簿記2級 テキスト。 【独学+2ヶ月合格】簿記2級おすすめのテキスト・問題集

2級商業簿記無料講座|独学でも安心の分かりやすい解説

簿記2級 テキスト

スポンサーリンク 日商簿記2級テキストの選び方 テキストは中古本でもいい? メルカリやオークションでは中古本が安く出品されています。 テキストを購入する際、 中古本でも大丈夫か気になりますよね? 日商簿記2級は 2019年6月から出題範囲の改定が行われています。 中古本の場合は、 必ず改定後のテキストを選ぶようにしましょう。 中古本でも対応は可能ですが、個人的には 最新テキストを購入することを強くオススメします! 最近、出題範囲が変更になったことで 中古本では出題傾向なども把握しにくいところがあります。 ですから、できれば 最新テキストを使いベストの状態で一発合格を狙った方がいいというのが私の考えです。 テキストは質と量! 簿記2級では、新しく 工業簿記も加わり広範囲の学習が必要となってきます。 実務経験がない方は、初出の用語に苦戦する方もいるかもしれません。 適切な質と量のテキストを選ぶことで、独学で合格するための最短ルートとなります。 テキストを選ぶ時には、学習用にテキストと練習用に問題集と複数冊活用していくことがベストです。 どちらも合格が必須条件になりますので、試験範囲は網羅しないといけません。 商業簿記の学習が進まなくなったら、工業簿記に切り替えて気分転換をするくらいの気持ちで取り組むことが大切です。

次の

簿記2級の独学におすすめのテキストと勉強方法を、簿記講師が解説

簿記2級 テキスト

日商簿記1級、2級、3級について質問します。 2級の主な変更点は、以下の通りです。 <2級の範囲から除外されたもの> ・ 本支店会計の内部利益控除と未達取引 ・ 手形に係る偶発債務の会計処理 ・ 電子記録債権・債務 ・ 為替手形 <2級の範囲に追加されたもの> ・ 税効果会計 ・ 有価証券 ・ 連結会計におけるアップストリームの処理 3級の試験範囲の変更点は微細ですが、2級は大きな変更なので、商業簿記については、最新のテキストで学習した方が良いです。 工業簿記は、特に変更はありません。 テキストと講義については、以下がお薦めです。 公認会計士や税理士の入門講義を無料開放しているので、やや難易度は高いですが、無料講義でこれ以上のものはありません。 ただ、問題集はないので、自分で用意する必要があります。 問題集は、大原のが良いです。 大原のB5サイズのステップアップ問題集は掲載している問題の質・量とも申し分ない内容です。 これに比べると、『サクッとうかる・・・』とか『スッキリわかる・・・』シリーズは、内容が不足気味です。 1級まで視野に入れるなら、大原の問題集です。 (A)まず、日商の1級合格者は税理士の受験資格をもらえます。 逆に、税理士試験や公認会計士試験に合格しても、日商1級は免除になりません。 (B)会計大学院の卒業生は、会計士の短答式は企業法さえ合格できれば、財務会計論、監査論、管理会計論は免除されます。 ただし、論文は全科目合格する必要があります。 (C)司法試験合格者は、公認会計士の短答式は全科目免除になります。 論文式も、企業法と選択科目(経営学)が免除になります。 といことで、司法試験合格者は、会計士論文式の会計学、租税法、監査論にさえ合格できれば良いことになります。 また、司法試験合格者は、税理士資格ももらえます。 税理士試験も抜け道が色々とあるようですが、あまり詳しくありません。 以上です。

次の

簿記2級のおすすめのテキストならコレ! 絶対合格できるおすすめ3選!

簿記2級 テキスト

目次 第0章損益計算書と貸借対照表の表示区分• 第1章銀行勘定調整表• 第2章商品売買等• 第3章手形その他債権債務• 第4章有価証券• 第5章固定資産• 第6章リース取引• 第7章引当金• 第8章株式の発行、合併、剰余金• 第9章税金等• 第10章連結会計• 第11章税効果会計• 第12章外貨換算会計• 第13章本支店会計• 第14章製造業会計 製造業会計の内容は工業簿記で学習する内容(仕訳と財務諸表の作成)と重複するので、の方で学習してください。

次の