マヌカ ハニー 数値。 MGOとUMFの数値の違いは?

マヌカハニーのMGOとは?数値ごとの意味、効果の違いや口コミ総まとめ

マヌカ ハニー 数値

活性強度の数値でマヌカハニーの何が分かるのか?ということがわからない人もいらっしゃると思いますので、マヌカハニーの活性強度について、少し詳細にお話したいと思います。 この活性強度の意味がわかるとマヌカハニー選びが簡単になります。 活性強度の数値でマヌカハニーの何が分かるのか? マヌカハニーには様々な商品がありますので、それぞれの商品の違いを表す基準の一つに活性強度という考え方があると思っていただけるとわかりやすいと思います。 マヌカハニー独自の殺菌成分であるメチルグリオキサールの含有量によってその活性強度の数値が決まります。 活性という言葉が示すように活性強度の数値が高い物は、それだけエネルギーが高い状態にあり、様々な効果効能を感じやすいということになります。 ちなみに一般的病院で消毒に使用されているフェノール水溶液は2%程なので、5倍もの強い殺菌力を普通の食品が持っているということになります。 そう考えると、マヌカハニーの殺菌力がいかに強いのか?ということがよくわかると思います。 つまりマヌカハニーの活性強度のメリットを十分に得られる水準ではないということです。 個人的にはマヌカハニーを購入するのであれば、やはり活性強度の高いものをお勧めいたします。 その方があなたの望む効果をより実感できるマヌカハニーであることは間違いないでしょう!.

次の

医師として伝えたい、マヌカハニー の効果と注意すべき副作用。

マヌカ ハニー 数値

マヌカドクターの15+、20+、24+の効果とは? マヌカハニーには、いくつもの基準があります。 15+や20+という数字を見ると、マヌカハニーのことを少し知っている人であれば、 UMF15+やUMF20+と思うかもしれません。 しかし、マヌカドクターのマヌカハニーは、 UMFという基準を使えません。 だから、UMF15+やUMF20+とは違います。 実は、マヌカドクターはUMFHA(UMFハチミツ協会)に加盟していないんです。 ニュージーランドのUMFHAのサイトで、 何度もチェックしましたので間違いない事実です。 もしUMFHAに加盟していれば、UMFグレードのマヌカハニーを販売しているはずですが、そういった商品ラインナップもありません。 マヌカドクターのマヌカハニーは、 UMF基準の商品ではないということを、まず最初に理解してください。 では、 15+や20+24+の意味は何だろうと疑問に思うと思います。 この数字は、 TA(トータルアクティビティー検査)の結果を表現している数字です。 TA(トータルアクティビティー検査)とは、マヌカハニーの正式な基準ではなく、普通の蜂蜜の殺菌力の強さを示す際にも使われる基準。 蜂蜜の殺菌成分である過酸化水素と、マヌカハニー殺菌成分であるメチルグリオキサールの合計値で、算出される殺菌力を表現する基準です。 TA基準を採用するマヌカドクターのデメリットとは? トータルアクティビティー検査が、マヌカハニー独自の検査ではない事はなんとなく、わかったと思いますが、 なぜTA基準が良くないのか? それは、マヌカハニー独自の殺菌成分である メチルグリオキサール単体の濃度や殺菌力の強さが、わからないからです。 普通の蜂蜜の殺菌成分である過酸化水素は、体内に入ると「 カタラーゼ酵素」の攻撃で分解されてしまいます。 そして、殺菌効果を発揮するには、酸素が必要な点があるんです。 つまり体内では、その 殺菌力をほぼ発揮できない状況に追い込まれてしまいます。 そんな殺菌力を発揮できない過酸化水素が、いくら大量に含まれていても殺菌効果が低いことは、イメージできると思います。 マヌカハニーの効果を期待して購入される人にとっては、これでは不十分。 TA基準で評価された数字がどれだけ高くとも、メチルグリオキサールの効果を実感できない可能性が高いマヌカハニーだと考えましょう。 マヌカドクターのマヌカハニーを購入する前に… 私は、マヌカドクターのマヌカハニーが粗悪な商品だとは思っていませんし、偽物のマヌカハニーだとも思いません。 しかしTAという普通の蜂蜜にも使われる基準で、殺菌作用の強さを表しているマヌカハニーであることを考えると、 私は買わないという判断をします。 マヌカドクターのマヌカハニーに、あなたがどんな価値を感じているのかによっても、状況は変わるでしょう。 でも一つだけ言えることは・・・ マヌカハニーの効果は、 メチルグリオキサールの含有量に比例するということです。 そのメチルグリオキサールの含有量を正確に判断できないことは、マヌカハニーとしての価値が、見いだせないことだと考えます。 値段も安く購入できることで、マヌカドクターのマヌカハニーを愛用している人もいるかもしれません。 しかし、本当の意味でマヌカハニーが持っている効果を、実感できているのかを判断するのは難しいでしょう。 ニュージーランドが考えるマヌカハニーの基準とは? では、マヌカハニーの原産地であるニュージーランドが考えてるマヌカハニーの公式な基準は何でしょうか? それが先程も紹介した UMF(ユニークマヌカファクター)という基準か、実際のメチルグリオキサールの含有量を示す MGOという基準です。 この2つの基準だけが、 本物のマヌカハニーの効果効能を確認できる基準。 あなたがマヌカハニーのことをよく知らない状態で、値段だけにつられてマヌカドクターのマヌカハニーを購入しようと思うのであれば、 やめるべきです。 世界でもマヌカハニーの偽物が多発したことで、ニュージーランド政府が主体になって、UMF基準を守っています。 そんな経緯のあるマヌカハニーだから、 UMFやMGO以外の基準で判断されているマヌカハニーは購入すべきではない。 というのが、様々なマヌカハニーを口にしてきた私が行きついた答えです。 あなたも本当のマヌカハニーの効果を実感する為に、 マヌカドクター以外のマヌカハニーを選ぶことをおすすめします。

