はじめ の 一歩 最 新刊。 【楽天市場】講談社 はじめの一歩 128 /講談社/森川ジョージ

【最新】はじめの一歩(127巻→128巻)新刊の発売日はいつ?|コミックデート

はじめ の 一歩 最 新刊

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1297話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1298話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年22・23号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1298話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とアルフレド・ゴンザレスの試合が2R目へと移行する中、一歩を殴り倒した死神という顔を強く求める千堂。 そこで千堂はボクシングではなく喧嘩を始める。 腕をグルグル回し威嚇するや、1R目と同様に大振りの拳を振り回す。 見た目だけだと1R目と同じであり、ラッキーを狙っての行動だと思うゴンザレス。 だが、その考えは大きな間違い。 ゴンザレスのカウンターを前に千堂は更に踏み込で躱す。 カウンターに臆せず更に踏み込むという行為に背筋を凍らせる一歩とゴンザレス。 反対に顔色が変わったゴンザレスを見た千堂は、凶悪な笑みをうかべて更に猛進する。 千堂の圧が増す中、防御の上からであるが、千堂の拳が命中し始めた。 大きく後退して防戦一方となる試合を控え室のモニターで見ていたリカルド。 リカルドは、千堂の行動を明確に理解していた。 その上で、試合前に1の力を積みかさねるのがベストと語った自らの考えを間違いだと認めるのだった。 【間違えたのは千堂かゴンザレスか】 ゴンザレスをコーナーに追い詰めた千堂は、逃がさないとばかりに拳を振るう。 型のないパンチを理不尽にして 無邪気だが、圧倒的破壊力を持つ。 ソレを前にすれば恐怖を覚え、後手に回されれしまう。 だからこそゴンザレスはコーナーから逃げれない。 まるで獣の狩りを思わせる千堂を 狡猾にして残忍と評価するリカルド。 そんな男を前にして取るべき選択は、 開始直後から全火力を放出した先制による残滅しかない。 荒ぶる虎を前に ゴンザレスが間違えたと思うリカルド。 一方でゴンザレスのセコンドは、 千堂こそが間違えたと断じる。 千堂が振るう左拳に対して 左のショートアッパーで迎撃するゴンザレス。 顎を突き上げられてたたらを踏んで後退する千堂。 強烈な一撃を食らって口から血を流す千堂だが、何とか体勢を整える。 【アルフレド・ゴンザレスという男の本質】 その様子を見ながらゴンザレスのセコンドは心内で呟く。 分かっていないのは千堂の方だ。 幼き頃、 ストリートチルドレンのリーダーだったゴンザレス。 ボクシングという居場所を得ても出自からくる荒々しさは鳴りを潜めなかった。 プロとなり、死神と呼ばれ始めた矢先に リカルドと戦い敗北。 激情がダメならばと 技術戦を挑んだ二度目も敗北。 ゴンザレスは獰猛さも技術力も世界レベルだったが、如何せんバランスが悪すぎた。 しかし、一歩と戦うことで ソレらが正しく融合した。 【豹変するゴンザレス】 千堂を後退させたゴンザレスだが、依然としてコーナーを背負ったまま。 苛立つ千堂が拳を振り上げようとしたその時、 突如、豹変するゴンザレス。 ガードを解き、怒りに染まった顔で千堂に飛び掛る。 ボクシングではなく 喧嘩勝負で勝てると考えた千堂こそ間違い。 ゴンザレスが本能のままに左拳を振り上げ、大きく斜め下に振り下ろす。 千堂の 招待状を受け取った瞬間だった。 だが、千堂は豹変したゴンザレスを恐れることなく、寧ろ満面の笑みをうかべる。 死神となったゴンザレスを待っていたと突撃する千堂。 対してゴンザレスは 怒りに染まりながらも、的確なカウンターを放つ。 千堂の拳をカスほどに軽いと跳ね除け、左拳の強打を見舞う。 途端に押し返し始めたゴンザレスを見て、 豹変したと絶句する一歩だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年22・23号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1298話】の感想と考察 遂に死神の顔を見せたゴンザレスですが、果たして千堂の間違いなのでしょうか。 ストリートチルドレンはギャング、もとい日本風だと不良に近い言葉。 千堂も大阪に名を轟かせた不良であり、つまりは不良対決。 ゴンザレスが狂気を見せるならば、千堂も狂気を以って戦えば勝機はあると感じます! 次回のはじめの一歩【第1299話】掲載の週刊少年マガジン発売日は5月20日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1298話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

