下町 ロケット 中村 とも や。 下町ロケットキャスト 中村倫也の「浅木捷平」役作り

下町ロケットキャスト 中村倫也の「浅木捷平」役作り

下町 ロケット 中村 とも や

下町ロケット3週連続放送! ~特別総集編・第2夜~— 2020年4月12日 200412 内容:元宇宙科学開発機構の研究員の佃航平 阿部寛 は、現在は下町の工場「佃製作所」を経営していた。 今でもかつてのロケット開発の夢が諦めきれない佃は、純国産ロケットの打ち上げを目指して、大企業・帝国重工の財前(吉川晃司)とともにバルブシステムの開発に動き出す。 そして迎える運命の最終テスト…果たして結果は!?みんなの想いを乗せたロケットは無事打ち上がるのか?そして—物語は、医学界も巻き込み新たな戦いへ! 出演:阿部寛、土屋太鳳、立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、山崎育三郎、中本賢、谷田歩、中村倫也、阿部進之介、竹内涼真、佐野岳、真矢ミキ、小泉孝太郎、石倉三郎、高橋光臣、バカリズム、篠井英介、平岳大、世良公則、今田耕司、木下ほうか、恵俊彰、倍賞美津子、吉川晃司、杉良太郎 ほか 芸能• 202• 160• 438• 438• 105• 192• 154•