次の

マヌカハニーの選び方。MGOやUMFの数値の見方は?

マヌカ ハニー 数値

一方葉には、胃腸を整える働きがあり、ビタミンも多く含まれ、古くから、煮詰めてお茶としてよく飲まれていたようです。 その他にも樹皮は煮出して下痢止めに、樹液は咳止めや火傷、筋肉痛に。 実や種も赤痢や下痢止めなどに。 と、マヌカは、まるごと一本、本当に余すところなく薬効に優れた木であることがわかりますね。 マヌカの木は基本的にはニュージーランドにしか生えていません。 (一部、オーストラリアにも存在しているといわれていますが) 加えて、採蜜ができるのは年間で花が咲く約4週間であるといわれてます。 そのため、とても貴重であり、「奇跡のはちみつ」として世界中の人々から愛されているのです。 次の章では、マヌカハニーの効能についてより詳しくみていきたいと思います。 マヌカハニーの効能・効果 はちみつの高い殺菌効果 もともとはちみつには、強い殺菌効果があるといわれています。 「はちみつって、どうして常温でおいても腐りにくいんだろう…」と疑問に思ったことはありませんか? はちみつの賞味期限はおおよそ2年以上もあります。 通常の食べ物なら、常温で1年以上置いていたら、カビが生え、腐っていくもの。 その長持ちの秘密は、高い糖度とはちみつの中に含まれる殺菌成分にあります。 非常に高い糖度をもつはちみつ。 糖度が高いと細菌の水分を減少させる効果があり、結果カビなどの雑菌の繁殖を抑えてくれます。 一方、はちみつには、高い殺菌消毒作用がある「グルコン酸」という成分が含まれています。 「グルコン酸」は、食品を弱酸性に安定化し、雑菌を繁殖させないという働きが期待できるため、食品添加物などにも使われている物質だとか。 また、善玉菌のひとつでもある、ビフィズス菌を増やす働きがあるともいわれています。 さらに、はちみつは含まれている酵素(グルコースオキシターゼ)により「過酸化水素 オキシドール 」も発生させる力を持っています。 オキシドールといえば、消毒剤としてよく薬局などで見かけますね。 実際にはちみつを切り傷などに塗っておくと、塗った翌日には傷口が塞がっていることもあるそう! ただし、残念ながらはちみつは体内の殺菌には向きません。 なぜなら、一般的に販売されているはちみつの多くは出荷前に加熱処理がされているため、酵素が失活してしまい、過酸化水素などの殺菌成分の効果が期待できないのです。 マヌカハニーはここが凄い! 一般のはちみつとの違い 一般的なはちみつは、なかなか体内でその高い殺菌作用を発揮することができないと説明しました。 実は通常のはちみつとマヌカハニーの違いはここにあります。 マヌカハニーには、はちみつ特有の上記の殺菌成分に加えて、「メチルグリオキサール」という独自の殺菌成分が多く含まれています。 マヌカハニーにしか含まれないこの「メチルグリオキサール」は元々、花蜜には含まれていません。 蜜が集められる巣の中で徐々に増えるとともに、貯蔵している間にも徐々に増えていく成分といわれています。 「メチルグリオキサール」の特定の細菌を殺菌する能力は、通常のはちみつに含まれる「過酸化水素」と比べると、およそ2倍にも上るという報告もあります。 そのため、「ピロリ菌」や「大腸菌」といった多くの体内で悪さをするの悪性菌に効果を発揮してくれるのです。 近年の研究では、このピロリ菌にマヌカハニーの殺菌成分「メチルグリオキサール」が有効だと明らかになりました。 さらに、同様にマヌカハニーに含まれる「シリング酸メチル」という抗炎症作用も、ピロリ菌が生成する活性酸素を除去してくれる働きがあるといわれています。 ピロリ菌の検査には医療機関を受診していただく必要がありますが、医学的な治療と併用しながらも、日常生活のなかでこのマヌカハニーを摂取することで、より効果的にピロリ菌の活動を抑制することが期待されています。 一方で、癌の予防や抑制に対する効果もあるのではないかといわれていますが、まだこの点に関しては十分な研究結果は報告されていません。 今後の研究に期待したいところです。 このように、人の体内外において強い殺菌効果を発揮し、さまざまな効能・効果が期待できるマヌカハニー。 従来のはちみつとは異なる、とても貴重な食品といえそうです。 