デブ 菌 減らす。 【ダイエット】ダイエットで痩せない原因は腸内の「デブ菌」…消す方法は|日刊ゲンダイヘルスケア

デブ菌を酢キャベツで減らすレシピが世界一受けたい授業で絶賛!

デブ 菌 減らす

痩せ菌とデブ菌の正体 2018年の人気健康番組で紹介されてから、マスメディアでも「痩せ菌」と「デブ菌」という言葉を良く聞くようになりました。 名前からしても「痩せる効果のある菌、太る原因になる菌かな?」と想像できますが、あなたの健康にも体型にも大きく関わっている腸内細菌のことをどれだけご存じですか? この痩せ菌、デブ菌の由来は、2006年のワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士らの研究成果に由来しており、世界的にも権威のある科学雑誌「Science(サイエンス)」に掲載された内容は、太っている人の腸内フローラは脂肪を貯めやすく、痩せている人の腸内環境とは異なっているということでした。 学術的には痩せ菌、デブ菌という名称の菌はおらず、正式な学名は痩せ菌が「バクテロイデス門細菌」、デブ菌が「フィルミクテス門細菌」のことを指します。 100兆個もの菌は大きく「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌(ひよりみきん)」の3つに分類され、その 理想的な割合は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%です。 痩せ菌・デブ菌を正しく理解するためにも、腸内細菌の基本を覚えておきましょう。 「善玉菌」 善玉菌の代表的なものは「乳酸菌」で、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳製品や、漬物やキムチなどの発酵食品に含まれている植物性乳酸菌があります。 乳酸菌は食物を発酵させることで腐りにくくして長期保存ができるようにするだけでなく、人の体内に摂り入れられると、もともと 腸内に棲んでいる乳酸菌やビフィズス菌を増やして、有害な菌を繁殖を抑え、整調作用や免疫力の向上、アレルギーの改善効果をもたらします。 ただし、乳酸菌は加齢によって少しずつ減っていく他、食生活の乱れや喫煙、過度の飲酒、ストレスなどが重なると腸内の悪玉菌が優勢になるため、毎日のように摂り入れる習慣が必要になります。 「悪玉菌」 名前からして悪そうなこの菌は、実は普段はおとなしい菌で常在菌として、もともと体のなかにも棲んでおり、異常繁殖すると人の体に害を与えます。 腸内の悪玉菌として馴染みがあるのが大腸菌や腸球菌ですが、これらの菌は食べ物として摂り入れたタンパク質やアミノ酸を分解し腐敗させてしまいます。 つまり、 悪玉菌が増えると体のなかで腐敗物質がたくさん作られてしまい、下痢や便秘、肌荒れ、体臭の要因に、さらには糖尿病や高血圧、がんを引き起こすリスクも高くなります。 悪玉菌は肉食中心の食生活や運動不足が引き金となって増えるますが、異常増殖さえしなければ善玉菌を活性化させる役割も担っており、まったくないと逆に弊害をもたらすことにもつながることも判っています。 「日和見菌」 腸内細菌のおよそ70%を占めているのが日和見菌でその種類は多く、すべては解明されていません。 その中でも早くから存在が知られていたのが、痩せ菌の「バクテロイデス」やデブ菌の「フィルミクテス」、嫌気性連鎖球菌(けんきせいれんさきゅうきん)です。 日和見菌の代表選手である バクテロイデスの特長は「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」をつくり出すことで、腸を活発にしたり、水分やミネラルの吸収を高めます。 また、近年の研究では筋肉や肝臓、腎臓なども活性化することで脂肪の代謝を促進することが期待されています。 一方、フィルミクテスはバクテロイデスのライバル的な存在で、一方が増えるともう一方は減るという関係性を持っています。 