あのね話を聞いて あのね辛いの。 第12話

男性保育士は、保育園に絶対必要な存在です!

あのね話を聞いて あのね辛いの

同期と比べて、出来が悪かった私 私の病棟は、私を入れて2人しか配属されませんでした。 私は要領が悪くなかなか仕事が覚えられなくて、またわからないことも先輩に聞けずにいました。 そしてインシデントも続けて起こしてしまい、度々先輩に怒られていました。 それに比べて同期は、要領よく仕事が出来、早々夜勤が始まって私より仕事が出来るように感じていました。 1人だけの仕事が出来る同期に、プライベートの話は出来ても仕事が辛いと相談が出来ず、1人悩んでいました。 見かねて声をかけてくれた先輩 私が本当に辛かったとき、先輩がカフェに誘ってくれました。 本当に表情が暗く、顔色が悪かったと言っていました。 悩んでいたことを先輩に言うと、同期は出来るように見えるだけで、先輩から見ると本当に変わらないこと、それぞれに良いところと悪いところがあり、比べる必要はないこと、また歳が1つ下なんだし、同期に甘えるくらいの気持ちで相談しても良いんじゃないかと言われました 私は専門卒で同期は大卒なので1つ上なのです)。 怖い先輩の話や辛いことも全部引き出してくれて大泣きした記憶があります。 自分の気持ちで、人との関係は変わる それ以降は気持ちが晴れ、あまり同期のことも自分と比べなくなりました。 辛いこともありましたが、同期に話すことも出来るようになり、同期との距離が縮まりました。 今では旅行にも行く仲です。 あの日話を聞いてくれた先輩には本当に感謝しています。

次の

あのすみません少しだけお話を聞いてください俺は幼児期にアスペルガー

あのね話を聞いて あのね辛いの

友達(違うクラス)が「保健室登校の子に優しくすると成績良くなるから優しくするらしいよ。 」 と言っていました。 それはつらいと思わないで、『な〜んだそうなのか、どうも変だと思ったけど、中には本気で心配してくれている人もいるかもね〜。 』と言い返せたらどんなに楽でしょうね。 私は会社員ですが、わるい人ではないのですが口が悪い男の先輩に言われても『そうですよ。 でもね…』と言い返すと私に負けたと言ってましたね。 別の女性の先輩は『二度と言わないでください』とはっきり言ってました。 私も自分が強いより弱いですが、大学のサークルで難しく考えないでね、とにかく小学生と遊んで何故か一人の子がただみていたのかと常に反省会や討論する所で身につけたの。 大人になるとわかるけど、長い人生でのほんの一時です。 その後の人生でどんなに良い高校や大学に入っても人生逆転ってある者です。 あなた様だけ自分自身をみうしわないでください。 大人でも今の私もつらい時はたくさんありましたが、でも助けてくれる方はがいると思います。 私なんて子供は子宮の病気でできず、40歳で奇跡的にできてでもそのかわり子供や自分の病気で会社を休んで…今白目でみられていると思います。 でもひたすら今は子供の人生を考えると生活するには働かないとね。 勤めイコール金ですよ。 子供は子供の考えがあるのだけど、年言ってからの子だから早く自立する事をを願ってます。 いつ自分に何があるかわかりませんからね。 話は違うけど、そんな事は何年後には笑えとばせるように心を強く私もだけど一緒になろうね。 40歳のおばさんだけどそう思います。 お互いそうなればいいと祈ってます。

次の

あの…話を聞いてくれる人はいますか? | カウンセリングルーム こころ音

あのね話を聞いて あのね辛いの

私は、レジでまじでお金出せなくてゴソゴソしたり、イヤホンが絡まったりしてアワアワするとき。 あとは、服見てて店員さんに話しかけられたとき、焦ってヘコヘコニヤニヤバタバタしちゃうとき。 この記事では、以下のように定義します。 「あの目とは、世間体の冷ややかな視線である」 あの目は、どうして発生してしまうのか? 私が、発達障害の特性が故に、失敗をしてしまったとします。 そのときに、世間体が「何だ、こいつ」と思ってしまったり、暗黙のルールから外れた行動をすると、冷ややかな視線が飛びます。 それが「あの目」です。 「あの目」は、あくまで世間体が考える常識やルールを一般論に当てはめているため、こちら側の考えや思考が通じていないということだと、推測しています。 あの目を起こされたあとは? 「あの目」つまり、「冷ややかな視線」は恐怖の対象だと思います。 しかし、どんな方でも失敗は発生します。 失敗しない人はいません。 「あの目」を起こされた後に、こちらも軌道修正すればいいと思っています。 1)「どうすればいいのか?」と人に聞いてみる もし、「あの目」が友人もしくは知人などに起こされた場合には聞いてみるといいかもしれません。 または、失敗談を主治医やカウンセラーなどの医療従事者に相談するといいかもしれません。 私自身、あの目を起こされたときは、「どうすればいいのか?」と人に聞くことにしています。 相手が返答してくれたら、メモをして残しておきます。 2)苦手なことを事前に告知しておく 苦手なこと、不得意なことを事前告知しておくと、話がスムーズになり、あの目が少なくなりました。 (例)「私は、冗談が通じにくい人間だから、冗談も本当のことだと誤解してしまいます」 3)辛いときは、愚痴をこぼしてもいい それでも、相手に通じないこともあります。 そういうときは愚痴をこぼしてもOKだと思って生きています。 誰かに聞いてもらうだけで、「あの目」の恐怖心が少し和らぎ、ふとしたところで、答えの一部が得られるかもしれません。 「あの目」を起こさないためには 最後に、「あの目」を起こさないためにはという視点で考えてみます。 自分の常識は、誰かの非常識。 誰かの非常識は、自分の常識・・・ そう、 別の世界を知ればいいのです。 私達はそれぞれの世界を持って、生きています。 私と、これを読んでくれているアナタとの世界は違うものです。 それでも、その世界を知るだけでも「あの目」は減らせると思います。

次の