マヌカハニーの賢い選び方 健康維持に効果的なマヌカハニーですが、実際に商品を選ぼうとなったときに、少し戸惑われるかもしれません。 この数値は何かというと、マヌカハニーの抗菌作用を示しています。 マヌカハニーは健康補助という側面があることから、原産国のニュージーランドでは偽物や低品質品の流通を防ぐためにも、検査機関を通して厳しい品質管理が行われています。 そして、その品質を示す指標として「ブランドマーク」と呼ばれる規格が使われ、これが正規品の証となっています。 ブランドマークには、主に抗菌作用の検査方法によっていくつか種類があります。 どのブランドマークでも、数値が高ければ高いほど、抗菌作用が高いことを示しています。 皆さんが安心してマヌカハニーを選ぶことができるよう、ここでは現在ニュージーランド政府が公認する「UMF」「MGO」「MGS」の3つのブランドマークの特徴と数値の指標をご紹介します。 ぜひ選ぶ際の目安にしてみてください。 UMF 「UMF(Unique Manuka Factor)」は、マヌカハニーの抗菌作用を示す規格として最初に生まれた「元祖」とも呼べるブランドマーク。 1998年、マヌカハニー研究の第一人者である、イギリスの生物学者ピーター・モラン博士によって定められた規格です。 モラン博士は、ニュージーランドのワイカト大学において、世界で初めて本格的にマヌカハニーの研究を行いました。 その中でマヌカハニーに含まれる特有の強い殺菌力を発見。 その成分を「マヌカ特有なユニークな要素」という意味の「UMF(Unique Manuka Factor)」と名付けたのです。 この成分は、今でいう「メチルグリオキサール」であったわけなのですが、当初はまだそこまで明らかになっていませんでした。 さて実際の「UMF」の数値ですが、これはマヌカハニーの特殊な抗菌作用を医療用消毒液「フェノール液」と比較し数値化されました。 この規格は、現在では誤差のある測定方法だという声もあります。 ただし、実際には生産者を制限し、厳しい検査体制を敷いているため、高い品質が保証されているのも事実です。 「UMF」のブランドマークは、「Unique Manuka Factor Honey Association(UMFハニー協会)」に加盟したメーカーのみが使用を許されています。 さらに、トレーサビリティシステムを導入し、一般市場に出回る商品の検査や監視まで行っているのも大きな特徴です。 MGO 「MGO(MethylGlyOxal)」は、もともとドイツのドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ教授が2008年に発見した抗菌成分で、これは「メチルグリオキサール」に当たるもの。 上述のピーター・モラン博士が「UMF(Unique Manuka Factor)」と名付けた抗菌成分は、すなわちこの「メチルグリオキサール」であったことも明らかになっています。 「MGO」のブランドマークは、「メチルグリオキサール」含有量を表示した規格。 「マヌカハニー1kgの中にメチルグリオキサールが何mg含まれているか」を示しています。 「UMF」マークと比較すると、抗菌作用が若干分かりやすく表示されているといえるでしょうか。 「MGO」の検査方法は、「UMF」よりも誤差が少なく正確で、さらにその検査体制もより厳密なものであるといわれています。 ただし、「UMF」がトレーサビリティ体制がしっかり構築されているのに対し、「MGO」マークの商品は市場などでの管理は行われていないとのこと。 それぞれ特徴が異なりますね。 現在「MGO」はニュージーランドの「Manuka Health」社の登録商標となっています。 ちなみに「MG」マークも見かけますが、これは、登録商標上の表示の制限により「MGO」が使えない場合で、実際は「MGO」と同じ規格と受け取っていただいてよいと思います。 MGS 最後に「MGS Molan Gold Standard 」をご紹介します。 「MGS」は「UMF」を生み出したピーター・モラン博士が認定した最新の規格です。 モラン博士は、マヌカハニーにおいてより正確な抗菌作用の指標確立を求めて、2008年にUMFハニー協会を離れ、2009年に新規格「MGS Molan Gold Standard 」を成立させました。 