かゆみ 全身 発疹 なし。 全身に生じる激しいかゆみ=肝臓の病気が原因の可能性|医療ニュース トピックス|時事メディカル

全身に痒みの伴わない湿疹?発疹?

かゆみ 全身 発疹 なし

皮膚疾患は、全身やお腹や背中を中心に赤い発疹が多発します。 この赤い斑点の特徴は、その配列模様がクリスマスツリーのように見えます。 ジベル薔薇色粃糠疹の発症は、10〜30代の比較的若い年代に多く、夏よりも冬に多く見られます。 発熱を伴うものなのか、かゆみが伴うものか、体の一部に現れるのか、それとも全身に広がるのか…湿疹の原因は様々です。 スポンサーリンク 部分的に痒みが出る場合はかなり多いのですが全身のかゆみの場合は湿疹や発疹をともなうものとそうでないものに分けられます。 見た目でわからない原因もありますのでやはり検査してもらうのが一番です。 体の左側か右側のどちらか片方にあらわれ、眼や周辺・耳や周辺・頬から顎・全身の広範囲・下腹部、外陰部に出現した場合は、症状が酷くなったり重い合併症になることがあります。 発生箇所は全身です。 原因となる物質が皮膚に繰り返し触れることにより、炎症を起こします。 毒や酸が皮膚に触れる一次刺激接触皮膚炎とは異なり、特定の人にのみに起こる皮膚病です。 アレルゲンがわかったら、食物なら口にしない、化繊なら肌着や洋服を綿や麻などに変える。 食べ物以外で皮膚病治療が必要になる金属アレルギーが出る人は、歯のかぶせ物でも反応するので気をつけてください。 褐色の斑点が全身にでます。 この斑点は、内臓にまで現れています。 よくいわれるエイズの象徴的な症状です。 この頃には、もう免疫力がほとんどなくなっているため、あとは何かの病気に感染するのを待つだけという状態です。 スポンサーリンク おすすめ記事.