短鎖脂肪酸は血液に吸収されて全身に運ばれると、脂肪細胞がそれ以上は栄養分を摂ろうとしないように作用します。 また、近年ではバクテロイデスの仲間である「クリステンセネラセエ」という菌が確認され、この菌がBMIの低い人の腸に多くみられ、痩せ菌として肥満を抑える効果が期待されています。 一方でデブ菌(フィルミクテス)は、わずかな食べ物から多くのエネルギーをつくり出し、 余ったエネルギーを脂肪として蓄えるやっかいな性質を持っていて、実際に太った人の腸内に多くいることが確認されています。 あなたの腸内環境は? 繰り返しますが、腸内フローラの理想的な割合は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7です。 人の健康状態を維持するために、善玉菌と悪玉菌の比率を見ていくことは重要ですが、実は腸内細菌の7割は日和見菌です。 日和見菌は面白いもので、善玉菌と悪玉菌の活性に大きく影響し、善玉菌が優勢なときは善玉菌寄りに、悪玉菌が優勢な時は悪玉菌寄りに作用する性質を持っています。 痩せ菌とデブ菌が含まれる日和見菌は善玉菌や悪玉菌のように簡単には増やしたり減らしたりすることが難しいのですが、善玉菌を増やすことで日和見菌を善玉菌寄りにすることは容易です。 痩せ菌が有利に活動できるような腸内環境を整えることはダイエットにとって有利となります。 もし自分の腸内環境(痩せ菌レベル)を知りたければ、一般的な検診などでは調べてくれませんが、専門機関や専用のツールを使って調べることができるので、関心があれば試してみると良いでしょう。 (値段は安いとは言えないので関心がある方だけ見てください) 痩せ菌を増やす方法 先ほども説明したように、痩せ菌とデブ菌が属している日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の増減によってどちらに強く作用するかを決めるという気まぐれな菌です。 手っ取り早く痩せ菌を増やすために必要なことは、善玉菌を増やすことです。 では善玉菌を増やすにはどうしたらよいのでしょう? 詳しく説明していきます。 食事を見直す 善玉菌の代表格はあなたも良くご存じの乳酸菌です。 その種類は何百種類もあり、ヨーグルトやチーズなどの乳製品から摂れる動物性乳酸菌とキムチや納豆、漬物などの発酵食品に含まれる植物性乳酸菌があります。 普段からヨーグルトや発酵食品をしっかり摂れているなら、恐らく腸内環境はバランス良く保たれている可能性が高いはずです。 しかし下記のようなケースに当てはまる場合、腸内環境が乱れている可能性が高く、悪玉菌が優勢になっているかもしれません。 つまり太りやすい状況を生み出しているのです。 ~プロバイオティクス食品の実力~ プロバイオティクスは「人体に良い影響を与える微生物(善玉菌)、またはそれらを含む食品のこと」と定義されています。 有益な作用として下痢や便秘を抑えるだけでなく、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで腸内環境を改善し、免疫力を向上させると考えられています。 プロバイオティクス食品としてはヨーグルトや乳酸菌飲料が数多く普及しており、ビフィズス菌やブルガリア菌入りのヨーグルトやインフルエンザ時期に人気のR-1、子どもから大人まで人気のあるヤクルトなどは誰もが知っている定番商品。 本来乳酸菌は胃酸に弱く99%が胃で死滅しますが、優れた商品の中には生きたまま腸まで届くように研究されたものが多数あり、有効的に活用することをおすすめします。 ~意外と知られていない乳酸菌の事実~• 胃酸に弱い。 (ほとんどの乳酸菌が胃で死滅してしまう) よくよく商品の宣伝文句をみると「生きたまま腸まで届く」と書いてあるのはココをウリにしたいからです。• 生きたまま腸に届いても1週間程度しか生き残れない。 死滅した菌は腸内でその他の善玉菌のエサとなりますので無駄ではありません。• 腸内環境は人それぞれで異なるため、自分にあった乳酸菌を見つけることが大切。 もともと持っている善玉菌の量も違うことや加齢でも減っていきます。 