次の

「下町ロケット」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|池井戸潤

下町 ロケット 中村 とも や

放送日:2018年10月14日 放送時間:毎週日曜 夜9時~ 放送局:TBS系列 下町ロケット ゴーストの原作ストーリー 下町ロケット ゴースト原作はこんな感じでストーリー展開していきます。 トラクターに使用する トランスミッション(変速機)に目をつける。 そんななか、ギアゴーストが 特許侵害で訴えられてしまう。 続編(ヤタガラス)に続く! 大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! 大人気シリーズ第三弾!! 参考: はたして利菜(土屋太鳳)の 謎彼氏・マサヒコは登場するのか…? 下町ロケット ゴースト ネタバレと原作あらすじ、結末 下町ロケット【ゴースト】原作あらすじと結末をご紹介します。 ネタバレ注意。 ピンチ到来の佃製作所!去る殿村さん! 東京の下町・大田区に工場を構える佃航平(阿部寛)。 エンジン製造を主とする佃製作所は社員数300人ほどの中小町工場だ。 人工心臓弁『ガウディ』の開発成功から数年後、佃製作所は 新たなピンチを迎えていた。 経理担当のトノさんこと殿村部長の父親が倒れ、長期離脱することになったのだ! 【ネタバレ:ステラエンジンとは?】 佃製作所が開発したエンジン。 下町ロケット第1部ではこのエンジンの特許をめぐり裁判が行われた。 すると航平が何かを思いつく。 『ちょっと俺に運転させてくれ』航平は殿村から操縦のレクチャーを受けた後、トラクターに乗り込んだ。 必要ないところでガチャガチャと何度も変速機を動かす航平。 『あの人何してんの ・・? 』と不思議がる山崎と殿村…。 トラクターを降りた航平は二人にこう言った。 『トランスミッション(変速機)がもっと高性能だったら、ムラなく均一に田んぼを耕せるはず。 』 そう…この時 航平はトラクターのトランスミッションを開発するアイデアを思いついたのだ。 ただ佃製作所はトランスミッションに関して実績がない……。 社で検討した結果、航平はトランスミッションを潤滑に動かすための バルブに目をつけた。 これなら佃製作所の得意分野だ。 『バルブを制するものはトランスミッションを制す!』 佃製作所の新たな挑戦は 農業への参入と決まった。 【ネタバレ:ギアゴーストとは?】 ギアゴーストは創業5年、従業員数わずか30名の小さな会社。 しかし開発したトランスミッションが乗用車メーカーに採用されるなど着々と業績を伸ばしている。 製品は全て海外で製造しており、自社工場をもたないベンチャー企業だ。 社長の伊丹(尾上菊之助)と副社長の島津(イモトアヤコ)はともに 元帝国重工の社員。 【ギアゴースト】という社名の意味は、帝国重工で「墓場」と呼ばれる総務部に追いやられ職を辞することになった二人が、トランスミッション(ギア)に再起を賭け幽霊(ゴースト)のごとく復活を志した事に由来する。 下町ロケット ゴースト:豪腕・伊丹と天才・シマさん トランスミッションメーカー・ギアゴーストを訪ねた航平(阿部寛)。 わずか5年でこの会社を年商100億円にまで成長させた男だ。 副社長のシマさんこと島津 裕(イモトアヤコ)も同じく30代で、愛想が良くて明るい女性だ。 彼女は帝国重工にいた頃 天才と称されるほどの凄腕エンジニアだった。 職人カタギな気難しい性格で、同僚たちも扱いに困っている。 しかし技術は 超超超一流!佃製作所に来る前はトランスミッション開発の会社にいたことがあり、佃製作所では誰よりもその分野に詳しい。 ガウディの教訓 張り切る立花(竹内涼真)たちだったが、試作品を作る段階で 性能面の問題が浮上。 コンペを争う大森バルブはハイスペックなバルブを提供してくるに違いない…。 焦る立花とアキちゃんは行き詰まってしまった…。 すると無愛想なリーダー・軽部が 『ガウディの教訓を思い出せ』と謎のアドバイスをした。 ガウディ… ガウディ… ガウディ関係ないやろ!と混乱する立花だったが、ここであることを思いつく。 ガウディは難病に苦しむ子どもたちのために開発した製品…、ならばこのバルブは一体 誰のために作っているのか…? 立花はハイスペックさを求めるのではなく、納入する【ギアゴースト】のニーズを考えて制作を進めた。 ネタバレ:ドラマでは軽部は「ガウディの教訓を思い出せ」というアドバイスはしておらず、立花とアキちゃんは自力でその答えにたどり着いている。 下町ロケット ネタバレ:ギアゴーストが訴えられる! トランスミッションメーカー・ギアゴーストは、帝国重工を追い出されるようなカタチで退職した伊丹(尾上菊之助)とシマさん(イモトアヤコ)が、 再起をかけて設立した会社だ。 創業から5年。 地道に、妥協すること無く、理想のトランスミッションを追い求め、二人は努力を重ねてきた。 