イオン 導入 器。 イオン導入器 イオンエフェクター<高浸透タイプ>

イオン導入器 イオンエフェクター<高浸透タイプ>

イオン 導入 器

このページの目次• 肌の構造と毎日のスキンケアの限界 肌の最も外側にある表皮は、外側から順に角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層からなっており、1番外側の角質層はプラスイオンが多く酸性、その次の顆粒層はマイナスイオンが多くアルカリ性になっています。 この隣合わせの層は、互いに性質が異なるため反発し合っており、このため層の間に薄い電気の膜が出来ています。 この膜がバリアを張っているため手やコットンなどで行う日々のスキンケアでは1番外側の角質層までしか、美容成分は浸透しません。 美白やハリなど、美肌を目指し美容成分をお肌に染み込ませているはずが、このバリアのせいで全てが浸透しているわけではないのです。 これを肌の奥深くまで届けるには、一歩進んだ美顔器でのケアが必要になってきます。 イオン導入美顔器のしくみ イオン導入とは イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタのような皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流してイオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていく治療です。 ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。 引用元: 美容クリニックでも本格的に取り入れられているイオン導入ですが、家庭用のイオン導入器の使い方はとてもシンプルです。 イオン導入美顔器は化粧水などを染み込ませたコットンをヘッド部分につけ、肌をすべらすように使います。 (製品によって多少違いあり。 ) この時2つ機能によって肌への美容成分の浸透の手助けとなり美肌へと導きます。 反発の力で肌の奥深くに美容成分が強制的に送り届ける 美容成分の中にはマイナスの性質をもつものがあります。 美顔器のヘッド部分から、美容成分と同じマイナスイオンを流すことによって、同じ性質同士が反発し合い、肌の奥深くに美容成分が強制的に送り届けられます。 例えばビタミンC誘導体は、マイナスの性質をもつため、ヘッドからマイナスイオンが出た場合反発し、肌内部のプラスイオンに引かれ、皮膚の深部へと浸透します。 電気の力で突破したバリアを更にイオンのマイナス同士が「反発する力」を利用して肌の奥深くまで美容成分を浸透させるのです。 イオン導入の効果 美容成分の浸透性アップ イオン導入美顔器を利用する事で、通常通りのスキンケアを行う時に比べて40倍以上、肌への浸透率が変わります。 このイオンの力を利用した導入は「」と呼ばれ美容皮膚科などでも使用されています。 これがイオン導入美顔器であれば、日々のケアに取り入れることができるので「手軽に+定期的」に行うことができます。 美白効果 ビタミンC誘導体をイオン導入器を使って真皮まで浸透させることによって、ビタミンC誘導体が持つコラーゲンを増やしたり、エラスチン、HSP47を増やし美白ケアを促進します。 毛穴やニキビ跡のケア ニキビ跡のクレータは、真皮層や表皮層の形が崩れいる状態にあります。 イオン導入を使ってケアする事で、コラーゲン、ヒアルロン酸を生成に働きかける美容成分を浸透させることができます。 ニキビ跡のシミは、メラニン色素の色素沈着が原因のため、それを無色化してくれるビタミンC半導体を導入させることにより、一定のケアが行えます。 イオン導入におすすめの美容成分について! イオン導入美顔器のイオンの力は、どんな成分も肌の奥に浸透させてくれるわけではありません。 イオン導入美顔器に向いている成分は簡単に言えば粒子の細かい成分、マイナスイオン化する成分です。 下の表であげられている成分は、粒子が細かいためイオンの力を利用して肌の奥に浸透させることが出来るのです。 ビタミンC誘導体• ニキビの予防• ニキビ跡の改善• コラーゲンの生成を促進 プラセンタ• ターンオーバーの促進• シミやシワの改善• エイジングケア トラネキサム酸• メラニンの生成を抑制• 美白効果 アミノ酸• 毛穴の引き締め 美顔器と一緒に販売されている化粧水や美容液などは、粒子が細かいものや、マイナスイオン化するものなどイオン導入美顔器に特化したものになっています。 イオン導入に不向きな成分は?• イソフラボン イオン化しない• コラーゲン 分子が大きい• ヒアルロン酸 分子が大きい 粒子が大きい「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などはイオン導入のケアには不向きです。 市販の化粧水によく含まれる「イソフラボン」もイオン化しないためお肌の奥までは浸透しません。 また「合成着色料」や「パラベン」など添加物の多い成分が入ったものを一緒に使うと刺激の強い物質も肌の奥深くまで一緒に浸透してしまうため避けましょう。 イオン化できない美容成分を肌に浸透させたい時には、エレクトロポレーション機能の付いた美顔器を利用しましょう。 エレクトロポレーションに関してはコチラの記事【】を参考にご覧ください。 で詳しく紹介しています。 美顔器のクレンジングと言えばイオン導出 イオン導出とは? イオン導出とは、肌の奥深くへ美容成分を浸透させる「導入」とは逆に同じイオンの力を使って肌に残るほこり、メイクの残りや毛穴汚れを吸着するものです。 イオン導出は、• イオン導入美顔器• コットン の3つを使用するだけでお肌の細かい汚れまでディープクレンジングが出来ます。 最近ではイオン導入・導出両方が出来る美顔器が有名になってきています。 毛穴がきれいな状態でイオン導入を利用して効果アップ! イオン導出で毛穴の汚れをしっかり落とした後に、イオン導入で美容成分をしっかり浸透させる事でイオン導入の効果はアップします。 汚れを落としすぎるのも肌には良くないためイオン導出の使用頻度には注意が必要です。 イオン導入美顔器おすすめランキング イオン導入美顔器の注意点 ジェルの成分に要注意 イオン導入は、イオン化できる成分すべてを肌の奥まで浸透させます。 専用ジェル以外をケアに使う場合は、主要成分以外の成分もよく確認してから使うようにしましょう。 肌のトラブルにもつながるので専用ジェルを使てケアするのが無難です。 注意したい界面活性剤の存在 肌のために良くない、 界面活性剤、合成香料、合成着色料のような添加物が配合された化粧水をイオン導入で使うのはやめましょう。 刺激の強い成分は悪影響を与える為、添加物の配合された美容液を利用するように注意が必要です。 週1~2回程度の利用が目安 イオン導入器は、メーカーごとに使用方法も様々です、推奨される使用頻度もそれぞれ異なります。 高濃度のビタミンC誘導体を含むジェルを使う場合は、肌をクールダウンさせる為にも、毎日使うのは避けて、週1~2回程度の目安で行うようにしましょう。 ケアの際の、肌への摩擦リスクを考えると、毎日使うのは避けましょう。