腸内のバランスが違うのである商品が誰にでも同じような効果を発揮するわけではありません。 つまり、自分にあった乳酸菌を見つける上でも、効果を期待する上でも 「毎日のように継続して摂る必要がある」ということです。 ちなみに厚生労働省が運営するでも善玉菌の増やし方を紹介しています。 サプリを上手に活用する 普段から発酵食品や食物繊維をバランス良くしっかり摂ることができれば良いのですが、忙しい毎日ですから1日3食をしっかり摂る(特に朝食)ことで精一杯ですよね。 ましてや食物繊維が多い野菜でも結構な量を摂らないと1日に必要な分が補えません。 私もそうですが、慌ててパンを口にくわえて出勤するという漫画やドラマのような生活を多くの方は過ごしています。 しかし、腸内環境を整える最大の要因は「食生活を整えること」なので、食生活の改善や足りない栄養をしっかり補うことが一番効率が良いわけです。 善玉菌を増やして痩せ菌の力を最大限活かすためにも、普段の食事で足りない栄養分はサプリメントも活用するのが賢いやり方ですから、サプリメントを必要以上に毛嫌いせずに上手に取り入れることを考えましょう。 便移植で増やす? 残念ながら痩せ菌を移植する施術はまだ臨床試験の段階で実用化されていません。 そもそも痩せ菌が見つかったのは、アメリカにおける感染症腸炎の治療において、患者の娘の便(腸内細菌)を移植した際、腸炎が治っただけにとどまらず、これまで正常だった女性の体重が約1年半後には15kgも太ってしまったことがきっかけでした。 その理由は、肥満体質の娘の便移植(腸内細菌の移植)に起因していることが判ったのです。 これまでマウスによる実験でしか確認されなかった現象が人でも確認されたのは目からウロコの発見で、この事例から痩せ体質の人の便(腸内細菌)を移植したら痩せ体質になることが大いに期待できると現在進行形で研究が進められています。 デブ菌を減らす方法 デブ菌は悪玉菌が増えて腸内フローラが乱れてくると、悪玉菌の味方をするように腐敗物質と一緒に脂肪をため込んでいきます。 よって、腸内環境を整える、つまり善玉菌を増やすことが悪玉菌を減らし、デブ菌の活性を弱めることになります。 悪玉菌が増える最大の要因はやっぱり「食生活の乱れ」です。 特に肉類や動物性のタンパク質は悪玉菌の大好物、消化が悪いため胃で消化できなかったものは腸で腐敗便となって悪玉菌のエサになります。 肉食中心の食生活を送っているとあっという間に悪玉菌が増えて腸内フローラも乱れてしまいます。 ただ、肉類が悪いということではなく、動物性のタンパク質として魚を中心に摂る、野菜など食物繊維もしっかりバランス良く摂ることが大切なのです。 まとめ:痩せ菌を増やして痩せ体質を手に入れよう! ダイエットに留まらず善玉菌を増やすことは人の健康を作る上で重要だという認識が医学界で強まっています。 その過程で見つかった痩せ菌、デブ菌ですが、今回の記事を読んで頂ければそれぞれの特性を見極めて何をすべきかを理解できたのではないかと思います。 最後にもう一度おさらいをしてお別れしましょう。

次の

【ダイエット】ダイエットで痩せない原因は腸内の「デブ菌」…消す方法は|日刊ゲンダイヘルスケア

デブ 菌 減らす

【抗酸化作用の高い食材】 にんにくやハーブなどニオイの強い食べ物は腸を活性化させるので、積極的に食べたい。 また、ヤセ菌が大好きな食物繊維が多く、抗酸化作用も高いきのこ、野菜のなかでも特に抗酸化作用が高いキャベツも腸を活性化させ、免疫力を上げる働きが。 〈ハーブ類〉フェンネル、カモミール、ペパーミントなども消化器官の働きをサポート。 つけ合わせにしたり、ハーブティーで。 〈きのこ〉水溶性、不溶性両方の食物繊維を含む。 一度冷凍させるとうまみがUPするので、作り置きおかずにして毎日食べて。 〈にんにく〉にんにくに含まれる「アリシン」は、腸を活性化する働きが。 【リラックス】 デブ菌は、腸が活発に動くと居心地が悪くなって勢力が弱まる傾向に。 腸がよく動くのは心身がリラックスして副交感神経が優位になっているときなので、忙しくても自分なりのリラックスタイムをきちんと確保して。 ゆっくりおなかから呼吸するのも副交感神経が優位になるので、深い呼吸を心がけて。 他にも【体を温める】のもデブ菌撲滅に有効。 腸は冷えると働きが低下し、免疫機能も低下するため、悪玉菌がはびこってデブ菌が増えることに。 日ごろから冷えが気になる人は、意識して体を温める食べ物を食べたり、入浴や運動で冷えを予防して。