次の

全身がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

かゆみ 全身 発疹 なし

は全身のさまざまな部位に起こりうる症状のひとつであり、病気や日常生活上の習慣など原因は多岐に渡ります。 乳幼児から高齢者まで幅広い年代でみられる症状ですが、中には深刻な病気が隠れているケースもあります。 特定のものを食べたり触ったりすると、全身に伴う皮疹が現れる• 体調不良や皮膚に病変がないのに全身に強いが襲うことがある• ある種類の薬の服用を始めたら全身にが生じるようになった これらの症状がみられる場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 全身にかゆみを生じる病気 全身のは、身体的・精神的な病気によって引き起こされることがあります。 原因となる主な病気は以下の通りです。 皮膚の病気 皮膚に生じる以下のような病気が原因で、全身のを生じる場合があります。 蕁麻疹 じんましん 特定のアレルゲンに 晒 さら されることで生じる症状のひとつです。 は、やや 隆起 りゅうき した 扁平 へんぺい な皮疹であり、非常に強いを伴うことが特徴です。 体の一部にのみに現れることもありますが、重症な場合には全身に現れ、咳やくしゃみ、目の充血、吐き気や下痢などの症状がみられることも少なくありません。 また、さらに重症化すると呼吸困難や血圧低下、意識消失などのが引き起こされることがあります。 臓器や器官の病気 全身のは、以下のような内臓や器官の病気によって生じることがあります。 腎臓や肝臓の病気 古くなった血液を分解する際に生成されるビリルビンの量が増えることで、全身にを生じることがあります。 ビリルビンは肝臓で代謝され、尿や便とともに排出されます。 そのため、肝機能が低下する病気によってビリルビンが体内に過剰に蓄積し、の原因となることがあります。 のほかにも、 黄疸 おうだん やむくみ、倦怠感などの症状がみられることもあります。 また、腎機能が低下した場合もさまざまな老廃物が体内に蓄積する結果、の原因になると考えられています。 がんやリンパ腫 全身にできる、さまざまながんやリンパ腫が原因で全身にを生じることがあります。 腫瘍からさまざまな物質が放出されるためが出ると考えられていますが、発症メカニズムはまだ解明されていません。 また、リンパ腫のタイプによっては、を伴う皮疹が現れることもあります。 精神的な病気 全身のは、以下のような精神的な病気が原因のことがあります。 また、実際にが生じていないにもかかわらず、皮膚を掻きむしりたくなる衝動に駆られる病気もあります。 統合失調症、幻覚症など 精神的な病気の中には、や幻覚症などのように、さまざまな幻覚が現れる病気があります。 これらの病気では、体に虫が 這 は いまわっているといった幻視が現れ、実際にを生じているような幻覚を感じることがあります。 強迫性障害 一般的には不合理と考えられる事柄にとらわれて、その不合理な事柄に関連する行動を繰り返す病気です。 症状の現れ方はさまざまで、潔癖症による繰り返される過剰な手洗いなどものひとつです。 また、実際にはが生じていないものの、があると思い込み、皮膚を掻きむしるといった不合理な行動が見られることも少なくありません。 受診の目安とポイント 全身のは、日常生活上の習慣が原因のこともありますが、思わぬ病気が潜んでいる場合もあるため、症状が長引いたり、繰り返されたりする場合には注意が必要です。 特に、のある皮疹がみられる場合や、発熱などほかの症状がある場合、精神的な変調が疑われる場合には、なるべく早めに病院を受診しましょう。 受診に適した診療科は、それぞれの症状によって異なり、皮疹がみられる場合は皮膚科がよいですが、全身のどこかに皮疹以外の症状がある場合は内科やかかりつけの病院で相談してもよいでしょう。 また、精神的な不調がうかがえる場合は、精神科や心療内科がよいでしょう。 受診の際には、いつからがあるのか、の誘因、以外の症状、患っている病気などを詳しく医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 全身のは、日常生活上の習慣が原因になっていることがあります。 主な原因とそれぞれの対処法は以下の通りです。 皮膚の乾燥 は角質層のバリア機能を低下させるため、さまざまな刺激に過敏となり、の原因になります。 特に、空気が乾燥する冬や冷房の強い夏の室内で症状がつよくなることが特徴です。 肌に潤いを保つには 肌の乾燥を防ぐには、入浴後などに保湿効果の高いクリームやローションを使用してのケアがおすすめです。 また、加湿器を用いて湿度を適切に保つことも大切です。 ただし、クリームやローションは肌質に合わないものを使用すると皮膚に負担がかかって、乾燥が悪化することがあるため注意しましょう。 著しい温度変化 皮膚の温度が急激に高くなると、を生じることがあります。 特に、冬場の入浴や運動時などに起こることが多いとされています。 急激な温度変化を防ぐには 皮膚が急激に温められないよう、衣類で調整したり、温度差の激しい場所への出入りを控えたりするなどの対策が必要です。 また、運動時に汗をかくとの原因となることもあるので、綿やシルクなど吸水性のよい下着を身につけるとよいでしょう。 ストレス 過度なストレスは心因性のを引き起こすことがあります。 夜間や睡眠中にが強くなるのが特徴です。 ストレスを軽減するには 生活を送るうえでストレスを完全に排除することはできません。 しかし、自分に合ったストレス解消法を見つけることで、その都度ストレスを発散し、ストレスを溜めない生活を送ることは可能です。 また、十分な休息や睡眠時間の確保も心がけましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じてもが改善しない場合は、何らかの病気が潜んでいることや間違ったスキンケアを行っていることが考えられます。 なるべく早めに症状に適した診療科を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

