デンマーク コロナ ウイルス。 デンマークでも新型コロナの対策強化へ、学校閉鎖、自宅勤務を奨励

コロナ禍のデンマークで受けたアジア人差別…毅然と撃退したピアニストが証言 マスク着用NGにも抵抗/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

デンマーク コロナ ウイルス

女性首相がいる国、特に北欧で新型コロナの拡大抑制が成功しているらしいので、コメントを欲しいという連絡が最近よくくる。 確かにそのような記事が4月中旬から出ているようだ。 「へ~」という感じ。 アイスランド、ノルウェー、フィンランド、デンマークでは女性が首相。 独自路線のコロナ対策で注目を浴びるスウェーデンでは男性が首相だ。 私個人の意見でいうと、リーダーが「女性」だからウイルス対策が「成功」しているわけではない。 若い人であれ、女性であれ、特権・年齢・性別に限らず、才能ある人をリーダーとして受け入れる。 国民性と社会の柔軟性・成熟性にあると思う。 女性を首相として受け入れるに至るまでには、民主主義を尊重し、男性優位の制度や伝統を重んじる仕組みに変革を起こし、国全体の意識がある程度のレベルまで育っている必要がある。 とはいえ、「女性リーダーだから新型コロナの対策に成功」と他国が注目したがる気持ちも分からないではない。 しかし、自国の首相が女性だからという目線での話題は現地では見かけない。 単に首相を女性にすればいいわけではない。 それでウイルス拡大が抑制できるのなら越したことはないが。 でも、女性の首相を受け入れる寛容性があるほど、国全体が昔と変わっているなら、政府と市民が一丸となり、政治家も市民生活をもっと理解し、異なったウイルス対策ができるだろう。 段階的に規制緩和が始まる 新型コロナの拡大後、北欧諸国で規制が段階的に緩和されている。 街を出歩く人の数は明らかに増加中。 5月2日、ノルウェーの首都オスロにある中心部カール・ヨハン通り。 買い物袋を持って、土曜日の買い物を楽しむ市民 撮影:あぶみあさき Photo: Asaki Abumi 徐々に社会が再開する中、市民が一気に動き始めると、第二波が起こりかねない。 各国の政府はまだ気を緩めてはいない。 各国の感染者数と死亡者数は の5月2日付の発表によると• ノルウェー(人口536万人) 感染者7759人 死亡者204人• スウェーデン(人口1032万人) 感染者2万1520人 死亡者2653人• アイスランド(人口36万人) 感染者1798人 死亡者10人• デンマーク(人口582万人) 感染者9311人 死亡者460人• 各国の人口はぜひとも一緒に確認してほしい。 スウェーデン語だが、スウェーデン公共局SVTのを見ても(アイスランドを除く)、スウェーデンの死亡者数が際立って多いことが分かる。 感染拡大や死亡者数を抑えているのはノルウェー、デンマーク、フィンランド。 3か国は、形は違えど厳しい規制で対応している。 「集団免疫」戦略をとるスウェーデン、長期的な対策としては参考にできる、持続可能なウイルスとの共存の道? スウェーデンのステファン・ローベン首相(社会民主労働党) 撮影:あぶみあさき Photo: Asaki Abumi 「集団免疫」戦略を実行するスウェーデン。 厳しい規制があまりしかれておらず、市民が楽しそうに街でくつろぐ写真は、世界中で驚きをもって報じられている。 市民が街でくつろぐ光景はノルウェーなどにもある。 それでも、ジムや美容院までもが営業を続けていたスウェーデンは、やはり明らかに違う路線を行っていた。 厳しい規制はせずに市民を信頼して、責任ある行動を求める。 ロックダウンせずに、社会的距離を保つ習慣を暮らしに根付かせる。 スウェーデン型では、市民の支持を得ながら、ウイルス対策を長期的に継続していくことが可能とも言われている。 スウェーデン型では、ウイルスを広めているのは子どもではないことも強調。 学校を休校にしてしまえば、仕事に行けない大人も、学校に行けない子どもも精神的に負担を抱え、むしろ重大なヘルスケア問題を引き起こす可能性があると。 トランプ大統領からも突っ込まれるスウェーデン 米国のトランプ大統領にも、政治利用されているスウェーデン型。 ノルウェー、デンマーク、フィンランドと比べて死亡者数が明らかに高いスウェーデンに対し、ロックダウンをしないことで、「高い代償を払っている。 