八つ墓村 ネタバレ。 「八つ墓村」原作小説はヒロイン里村典子がかわいい

八つ墓村(1977) の レビュー・評価・クチコミ・感想

八つ墓村 ネタバレ

第113回目は「」です。 出典 1996年の日本の推理映画です。 *以降ネタバレ注意です。 戦国時代とある山中の村に尼子氏の落ち武者が8人流れ着いた。 しばらくは落ち武者と村人は共存していたが、尼子氏と敵対する毛利氏が落ち武者に賞金をかけたため、村人は欲に目がくらんで落ち武者8人を騙し討ちにした。 落ち武者は村を呪いながら死んでいった。 その後、村の盟主である多治見家の当主が発狂し村人8人を殺してしまうという事件が起こる。 村人たちは尼子氏の落ち武者の祟りだとして、死体を丁重に埋葬しお墓を建てた。 そして、その村はと呼ばれる様になった。 時は流れて、昭和24年。 石鹸工場で働く寺田辰弥は多治見家の先代、多治見要蔵の妾の子であることを知らされる。 多治見家には跡取りがおらず、辰哉を後継者にするため故郷であるに帰ることを求められる。 ところがそのことをキッカケに、第一の死亡者が出る。 これは連続殺人事件なのか? それともの祟りなのか が捜査に乗り出す。 という物語です。 の映画はこれまでに3本制作されていて、そのうち1977年版と1996年版が動画サイトで鑑賞可能だったので、迷いましたが1996年版を観ることにしました。 決め手は、監督がだったことです。 ここまで監督のシリーズを5作品観て来ましたが、これが6作品目で前作から20年の開きはありますが、正当な続編であると考えました。 主演はからに変わってしまったのは残念ですが仕方ありません。 しかし、むしろこの際全作でリメイクして欲しいと感じました。 一方で、1977年版は役がで、申し訳ないですが「寅さん」のイメージが強くて観る気を削がれたというのもあります。 さて肝心の内容ですが、なかなかのの良作だと感じました。 *ここからさらにネタバレ強め注意です。 相変わらず、登場人物が多いので人間関係を把握することに苦労しますが、今までで一番解りやすかったと思います。 今回は推理自体は簡単でした。 私は犯人と動機と証拠を全て当てることが出来ました。 シリーズで1番マヌケな犯人だといえるでしょう。 これまでの犯人は割と物証がなく、犯人が強硬にしらばっくれればなんとか逃げきれそうな犯人ばかりでしたが、今作は言い逃れのできない感じでした。 そういう意味では推理モノとしては物足りないないのではないでしょうか? 私は自分の推理が当たって大喜びですが、最後まで犯人が判らない様な作品の方が見応えがあるのも事実です。 しかし、この作品の本質は犯人逮捕ではないのです。 この事件と人物の因果関係とその背景が解き明かされた時、なんとも言えない虚しさが込み上げてきます。 事件というか多治見家の真相を解き明かしたはやはり名探偵です。 昭和初期の風景や空気感が映像化されていて、美しい映画だと感じました。 そこに祟り的な要素を盛り込んで、うすら怖い作品になっています。 に興味がある方は是非観てみてください。 さてさて。 1996年版が面白かったので、勢いで1977年版も鑑賞することにしました。 出典 簡単に解説しておきます。 舞台は公開当時の現代 1977年 にアレンジされています。 私個人としては作品を現代にアレンジするのは好きではありません。 その時代だからこその考え方や因縁があると思うからです。 そして、主人公は寺田辰哉で、は脇役であり、あまり活躍しません。 ラストの見解も私はに共感が持てませんでした。 私が知っているとは別人の様です。 映画の雰囲気はホラー色強目です。 というか祟りが本物です。 終盤の祟りの恐怖シーンの合間でが、呑気に推理を披露しているところが面白かった。 印象としては推理モノとしても、 ホラーとしても、 中途半端という感じがしました。 ある意味両方楽しめると言えなくもないです。 単体で観れば面白いですが、見比べると少し残念な気がします。 オススメとしては1996年版を先に鑑賞して忘れた頃に1977年版を観るのが良いと思います。 の作品はたまにテレビドラマ化されたりする様なので、機会があれば観てみて下さい。