はじめの一歩最新刊【124巻】ネタバレと感想!人外の一歩|たのしかおもしろか

はじめ の 一歩 最 新刊

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1297話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1298話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年22・23号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1298話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とアルフレド・ゴンザレスの試合が2R目へと移行する中、一歩を殴り倒した死神という顔を強く求める千堂。 そこで千堂はボクシングではなく喧嘩を始める。 腕をグルグル回し威嚇するや、1R目と同様に大振りの拳を振り回す。 見た目だけだと1R目と同じであり、ラッキーを狙っての行動だと思うゴンザレス。 だが、その考えは大きな間違い。 ゴンザレスのカウンターを前に千堂は更に踏み込で躱す。 カウンターに臆せず更に踏み込むという行為に背筋を凍らせる一歩とゴンザレス。 反対に顔色が変わったゴンザレスを見た千堂は、凶悪な笑みをうかべて更に猛進する。 千堂の圧が増す中、防御の上からであるが、千堂の拳が命中し始めた。 大きく後退して防戦一方となる試合を控え室のモニターで見ていたリカルド。 リカルドは、千堂の行動を明確に理解していた。 その上で、試合前に1の力を積みかさねるのがベストと語った自らの考えを間違いだと認めるのだった。 【間違えたのは千堂かゴンザレスか】 ゴンザレスをコーナーに追い詰めた千堂は、逃がさないとばかりに拳を振るう。 型のないパンチを理不尽にして 無邪気だが、圧倒的破壊力を持つ。 ソレを前にすれば恐怖を覚え、後手に回されれしまう。 だからこそゴンザレスはコーナーから逃げれない。 まるで獣の狩りを思わせる千堂を 狡猾にして残忍と評価するリカルド。 そんな男を前にして取るべき選択は、 開始直後から全火力を放出した先制による残滅しかない。 荒ぶる虎を前に ゴンザレスが間違えたと思うリカルド。 一方でゴンザレスのセコンドは、 千堂こそが間違えたと断じる。 千堂が振るう左拳に対して 左のショートアッパーで迎撃するゴンザレス。 顎を突き上げられてたたらを踏んで後退する千堂。 強烈な一撃を食らって口から血を流す千堂だが、何とか体勢を整える。 【アルフレド・ゴンザレスという男の本質】 その様子を見ながらゴンザレスのセコンドは心内で呟く。 分かっていないのは千堂の方だ。 幼き頃、 ストリートチルドレンのリーダーだったゴンザレス。 ボクシングという居場所を得ても出自からくる荒々しさは鳴りを潜めなかった。 プロとなり、死神と呼ばれ始めた矢先に リカルドと戦い敗北。 激情がダメならばと 技術戦を挑んだ二度目も敗北。 ゴンザレスは獰猛さも技術力も世界レベルだったが、如何せんバランスが悪すぎた。 しかし、一歩と戦うことで ソレらが正しく融合した。 【豹変するゴンザレス】 千堂を後退させたゴンザレスだが、依然としてコーナーを背負ったまま。 苛立つ千堂が拳を振り上げようとしたその時、 突如、豹変するゴンザレス。 ガードを解き、怒りに染まった顔で千堂に飛び掛る。 ボクシングではなく 喧嘩勝負で勝てると考えた千堂こそ間違い。 ゴンザレスが本能のままに左拳を振り上げ、大きく斜め下に振り下ろす。 千堂の 招待状を受け取った瞬間だった。 だが、千堂は豹変したゴンザレスを恐れることなく、寧ろ満面の笑みをうかべる。 死神となったゴンザレスを待っていたと突撃する千堂。 対してゴンザレスは 怒りに染まりながらも、的確なカウンターを放つ。 千堂の拳をカスほどに軽いと跳ね除け、左拳の強打を見舞う。 途端に押し返し始めたゴンザレスを見て、 豹変したと絶句する一歩だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年22・23号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1298話】の感想と考察 遂に死神の顔を見せたゴンザレスですが、果たして千堂の間違いなのでしょうか。 ストリートチルドレンはギャング、もとい日本風だと不良に近い言葉。 千堂も大阪に名を轟かせた不良であり、つまりは不良対決。 ゴンザレスが狂気を見せるならば、千堂も狂気を以って戦えば勝機はあると感じます! 次回のはじめの一歩【第1299話】掲載の週刊少年マガジン発売日は5月20日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1298話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