博士自らの名前をブランドマークに入れることで、博士によるより高い品質の保証を印象付けるものとなっています。 「MGS」は、基本的には抗菌作用をフェノール液と比較した「UMF」と同じ測定方法です。 ただし、単にUMF数値を測定するだけでなく、他にもいくつかの新基準を設けており、純度や加熱処理、添加物の有無なども検査対象となっているようです。 現段階ではマヌカハニーのブランドマークの中で最も厳格な規格との声も。 「MGS」は、ニュージーランド政府が認定する「ISO17025認定研究所」にて厳しい検査が複数回行われ、その結果が数値表示されます。 また、認定を受けると、モラン博士による検査結果の認定証が発行されます。 さらに、「MGS」はどんなマヌカハニーでも認定を得られるという特徴があり、「UMF」や「MGO」といった他の規格も認定の対象となります。 これは、偽物や質の悪い商品を市場からなくし、ブランドにこだわらず高品質のマヌカハニーを流通させたいというモラン博士の試みでしょう。 マヌカハニーの主なブランドマークをご紹介しました。 流通している商品としては、「UMF」「MGO」が最も多いといえます。 特に「UMF」はブランド化されており有名な規格です。 「MGO」は「メチルグリオキサール含有量」というシンプルな測定方法で私たちには一番馴染みやすい規格かもしれません。 ただし、登録商標の関係で、販売メーカーが限定されています。 一方、「MGS」は規格の認定対象が広く、門戸を開いた新規格ですが、実際には流通量が少なく、プレミアム認定を受けた商品は高額化しているのが現状です。 このように複数の規格が存在しているのは、開発側やメーカーなどさまざまな立場における事情があることが分かりますが、消費者の立場から見れば、本当は規格を一つに揃えて欲しいというのが本音でしょうか。 結局どれを選んだらよいの? マヌカハニーのブランドマークを理解した上で、では実際にどの商品を選んだらよいのでしょうか。 最も良いのは、ご自分で信頼できるブランドマークの指標に従うことです。 しかし、ご紹介した3つのブランドマークであれば、ニュージーランド政府が認定しているマヌカハニーの正規品であるのは間違いないので、安心してご購入いただいてよいかと思います。 また、いずれの規格においても、数値が高くなればなるほど抗菌作用は強まり、価格も高騰していくという特徴があります。 もともと高い健康効果が期待できる食品ですので、一般のはちみつと比べても価格は高い傾向があります。 そのため、数値と価格の兼ね合いも商品を選ぶ際の重要なポイントになってくるかもしれません。 この数値レベルのマヌカハニーでも日常生活において健康維持に役立つといわれており、感染症や傷の治癒に効果ありという研究報告もあります。 一方で、ピロリ菌抑制や消化器官の不快症状改善など、医療行為の補助食品としても活用されたい方は、お値段は張りますが、より強い抗菌作用が期待できる数値の高いものを選んだ方がよいでしょう。 上に「UMF」「MGO」「MGS」の数値換算表をご紹介していますので、お求めになる際の参考にしてみてください。 マヌカハニーの食べ方 おすすめの食べ方 健康維持のために、毎日少しずつ食べたいマヌカハニー。 といわれることが多いですが、通常のはつみつと比較すると抗菌作用が高いので、健康な人が毎日食べるのはあまりおすすめでではありません。 気になる症状や不調を感じる時に一定期間利用する方法がおすすめです。 利用する場合は、そのままスプーンですくって召し上がるとよいでしょう。 ただし、マヌカハニーは水分量が通常のはちみつと比べて少なく、キャラメルのように粘度が高くねっとりとしています。 また、独特のクセのある味と香りをもつことから、そのまま舐めるのは難しいと感じられる方も。 その場合は、下記のような方法で他のものと合わせて召し上がってみてください。 大人の場合は感染し食中毒などの症状が起きることはありませんが、まだ腸が未熟な赤ちゃんには感染の恐れがあり、非常に危険です。 また、ボツリヌス菌は、加熱しても殺菌することはできません。 くれぐれも、1歳未満のお子さんには与えないようお気をつけください。 