次の

デブ菌とは…腸内にいると痩せられないの?デブ菌で15kg増えた事実が怖すぎる

デブ 菌 減らす

太るのは体質だから、 あきらめるしかないよね… お肉が増えてしまうと、なかなか落ちてくれませんよね。 しかし、 デブ菌を減らすサプリなら、おなかポッコリな私でも スルスルッと変化を感じられたんです。 なぜなら、やせ菌が増えて、ためこみにくい体質になったから。 簡単にいうと、デブ菌を減らすサプリは、 思うようにやせられないあなたにおすすめなダイエットサプリ。 実は、デブ菌がやせ菌より多いと太りやすくなるんです。 デブ菌を減らしてやせ菌を増やすためには、食生活の改善でも効果があります。 すると、デブ菌が減るから、 やせやすい体質にチェンジできるんです。 でも、毎日酢玉ねぎを食べるのは大変だし、飽きますよね。 手軽にサクッとデブ菌を減らしたい人は、 サプリを使う方法も。 デブ菌を少なくするサプリには、以下の成分が入っていました。 デブ菌を少なくする成分 効果 成分名 デブ菌とやせ菌のバランスを整える ビフィズス菌 やせ菌のエサになり、やせ菌が増えるのをサポートする 糖の分解を抑える&分解されなかった糖が善玉菌のエサになる(やせ菌が増えやすい) デブ菌を減らしてやせ菌を増やしてくれるから、やせづらくて困っているあなたにもピッタリだったんです。 だから、私はデブ菌を減らすサプリで、 くびれが似合うやせ体質に。 どうやって見分ければいいの? やせ菌を増やすサプリって、どうやって見つけたらいいのかわかりませんよね。 選び方のポイントは、次の4つ。 デブ菌を抑える成分がしっかり入っているか• 人気があるか• 品質は大丈夫か• 価格はお手頃か 1. デブ菌を抑える成分がしっかり入っているか ダイエットサプリと言っても、食べたい気持ちをやわらげるタイプや糖分をカットするタイプもあります。 デブ菌を抑える成分は、• 乳酸菌• ビフィズス菌• オリゴ糖• サラシア があるので、 成分の一覧表で確認してみましょう。 人気があるか 人気のあるダイエットサプリは、それだけダイエット効果があったという証拠。 ダイエット効果以外でも、安全性やコスパが高い場合が多いので、 人気度で使いたいサプリを絞りこむのもOK。 品質は大丈夫か いくらダイエット効果があっても、安全でないサプリを飲むのはイヤですよね。 安全かどうかを見分けるには、• で作られているか• 日本国内で作られているか(危ない海外製ではないか) で判断する方法も。 GMP工場とは、 安心・安全が第一の製品のみを作るサプリの生産工場。 安全を重視したいあなたは、使いたいサプリがGMP工場で作られているかチェック。 あと、海外製サプリだと私たち日本人の体質に合わない可能性も。 例えば、海外で売られているサプリだと、• 外国人の体質に合わせて作られている• キレイじゃない工場で作られている場合もある ので、 日本製サプリの方が安心できるんですよね。 さらに、デブ菌を抑えるサプリでは、乳酸菌などの成分が 胃酸に負けないで腸まで届くかもポイント。 カプセルタイプの場合、胃酸に強い『 耐酸性カプセル』を選ぶと、腸までしっかり成分が届きます。 価格はお手頃か デブ菌を減らすタイプのサプリは、結果がでるまで時間がかかります。 なぜなら、おなかの環境を整えてやせ体質になるまでは、体重が減りづらいから。 つまり、効果を感じるまでサプリを使う必要があるので、お手頃な価格かも重要なポイントなんですよね。 そこで、ダイエットWEBで紹介している27商品の平均価格をまとめたところ、以下の結果になりました。 