今日、二人の夢の結晶のようなこの会社に 激震が走る。 伊丹に届いた一通の 内容証明郵便にはこう書かれていた。 御社のトランスミッション製品に使われている部品が、ウチの特許を侵害してます。 訴えるよ!? 差出人は下町ロケットファンならみんな知ってる おネエ系悪徳弁護士・中川(池畑慎之介)。 訴えてきたのは大手トランスミッションメーカー【ケーマシナリー】の知財部長・ 神田川敦(内場勝則)だ。 解説:通常、特許内容は出願から18ヶ月は公表されないため、ギアゴースト側は知財調査をしたものの気が付かなかった。 ケーマシナリー本社に話し合いに向かった伊丹は 15億円ものライセンス使用料を請求された。 年商100億のギアゴースだったが、全ての製品が外注という特性により、売上ほど利益は得ていなかった。 15億という大金はギアゴーストにとって 倒産を免れない金額だった。 伊丹(尾上菊之助)は銀行や取引企業を片っ端からまわり、融資を頼み込んだ。 しかしどこからも良い返事を貰えない…。 ライセンス料が払えなければ裁判になるが、このままではギアゴーストに 勝ち目はない。 伊丹は『融資が無理ならギアゴーストを15億で買ってほしい』と 会社を手放す覚悟を伝えた。 伊丹にとって何よりも優先すべきは会社ではなく、そこで働く社員たちだった。 伊丹はもし佃製作所がギアゴーストを買った場合、社員たちを引き続き雇用してほしいと頭を下げた。 話しを聞いた航平(阿部寛)は、その後、敏腕すぎる顧問弁護士・ 神谷(恵俊彰)に相談。 すると… 神谷は 『クロスライセンス契約を検討してみては?』とアドバイスしてきた。 【ネタバレ:クロスライセンス契約とは?】 訴えを起こしたケーマシナリーの製品の中から ギアゴーストが持つ特許を侵害している製品を探し出し、『特許侵害お互い様やん』ってことで チャラにしてもらうこと。 ここで航平は ある決断を迫られる。 このクロスライセンス契約案を伊丹に伝えるべきなのだろうか? この訴訟案件は伊丹にとってはピンチだが、航平にしてみれば 『15億円で念願だったトランスミッションメーカーを手に入れられる絶好のチャンス』なのだ。 しかし航平は伊丹を救う事を決意する。 その理由は2つあった。 救う手立てを知りながら、それを伝えない事はフェアじゃないと思った。 もし航平の助言によりギアゴーストがこの件を乗り切れば、将来的に優良な取引相手になってくれると考えた。 さっそくクロスライセンス案を伊丹に伝えた佃。 その後 伊丹はケーマシナリー製品を入手し、 リバースエンジニアリングを行なった。 佃製作所側もこれに協力することに…。 後日、佃製作所を訪れた伊丹(尾上菊之助)に末長弁護士の不審な点を問いただす神谷弁護士(恵俊彰)。 この時 神谷は末長弁護士とケーマシナリーが 裏でつながっているのでは?と疑っていた。 信頼する末長弁護士をディスられた伊丹は怒りをあらわにし、神谷と口論になってしまう。 『あとで見てください。 』 伊丹が帰ったあと、神谷は『伊丹さんに渡したのと同じものです。 』と言い、ある記事を見せた。 そこには末長弁護士とケーマシナリーの顧問弁護士・中川が 仲よさげに握手をする写真が…! そう…末長弁護士は仲の良い中川弁護士と共謀し、伊丹を陥れて金もうけをしようと目論んでいたのだ! 【ネタバレ:中川弁護士の陰謀】• 3年前、末長がギアゴーストの顧問弁護士になった事を聞きつけた中川弁護士は、 『金もうけしないか?』と近づいてきた。 末長は3億円の報酬を受け取る代わりにギアゴースト製品の 開発情報を渡す。 中川はこれをケーマシナリーに流し、ギアゴーストより先に製品を完成させ特許を取得させた。 中川の目論見どおり、ケーマシナリーはギアゴーストを特許侵害で訴えた。 絶対に負けるはずの無い裁判…中川は莫大な報酬を得ることが出来る。 裁判がスタート!神谷弁護士がかっこいい! 重田(古舘伊知郎)からの15億円での提携話を受けた伊丹(尾上菊之助)だったが、彼はこれを 断る気でいた。 重田が提示した条件の中に【現従業員の解雇】という一文が含まれていたからだ。 従業員たちを路頭に迷わすわけにはいかない…。 情に厚い伊丹はこれだけは承諾出来なかった。 裁判当日! ついにケーマシナリーVSギアゴースト 特許侵害訴訟の 裁判が始まった。 伊丹は相手の中川弁護士と裏で繋がりがある事が発覚した末長弁護士との契約を 破棄し、代わりに佃製作所の顧問弁護士・ 神谷(恵俊彰)に弁護を依頼していた。 この准教授は特許取得を見送り、広く社会で活用できるよう 情報を公開していた。 『あの部品は以前からあった技術を参考にして作ったの』 航平はシマさんのこの何気ない一言を覚えており、世界中の論文や専門誌を読み漁って彼女が参考にしたという記事を発見!これを神谷弁護士に渡した。 そしてもう一つの決め手となった末長と中川の音声テープもシマさんが録音したものだった。 下町ロケット第2部(ガウディ計画)で 『佃製作所をナメない方が良い』ってあれほど警戒してたのに…。 