ピアノ 講師 月収。 「ピアノ講師は結婚できない?」結婚するために知っておくべきこと

「大人向けピアノ教室」の月謝相場と、その他の選ぶポイント

ピアノ 講師 月収

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の年収・月収 ピアノ講師の収入は、働き方によって大きく変動します。 どこかの大手の教室に雇われている講師の場合、時給や決まった月収を得られ、その平均は大体約10~25万円前後と言われています。 大抵は、時給換算のようです。 完全に個人でピアノレッスンを行っている場合、担当している生徒からの月謝が収入源となります。 例えば、一人あたりの月謝を1万円として30人の生徒にピアノを教えていた場合、月収は30万円となり、その一年分360万円がそのまま年収になります。 ただし完全に個人でやっている場合はそこから必要経費を差し引く形になりますので、実際の収入額はもっと下がります。 軌道に乗るまでは、かなり収入であることは覚悟しなければなりません。 [ad ad-1] ピアノ講師の仕事は、消える職業?消えない職業? 現在、ピアノ教室に通う生徒が減少している傾向があり、必然的にピアノ講師という職に就く人が少なくなっているというデータがあります。 ただし、ピアノという楽器自体はもっともポピュラーな楽器の一つであり、音楽大学に進学する際には必ずマスターしておかなければならない楽器です。 そのため、『ピアノを習いたい』と考える人は今後も必ず存在しつづけます。 そのため、ピアノ講師という職業が消える職業となってしまうことは考えにくいでしょう。 今後も消えない職業の一つといえます。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の将来性・安定性 ピアノ講師にとっての厳しい現実として、現在『ピアノを習おう』と考えている人の数が少なくなっているということがあります。 価値観の多様化に伴い、他の習い事に人が流れているためです。 もちろん、ピアノという楽器が無くならない限りピアノ講師という仕事が無くなるということはないですが、今の状況が続けば、ピアノ講師の将来性というものはないのかもしれません。 安定性の面から言っても難しいところです。 大手の教室に正社員として雇われているなら話は別ですが、アルバイトやパートとしてピアノを教えている場合や、完全に独立して講師をしている場合は、自身のがんばりがそのまま収入となります。 生徒が少なければ、その分収入もありません。 安定性の面から言っても、ピアノ講師という仕事は難しいと言えます。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事のやりがい・本音 やはり、大半のピアノ講師の方は『好きなことを仕事に出来ている』というところにやりがいを感じているようです。 ピアノというものは、長い年月をかけて習得する技術です。 音楽とピアノが好きでなければ身につきません。 そんな大好きなことを仕事に出来ているという満足感がやりがいにつながっていると応える方が非常に多くいます。 また、ピアノ講師という仕事は、人にピアノを教える職業です。 そのため生徒から『先生』と呼ばれて親しまれます。 そういったところにやりがいを感じるという本音を聞かせてくれるピアノ講師の方も非常に多くいらっしゃいます。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の良い点 やはり多くのピアノ講師の方が『ピアノで生活が出来ている』という点を良い点と考えているようです。 また、完全に独立してピアノ講師をされている方の場合は、比較的自分の時間を作りやすく、スケジュールに融通が効くという点も良い点として挙げています。 加えて、講師という仕事は人の成長に係る仕事です。 自身の生徒たちが『先生』と自分をしたってくれ、尊敬されるという点を良い点としてあげる方もいらっしゃいます。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の悪い点 まず、現在ピアノ講師として生活出来ている方は非常に少ないというのが現実です。 仮にどこかの大手の教室に講師として雇われていたとしても、その収入は安定せず、ピアノ講師の仕事だけでは生活出来ないという方が大半のようです。 この点は悪い点と言わざるを得ません。 さらに付け加えて、昨今ではピアノを習おうとかんがえる人が少なくなってきているという事実も追い打ちをかけています。 今の状態が続けば、ピアノ講師として生活していくことはさらに厳しくなるでしょう。 スポンサードリンク 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の内容 端的にいうと、ピアノの技術を生徒に教えるのがピアノ講師の仕事です。 場所は教室や生徒さんの自宅等様々ですが、そこで生徒さんがピアノを弾けるようになるように、ピアノのレッスンを実施します。 生徒さんは様々で、小学生から大人の方、音楽大学への進学を考える高校生など様々です。 それらにあったピアノの教え方をしなければなりません。 ピアノ講師 仕事に必要な資格 ピアノ講師になるのに必要な資格というのは特にありません。 ピアノを弾く確かな技術があり、それを人に教えることが出来れば、誰でもなることが出来ます。 ただし、やはり現状では音楽大学を出たピアノ講師の方が多いので、音楽大学を卒業している程度の学歴が合ったほうが良いようです。 なり方ですが、大学を卒業後、大手の音楽教室などに講師志望として入社するのが一番の近道のようです。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事に必要なスキル まず何よりも、『ピアノを弾く技術』は絶対に不可欠です。 これがなければ話になりません。 また、人のものを教える『ティーチング』のスキルもそれ以上に必要になります。 弾くスキルと、それを人に教えるスキルはまったくの別物ですが、それがなければピアノ講師としてはやっていけないでしょう。 意外なところで、独立した場合は『営業力』も必要になってきます。 独立すれば方々で自身をピアノ講師として知ってもらう必要がありますが、それには営業スキルが不可欠です。 消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事のまとめ 非常に将来の展望が難しい『ピアノ講師』という職業ですが、ピアノを弾く技術は、一度身に付ければ一生便利に使える技術です。 生徒の一生を変えることになるかもしれない『ピアノ』という技術、それを伝えるピアノ講師という仕事は、非常に魅力的です。 確かに将来の見通しは明るくないかもしれません。 生活に困窮する自体に陥ってしまうかもしれません。 それでも、それを補って余りある魅力がピアノ講師にはあります。 それがこのピアノ講師という仕事のまとめといえるでしょう。

