美智子 さま 衣装。 ネットの勝利? 美智子前皇后と秋篠宮家のボロがつぎつぎと明るみに

紀子さま、美智子さまから「不思議な衣装」を受け継ぐ “国産ブランド”を活用した「華麗なるイメージ戦略」|菊ノ紋ニュース

美智子 さま 衣装

2019年「歌合始の儀」 小室圭さんとの婚約延期問題を巡って、紀子さまと眞子さまの親子関係も悪化の一途を辿っていると報じられて久しい。 しかし、受け継がれたご衣装を最近多くお召しになられていることからしても、完全なコミュニケーション不全というわけでは無さそうに思える。 受け継がれる衣装 さて、女性皇族方の衣装は、リフォームなどをしながら伝統的に受け継がれていく事は夙に知られている。 「例えば、黒田清子さんはお若い頃から美智子さまのお下がりをリフォームされたものをよくお召しでした。 親子でのおそろいコーディネートは大変注目を集めました。 ですが 美智子さまのお作りになったご衣装はどれも非常に独創的なので、今は着こなせる女性皇族がいないとのこと。 リフォームに関しても個性的な部分を削ぐことに美智子さまが難色を示されるようで、今はご自身で大事に保管されているようです」(皇室記者) なるほど、衣装の引き取り手が見つからないという事も、引っ越し延期の要因となっている膨大な荷物の量に影響を及ぼしているのかもしれない。 当サイトが関係者に取材を申し込んだところ、この3回目の饗宴の儀の眞子さまのご衣装に関しては、紀子さまのご意向が多分に含まれているという証言を得ることができた。 「小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者との間で生じた金銭トラブルの件で、眞子さまや秋篠宮家全体にも、お金の使途について懐疑的な目が向けられています。 今回の眞子さま、佳子さまの衣装選びは全て紀子さまが指揮を取られたんですよ」(秋篠宮家関係者) 紀子さまは、側近に「 饗宴の儀で一番報道関係が多いのはいつか」「 ゲストは誰か」といった事をリサーチさせ、慎重に眞子さまのご衣装を選ばれたそうだ。 「紀子さまはスポーツ選手などの著名人や報道関係が多く招待されていることから、眞子さまの3日目の衣装をお下がりのものに決められました。 眞子さまが著名人と会話されているところは写真映えしますし、多く撮影されると考えられたためです。 『質素な秋篠宮家の健在』を印象づける事が出来ると踏んだのでしょう。 最近眞子さまは少々ふっくらされましたから、事前に『 眞子ちゃん、あのピンクの、まだちゃんと入るわよね?』と確認を取られ、お直しをされるなど入念に準備をされていました」(同前・秋篠宮家関係者) 小室家の金銭トラブルに関して秋篠宮家は感知していなかったと言うから、とばっちりを受けたと紀子さまの憤慨は相当のものだったという。 秋篠宮家の信頼回復のために、紀子さまは涙ぐましい努力を重ねられているようだ。

次の

雅子様のドレスがかすむ美智子様の着物姿に派閥争いの確執があらわに|KININARU JORNAL

美智子 さま 衣装

2019年「歌合始の儀」 小室圭さんとの婚約延期問題を巡って、紀子さまと眞子さまの親子関係も悪化の一途を辿っていると報じられて久しい。 しかし、受け継がれたご衣装を最近多くお召しになられていることからしても、完全なコミュニケーション不全というわけでは無さそうに思える。 受け継がれる衣装 さて、女性皇族方の衣装は、リフォームなどをしながら伝統的に受け継がれていく事は夙に知られている。 「例えば、黒田清子さんはお若い頃から美智子さまのお下がりをリフォームされたものをよくお召しでした。 親子でのおそろいコーディネートは大変注目を集めました。 ですが 美智子さまのお作りになったご衣装はどれも非常に独創的なので、今は着こなせる女性皇族がいないとのこと。 リフォームに関しても個性的な部分を削ぐことに美智子さまが難色を示されるようで、今はご自身で大事に保管されているようです」(皇室記者) なるほど、衣装の引き取り手が見つからないという事も、引っ越し延期の要因となっている膨大な荷物の量に影響を及ぼしているのかもしれない。 当サイトが関係者に取材を申し込んだところ、この3回目の饗宴の儀の眞子さまのご衣装に関しては、紀子さまのご意向が多分に含まれているという証言を得ることができた。 「小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者との間で生じた金銭トラブルの件で、眞子さまや秋篠宮家全体にも、お金の使途について懐疑的な目が向けられています。 今回の眞子さま、佳子さまの衣装選びは全て紀子さまが指揮を取られたんですよ」(秋篠宮家関係者) 紀子さまは、側近に「 饗宴の儀で一番報道関係が多いのはいつか」「 ゲストは誰か」といった事をリサーチさせ、慎重に眞子さまのご衣装を選ばれたそうだ。 「紀子さまはスポーツ選手などの著名人や報道関係が多く招待されていることから、眞子さまの3日目の衣装をお下がりのものに決められました。 眞子さまが著名人と会話されているところは写真映えしますし、多く撮影されると考えられたためです。 『質素な秋篠宮家の健在』を印象づける事が出来ると踏んだのでしょう。 最近眞子さまは少々ふっくらされましたから、事前に『 眞子ちゃん、あのピンクの、まだちゃんと入るわよね?』と確認を取られ、お直しをされるなど入念に準備をされていました」(同前・秋篠宮家関係者) 小室家の金銭トラブルに関して秋篠宮家は感知していなかったと言うから、とばっちりを受けたと紀子さまの憤慨は相当のものだったという。 秋篠宮家の信頼回復のために、紀子さまは涙ぐましい努力を重ねられているようだ。