次の

イオン「導出と導入」順番は?正しいやり方とは・・・

イオン 導入 器

目 次• イオン導入(導出)の仕組み イオン導入の仕組み 人間の肌には異物の混入を防ぐための機能が備わっています。 一番表面にある角質層は、水分が充分に保たれていればそれ自体がバリアの役割をしていて、異物はまずそこでブロックされます。 たとえ乾燥していて、角質層のバリア機能が弱っていたとしても、 角質層のすぐ下には微弱な電流の層があり、普通の化粧品などはそこを通り抜けることはできません。 イオン導入器は、そのバリアを通り抜けて 美容成分を肌の奥に届ける美顔器です。 通常の肌の電気的状態 人間の様々な活動は微弱な電気信号で成り立っていますから、もともと体中に プラスイオン、 マイナスイオンの両方が存在しています。 そのうち、皮膚の表面だけを見ていくと、皮膚の表面の角質層は プラスイオンを多く含み、その下の顆粒層は マイナスイオンを多く含みます。 角質層の プラスと顆粒層の マイナスが常に引き合うことで、境界に微弱な電気の流れが発生し、その電流がバリアとなって外からの異物の混入を防いでいます。 このバリアを突破しない限り、どんなに優れた美容成分も角質層より奥には入ることができません。 フェイスマスク・コットン側で起こる変化 イオン導入器は微弱なマイナスの電流を流し、まずフェイスマスクやコットンに染み込ませたビタミンC誘導体などの 美容成分を マイナスイオン化します。 マイナスイオン化された美容成分は、イオン導入器の マイナスと反発しあい、 反対側の肌に追いやられます。 それと同時に プラスイオンは、フェイスマスクやコットン内で マイナスイオン化されたビタミンC誘導体などの 美容成分を強力に引き寄せます。 イオン導入器の マイナスと マイナスイオン化されたビタミンC誘導体などの美容成分との 反発する力と、 プラスイオンの マイナスイオンを 引き寄せる力の両方で、美容成分は肌の奥深くまで届けられます。 結果として、イオン化せずに手で美容成分をつけた場合と比較して、 約30倍もの浸透力があるとされていますが、市販されている家庭用のイオン導入器は、エステや美容外科にあるような業務用のイオン導入器程には浸透力はないと考えた方がいいでしょう。 それでも、充分に効果を実感することはできますし、素人が使う場合、それほど強くない方が安心かもしれません。 静電気で ビリッというのは誰でも経験しているとおり、人間の体は電気を通す性質があります。 それは、人間の体にはイオン(電解質)が溶け込んでいるからで、身体を動かしているのも、身体を作るのにもイオン(電解質)が重要な役割を果たしています。 イオン(電解質)は プラスイオン、マイナスイオンのどちらも体中に溶け込んでいます。 イオン導出の仕組み イオン導入器をプラス側に イオン導入の時とは逆にイオン導入器に プラスの電流を流して、 マイナスに帯電したお肌表面の古い角質や大気汚染物質などの汚れを引き寄せてお肌をクリーニングします。 イオン導入しながら導出も 実は、イオン導入器を マイナス側にしているイオン導入時もイオン導出しています。 古い角質や顔に潜むダニの死骸、ファンデーションなど プラスに帯電した汚れは、イオン導入の時も同時にクレンジングしています。 コットンが汚れなくてもクレンジングできている コットンが茶色くなる程汚れが見えるのは、ファンデーションなどの化粧品の色の場合がほとんどですので、 毎回毎回茶色くなるわけではありません。 目には見えなくても、古い角質などの汚れは取れています。 イオン導入に向いている美容成分 イオン化と大きさ イオン導入器で美容成分をお肌に届けるには、まず美容成分をマイナスイオン化しなければなりません。 そもそも イオン化しない美容成分は、イオン導入器を使用しても肌に浸透させることはできないので、イオン導入には向きません。 またヒアルロン酸やコラーゲンなど 分子量(分子の大きさ)が大きいものは、細胞の間を通り抜けることができないのでイオン導入器では浸透させることはできません。 低分子ヒアルロン酸、低分子コラーゲンなど、分子量を小さくした成分もありますが、それでも細胞の間を通るには大きく、浸透は難しいとされています。 ただし、 イオン化できるナノカプセルに美容成分を封じ込めて、イオン導入にも対応した製品もあるようなので、商品の説明を読んで何が浸透するのかを判断してください。 イオン導入に向いている美容成分とその効果 ビタミンC誘導体• メラニンの生成を抑えるので、シミやそばかすを予防する美白効果があります。 皮脂を抑える効果と炎症を抑える効果があり、ニキビの予防に役立ちます。 コラーゲンの合成を促す作用があり、開き毛穴やしわなどの改善が期待できます。 抗酸化作用があり、活性酸素を中和しますのでエイジングケアに役立ちます。 