次の

音楽教室って儲かる?儲からない?ピアノ教室講師の平均的な年収は…│素敵なクラシック

ピアノ 講師 月収

ピアノ講師の初任給 ピアノ講師の初任給は働くスタイルによって異なります。 それは、個人でピアノ教室を開いて運営する場合と、大手楽器店などに雇われて働く場合の2つです。 個人でピアノ教室を運営する場合 個人でピアノ教室を運営している場合は、月謝と生徒数がそのまま初任給に反映されます。 ただし個人経営の場合はここから経費が引かれるので、実際の手取りは月謝と生徒数を掛け合わせた数字よりも少なくなるのが一般的です。 また、名の通ったピアノ講師の場合は最初から多くの生徒を集客することが可能ですが、そうでない場合なら、最初から一般的なサラリーマン並の初任給を求めるのは難しいと考えられます。 個人のピアノ教室の開業資金や経費とは 個人でピアノ教室を開くなら、教室の確保・ピアノの設置が支出の大部分を占めるでしょう。 自分の家でピアノ教室を開く場合は教室の確保にかかる経費はかかりませんが、テナントを借りて教室を開く場合は家賃が発生します。 また、個人宅でもテナントでも防音設備を備える場合は、大きな出費が考えられます。 ピアノに関してもグランドピアノやアップライトピアノなど種類は様々です。 価格帯も幅広く、良質なものを用意するなら200万円以上することも考えられます。 他に少額の経費としては、椅子・スリッパ・鉛筆・広告代(チラシやホームページ)・調律代・楽譜などがあります。 したがって、個人でピアノ教室を運営する時は、どのような層をターゲットにするのか、どれくらいの開業資金を用意できるのかを入念に考えて計画することが重要です。 出張スタイルにも経費がかかる 個人経営に限りませんが、生徒の個人宅に出向いてピアノを教える出張スタイルで働くピアノ講師も多く存在します。 自家用車を使う頻度にもよりますが、出張レッスンをする際の燃料代や有料駐車代金なども経費にすることができます。 また、あらかじめこれらの必要金額をレッスン代に上乗せして設定することも可能です。 楽器店に雇われて働く場合 ヤマハやカワイなどの音楽教室・音楽スタジオ・音楽スクールなどに雇用されて働く場合は、個人経営のピアノ教室と違い月謝は企業が設定します。 また多くの場合、ピアノ講師は企業と個人事業主として契約を交わすことになります。 担当するクラスのレベル・生徒数・ピアノ講師のグレード(経験や技量を考慮した階級)によってその報酬は様々です。 ヤマハに雇用されるピアノ講師の仕組み ここでは、大手楽器店のヤマハ音楽教室を例にどのような給与体系になっているのかをご紹介します。 ヤマハでピアノ講師として働くためには、一定のグレードの保有が必須です。 資格取得や講師研修を終えた後、ヤマハからピアノ講師として認められた場合のみ働くことが可能になります。 報酬は担当する生徒数・ライセンス・取得グレードなどを考慮して毎月支払われます。 ライセンスはベーシック(B1・B2)・アドバンス(A1・A2)・スペシャル(S1・S2)と年齢や取得グレード、指導内容などによって振り分けられています。 月謝の設定やレッスンの振り分けはヤマハが行うので、ピアノ講師が決められるものではありません。 したがって、初任給もピアノ講師のライセンスレベルや受け持つ生徒数によって個人個人で異なります。 また、個人事業主としての契約なので、健康保険等の社会保険は自分で支払い、毎年の確定申告も自分で行う必要があります。 ピアノ講師の平均給与 個人でピアノ教室を運営する場合 初任給と同様に個人でピアノ教室を開いているピアノ教師の給与は、月謝や生徒数によって異なるため、正確なデータは存在しません。 いかに生徒を確保できるかが給与に反映されるため、ホームページなどの作成やチラシなどの宣伝、口コミなどが大きく収入面に影響すると考えられます。 個人のピアノ教室で設定されている月謝の平均はおよそ4,000から6,000円前後。 