ダイエットWEBで紹介しているサプリの平均価格 1か月あたりの価格 定期コース初回 2077円 定期コース2回目以降 4209円 実は、ダイエットサプリの95%に定期コースがあり、定期コース初回をグッと割引くサービスをしている商品がほとんど。 薬局やドラッグストアで市販されているサプリだと、せいぜいお店のポイントが付く程度ですよね。 でも、サプリってめちゃくちゃたくさんあるから、自分にピッタリかどうかなんてわかんない… サプリの成分を、1つ1つ確かめるのは大変。 そこで、 デブ菌を減らす系サプリが初めてなあなたでも簡単に選べるように、 人気のあるサプリをランキングにしました。 次のランキングの中から、使いたいサプリを選ぶ方法もありますよ。 おすすめのデブ菌を減らすサプリランキングBEST5 ダイエット検定一級所持者監修! 以下の根拠で、人気の高さを調査しました。 Amazonランキング• 楽天ランキング• Yahoo! ランキング• アットコスメランキング• Googleトレンドポイント• 口コミヒット数• 有名人も使っているか 内容量:7. 99kcal、たんぱく質0. 066g、脂質0. 017g、炭水化物0. 14g、ナトリウム0. 14mg 原材料名:サラシアエキス、麦芽糖、酒粕発酵物、澱粉、デキストリン、ビフィズス粉末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、リン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素 飲めない人:原材料にアレルギーがある人 コスパで選ぶなら『ラクビ』 ラクビの特徴 ラクビは、17000000個の酪酸菌でやせ菌をサポートするダイエットサプリ。 初回は300円で使えるチャンスがあったから、コスパがいいサプリを使いたいあなたにおすすめ。 送料無料だから、 初回は 1日あたりたった 10円。 2回目以降は、 27%OFFの2740円でダイエットができました。 2位 【値段】通常購入:1日あたり287円 定期初回:1日あたり32円 定期2回目以降:1日あたり132円 デブ菌減らす&痩せ菌増やす効果 人気度 品質 コスパ タイプ タブレット おすすめ度 内容量:22. 92kcal、タンパク質0. 01g、脂質0g、炭水化物0. 22g、食塩相当量0. 0002g 原材料名:デキストリン、還元麦芽糖水飴、ヨーグルトパウダー、ブドウ糖、乳酸菌(還元澱粉糖化物、乳酸菌)、オリゴ糖、グルコマンナン、アガベイヌリン(食物繊維含有)、乳酸菌(殺菌)、ビフィズス菌乾燥原末、有胞子性乳酸菌、ラクトフェリン、ビフィズス菌末(殺菌ビフィズス菌体)、納豆菌、茶エキス末(カテキン含有)/香料、クエン酸、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 飲めない人:原材料にアレルギーがある人 120日間返金保証つきの『プレミアムスリムビオ』 プレミアムスリムビオの特徴 プレミアムスリムビオは、 120日間返金保証つき。 返金保証付きだから、 安心して使うことができたんです。 初回は送料無料の980円だから、始めるのもラクラクでした。 3位 【値段】通常購入:1日あたり271円 定期初回:1日あたり66円 定期2回目以降:1日あたり156円 デブ菌減らす&痩せ菌増やす効果 人気度 品質 コスパ タイプ カプセル おすすめ度 内容量:20. 5kcal、タンパク質0. 3g、脂質0. 004g、炭水化物0. 33g、食塩相当量0. 子どもが飲むときは、1日の分量を減らして飲めばOK。 ご年配の方でも飲めたんです。 1袋コース初回は、 77%OFFの1780円。 2袋コースなら、初回76%OFFの3760円で始められました。 4位 【値段】通常購入:1日あたり196円 定期初回:1日あたり32円 定期2回目以降:1日あたり132円 デブ菌減らす&痩せ菌増やす効果 人気度 品質 コスパ タイプ カプセル おすすめ度 内容量:16. 