米国は正しい決断をした!」と言われてしまった。 CNNは「欧州他国と違い市民に多くの自由を許している国」とスウェーデン型を「物議を醸す、リラックスしたアプローチ方法」と表現。 スウェーデン国内でも、集団免疫戦略には反対する声がある。 それでも、現在の戦略の顔ともいえる疫学者を支持する人は多い。 スカンジナヴィア地域3か国では、デンマークよりもノルウェーのほうがスウェーデン型の行方を気にしている。 秘密の倉庫を持つフィンランド、最も緊急事態に備えていた国? 北欧の中でも、フィンランドはもともとパンデミックに備えていた国として評価されている。 フィンランドが異なっていたのが、新型コロナ対策で戦後初めて使用された「備蓄(びちく)倉庫」の存在だ。 フィンランドの倉庫の存在は、スウェーデンやノルウェーなどでも驚きをもって報じられている。 ロシアとの緊張関係や歴史が影響して、フィンランドは非常事態を常に警戒して準備をしてきた。 1950年代からの緊急時のための倉庫を、ずっと撤去せずにいた。 第二次世界大戦以降、ノルウェー、デンマーク、スウェーデンにも似たような倉庫はあったが、フィンランドだけがずっとその倉庫を持ち続けた。 備蓄倉庫の場所は秘密だが、全国各地にあり、感染防止対策のための器具も十分に揃っているという。 倉庫の中には、医療用具、オイルやコーンなどの食糧、農業用具などがあるそうだ。 マスクもあるが、ずっと保管されていたので必ずしも安全に使えるとは限らない。 病院のスタッフには、使用期限が2012年と明記されたマスクが届いた。 倉庫の中のものはフィンランド国民のためだけに使用されることになっており、他国へは寄付されない。 緊急事態に備えてずっと残されていたフィンランドの倉庫からは、他国も何か学べるものがあるだろう。 すぐさま厳しい規制と緩和に乗り出したデンマーク デンマークのメッテ・フレデリクセン首相(デンマーク社会民主党) 撮影:あぶみあさき Photo: Asaki Abumi 北欧の中でデンマークは対応が特に早かった。 厳しいデンマーク型を参考にして、その後を追っているのがノルウェーだ。 両国のアプローチ方法は似ており、デンマークが規制を強化、緩和した後は、すぐにノルウェーも同じような動きをしている。 ノルウェーが自国の対策を他国と比較するとき、スウェーデンはあまりに異なっているので、参考にしようがない。 むしろ、「スウェーデンのようには、しないようにしよう」という目線だろう。 移民や難民申請者の受け入れでも、ノルウェーはデンマークの後を追うことが多い。 北欧の中でも厳しめで、反対にスウェーデンはもっと寛容的に受け入れてきた。 とはいえ、今回の新型コロナ対策ほど、お互いの違いに驚いたことはなかったのでは。 移民にせよウイルスにせよ、外からくるものを最も排除せずに共存しようとするのは、スウェーデンなのかもしれない。 規制緩和に乗り出している国々だが、あまりにも様々な対策が同時進行だったため、どの対策に効果があり、どの対策に効果があまりなかったかは、まだ分かっていない。 日本と北欧の違いは? ノルウェーのアーナ・ソールバルグ首相(保守党) 撮影:あぶみあさき Photo: Asaki Abumi 私が日本と北欧諸国のニュースを見ていて、違いを感じたのはこのようなことだ。 現金払いお断り 政府の方針ではないが、多くの店がレジでの現金の支払いを断り始めた。 もともとデビットカードでの支払いが普及している。 お札や小銭を手にしないだけで、店員も感染の心配をせずに勤務できただろう。 北欧諸国では以前から現金離れが進んでいる(特にスウェーデンはすごい)。 デジタル化先進国なので、テレワークやオンライン授業にさらっと移行 北欧諸国はもともとデジタル化を政府が急いで進めている。 郵便局、銀行、医療機関、教育機関など、社会全体のデジタル化にもともと取り組んでた。 だから、テレワークもオンライン授業もさらりと対応。 ノルウェーでは自治体の予算にもよるが、もともと生徒にはノートパソコンなどの学業のためのデジタル機器や手段が提供されている。 もちろん課題はあるが、日本ほど苦労はしていない。 情報通信技術の専門家などは、国が進めるのに10年もかかると思われていたデジタル化が、コロナをきっかけに一気に進んだと感嘆している。 