湿疹が全身に!かゆくないブツブツの原因と対処法

かゆみ 全身 発疹 なし

かゆくないけど…湿疹が全身に! 湿疹と聞くと赤みやかゆみを伴う症状を思い浮かべる方が多いことでしょう。 しかし、中にはかゆみのない湿疹が全身に生じることもあります。 かゆみのない湿疹ができる理由にはどのような事があるのでしょうか。 考えられる原因としては、• ストレス• 食物アレルギー• 体調不良• 接触性皮膚炎(かぶれ)• 溶連菌感染症 などが考えられます。 もちろん上記に挙げた原因で湿疹が生じた場合、かゆみを伴うこともあります。 発症原因や症状は、原因や状況によっても違います。 原因を知るためには、かゆみのない湿疹以外に生じた複合症状などにも注意してみましょう。 原因が特定できれば、その原因を排除したり、原因にあった治療をすることで、症状は緩和していくことでしょう。 また、病気の初期症状ということも考えるので、気になる点があれば早めに病院を受診しましょう。 全身に湿疹が…かゆくない原因は? 全身に湿疹が生じても、かゆみがない場合にはそのまま放置してしまう方も多い傾向にあります。 しかし、湿疹が生じたということは身体に何らかの問題が影響しているということをしっかり理解し、改善のために対処をすることが大切です。 かゆみのない湿疹は、 ジベル薔薇色粃糠疹の可能性もあります。 ジベル薔薇色粃糠疹は聞きなれない病名ですが、これと言った原因や治療法が確立していない病気です。 生じる湿疹も、かゆみがある場合とない場合があり、症状も様々です。 1週間〜10日かけて、身体全体に大きさの異なる湿疹が出てきます。 治療法や治療薬がない「ジベル薔薇色粃糠疹」は、発症から1ヶ月から2カ月程度で、症状が収束していきます。 しかし、かゆみが生じている場合には、掻きむしることで症状が悪化したり、完治が長引いたりすることがあります。 その場合は病院でかゆみを抑える薬を処方してもらうことも可能です。 全身にできたかゆくない湿疹の原因はダニかも! 全身に出た湿疹は、病気が原因ではなくダニの影響かもしれません。 ダニに刺されると湿疹が現れます。 通常はかゆみを伴う湿疹ですが、中にはかゆみが全くでない場合もあります。 ダニは6月から9月にかけて活動的になり、ベッドやソファーなどファブリック系のものに生息しており、服の上からでも指すのが特徴です。 また刺された部分じゃ一部であっても、刺されたことによりアレルギー症状を引き起こし、全身に湿疹が広がってしまうこともあります。 特に梅雨に入るとダニが増えるため、湿疹以外の健康被害も懸念されます。 ダニは湿気によって活発化し繁殖するので、晴れた日には換気を心がけ、雨の続く日は除湿器なのを使い、室内の湿度に気を付けておきましょう。 最近はファブリック用の防虫スプレーも多数市販されているので、そういったものを利用しながら、ダニの対処・予防を心がけましょう。 全身に湿疹ができる原因は? 全身に湿疹ができる原因を具体的に挙げてみると 接触性皮膚炎 これは皮膚がかぶれている状態です。 接触性皮膚炎がおこる原因が、金属・植物・動物・化粧品・ラテックス・疲労・ストレス・睡眠不足など、実際に接触するものだけが要因になるわけではなく、精神的なダメージなども影響することがあります。 内因性湿疹 アトピー性皮膚炎なども含まれる内因性湿疹。 ダニ・カビ・ホコリなどハウスダストによるアレルギー症状なども関係しています。 皮脂欠乏性湿疹 体のバリア機能となる皮脂の分泌が減少し、体の防御機能が著しく低下することで起こる皮脂欠乏症湿疹。 かゆみは少なく、皮膚がうろこ状にボロボロと剥がれ落ちる特徴があります。 脂漏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹とは逆に、皮脂の分泌が過剰になることで起こる湿疹です。 発症は赤ちゃんから大人まで性別を問わず広い範囲で発症します。 全身にかゆくない湿疹が…子供の場合は気を付けて! 全身にかゆみのない発疹が生じるのは大人だけではありません。 子供の皮膚の方が繊細で様々なことをきっかけに湿疹が広がってしまうのです。 生まれてから1歳頃には乳児湿疹と言われる湿疹が良く見られます。 生まれたばかりで肌のバリア機能が未熟な為、肌トラブルを起こしてしまうのです。 原因や症状は赤ちゃんによっても違い、カサカサする場合もあれば、ジュクジュクした湿疹の場合もあります。 1歳〜2歳頃によくあらわれる湿疹としては、単純ヘルペス感染症があります。 発熱やかゆみなどはなく水泡のような湿疹が場所を問わず現れます。 3歳〜4歳頃になると、集団生活が始まる子供が増えるため、湿疹となる原因も増えていきます。 リンゴ病、手足口病など病院での治療が必要になることも増えていきます。 かゆみがある場合には水泡をかき破り、飛び火して悪化してしまうことも多くなっていきます。

次の