次の

NHK BSプレミアム【八つ墓村】のキャストとあらすじ|吉岡秀隆主演の金田一耕助再び

八つ墓村 ネタバレ

横溝正史「 八つ墓村」 1951年発表の小説だそうです。 最近初めて原作小説をちゃんと読みました。 きっとたいていの人は、少なくともこの小説(映画)の存在は知ってるだろう超有名な作品かと。 ネタバレあり感想です。 ただ、詳しくない人にとっては、 懐中電灯を頭に巻いた殺人犯が出てくるのと、 水面に足だけ出てる死体のと、どっちが「八つ墓村」でどっちが「 犬神家の一族」なのか区別がつきにくいかも。 それ以前に 横溝正史と江戸川乱歩の区別がつかなかったり、ひいては 金田一耕助と明智小五郎の区別がつかなかったりするのかもしれません。 金田一少年と江戸川コナンの存在があるからそこはそうでもないかな? でもまー「八つ墓村」は何度も何度も映画やドラマになったので、それらを鑑賞してあらましを知ってる人は結構いるのではと思います。 (でも「犬神家」も負けないくらい何度も映像化してるからやっぱり区別つきにくい状態はどうしようもない) 私は江戸川乱歩は好きで、かなり昔に「 講談社江戸川乱歩全集全25巻」を読破したのがささやかな自慢です。 横溝の作品はなんとなく読んだことありませんでした。 でも先日、図書館で借りたい本があって、それ1冊だと物足りないから他になんか借りようと思ってうろうろして見つけたのがこの「八つ墓村」でした。 ……で、読んでみたら「面白かった」の一言でした。 すごいわ。 映画やドラマはすいぶん前に何度かテレビで視聴したことはありました。 確か、 豊川悦司、 古谷一行、 稲垣吾郎が金田一役をやってたやつは、見た記憶があります。 内容うろ覚え。 でも原作を読んでるうちに、映像版もちょっと思い出して、原作と映像版が全然別物であることに気づいて驚きました。 さらにネットでは 「八つ墓村は原作と映画は別物」って言われてたのも思い出しました。 もう本当に別物でした。 読み終わってからwikipediaとかで調べたら改変点はめっちゃありましたが、最大の改変点は「 ヒロインの存在」です。 ツイッターとかではたまに「 横溝ヒロイン総選挙」って企画があって、そこでいつも1位常連になるくらいの超人気ヒロイン。 そのヒロイン、いくつもある映像版のほとんどで存在そのものがカットされてるんです。 映像版しか知らない人にとっては「八つ墓村のヒロインって、なんか都会っぽい年上の美女なんじゃないの」って感じですが、その女性はあくまで ヒロイン3人の中の一人に過ぎませんでした。 メインのヒロインは原作では別にいるのにいつもカットされてるという 超不思議なヒロイン。 それが 里村典子。 典ちゃんです! 本当は横溝ヒロイン総選挙までに前回よりvrupしたギャルゲー風イラストをあげようと思ってたんですけど、間に合いませんでした。 春代、金田一先生、典子のバストアップ絵はおおまかにできてるんですが……。 今年中には完成したらいいなー。 — 佐々木麿 sasakimaro 「八つ墓村」はヒロインが3人います。 森美也子。 多治見春代。 里村典子。 映像版は時間などの制約があってか、下二人をカットすることが多いです。 というか原作では主人公 寺田辰弥は典子と結婚して ハッピーエンドになるのですが、 おどろおどろしい苦い結末に改変するために典子の存在が邪魔なのかも。 (でも映像版はそれはそれで良作) しかしまー、 主人公と結ばれるメインヒロインを存在ごとバッサリカットってのもすごい判断です。 その特殊性がまた横溝ファンにとっては典子の人気をあげる一因になってそうな気もします。 さてヒロイン。 主人公を惑わす怪しい悪女です。 第2のヒロイン、春代(35歳)は、辰弥の異母姉と言いつつ 実は血が繋がってないことを知っており辰弥を異性として愛してしまうけど辰弥からは姉としか見られてないことに悲しんでます。 とても優しいけど美也子や典子に嫉妬の感情も見せたりして、美也子に殺害されますがその際に美也子の指を思い切り噛んで致命的な破傷風を起こさせ 相討ちとなる執念も見せます。 辰弥の胸の中で死ぬシーンが悲しい…。 第3のヒロイン、典子(26歳)は未熟児で生まれたせいか精神的にも肉体的にもどこか足りない印象で、辰弥の一つ下なのに見た目は19歳程度にしか見えなく田舎育ちのぼんやりしたさえない娘でしたが、辰弥と出会い 初恋を経験し乙女回路フル稼動します。 短時間で身も心も急速に成長していき辰弥を「 お兄さま」と直球ストレートに慕い最終的には彼をゲットしてしまうヒロインオブヒロイン。 原作の後半の展開も、映像版とは全然違ってて、 八人の落ち武者が隠した財宝を探して洞窟をじっくり探検します。 辰弥と典子の二人は大ピンチになりつつも財宝を見つけてしまうという。 ラストシーンでは典ちゃん 御懐妊。 ネットでは「 八つ墓村はハーレムラノベ」なんて評価するネタも見かけましたが、あながち間違いではないです。 典子ルートがトゥルーエンドだったといった感じです。 この小説、探偵小説(推理小説)ではないですね。 金田一も美也子に完敗してましたし。 ホラーでもサスペンスでもない気がします。 おどろおどろしい猟奇小説に見せかけた冒険恋愛エンターテイメント小説でした! 辰弥は春代と典子からどうしてそんなにモテたのか? ま、イケメンなんでしょうね。