北欧諸国は人口が少ない 日本との大きな違いだ。 日本でみるような満員電車も起きない。 密接空間も日本のような形では起きにくい。 自然にも恵まれているため、自宅にいる子どもたちにも気晴らしができる場所は見つけやすい。 突然の事態に柔軟に対応する もともと事前にリスク想定をして計画するという習慣が日本ほどない。 その分、予想だにしなかったことも起きやすいが、柔軟に対応する能力も高い。 それは政治家や企業、市民レベルの行動にもいえることだ。 北欧のリーダーたちなら、すぐさまハンコや紙のような文化とはさようならをしているだろう。 市民と政治家の距離感 幸福度調査などにも関係するように、市民と政治家の関係こそが北欧モデルをつくる土台のひとつだ。 政権交代も当たり前なので、もしコロナ対策に市民が満足しなかったら、次の選挙で痛い目を見る。 政治家も普通の市民と変わりない生活をしていた人たちのため、市民の生活の苦しさなどもよくわかっている。 濃密な挨拶習慣がない、もともと社交的距離をとっている 北欧の人々はシャイな国民性でも有名だ。 フランスなどのように、頬に軽いキスをするような挨拶もしない。 握手をする時もあるが、しなくてもいい。 もともとパーソナルスペースが広い国々だ。 バス停で待つ人と人との距離感が異様に開いている不思議な写真をニュースで見たことがある人もいるのでは。 新型コロナ対策で重要とされる社交的距離を、もともと取っているのだ。 休業命令・要請には支援金もセット、労働組合が強い 各国で休業命令の対象業種などは異なるが、国も自治体も支援金は出す。 休業命令や要請の対象ではなくとも、新型コロナが原因で仕事が打撃を受けていたら補償はされる。 どの国でも、国が最初に出した緊急支援策で、誰もが満足するわけではない。 急いで出した支援策であればあるほど、穴はある。 だから、メディアや労働組合を通して、市民は足りない点を指摘する。 公共局の討論番組では、大臣たちと生活に困る市民が直接議論するチャンスもある。 政治家はそうして補償制度を調整している。 もともと高い税金を払っているのだから、当然のことだ。 日本でも、今は政治の必要性を近くに感じている人が多いのではないだろうか。 どんどんと声をあげよう。 マスクはしない ノルウェーの首都オスロの街を歩いていても、マスクをする人はほとんど見ない。 3時間ほど街を取材で歩いていても、マスクかスカーフで口を覆う人を10人以上見かけることはない。 「アジアのようにマスクをしたほうが効果があるのか?」というニュースは出るが、市民生活では普及していない。 マスクは医療従事者に配布されている。 ただ、最近ではデンマークで「マスクは着用したほうがいいのかな?」というニュースが増えてきている。 名刺交換はしない もともと名刺交換の習慣があまり浸透していません。 リスクグループや社会機能の維持に必要不可欠な職種を明確に 例えばノルウェーの場合、初期段階でリスクグループが誰かは明確にリスト化されていた。 65歳以上の高齢者、ガン患者、肥満症、高血圧がある人、呼吸器に異常がある人、たばこを吸う人など。 妊婦も感染すると重症化するリスクがあるとして、外出をできるだけ控えるように推奨されていた。 守るべきグループは誰か、みんなで把握することで行動しやすくなる。 不急不要ではない外出は控えるようにノルウェー政府は市民にお願いしたが(命令ではない)、自分の今日の仕事が不急不要かはどう判断するのだろう?公共交通機関を利用しながら移動してもいい、社会機能の維持に必要不可欠な職種を政府は。 医療従事者、弁護士、清掃員、保育士など。 これらの職種に従事する人の子どもは、本来は休園中でも、幼稚園・保育園に子どもを預けることが可能となっていた。 その他 消毒液は徹底は薬局では売り切れていても、多くの店で用意されている。 日本で周知されている「3密」、「つるつるしたところではウイルスが長生きする」、「顔を触らない」、「うがい」という話は聞かない。 外国人在住者で現地の言葉が分からない市民に向けて、英語だけではなく様々な言語で自治体は情報発信した。 パチンコ店はない。 コロナハラスメント、クレームで疲労する店員などは日本ほど話題になっていない。 検査数が多い。 スウェーデン型に関してはを参考に。 Text: Asaki Abumi.