31kcal、たんぱく質0. 13g、脂質0. 26g、炭水化物0. 11g、食塩相当量0. 0003g 原材料名:ココナッツオイル、乳糖、発酵紅茶エキス末、植物発酵エキス(落花生、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、ゴマ、大豆、バナナ、もも、やまいも、りんごを含む)、乳酸菌(殺菌)、有胞子性乳酸菌、生コーヒー豆抽出物、ガルシニアカンボジアエキス末、ギムネマ末、キャンドルブッシュ末、サラシア末、乳酸菌凍結乾燥末、酵母エキス、パン酵母(銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、酪酸菌、甘草抽出物、コラーゲンペプチド、L-カルニチン、L-酒石酸塩、豚プラセンタエキス末、ガラクトオリゴ糖/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、安定剤(ペクチン)、植物レシチン(大豆由来)、香辛料抽出物、ビタミンB1、ビタミンB6、キトサン(カニ由来)、葉酸、ビオチン、ヒアルロン酸、ラクトフェリン(乳由来) 飲めない人:原材料にアレルギーがある人 コンブチャサプリを使いたいなら『KOMBUCHA生サプリメント』 KOMBUCHA生サプリメントの特徴 KOMBUCHA生サプリメントは、コンブチャをギュッと1粒にこめたんです。 コンブチャは、 ダイエットサポートにいい酵素や酵母がたっぷり。 だから、美意識の高い海外セレブにも大人気。 KOMBUCHA生サプリメントなら、 980円でコンブチャダイエットが スタートできました。 栄養成分表示(2粒あたり):エネルギー2. 68kcal、たんぱく質0. 08g、脂質0. 02g、炭水化物0. 55g、食塩相当量0. 菌活美人なら、• 39種類の野菜・くだもの・和漢素材• 107種類の原料を、江戸時代から続く酵母で作った良質酵素 の ダブル酵素パワーでダイエットができたから、 お肉も スッキリだったんです。 初回は、 88%OFFの500円で始められました。 痩せ菌を増やすサプリトップ3のスペック徹底比較 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 画像 デブ菌減らす&痩せ菌増やす効果 品質 コスパ おすすめ度 デブ菌減らす効果の根拠 デブ菌減らす&痩せ菌増やす系ダイエットサプリ厳選3商品のなかで、デブ菌を減らす効果が高かったのは… 『ラクビ』でした。 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 デブ菌減らす&痩せ菌増やす効果 主な成分 酪酸菌・・・ビフィズス菌 EC-12・ラクトフェリン・スマート乳酸菌・ビフィズス菌・レジスタントスターチ ラクトフェリン・ビフィズス菌・フェカリス菌・オリゴ糖 1位のラクビに17000000個も入っている酪酸菌は、『短鎖脂肪酸』を作ってくれたんです。 「短鎖脂肪酸?なにそれ?」 はい。 酪酸菌が作る短鎖脂肪酸は、 全身をめぐっているうちにいらないモノをため込むのをストップしてくれました。 つまり、ラクビの酪酸菌が デブ菌を減らすのをサポートしてくれたんですよね。 2位のプレミアムスリムビオには、が1000000000000個も入っていました。 しかも、その乳酸菌の中にも、• EC-12• スマート乳酸菌• 有胞子性乳酸菌• フェカリス菌(ヒト由来) という種類があり、あなたのカラダと相性のいい乳酸菌が見つかります。 3位のホコニコのラクトフェリン+乳酸菌には、ラクトフェリンがたっぷり300mgも入っていました。 ラクトフェリンにはビフィズス菌を増やす効果があるので、乳酸菌との相性がバッチリ。 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌には2種類の乳酸菌、• ビフィズス菌BR-108• フェカリス菌EC-12 が、ラクトフェリンと絶妙バランスで配合されていました。 