次の

八つ墓村(渥美清版・ネタバレだらけ)

八つ墓村 ネタバレ

連続殺害犯 森美也子 動機 愛する里村慎太郎に田治見の財産を相続させたかった。 そのため、田治見の家の者を皆殺しにしようと考えた。 たまたま濃茶の尼が鞄を捨てるところを見て、鞄の中を見ると久野の書いたメモが入っていた。 それを利用して八つ墓村の祟りになぞらえ、殺害を行うことを思いつく。 金田一の推理 美也子がなぜ多くの人を殺害したのか? 動機を隠すため。 美也子はメモを使い、八つ墓村の祟りを隠れ蓑にした。 連続殺人に意味をつけ、本命が誰だか分からないようにした。 犯人の真の狙いが分からなければ、動機も分からないので。 久野医師はなぜあんなメモを書いた? 新居医師を殺すためだった。 もちろん、久野医師の妄想の中でのこと。 随分な小説狂のようだった医師の蔵書の中には似た思考の事件もあった。 破綻しても続いた理由 今回の犯罪計画を考えるような犯人は、自分の犯罪に美しさを求める。 濃茶の尼によって破綻した計画は終わってしかるべきだった。 しかし、犯罪は続きメモは残される。 歪なまま続いたのは、計画した人間と実行した人間が違うから。 美也子の狙いは? 慎太郎に財を継がせるため。 田治見の人間を動機を知られずに殲滅させること。 なぜなら、美也子が自分への愛で犯罪をしたと知れば、慎太郎は必ず継ぐことを拒否したから。 NHK BSプレミアム【八つ墓村】の感想 今回はどんな感じかと思って視聴しました。 吉岡さん演じる金田一も二作目となり、個人的に彼が演じる金田一も良いと思っています。 あまり物語の前面に出て来ず、狂言回し的なポジションなところも良いです。 過去に何度も映像化されているため、配役や話の内容に賛否両論起きる作品だと思います。 個人的には特に文句もなく、楽しく視聴できました。 一本の映画を見ているような、お金がかかっているテレビドラマです。 残酷描写についてもある程度表現しています。 八つ墓村でである意味楽しみにしているのは、要蔵の32人殺しのシーンかと思われますが、それについては山崎努さんバージョンのほうが怖いです。 祟りや狂気という部分よりも、 愛に重きを置いている展開になっています。 ホラー映画っぽいノリというよりは、もう少し恋愛部分が前に出て来ます。 その辺りで好き好きが分かれるかもしれません。 ネタバレ含む詳細となります。 未視聴の方はご注意ください。 NHK BSプレミアム【八つ墓村】の事件内容 八つ墓村の祟りになぞらえ殺人が起こります。 八つのうち一つは人ではなく、殺人以前に起きた御神木の片側が雷に打たれたことから始まります。 第一の殺人• 被害者: 井川丑松• 死因:毒殺• 諏訪弁護士事務所で辰弥と会話中、突如苦しみ吐血して死亡。 胃からゼラチンが発見され、辰弥と会う前にはもう服毒していた。 第二の殺人• 被害者: 田治見久弥• 死因:毒殺• 田治見家で辰弥と話している最中、咳き込んで薬を飲む。 その薬が毒だったため、その場で吐血し死亡。 第三の殺人• 被害者: 梅幸• 死因:毒殺• 久弥の葬式で出されたお膳に手をつける。 酢の物に毒が盛られていたため、その場で吐血し死亡。 第四の殺人• 被害者: 濃茶の尼• 死因:絞殺• 梅幸の寺にあるものを盗もうと忍び込む。 後ろから首を絞められて殺害。 遺体の下着の中からメモが見つかる 第五の殺人• 被害者: 田治見小梅• 死因:毒殺• 洞窟でさらわれその後洞窟内で遺体で発見 第六の殺人• 被害者: 久野恒美• 死因:毒殺• 行方不明で洞窟内を捜索し、遺体で発見される。 そばに握り飯があり、差し入れられたそれに毒が盛られていた。 第七の殺人• 被害者: 田治見春代• 死因:刺殺• 洞窟に辰弥を探しに来たところ、腹部を刺されて死亡。 死に際に辰弥への想いを告げ、犯人の小指を強く噛んだことを伝える。 メモの内容 殺害された濃茶の尼の遺体の下着の中からメモが発見され、その後の殺人でもメモが発見されます。 メモは主に同じ立場の人間が書かれ、片方が消されていきました。 そして辰弥が愛してたという話をすると「悪いけど心に決めた相手が他にいたんで」と冷静に言い、ショックを受けた辰弥は椅子を持ち上げますが下ろして去ります。 