次の

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月26日09:00時点)

デンマーク コロナ ウイルス

Hej! みなさんこんにちは Sayoです! まずコロナウイルスが猛威を振るう中、第一線で対応してくださっている方々に感謝申し上げます。 コロナウイルス関連の記事をチェックするたびに心が痛く不安になってしまいますが、情報を見極めて、私たちができる最大限のことをそれぞれ取り組んでいきましょう。 日本で緊急事態宣言が発表されて、その中でも7都府県が指定されました。 対応にいろいろな声が上がる中、今後の経済や働き方はどうなっていくのか、また先が不透明な中どのように過ごしていくのかについて参考になればと思い、今回の記事を執筆しております。 今回も記事をご覧いただきありがとうございます。 デンマーク国民は政府の発表と対策案に従い、落ち着いて生活を送っています。 ソーシャルディスタンスを保っての散歩もしています。 コロナ感染者数に関して、4月7日17時現在デンマークでは5071名(内 治癒者数1492名 です。 増加していますが、決して爆発的な数字を記録しているわけではありません。 コロナウイルスに感染した人がぼちぼち出て来始め、デンマーク人のお友達もこれは今後広がっていくのかなと話していた矢先、 3月11日に、デンマーク首相のメッテ フレデリクセン首相によって教育機関の停止、公務員も出勤停止、国境封鎖が発表されました。 とても早い段階での措置です。 これにより、海外からのデンマークの市民権を持つ人以外の入国が禁止されました。 物資などの輸送は続いています。 また、同時にこの早い段階で対策を取り始めることにより、コロナウイルスにかかる市民はいることに変わりはないが、大感染を防ぐことができるグラフも発表されました。 すでに様々なメディアで放送されているグラフです。 (デンマーク語ではなく英語のものを使用しました。 ) その時の私 私は寮のキッチンのお友達と会見を見ていました。 発表がデンマーク語だったため、英語に訳してくれるお友達に助けられました。 この発表後、コミュニティが本当に充実している寮ならではの協力がたくさんありました。 まず、コロナ対策のメンバーが立ち上がり、寮の管理者と協力してアナウンスがたくさんありました。 何をするべきか、症状が出たらどうすべきか、キッチン同士の関わり方はどうすべきか、不安なことはどう対処すべきか。 発表後の1時間後には対策本部の1人がキッチンに来て、寮での過ごし方の説明がありました。 不安なこと、仮に感染が起きてしまったらどこに連絡して、同じキッチンの人たちはどう過ごすかなど、その人に質問して、なるほどと納得。 その後みんなでどうしていくかキッチンミーティングをしました。 一人一人、どこを消毒するか、ゴミが溜まったらその都度ゴミ袋を変える人、モップをかける人、などを表を作成して分担しました。 他のキッチンではすぐに実家やサマーハウスで家族と過ごすことを決めた学生もいたみたいですが、幸い私のキッチンではみんなで一緒に過ごせています。 発表は20時で、私たちは食料の買い込みにはいきませんでしたが、市民がスーパーに集まっていたとお友達から聞きました。 政府があらかじめ食料の確保を宣言したのは、発表後の混沌でスーパーでの感染を防ぐためでもありますよね。 ロックダウン生活 そして始まったロックダウン生活。 様々な産業が世界各地で停止したからなのか、雨の日が多いデンマークでも晴れの日が多くなりました。 政府から、またメッテ首相も散歩や軽い運動を推奨しているので、しっかりと距離をとって晴れの日は食料を買いにがてらお外で空気を吸って気分転換することが多いです。 客足が遠のいているから、Take outをして応援してあげよう!とメッセージグループで話しが上がり、お寿司屋さんや、カフェからスイーツを購入してみんなで食べたり、お散歩帰りにtake outして帰ったり。 やっぱり感染を恐れてお外にはなるべく行かないように、食事も自分で作ろうとなっていたと思いますが、こうやって地域を応援しようとする意識に鼓舞され、飲食屋さんも頑張ろうとなりますよね。 そして、最初のプレスカンファレンス以来、毎週月曜日にメッテ フレデリクセン首相から発表があります。 3月17日に、メッテ首相から新たな政策の発表がありました。 10人以上の集まりの禁止、大規模ショッピングモール,アーケード,室内スポーツ施設,フィットネスクラブ,日焼けサロン,美容院,タトゥー店,マッサージ店,ディスコクラブ,バー,水たばこカフェ,レストラン,カフェなどの飲食店の閉鎖、飲食店のテイクアウトは利用可能、引き続き感染可能性のある持病持ちの方や高齢者をいたわり距離を取ること、です。 