を申し込みたい方は、「ネット」「電話」のどちらかで申し込みましょう。 ただし、状況によっては、あとから分割を利用できない場合があるので理解しておきましょう。

次の