プラセンタ• ターンオーバーを促進するので、シミを作るメラニンの排出や、古くなった角質の排出を助けます。 メラニンの生成を抑えるので、シミやそばかすを予防する美白効果があります。 EGFなどの成長因子がコラーゲンの合成を促す作用があり、開き毛穴やしわなどの改善が期待できます。 抗酸化作用があり、活性酸素を中和しますのでエイジングケアに役立ちます。 トラネキサム酸• メラニンの生成を抑えるので、シミやそばかすを予防する美白効果があります。 炎症を抑える作用があるので、健康なお肌を保ち、ニキビの予防にも役立ちます。 アミノ酸またはアミノ酸誘導体• コラーゲン合成を促進し、細胞増殖させる効果があるので、皮膚のはりや弾力性を増加させ、皮膚の柔軟性を改善させるなどの効果が期待でき、毛穴の開きやしわ、たるみなどのエイジングケアに役立ちます。 イオン導入に使う化粧品選びの落とし穴 美顔器の中には「あなたの持っている美容液でOK」と書かれているものもありますが、 イオン導入用の化粧水ではない場合は 絶対に使用しないでください! イオン導入は、成分をイオン化して肌の奥に届けます。 使用する化粧品に添加物があり、それが分子量の小さいイオン化するものなら、それまでも肌の奥に入れ込んでしまいます。 超音波美顔器はイオン導入より大きな分子も浸透させますのでさらに怖いです。 イオン導入器を購入する際、指定の化粧品を使うようになっている場合がありますが、一緒に買わせようとしているのではなく、その方が 「何でも使える」としている会社より良心的かもしれません。 指定の化粧品があるイオン導入器ではなく、イオン導入器だけを購入して、化粧水などは イオン導入に適した化粧品を販売している会社もありますので、そちらの商品を使用しても良いでしょう。 おすすめのイオン導入用の化粧水はこちら 2017-10-28 00:36 イオン導入(導出)の方法 イオン導入の方法 クレンジング・洗顔後に行いますが、何かつけてしまうと、そのコスメに含まれる添加物を導入してしまう可能性があるので、何もつけていない状態でイオン導入を始めます。 イオン導入の前にイオン導出クリーニングをしておくのもおすすめです。 イオン導入器を直接肌に当てるのは刺激が強すぎるので、 フェイスマスクやコットンに化粧水をたっぷりと染み込ませ、肌とイオン導入器の間に挟んで使用します。 押し付ける必要は全くなく、触れている程度の力加減でイオン導入器を滑らせます。 基本的にはそれだけで、難しいことは何もありません。 イオン導入で重要なのは、 「 導入に使う化粧品選び」「 お手入れの時間」「 お手入れの頻度」です。 イオン導入は行った後に肌が柔らかくなるなど、明らかな効果が現れる人が多く、ついついもっとやりたいと思いがちですが、 やり過ぎるとかえって肌を傷つけて炎症を起こすなど、トラブル肌になってしまいます。 1か所には5~10秒を限度とし、できるだけゆっくりと動かし続けるように使い、回数は肌の丈夫な若い人でも 週に1~2回にとどめましょう。 それでも充分に効果を感じることはできると思います。 イオン導出の方法 クレンジング・洗顔後に行います。 イオン導入器をプラス側にセットし、 肌との間に 水道水を染み込ませたコットンを挟んで滑らせます。 イオン導入と同様に、 1か所には5~10秒を限度とし、できるだけゆっくりと動かし続けるように使います。 こちらも、肌が丈夫な若い人でも 週に1~2回にとどめましょう。 使用しない方がいいケース イオン導入(導出)は以下のケースでは 使用をおすすめできません。 妊婦さんや授乳中のママさん 胎児や乳幼児への影響が判明していないので、妊娠中や、授乳中の場合は使用を控えましょう。 トラブル肌 お肌の調子が良くないときには、イオン導入器の刺激で肌荒れを起こしてしまう場合がありますので使用しないことをおすすめします。 その他の使わない方がいいケース 心臓疾患がある場合や、美容外科手術で顔にシリコンや金属を埋め込んでいる場合は、使用しないことをおすすめします。 美顔器の選び方 せっかくイオン導入器を買うのなら、 イオン導出もできるものを選びましょう。 もし美顔器が初めてなら、高価なものでなくてもいいので、2,000円ぐらいの手軽なものから始めて、続けられるか様子を見ても良いと思います。 安価なイオン導入器でも、充分に効果を実感することはできると思いますよ。 イオン導入(導出)のまとめ いかがでしたか? イオン導入・導出について参考になりましたでしょうか? イオン導入はとても効果が得やすいですが、 使用する化粧水を間違えるととても怖いことをすることになります。 美肌になるつもりが、イオン導入をするたびにお肌の調子が崩れるという方は、使用する化粧水を見直すと解決するかもしれません。