『ラクトフェリン』と『乳酸菌』のダブル効果で、デブ菌を追い出すサポートをしてくれます。 品質の根拠 デブ菌減らす&痩せ菌増やす系ダイエットサプリ厳選3商品のなかで、品質が良かったのは… 『ラクビ』でした。 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 品質 厳選3商品は、どれも安全第一ので作られていましたが、ラクビは 製造工程も公開する徹底ぶり。 余分な原料末を飛ばしてカプセルをチェックしたり… 全カプセルを目でキッチリ確認したり… ラクビは、1粒1粒が大切に作られたサプリだったんです。 コスパの根拠 デブ菌減らす&痩せ菌増やす系ダイエットサプリ厳選3商品のなかで、1番コスパが良かったのは… 『ラクビ』でした。 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 コスパ 「ラクビって実際、どのくらいお得なの?」 「もっと具体的な値段が知りたいな…」 そこで、厳選3商品の定期コースで、価格にどのくらい差が出るのかを調べてみました。 その結果が、下のグラフです。 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 1か月目 300円 1058円 1922円 2か月目 2740円 4298円 4860円 3か月目 2740円 4298円 4860円 4か月目 2740円 4298円 4860円 送料合計 0円 0円 864円 合計税込金額 8520円 13952円 17366円 ラクビなら、初回価格も送料無料の300円で始めやすさがトップ。 2回目以降の価格も2740円で、プレミアムスリムビオやホコニコのラクトフェリン+乳酸菌よりも、お得になっています。 ラクビは 4か月使っても、10000円もかからなかったんです。 ちなみに、ラクビは3回の継続、プレミアムスリムビオは4回の継続が必要でした。 「トップ3のデブ菌減らす&痩せ菌増やす系ダイエットサプリ、どれもみんな魅力的だった。 中でも 一番いいのが、 ラクビなんだ~」 「やせ菌を増やしてくれる、酪酸菌が17000000個も入っているのね…なるほど、悪くないかも。 ラクビ プレミアムスリムビオ ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 パッケージ ダイエット効果 1700万個の酪酸菌でスリム習慣 1兆個の乳酸菌ですっきりをサポート 300mgのラクトフェリンでダイエットサポート 人気度 元モーニング娘の藤本美貴さんも愛用 『anan』にて掲載 『ラクトフェリンmyランキング第1位』獲得 品質 GMP認定工場で製造 GMP認定工場で製造 医薬品GMPに従い安全・安心を約束 1日あたりの価格(定期初回) 10円 32円 66円 1日あたりの価格(定期2回目以降) 88円 132円 156円 おすすめ度 数ある痩せ菌を増やすサプリを比較したところ…… 実は、最強にデブ菌を減らすのは、ラクビだったんです。 なぜなら、ため込みにストップをかける酪酸菌が17000000個も入っているから。 運動は続かないから、食事の見直しでダイエットにチャレンジ。 実は、ダイエットをする前は、から揚げが大好きで3日に1回は食べていました。 だから、から揚げをやめれば痩せられるはず…と思っていたけど、体重計の針はダイエット後も変わらず、65kgをキープ。 このままだといけないと思って、太る原因を徹底的にリサーチ。 わかったことは、太り方もタイプがあるということ。 甘いものを食べすぎたり便秘がちだったりだと、お肉がブクブクつきやすくなるんですよね。 だから、デブ菌をやっつけるラクビを試してみたんです。 すると、しばらく経ったら、食事の量を変えなくても体重にうれしい変化が。 おかげで外に出ても、前ほど体型を気にしないで歩けるようになりました。 あなたもこの際だから、 デブのもとを減らしてやせ体質になるサプリメントを 始めてみませんか?.

次の