下町ロケット ゴースト 結末 下町ロケット ゴーストのネタバレあらすじ結末 窮地を脱したギアゴースト。 航平(阿部寛)もホッと肩をなでおろし、これからは良き取引相手として伊丹たちと長い付き合いをしようと考えていた。 しかし!社長の伊丹はその後、まさかの決断をシマさん(イモトアヤコ)に語り始めた。 『ダイダロス社長の重田さんと業務提携する。 』 あっけにとられるシマさん!エンジンメーカーであるダイダロスは佃製作所の ライバル企業だ。 なぜ助けてくれた航平を裏切るような事を…!? 伊丹の決断には、長年に渡る ある人物への恨みが関係していた。 【ネタバレ:伊丹の過去】 8年前、帝国重工の社員だった伊丹は『取引企業見直し案』を提案し、上司の的場(神田正輝)とともに重田が経営する重田工業を倒産に追いやった。 その後、伊丹はさらなる『事業改革案』を掲げ、従来の取引先企業の よりいっそうの整理を企画した。 しかし、取引企業と長い付き合いがある一部の帝国重工役員はこの企画に 批判的だった。 出世したいマンの的場は彼らに媚び入るため、伊丹の企画を破棄し、浮いた存在になった伊丹を部下に命じて総務部に追いやり、第一線から外したのだ。 その後、居場所を失った伊丹は退社を余儀なくされた。 自分の出世のために伊丹を帝国重工から追い出した的場…この事実を重田から聞いた伊丹は、 的場への復讐を誓った。 的場は間もなく帝国重工の 社長に就任すると言われている。 そんな事は絶対に許されない! 一方の重田も、重田工業の倒産により全てを失い、さらに当時 会長を務めていた父親も無念の中で死を遂げていた。 重田が伊丹に近づいた理由は、 的場に復讐するためのパートナーにするためだったのだ! 重田率いるダイダロスのエンジン開発技術、伊丹率いるギアゴーストのトランスミッション技術、この2つを用いた 『的場フルボッコ計画』が、今まさに実行に移されようとしていた。 伊丹 『いよいよ始まるんだ…』 耳を疑うシマさん。 『最高のトランスミッションを作りたい』と目を輝かせ夢を語っていた伊丹はどこに行ってしまったのか? 二人でギアゴーストを立ち上げ、今日まで苦楽をともにしてきた相棒のシマさんに、伊丹は冷たい目でこう告げた。 『もう君は必要ない。 』 シマさんをも裏切った伊丹。 その後、シマさんはギアゴーストを去っていった…。 安室ちゃんの引退を知った時以上のショックを受けたイモトアヤコw 下町ロケット ゴースト結末:財前の引退と殿村の退職 数週間後、航平たち佃従業員は種子島にいた。 今日は準天頂衛星 【ヤタガラス】を搭載したロケットの打ち上げ日。 そして宇宙航空事業部で采配を奮ってきた 財前部長(吉川晃司)の引退日でもあった。 財前はこの日より現場を退き、新たな事業に向け邁進する。 佃製バルブを搭載したロケットは見事打ち上げ成功!ヤタガラスが周回軌道にのり、これにより従来の位置測定情報システム(GPS)は飛躍的に向上される事となる。 宇宙航空部長として、現場で最後のスピーチをする財前。 皆と仕事ができたことに感謝を述べると、次なる目標を語りだした。 『それは…農業です。 私は日本の農業を支えていきたい!』 後日、実家の農業を手伝っていた殿村が佃製作所を訪れ、 辞表を提出した。 病に倒れた父に代わり、自らが先祖代々続く田んぼを守ってゆく事を決意したのだ。 盟友が去った社長室で、航平は一人 涙を流した。 佃製作所が農業参入を志してから二年後のことだった。 【下町ロケット ゴースト 終】続編・ヤタガラスへと続く…。 ミサイルでも作るんじゃ… 【下町ロケット ゴースト ネタバレあらすじまとめ】• 佃製作所社長・佃航平(阿部寛)は経営難を乗り切るため、農業への参入を決意。 トラクターに使用するトランスミッション製造を目標に掲げ、まずはバルブ開発へと乗り出した。 航平はトランスミッションメーカー・ギアゴーストのコンペに参加する事を表明。 ギアゴーストは社長の伊丹(尾上菊之助)と天才技術者シマさん(イモトアヤコ)の元帝国重工社員2人が創業した会社だ。 バルブ開発チームに任命されたのは軽部(徳重聡)、立花(竹内涼真)、アキちゃん(朝倉あき)。 3人はバルブを完成させ、コンペを見事勝ち抜いた。 ギアゴーストの社長・伊丹(尾上菊之助)が同業のケーマシナリーから特許侵害で訴えられる。 この危機を航平と佃製作所の顧問弁護士・神谷(恵俊彰)が救った。 窮地を脱したギアゴーストだったが、社長の伊丹はエンジンメーカー・ダイダロスの傘下に入ると宣言。 伊丹はダイダロス社長・重田(古舘伊知郎)と組み、かつて人生を狂わされた帝国重工の次期社長・的場(神田正輝)に復讐する気なのだ!• シマさんはギアゴーストを退職。 そして佃製作所の経理部長・殿村も実家の農家を継ぐため辞表を提出した。 下町ロケット 各シリーズのネタバレあらすじ感想 「下町ロケット」各シリーズのあらすじと感想です。 原作ネタバレあり。

