メルカリ振込申請 手数料。 注意!メルカリの売上金であなたが気をつけるべき3つの点とは? | パソコン1台の仕事を提案する「シュアーズ」

メルカリの決済機能「メルペイ」を使って振込手数料無料で銀行間送金をする方法

メルカリ振込申請 手数料

メルカリの振込手数料はいくらか? メルカリの振込手数料は、次の4パータンに応じて変更します。 売上金が10,000円以上の場合• 売上金が10,000円未満の場合• 自動振込された場合• お急ぎ振込を利用した場合 そのため、この4パーターンを知っておくことで振込手数料を安く抑えることが出来ますよ。 売上金が10,000円以上の場合 一番賢い方法は、売上金が10,000円以上になってから振込申請を行う方法です。 なぜなら、売上金が10,000円以上だと、振込手数料が無料になるからです。 そのため、振込申請を行うのであれば、売上金が10,000円以上の金額で行うことをお勧めします。 売上金が10,000円未満の場合 その一方、売上金が10,000円未満の場合は、振込手数料として210円が掛かってしまいます。 そのため、売上金が10,000円に溜まるまで待つかメルカリでよく商品を購入する方はポイントに変換するのが得策です。 自動振込された場合 実は、売上金には180日の期限があります。 その期限をすぎると、自動的に口座に売上金が振り込まれます。 しかし、その売上金が10,000円未満の場合だと自動的に売上金から210円が引かれてしまいます。 余分な出費を掛けないためにも、事前に振込期限を確認しておきましょう。 振込期限の確認方法は、下記の記事を確認しましょう。 お急ぎ振込のスケジュールについて ・営業日0時00分~営業日8時59分に振込申請を完了した場合、翌営業日に振り込まれます。 ・営業日9時00分~営業日23時59分に振込申請を完了した場合、翌々営業日に振り込まれます。 ・営業日以外に振込申請を完了した場合、翌々営業日に振り込まれます。 ・振込当日にお急ぎでお振込み内容の確認が必要な場合、通帳にご記帳したうえでご確認いただくようお願いいたします。 ・振込結果につきましては、振込日の夕方以降にお知らせを通知予定です。 引用元サイト: しかし、注意しないといけないのが、売上金が10,000円未満の場合が利用する場合です。 ただし、 通常振込の場合は振込申請の締切日が月曜日です。 そのため、月曜日に申請すると、その日から4営業日後に振り込まれます。 ちなみに、 火曜日に申請してしまうと振り込まれるまで10営業日も要するので注意しましょう。 そのため、4営業日を待てない方以外は使わないことをお勧めします。