美也子は最後「いいだろう、こんな女が幸せになったって」と言い、笑いながら破傷風が元で亡くなります。 結局、元々金田一が来る理由となった、野村の弟の殺害については美也子がやったのかは分かりません。 洞窟の地図の内容 辰弥がお守り袋から千切れた地図を美也子に見せます。 残りは田治見家の屏風の裏側にあり、合わせて一枚の紙となります。 そこには広い洞窟内の地図と、場所の説明などが書かれていました。 鬼火の淵:掬うなよ 鬼火の淵の鬼清水 身をやく渇によし狂うとも• 風の穴:ぬば玉の 闇よりくらき百八つの 狐の穴に踏みぞ迷うな• 龍の顎:みほとけの 寶の山に入るひとは 龍のあぎとの恐ろしさを知れ• 木霊の辻:六道の鬼と佛のわかれ路よ 木霊の辻を 心してゆけ• 天狗の鼻:あまかける 天狗の鼻に憩いなば 木霊の辻に 耳傾けよ• 猿の腰掛:麻の葉の 乱れ乱れていくみちの 一里塚こそ 猿の腰掛 今回のドラマでは落盤したり、財宝を見つけたりのシーンはありません。 ただ、後で列車に乗った時、里子が発見したのか大判を辰弥に何枚も渡します。 荷物も沢山あり重そうな様子でした。 その大判を出して典子は言います、条件はただ一つ、私たちの二人目の男の子は田治見家を継がせると。 これは兄の願いだと。 慎太郎は今回の一件で、生涯結婚しないそうです。 田治見家を継ぎ、石灰工場を作って沢山の人を呼び込むと言ってました。 原作との比較 原作と今回のドラマの差を詳細で違うところはまだまだあると思いますが、気付いた部分で比較しました。 原作 今回のドラマ 鶴子が再婚し辰弥は寺田姓 鶴子の再婚は不明で辰弥は井川姓 ラジオで辰弥の行方を探す 新聞広告で行方を探す 久弥の死を久野が病死で片付ける 警察が毒殺として捜査 初七日の法要で洪禅が毒殺 洪禅は出て来ない。 また、ドラマの最後のエンドロールが流れた後、タイトルが出てまだ少し続きがあります。 それは、残った小梅が何を思ったのか自ら首を吊って死に、遺体がぶら下がっている足の辺りに『終』の文字が入って終わります。 久野の部屋の本棚 久野医師の部屋に置いてあった本は推理小説のものですが、NHKで放送しているからか、ちょっとタイトルや作者名を変更して置いてありました。 面白かったのでまとめました。 「殺戮と隣人」横山忠• 「白蜥蜴」作:平井孝太郎• 「不連発殺人事件」作:坂田桂吾• 「黒猫荘の惨劇」エドワード・?・?• 「XYZ殺人事件」クリスティ・? 「殺戮と隣人」が何の本のパロディなのかは分かりませんでした。 「白蜥蜴」は 「黒蜥蜴」で平井孝太郎は江戸川乱歩の本名、 平井太郎からきていると思われます。 「不連発殺人事件」は 「不連続殺人事件」で、坂田桂吾は 坂口安吾と思われます。 「黒猫荘の惨劇」はタイトルだけだと原作者も「迷路荘の惨劇」など書いています。 ただ、 作者名がポーっぽい雰囲気の名前が判読できませんがついているのでもしかしたら 「黒猫」なのかもしれません。 「XYZ殺人事件」は 「ABC殺人事件」で、作者名も アガサ・クリスティーからきていると思われます。 リンク NHK BSプレミアム【八つ墓村】のロケ地 原作も岡山が舞台だからか、岡山ロケが多いです。 八塔寺ふるさと村 要蔵に襲われた村人が逃げ惑うシーンやら何やらで出てきます 福武家住宅 田治見家として出てきます 旧矢掛本陣石井家住宅 田治見家内部などで出てきます 満奇洞 鍾乳洞のシーンで出てきます NHK BSプレミアム【八つ墓村】のまとめ 今まで全ての【八つ墓村】映像化作品を見ているわけではないので断言はできませんが、自分が過去に視聴した映像化作品の中ではわりとよくできている作品だと思いました。 恐怖部分で言えば他の作品のほうが強いです。 今回の作品は恐怖の部分よりも、それぞれが抱く主に恋愛感情のほうを表に出しています。 ただ、典子が出てきてはいるものの、典子との恋愛部分は控え目です。 また、洞窟の部分も財宝は発見しません。 大筋では久野のメモが出てきたり、原作に忠実に作ろうとはしています。 ロケをちゃんとやっているので、その時代の雰囲気は出ています。 お金がかかっているのが伝わってくるドラマでした。 個人的には満足できる内容で、楽しく視聴できました。

次の