はじめの一歩|最新刊(128巻)発売日&収録話【随時更新中】

はじめ の 一歩 最 新刊

千堂とゴンザレスの試合が決まった 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 リカルドがダウンしたかは不明ですがリング上でヒザをついています。 そのシーンを見たゴンザレスは戸惑いを隠せません。 戸惑いは怒りに変わり千堂とのにらみ合いが続き、ヒートアップする二人です。 そのままスパーリングしようかという時にリカルドに止められて、 リカルドのセミファイナルで試合をしたらどうかとリカルドから勧められます。 勝った者にはリカルドと戦える権利をやると言います。 そこで千堂はまさかの言葉を返します。 ゴンザレスとの試合はありがたく頂くがリカルドの上から目線が気に入らないと リカルドとの試合は二の次だと大胆に言ってのけました。 なんて大胆不敵なんでしょう。 実に千堂らしいです。 そして、自らメキシコに行って自分で試合を決めてくるなんてなんて行動力があるんでしょうね! 果たしてこの試合が一歩が復帰するきっかけになるのでしょうか。 とても楽しみです。 僕の予想では千堂が一歩復帰のきっかけになりそうな気がします。 一歩の左フックにビックリ 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 千堂はメキシコから帰国して鴨川ジムに直行しました。 千堂の世界挑戦内定の内容に一歩もビックリして話をしていると千堂はなにやら気に食わない様子。 世界戦よりまずはゴンザレスを倒すので一歩に協力を求めます。 その時にミットのやりとりで一歩がゴンザレスの左フックを 真似するから千堂にミットを持つように言います。 左フックの打ち方はこちらの記事をどうぞ! 重りを外して左フックを打つと、千堂は両手で構えていたにも関わらず 手が後ろに弾かれてミットが吹っ飛んでいきました。 千堂もかなりビックリします。 現役よりパンチが強くなっているとの事。 このシーンを見てまたまた燃えました。 一歩いよいよ本当に復帰するんじゃないのかと期待させてくれます。 吹っ飛んだミットが鷹村の銅像の頭に当たり、 頭が取れてしまうシーンがあってマジでウケました 笑 久美さんとのやりとりに爆笑 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 一歩は親友の梅沢君から誘われて高校の同窓会に行きました。 みんなとは7年ぶりの再会です。 そこでクラスメートの昔から気にかけてくれていた相川さんと久々の再会。 一巻のあのシーンはよく覚えていて、僕も懐かしい気分になりました。 相川さんは一歩が当時憧れていた女性です。 向こうも一歩に気がある素振りで同窓会の帰り道でいい感じになり、連絡先までもらいました。 その出来事を当たり前のように久美さんに話す一歩。 太平ときんたろうのリアクションと一歩の天然具合がマジで受けました 笑 あと久美さんのリアクションもですね。 それにしても最近の久美さんは怖い。。 間柴の血がマジで流れているんですね 笑 ここもお腹抱えて笑ったシーンです。 宮田と間柴のやりとりにうける 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 宿題が分からない川原ボクシングジムの中学生の後輩に対して、 ボクシングやってるから頭悪いと思われるの困るとドヤ顔でいった宮田です。 しかし、後輩の宿題の内容がまったく分からず、持って帰りバイト先のコンビニで考えていました。 そこで偶然よった間柴にあっさり解かれて同じセリフを言われてしまいます。 まさか解けるとは思っていなかった様子。 地味に面白かったです。 ちなみに恥ずかしながら僕も因数分解を忘れて解けませんでした 笑 木村の減量に笑ってしまう 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 最初は木村の減量ってこんなに過酷だったのかとビックリしました。 読んでるだけでこちらも苦しくなるくらい過酷な減量です。 まるでいつかの鷹村並にきつそうでした。 鷹村の減量時にでてきた干し椎茸が久々に出てきてましたからね。 減量は本当に過酷で真剣なシーンなのですが木村の体重がいよいよ落ちないから 一歩が木村の頭を丸坊主にしたり、全身の毛を剃ったやりとりはやはり笑いがでます。 一歩も真面目な性格なので、自分も一緒に付き合うと丸坊主にします。 一本の坊主頭もすっかり見慣れましたね 笑 それはそうと木村はあんな状態で果たして試合で勝てるのでしょうか。。 ボクシング技術 出典:森川 ジョージ はじめの一歩 127巻 笑いばかりのシーンでしたが、肝心のボクシング技術について見てみましょう。 今回は拳の質ですね。 リカルドとスパーした千堂も、 ゴンザレスと戦った一歩も両者とも相手の拳が硬いと言っていました。 かなり嫌そうな感じで言っていました。 この拳の質って大事で硬いパンチをもらうと非常に痛くて本当に嫌です。 固いパンチをもらうと穴があくと言うよりは骨が折れたのではという感じで 痛くてしょうがないです。 拳の質についてはこちらの記事をご覧下さい。 拳を鍛えて硬いパンチが打てるようになると有利になりますよ。 まとめ とにかく笑いまくりの127巻でした。 久々に笑いました。 この巻はギャグシーンしかなかったのではという感じでしたね。 たまにはこういうのもアリです(笑) 漫画のストーリー的には木村の試合がどうなるのか気になります。 一歩が初のチーフセコンドについて果たして勝つ事ができるのか? また後に控える板垣、青木の試合もとても楽しみです。

次の