次の

下町ロケット×燕市特設サイト

下町 ロケット 中村 とも や

名立たる大物俳優・芸人に囲まれて「 浅木捷平」役に抜擢された 中村倫也 「 下町ロケット」の主人公・佃航平を演じる阿部寛を始め、帝国重工の社長にベテランの杉良太郎。 同じく宇宙航空部部長・役に歌手の吉川晃司、本部長の水原重治に木下ほうかなどに囲まれている 浅木捷平役の 中村倫也です。 佃製作所内では、落語家の立川談春が、技術開発部部長の役には安田顕、経理の迫田役に今野浩喜、若手技術者に山崎育三郎と多彩な顔触れです。 他にも話題となった春風亭昇太や東国原英夫、ピーター、弁護士役でお亡くなりになった、一躍「時の人」となったの恵俊彰など、名立たる俳優さんのメジロ押し。 巨大企業・帝国重工にあって、町工場の佃航平率いる佃製作所の「モノづくり」と「確かな技術」を認める 人物が二人います。 一人がと、もう一人が若手技術者の 浅木捷平です。 それぞれの配役を見事に演じる役者・芸人さんたちですが、 中村倫也さんの甘いマスクながら、しっかり自己主張ができる、公平な姿に魅了されたのは私だけではなかったはずです。 中村倫也の「 浅木捷平」の役作り 原作を撮影前にすでに読んでいた 中村倫也ですが、この「 浅木捷平」役が決まった時から「役作り」は始まっていたようで、 中村なりの「 浅木捷平」のイメージ作りを行っていたそうです。 中村さん自身はインタビューの中で、キーワードは「笑顔」と答えたそうですが、私は「笑顔」はもちろんですが、彼の「顔立ち」だったように思います。 つまり、 キャストに抜擢された時から「 はまり役」だったように思えるのです。 それだけ、キャスティングが上手だったのでしょう。 もちろん、それは 中村倫也さんの実力、演技力が高く評価されていたからです。 まだ「ヒラ」の存在ではありますが、「 浅木捷平」という、技術者として素直に佃製作所の技術の高さを認められるだけの技量を彼はもっています。 そので素直さを 中村倫也さんは見事に演じていましたね。 そして、そのイメージを助けたのは、中村さんの肌がとても色白だったことだと思います。 もし、あの顔がもっと日焼けした黒い顔だったら、「 浅木捷平」のイメージはまた別のものとなっていたように思います。 色白、丸顔、清潔さ、理知的、こんなイメージが 中村倫也さんの中で「 浅木捷平」の笑顔となって表現されたのではないでしょうか。 すでに役者デビューから10年になる 中村倫也さんですが、この「 下町ロケット」で若手俳優から 実力のある中堅俳優としての地位を固めた作品となったようです。 最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

次の