次の

イオン導入は効果ない?その原因はこれ!副作用の危険を回避する方法も完全伝授

イオン 導入 器

家庭用のイオン導入器で、スキンケア化粧品の美容成分を浸透させているはずなのに、「効果が感じられない... 」と悩んでいませんか? それは、気のせいや勘違いではなく、そのまま継続していても意味がないかもしれません。 じつは、イオン導入は分子の小さい成分しか、お肌に浸透させることができません。 つまり、イオン導入で分子の大きい成分をいくら肌に浸透させようとしても 無駄なのです。 そこで今回は、イオン導入で肌の奥まで浸透させられる成分と、浸透させられない成分をご紹介します。 また、イオン導入を実践する際に、絶対にやってはいけないNG行動も併せてご説明します。 この、やってしまいがちなNG行動をしてしまうと、お肌が 炎症を起こすなど副作用の危険があるので必ずチェックしてくださいね。 スポンサーリンク イオン導入に適さない成分• コラーゲン• エラスチン• ヒアルロン酸 もし、上記に含まれている成分をイオン導入で浸透させようとしているのなら、 いくら継続しても意味がないということですね。 イオン導入では浸透させられない分子の大きい成分は、どうしたら肌の深部に届けることができるのでしょうか? じつは、イオン導入では浸透させられない大きい分子でも、肌の深部まで届けられる方法があります。 その最新技術とは? イオン導入よりもスゴイ浸透技術はこれ! イオン導入でも浸透させられない美容成分でも、肌の深部まで簡単に浸透させられる方法があります。 その方法は「エレクトロポレーション」という技術を活用する方法です。 このエレクトロポレーションは、特殊な電気パルスのチカラで 皮膚細胞に一時的に隙間を作ることができる最新の技術です。 皮膚細胞に隙間を作るなんて怖い気もしますが、あくまでも一時的なものなので安心して利用することができます。 ようするに、エレクトロポレーションは、皮膚細胞に隙間を作ることで、イオン導入では浸透させられなかった大きい分子でもしっかりと浸透させられるということです。 従来は、美容エステや美容クリニックなどに通わなければ施せなかったエレクトロポレーションですが、家庭用の美顔器で搭載されているモデルがあります。 そのエレクトロポレーション機能を搭載した最新の家庭用美顔器とは? エレクトロポレーション機能を搭載した家庭用美顔器はこれ! コラーゲンやヒアルロン酸など大きい分子の成分は、美容注射でしか肌の深部に届けることができませんでした。 しかし、エレクトロポレーション技術の登場で、痛みや注射痕を残すことなく、肌の奥深くまで浸透させることができるようになりました。 しかも、今では家庭用の美顔器にまで搭載されている機種があります。 そのエレクトロポレーションを搭載した家庭用美顔器の名前は、です。 このララルーチュRFには、エレクトロポレーションを応用して進化させた「コアパルス」という機能が搭載されています。 すなわち、自宅でも手軽にエレクトロポレーションを活用して、 様々な美容成分を肌の奥までしっかりと浸透させられるということです。 エレクトロポレーションの効果がすごすぎる! 手で化粧水や美容液を顔に塗布した場合、どのくらいまで美容成分が浸透しているかご存知ですか? その答えは、肌の表面である角質層までしか浸透していません。 ようするに、「浸透力抜群!!」というようなキャッチフレーズで販売されているスキンケア化粧品でも、お肌の表面である角質層までしか浸透していないというのが真実なのです。 