次の

メルカリの振込手数料はいくら?賢く振込申請する方法

メルカリ振込申請 手数料

スポンサーリンク 売上金の確認・申請方法 メルカリの売上金の確認・申請方法ですが、最初にメルカリアプリを起動してページ下の『メルペイ』をタップします。 画面の左側に売上金が記載されています。 売上金の申請方法ですが、ページを下にスクロールしていくと『振込申請』という項目があるのでタップしましょう。 銀行口座情報と氏名を入力して『次へ』をタップします。 振込先の口座情報を確認して『はい』をタップします。 売上金がある場合 201円以上 は振込したい金額を入力して、お急ぎ振込を利用するかしないかどちらかにチェックを入れて『確認する』をタップ、申請内容を確認後、『振込申請をする』をタップします。 「メルペイ」機能のない端末の場合 「メルペイ」機能のない端末を使用している場合の売上金の確認・申請方法です。 最初にメルカリアプリを起動して、左上の『三』をタップします。 『設定』をタップします。 『売上・振込申請』へ進みます。 『売上管理』の項目上から『現在の売上金』『売上履歴』『売上金の振込申請期限』となっています。 振込申請を行う場合は、『振込管理』欄の『振込申請して現金を受け取る』をタップしていきます。 1年間か…、かなり長い間キープできますね、605円の売上金をポイントに替えておいても良いですね。 メルペイを使いリアル店舗で買い物をする メルペイとはメルカリのモバイル決済サービスです。 メルペイでは現金を持ち歩かなくてもスマホをかざすだけで買い物が出来ます。 登録している銀行口座から必要な金額をメルペイにチャージする事で、コンビニでもメルカリ内でも買い物が出来ます。 もちろん、支払やチャージに対する手数料は無料です。 その他の使い方として、メルカリの売上金やポイントをリアル店舗での支払いに利用する事が可能です。 注意点として、メルカリポイントはそのまま支払いに利用できますが、売上金は一度メルペイ残高にチャージする必要があります。 注意 メルペイはiPhone 6や6sなどの古い端末でも利用できますが、QRコードでの決済に限られます。 メルペイが使える店 メルペイが使える店は、電子マネー『iD アイディ 』で支払いが出来る店と『メルペイコード払い』対応の店です。 外部リンク ワタシの場合はメルカリポイントをSuicaにチャージして電車に乗っています。 この方法ならわざわざ財布からICOCAを取り出す必要がなくスマホを改札にかざすだけで電車に乗ることが出来ます。 メルペイに「お支払い用銀行口座を登録」を設定する方法 メルカリ売上金の振込申請期限は180日ですが、この180日を無期限にする方法があります。 売上金の振込申請期限が無期限に• ポイント購入の必要なし• チャージ手数料 0円 最初にメルカリアプリを起動して画面下の「メルペイ」をタップします。 「メルペイ」ページの画面を下へスクロールしていき、「お支払い用銀行口座を登録」をタップしましょう。 「お支払い用銀行口座の登録」ページ下部の「銀行口座を登録する」をタップします。 支払い用の銀行口座の一覧が表示されるので、どれか一つを選択しましょう。 ちなみに、2020年4月時点で登録できる銀行は下記リンクから確認できます。 「銀行口座の登録」ページでは名前等の情報を登録していきますが、ワタシの場合は最初から入力されていました。 入力が完了したら「銀行サイトへ」をタップします。 すると「パスコードの作成」ページが表示されるので4桁のパスコードを設定します。 パスコードの設定が完了すると指定した銀行機関へ移動するので、「利用規定」をタップして閲覧してから「同意する」をタップしましょう。 「銀行口座の登録」ページで、支店名と口座番号を入力して画像認証の数字を記入後「進む」をタップします。 入力した情報を確認して間違いがなければ「進む」をタップしましょう。 続いて本人確認のためのキャッシュカードの暗証番号を入力していきましょう。 最後に申し込んだ内容を確認して問題がなければ「口座振替申込」をタップします。 以上で「お支払い用銀行口座を登録」が完了しました。 設定前は「売上金」だった項目が「メルペイ残高」に変更されました。 この「メルペイ残高」は売上金と銀行からチャージしたお金の合計になります。 設定前と設定後のアプリの変更点 お支払い用銀行口座設定前では「申請期限を確認」という項目がありましたが、支払い用銀行口座設定後には無くなっていました。 また「ポイント購入」の代わりに「チャージ 入金 」という項目が新しく現れました。 icon-check-square-o お支払い用銀行口座設定前 icon-check-square-o お支払い用銀行口座設定後• 指定されている金融機関のみ登録可能• 登録できる口座は1つの銀行につき1口座のみ• 本人名義の口座に限る ちなみに、登録したお支払い用銀行口座を削除する場合は、銀行口座名の右横のボタンをタップして削除を行います。 振込申請で登録している銀行口座との違いは? メルカリでは商品が売れた後に振込申請を行いますが、振込申請用の銀行口座とメルペイで設定した「お支払い用銀行口座」の違いは、出金するか入金するかの違いになります。 振込申請用銀行口座 メルペイ残高 主に売上金 を銀行口座に出金するための振込先口座 お支払い用銀行口座 メルペイ残高に入金するために必要な銀行口座 振込申請用銀行口座はメルカリでの売上金を現金化するための口座で、お支払い用銀行口座はメルカリ内やメルペイ加盟店で買い物をする為のお金を入金する口座になります。 入金は無料で出金は200円か…、これは計算して入金する必要がありますね。 まとめてみると現在では下記の様になっています。 2018年9月27日以降の売上金 180日間 2017年12月4日から2018年9月26日の売上金 90日間 2017年12月3日以前の売上金 365日間 この振込申請期限が過ぎてしまうとどうなるのかと言うと、2017年12月3日以前の売上金は1年経つと失効してしまいますが、2017年12月4日以降の売上金は銀行に自動振り込みされます。 2018年9月27日以降の売上金 180日目以降に銀行へ自動振り込み 2017年12月4日から2018年9月26日の売上金 90日目以降に銀行へ自動振り込み 2017年12月3日以前の売上金 365日目以降に失効 ここで注意しておきたい事は、正しい口座情報が登録されている場合は自動振り込みされますが、 口座情報が未登録の場合や誤っている場合は売上金は失効してしまいます。 メルペイで「お支払い用銀行口座を登録」する事により、売上金の180日間の振込申請期限がなくなり無期限になるので、メルペイが利用可能な端末であれば設定しておいた方が良いですね。