また、未就学児童の方が安く小学生以上ではおよそ7,000~8,000円が相場と言われています。 「有名な音楽大学を卒業した・留学経験がある・コンクールで受賞歴がある」などの経歴をもつピアノ講師は、月謝を高く設定しているケースもあります。 いずれにしろ、大手楽器店より個人のピアノ教室は月謝を低く設定している傾向にあるのが一般的のようです。 楽器店に雇われて働く場合 ヤマハやカワイのような大手楽器店と契約して個人事業主のピアノ講師として働く場合、記述の通り企業の規定にそって給与が出されます。 生徒やレッスンの数によって給与は変動するので、一般企業に勤めるサラリーマンのように毎月安定した収入を得られる訳ではありません。 正確な平均給与は発表されていませんが、10万から高くても15万位が平均給与と言われています。 そのため、ピアノ講師だけで生活を立てることは難しいのが現状です。 ピアノ講師の平均年収 年収は200~300万以下が一般的 ピアノ講師の平均年収に関しては、200~300万以下が多いと言われています。 子供の数の減少と共に、生徒数の落ち込みなども反映して他の職業と比べても平均年収はかなり低い部類に属します。 そのため、アルバイトをしながら生計を立てたり、扶養範囲内で働いたりなどしながらピアノ講師をする人が大半を占めているのが現状です。 なお知名度や実力、生徒数の多いピアノ講師はこの部類には属しませんが、ほとんどの人がピアノ講師だけで生活をするのは困難と言われています。 個人で教室を運営するのにしても、大手楽器店と契約するのにしても、どちらの方法で働いてもボーナスが出ることはなく、結婚している場合は配偶者の扶養範囲外であれば社会保険等も自分で支払いをする必要があります。 年収をアップさせる方法とは ピアノ講師の年収が低く安定しづらい原因には、個人運営の場合は集客が難しいこと、企業と契約している場合は月謝全てが入らずマージンが取られること、などが上げられます。 ここでは、ピアノ講師が少しでも年収をアップさせる方法がいくつかあるのでその例をご紹介します。 個人レッスンよりもグループレッスンを請け負う 収入に反映する生徒数を増やすには、個人レッスンよりもグループレッスンを受け持ったほうが1度に多くの生徒に指導ができるため、収入面では有利に働きます。 ただし、企業にわたるマージンは個人レッスンよりもグループレッスンの方が多めに設定されていることが多い点には注意しましょう。 また、ピアノだけでなくエレクトーンのレッスンを掛け持ちすることで、受け持つレッスンの数を増やすことが可能な場合もあるので、日頃からの指導範囲を広げておくことが重要です。 指導力に自信があるなら個人教室を開業する 個人でピアノ教室を開くメリットは、企業にマージンを取られないことです。 また、フットワークが軽いのであれば、出張レッスンも手がけると生徒数を増やすきっかけになります。 コンクールで入賞したり有名な音楽大学を出たりして経歴があり、指導力に自信がある場合は、生徒数が集まれば企業と契約してピアノ講師をするよりも収入のアップが期待できるでしょう。 有名なピアニストになれる人はほんの一握りですが、人に認められるピアニストになれば、高いレッスン料で教室を運営していくことも可能です。 また、コンテストで優勝するような生徒をたくさん輩出した場合なども、口コミなどによって多くの集客が可能となるでしょう。 講師以外のピアノの仕事をする ピアノ講師だけでは収入が足りない場合、ピアノに関係する他の仕事をすることで収入アップにつながるかもしれません。 バレエ教室・教会・ママさんコーラス・幼稚園や保育園でのリトミック教育などピアノの演奏や音楽指導を必要としているところは沢山あります。 これらの場所ではピアノ技術を教えるピアノ講師として働く訳ではありませんが、空いている時間を有効に使い少しでも多くの収入を得たいなら、積極的にピアノに関係する仕事を探すとよいでしょう。