そこで、イオン導入やエレクトロポレーションの出番というわけですが、手で塗布するのと比べたらどのくらい浸透力に差が出るものなのでしょうか? じつは、手で塗布するのと比較すると、 イオン導入は約170倍も肌に浸透させることができます。 そして、なんと!エレクトロポレーションは、その イオン導入よりもさらに20倍も浸透させることができるのです。 このデーターを知ってしまうと、もうスキンケア化粧品を手で塗布するだけでは意味がないとまで感じてしまいますよね。。 しかし、どんなスキンケア化粧品でも、お肌の奥にまで浸透させても良いというわけではありません。 じつは、市販されているスキンケア化粧品の多くは、イオン導入やエレクトロポレーションに対応していないので、肌に炎症を起こしてしまうなどの 副作用リスクがあります。 では、どのようなスキンケア化粧品を使用すれば副作用を回避できるのでしょうか? イオン導入やエレクトロポレーションで副作用がでる理由とは? イオン導入やエレクトロポレーションを利用する際に、専用の化粧水や美容液を使用せず、市販されている一般的なスキンケア化粧品を使用していませんか? じつは、イオン導入やエレクトロポレーションを利用して有効成分を浸透させる際に、コスパ重視のスキンケア化粧品を使用すると 副作用がでてしまうことがあります。 比較的に価格が安い化粧水や美容液には、• 界面活性剤• 防腐剤• 香料 など、身体にとって有害になりうる成分が配合されていることがほとんど。。 この有害成分が配合されているスキンケア化粧品を手で塗布しているぶんには、角質層までしか浸透しないので問題ありません。 しかし、イオン導入やエレクトロポレーションのチカラで、有害成分を肌の深部まで浸透させてしまうと、炎症などの副作用が発生してしまうことがあります。 ようするに、イオン導入やエレクトロポレーションは、美容成分だけではなく、 身体に有害な成分まで浸透させてしまう危険があるので注意が必要です。 すなわち、イオン導入やエレクトロポレーションを利用する際は、 使用する美顔器専用の美容液を使用するのがベストということです。 イオン導入やエレクトロポレーション対応の美容液はこれ! イオン導入やエレクトロポレーション機能が搭載されている家庭用美顔器には、必ずと言っていいほど専用の美容液や美容ジェルがセットになっています。 しかし、このセット販売を嫌がる方が多いのですが、じつは効果を実感するためにはとても重要なポイントといえるのです。 そればかりか、市販の美容液などを用いると、 副作用による炎症等で大切なお肌を痛めてしまうことにも繋がりかねません。 ようするに、イオン導入やエレクトロポレーションを利用して、美容成分を肌の深部に届ける際には、専用の美容液を使用することがとても大切なんですね。 まとめ 今回は、イオン導入では浸透させることができない成分についてご説明しました。 また、イオン導入では浸透させられない「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」でも、肌の深部まで浸透させられるエレクトロポレーションも併せてご紹介しました。 このエレクトロポレーションは、手でスキンケア化粧品を塗布するときに比べて、 約200倍も浸透させることができる最新の技術です。 すなわち、エレクトロポレーション機能を搭載した美顔器と専用の美容液を上手に利用すれば、今までとまったく違う結果を期待できるというわけです。

次の