通常のはちみつは100g当たり294kcal、メープルシロップは240kcalなのに対し、マヌカハニーのカロリーは300kcal。 カロリーに伴い糖分も高いため、特に糖尿病などの持病をお持ちの方は注意が必要です。 食べ過ぎることで、カロリーや糖分の摂り過ぎにならないよう注意し、ご自分のからだの状態により量を調整しながら召し上がってください。 優れた健康効果のあるマヌカハニーですが、品質の悪いものでは効果は期待できません。 せっかくお召し上がりいただくなら、お値段は一定以上しますが、品質を保証するためのしっかりとした基準や厳しい検査体制をパスした正規品をお選びいただくことをおすすめします。 マヌカハニーは抗菌作用がとても高いため、健康な方が毎日常食することは除菌しすぎになってしまう場合も。 自分自身の免疫力をしっかりと働かせるためにも、トラブルが生じた時のお薬の代わりとして、使用することがおすすめです。 また、マヌカハニーが注目されるようになってから、偽物や粗悪なマヌカハニーが多く市場に出回っているという現実もあります。 食品添加物などの混ぜ物がされたものや生ではなく加熱されたものなども出回っているので、購入する時には、信頼することができる場所から購入するとよいでしょう。 口にするだけでなく、切り傷などの外傷のお手当にも活躍するマヌカハニーはお家の薬箱に常備しておくことをおすすめします。 お支払い方法 下記のいずれかの方法をお選びいただけます。 クレジットカード 銀行振込 代引引換 Amazon Pay 楽天ペイ ショップポイント 送料 税込9,980円以上お買い上げの場合は、 送料無料とさせていただきます。 お買い上げの総額が9,980円未満の場合は、 全国740円~で配送いたします。 【配送料金表】 税抜表示 ・関東・東北・信越・北陸・中部:740円 ・近畿・中国・四国:850円 ・九州・北海道:990円 ・沖縄:2,700円 送料無料商品をご購入いただきますと、他の商品も送料無料でお届けいたします(沖縄は除く)。 メール便と普通便の商品を同時にご購入いただいた場合は、普通便の送料 お買い上げ総額が9,980円未満の場合は全国740円~)が発生いたします。 配送方法/発送について 商品は『クロネコ宅急便』、メール便対応商品は『クロネコDM便』を利用して発送いたします。 商品に欠品がなければ、原則ご注文いただいた翌日には商品を発送いたします。 商品の注文が殺到している場合などは発送が遅れる場合がございます。 その場合はメールにてご連絡を差し上げます。 年末年始や祝祭日の連休などで発送が遅れる場合は発送のお知らせメールにてお知らせいたします。 銀行振り込みの場合は、ご入金確認後に商品を発送いたします。 配送日時のご指定 商品の配送日と配送時間帯をご指定いただけます。 会員登録について 会員登録をしていただくと、次回からのご注文が簡単になる「マイアカウント」がご利用いただけます。 ・会員の方には200円のお買い物ごとに1ポイント差し上げます。 1ポイント1円として、1ポイント以上1,000ポイント以下のお支払いにご利用いただけます。 ・登録は無料です。 会費や登録料などの金銭は一切発生いたしません。 ・登録いただかなくても商品をご注文いただくことは可能です。 返品・交換について 取扱商品は食品が主のため「不良品」や「欠損品」を除き、商品の返品及び交換はお受け出来ません。 「不良品」「欠損品」及び「商品誤発送」の場合、返品送料は弊社にて負担いたします。 返品をご希望の方は、商品到着後5日以内にメールにてご連絡ください。 ご連絡なきご返品及び上記期限を経過した場合のご返品はお受け出来かねます。 予めご了承ください。 セキュリティー・個人情報の保護 かわしま屋では、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 安心してお買物をお楽しみ下さい。 お客様の個人情報を運送会社や決済管理会社など以外の第三者に開示もしくは提供することは一切いたしません。 お問い合わせ・ご連絡 かわしま屋 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀4-17-8 E-mail: オンラインショップ:.

次の