次の

『メルカリ』振込手数料はいくら? メルペイを使えば実質無料に【2019年版】

メルカリ振込申請 手数料

1万円の商品を販売した場合、手数料が1,000円もかかるので意外と高いです……。 実際に販売手数料がいくらになるのかは、商品価格を設定したときに自動で計算されます。 また、商品を出品した段階では手数料は発生しないので、安心してください。 売上金振込手数料 『メルカリ』で商品を売って稼いだお金を現金化する場合、通常振込は200円、お急ぎ振込だと400円の振込手数料がかかります。 売上金の金額に関係なく一律で振込手数料がかかるので、こまめに振込申請するのは控えることをオススメします。 決済手数料 落札した商品を購入するときに発生する手数料。 クレジットカード支払いとメルペイ残高払いの場合は無料ですが、コンビニ支払いやキャリア決済の場合は100円の手数料がかかります。 また、後払いできる「メルペイスマート払い(メルペイあと払い)」では決算時に300円の手数料がかかります。 メルペイ残高払いのみ手数料が無料です。 集荷手数料 『メルカリ』独自の配送サービス「らくらくメルカリ便」で、集荷サービスを依頼する際に30円の手数料が発生します。 手数料の30円は売上金から引かれるので、 配達員に別途で支払う必要はありません。 組戻し手数料 間違った振込口座を指定してしまい、そのまま売上金が振り込まれた場合、『メルカリ』に振り込み直しを依頼する必要があります。 その際に売上金振込手数料とは別に、630円の組戻し手数料がかかります。 ライセンス料 特定の商品が売れたときに発生する手数料。 上記2種類以外の商品にはライセンス料がかからないので、ほとんどの人はライセンス料を気にしなくて大丈夫です。 少しでも手数料を安くする方法 メルペイを使えば、売上金振込手数料が実質無料 スマホ決済サービス『メルペイ』に売上金をチャージをすれば、振込手数料がかからないので実質無料です。 コンビニや飲食店など多くのお店で使えるので、売上金を生活費の足しにしている方にとっては、現金化するのとあまり違いはありません。 ですので1万円の商品と9,999円の商品を販売した場合、9,999円の方が売上金は変わらず、1円分だけ手数料が安くなります。 ただ購入者が商品価格の安い順で検索した場合、1円でも安い商品が上に表示されるので、商品が売れやすくなります。 クレジットカードまたはメルペイ残高で支払う クレジットカード支払いorメルペイ残高払いの場合、決済手数料が無料なのでお得です。 たかが100円ですが何回も取引していると、何千円、何万円とかさんでいくので馬鹿にできません。 ただしクレジットカードで分割払いの場合は、各クレジットカード会社の定める分割手数料が発生するので、気をつけて下さい。 ラクマの販売手数料は3. 1万円の商品を販売した場合、『メルカリ』では1,000円の、ラクマは385円の手数料が発生します。 この時点でラクマの方が615円もお得ですね。 85%に引き上げられました。 販売手数料が安いラクマの方がお得? 販売手数料が『メルカリ』と『ラクマ』とでは6. 「それならラクマに出品した方がいいのでは?」と思う人が多いことでしょう。 しかし『メルカリ』は『ラクマ』よりも利用者が多い分、商品が売れやすい傾向にあります。 そのため早く売上金が欲しい人は『メルカリ』、少しでも利益率を高くして販売したい人は『ラクマ』と使い分けるのがオススメです。 しかし『ヤフオク! 『メルカリ』は出品方法が簡単で、配送サービスもしっかりしているので、販売手数料10%は適正価格なのかもしれません。 『メルカリ』が無ければ、これほど簡単に商品の取引を行えていませんからね。 『メルペイ』のおかげで売上金を現金化しなくても、『メルカリ』アプリ内以外で買い物できるようになったのは嬉しい限りです。 こちらの記事もおすすめ.

次の