この時点ですでに市民は非日常の生活や仕事スタイルに慣れてきていたので、冷静を保ち、衛生管理に努めて、できることに取り組もうといった姿勢が見られました。 キッチンの友達の飲食店を応援する動きは続いています。 スーパーでは間隔を空けるためのシールが床に貼られていて、そこで待ちます。 3月23日、メッテ首相の会見で、現在取られている措置を継続するとの発表がありました。 そして、この決定には全政党が賛成・支持しているとのこと。 メッテ首相から十分な現状の説明と共に発表がありました。 刻々と世界情勢が変わる中、私のトビタテの世界各地にいるお友達と連絡を取りながら、不安や緊張を話し合って励ましあって頑張っていました。 今までの活動も応援しあって頑張ってきたお友達の言葉にはとても元気付けられるし、決断を一押ししてくれる力があるのです。 また、いつも最新情報を英語で伝えてくれるキッチンのお友達と、私の家族の状況や異国でのこのような体験からくるメンタル面も信用してくれる心の温かさ、不安でいっぱいなときも一緒にご飯を作ってくれたり、元気を出させてくれるお友達の存在には感謝しきれないです。 もちろん、一番に留学を応援して私の夢も一緒に今までも今もずっと応援してくれている家族にも感謝しきれないです。 Facetimeが使える現代に感謝ですね。 不安で仕方ない時も、声を聞いて泣いてスッキリできたら元気が湧きます。 愛でいっぱいの家族に会いたくて仕方がないです。 4月6日、直近の首相からの発表では4月15日から保育園、幼稚園、小学校5年生までの学校教育を再開、高学年は5月10日まで延長、公務員も民間企業の社員も在宅勤務を要請。 これ以外のこれまでに発表された政策は5月10日まで延長。 大規模フェスティバルは8月まで禁止。 また政府と労働組合が協議をして衛生をしっかり保ちながらの出勤を可能にすることを検討。 経済への不安が募る国民と、ここで解放することへの不安がある国民、どちらの意見も尊重し考慮した政府の政策発表となりました。 夏の楽しみでもあった最大級の音楽フェスティバル、ロスケレフェスティバル(今年はテイラースウィフトがくる予定だった…私の楽しみでもありました)はやはり今年は我慢。 やはり残念だけれど、来年は絶対!今年は健康をキープすることを約束して、励まし合いました。 現在までの政策はこのようになっています。 デンマークでは 子供も社会の一員、構成している国民とされています。 そんなデンマークならではの首相による子供の質疑応答。 感受性豊かで好奇心旺盛な年の中で、一気に日常が変わってしまってびっくりしている子供にも、しっかり寄り添うデンマークのこれは国民性というのでしょうか、政府意識が現れています。 簡潔でわかりやすいですよね。 子供にも笑顔が戻って安心します。 長々とした報告になってしまいましたが、コロナ対策から学んだことの2つ目、 デンマーク国民の政府に対する信頼度は様々なIndexが提示しているように、とても高いことを身を持って体験しています。 まだまだ学んでいることはありますが、今後のブログで執筆していきます。 そしてみんなが口を揃えて言っている、デンマークの電子化が進んでいて、電子国家の取り組みも進んでいることに感謝ということ。 高齢者にもしっかりとガイドラインが揃っていて、会えないおじいちゃんおばあちゃんにテレビ電話で繋がれたり、高齢者自身もPCでお互い交流を楽しめている。 そんな国家です。 みんなで政府の対策を遵守して同じ方向を向いて頑張っている、私も安心して過ごすことができます。 できることをしっかり、日本でも緊急事態宣言が出ていますが、お家でできること、今だからこそお家で楽しめること、テクノロジーが発展しているからこそできること、たくさんありますね! 私たちで政府をサポートして、医療機関で働く方々にパワーを送って、元気でいてお世話にならないように、頑張りましょう! 私もデンマークで日本人として、できること精一杯取り組んでいます! 今後は寮での対策や、ロックダウン後の生活についてブログで紹介していきます。 最後までお付き合いありがとうございました! 健康第一に、大切な人を守れるよう、私たちができることを頑張りましょう!一人ではないです🌏 Hej Hej!! デンマークの医療事情として、CPRナンバーという保険番号を持っている市民は歯科以外の医療機関を全員、全て無償で受診することが可能になっています。 従って交換留学生である私も、受診したことはありませんが、CPRを持っているため、必要時には家庭医に診てもらうことが可能になっています。 コロナに関しても同様です。