次の

「“ミテコ”って美智子のことだろう?」 上皇さま「ご乱心」に仙洞御所が凍り付いた朝

美智子 さま 衣装

華やかで色鮮やかなドレスから洗練された印象へ 5月1日午前0時、元号が平成から令和に変わり、皇后陛下となられた雅子さま。 午前11時すぎに行われた即位後朝見の儀に出席される雅子さまは、どのような衣装で臨まれたのか。 長年にわたって皇室のファッションを研究している大東文化大学 特任准教授の青木淳子さんに解説していただいた。 まずは、雅子さまがこれまでに大きな行事でお召しになったドレスを年代順に振り返っていく。 【平成5年 ご成婚】 ファッションデザイナー・森英恵さんデザインのドレスで、花びらのような大きな襟が特徴的だ 【平成6年 バーレーンご訪問】 金の刺繍が入った赤い華やかなドレス 【平成14年 ニュージーランドご訪問】 艶やかなブルーに大ぶりのコサージュとフリルが付いたドレス 雅子さまはこの2年後の平成16年に適応障害と診断されてからしばらくの間、表舞台には登場されなかったが、平成25年、久々の海外公務でオランダを訪問された。 【平成25年 オランダ国王即位式】 肩や背中の露出が少ない立ち襟の「ローブ・モンタント」と呼ばれるドレスで、ベージュのシンプルなデザイン 【平成30年 講書始の儀】 露出の少ない長袖のローブ・モンタント 島田彩夏キャスター: 4月30日も同様の白いローブ・モンタントでお出ましになられましたが、年代順に追っていくと、雅子さまの装いに変化は見られましたか? 青木淳子さん: バーレーンご訪問の時は、赤いドレスで髪を下ろしていらして、よりナチュラルな印象で、ダイアナ妃を連想させるような華やかさがありますね。 また、ニュージーランドご訪問時のブルーのドレスもコサージュが付いていて、上背のある雅子さまだからこそ着こなせるドレスではないかと思います。 平成31年4月30日 島田彩夏キャスター: そして近年は、よりシンプルで高貴な装いになっているような気がしますね。 青木淳子さん: そうですね。 最近のご衣装は、華やかさはやや控えめで落ち着きがあり、洗練されている印象です。 島田彩夏キャスター: 皇后としての雅子さまは、どのような衣装で登場されると思いますか? 青木淳子さん: こちらは美智子さまが皇后になられた際にお召しになった衣装です。 基本は、襟元が開いていて袖も短い「ローブ・デコルテ」なのですが、それよりもより正式なかたちとしては、こちらの「マント・ド・クール」が明治時期に規定されました。 女性の最も正式な礼装で、トレーンという長い「引き裾」が特徴です。 「第一ティアラ」は明治から皇后に受け継がれる由緒あるもの 車の窓を開け、晴れやかな表情で沿道に集まった人々の歓声に応え、時折会釈をされながらおすまいの赤坂御所から皇居へ向かわれた雅子さま。 即位後朝見の儀 青木淳子さん: 「ローブ・デコルテ」 でしたね。 皇后さまが正式な場で着用される「第一ティアラ」をおつけになって、本当ににこやかに微笑まれている雅子さまを拝見して、まさに皇后雅子さまの誕生を、その装いからも実感しました。 雅子さまが着用されたティアラは、皇后陛下が持つ3つのティアラのうちの最も由緒のある「第一」と呼ばれるものだ。 青木淳子さん: 第一ティアラは、明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているものです。 島田彩夏キャスター: デザインが異なるように見えますが? 青木淳子さん: お代替わりをする際、着用しやすいように調整をされています。 上の飾りは取り外すことができるようになっていて、大粒のダイヤモンドが一番の特徴です。 (「Live News days」5月1日放送より).

次の