次の

ピアノ講師検索

ピアノ 講師 月収

ピアノ教室を開く上でのお金の話【支出編】 ピアノ教室を運営していく上で必ずかかるお金(=年間経費)を考えます。 最低でもこの金額をうわまらないと 『赤字』になってしまいますので、現実としてこの数字を知っておきましょう。 ピアノ教室を開く上でのお金の話【収入目標編】 まずは、ピアノ教室でいくらの月収が欲しいかという「目標」を設定しましょう。 「趣味でピアノを教えたいです」という方以外は、ピアノ教室である程度の収入を確保したいと考えていると思います。 その際の考え方の例を、順を追って考えていきたいと思います。 今回は、 月収:500,000円 を目標収入にしたいと思います。 月々の売り上げ目標を考える ここまでで考えた数字、 目標月収+月々の支出 が月の売り上げ目標になります。 今回の場合は、 目標月収+月々の支出=500,000+154,000円= 654,000円 が月々の売り上げ目標ということになります。 1ヶ月で働ける時間を考える 今回は、一人の先生の場合で考えていますので、一人の先生が1ヶ月に無理なく教えることができる時間を考えます。 「長く続ける」ということを念頭において、日曜日と月曜日をお休み(週休2日)のパターンで考えていきます。 自分の時給を考えてみる これで、月々の売り上げ目標と、働ける時間がわかりました。 月々の売り上げ目標:654,000円 1ヶ月に働くことができる時間:164時間 勘の良い方は気づいたかもしれませんが、これで自分の 「目標時給」が見えてきます。 ほぼ「4,000円」というのが目指すべき時給として見えてきました。 時給4,000円というとなかなかな額ですが、 月収50万円を稼ぐには時給4,000円の価値がある人間になる必要があるということを教えてくれます。 ピアノ教室を開く上でのお金の話【生徒月謝編】 ここで、いよいよ「月謝」をいくらに設定すべきかを考えていきます。 先ほどの【収入目標編】で出した 月々の売り上げ目標:654,000円 (目標月収:500,000円) 1ヶ月に働くことができる時間:164時間 (目標時給:4,000円) をベースに考えていきます。 具体的な例として、ピアノ教室でよくみる[30分1レッスンを月4回]と[40分1レッスンを月3回]のそれぞれの場合で考えてみます。 [30分1レッスンを月4回]の場合 30分+休憩5分=35分を1コマのレッスンとして考える。 [45分1レッスンを月3回]の場合 45分+5分=50分を1コマのレッスンと考える。 公式 とここまでゴチャゴチャ計算してきましたが、計算方法をまとめておきます。 とにかく[目標生徒数]と[月謝]が知りたいという人は何も考えずに数字を入れていってください。 黄色いマーカー数値分は自分で決めてくださいね。 公式 今回の記事ではピアノ教室を運営するにあたって必要な「お金」のこと、特に[目標生徒数]と[月謝]に焦点を当てて考えてみました。 単純なピアノ教室の平均月謝が7,000円〜8,000円が相場と言われていますので、月謝9,500円で70人というとかなりレベルの高いピアノ教室ということになります。 もし仮に、この目標を据えて運営していく場合には、それだけ生徒さんに納得してもらえる内容のレッスンが必要になってきます。 いずれにせよ、ある程度しっかりした教室にしていこうと思った場合には、 最初の月謝設定額を間違うと悲惨なことになるので、しっかりとした計画を立てて始めるようにしたいと思います。

次の