次の

コロナ禍のデンマークで受けたアジア人差別…毅然と撃退したピアニストが証言 マスク着用NGにも抵抗/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

デンマーク コロナ ウイルス

Regeringen 新型コロナウイルスの拡散を遅らせるため、デンマークも2週間すべての幼稚園、学校、大学を閉鎖すると発表した。 感染者数が444名、急速に増加 デンマークのMette Frederiksen首相は3月11日の夕方に記者会見を開き、主要な職務に従事していない公的部門の職員には、有給休暇で帰宅させ、民間部門の従業員は可能な限り自宅で働くことを奨励すると述べた。 地元メディアの報道によると、3月16日から導入される厳しい新しい措置の一環として、100人以上の参加者がいる屋内イベントも禁止されるという。 — Regeringen regeringDK デンマークでは新型コロナウイルスによる死亡者はまだ出ていないが、症例数は急速に増加している。 によれば、現在デンマークでの感染者数は444名(記事では11日に442人。 10日には264名)。 隔離(自主隔離も含めてか?)されている人数は1303人に及ぶという ちなみにスウェーデンでの感染者数は500人、ノルウェーでは598人となっている。 WHOはパンデミックを宣言 Frederiksen首相は記者会見において、次のように述べている。 「これは大きな結果(影響)をもたらすでしょう。 他の代案ではさらに悪化する可能性がありました。 通常の状況では、政府は関係する多くのデンマーク人に対し、すべての解決策を用意せずに、このような広範囲にわたる措置を提示しません。 しかし私たちは異常な状況にあるのです」 世界保健機関は11日、新型コロナウイルスの流行はパンデミック(世界的な大流行)になったとの見解を表明。 テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長はスイス・ジュネーブで開いた記者会見で、今後感染者と死者は増えるとの見通しを示し、「コロナウイルスによるパンデミックはこれまで発生したことがなかった」と述べた。 「これはデンマークだけの脅威ではありません。 世界全体に対する脅威なのです。 影響を和らげるために国を封鎖する措置はやがて導入される予定です。 私たちは、社会を止めることなく、社会での活動を可能な限り制限する必要があります」 当局は、企業がウイルス蔓延に対処するのを支援するために、約200億ドル(約2兆円)の税控除に既に同意しているという。 10日現在、デンマークではまだ、日本への渡航制限や日本からの入国制限・入国に伴う隔離措置はとられていない。 では、情報を頻繁に更新している。 日本から渡航される予定のある方はサイトを確認していただきたい。

次の