怖い話殿堂入り。 お憑かれさまでした

【洒落怖殿堂入り】リアル【考察】

怖い話殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の

【洒落怖殿堂入り】リアル【考察】

怖い話殿堂入り

この話はインターネットのような多くの方がご覧になるような場所では話さない方がと思いましたが、 夏の涼しさを味わっていただくためあえて話します。 時は第二次世界大戦の日本敗戦直後。 日本はアメリカ軍の支配下に置かれ各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。 兵庫県の中規模都市である加古川市においても多くの米兵が我が物顔で街をのさばり 治外法権を盾に多くの事件を起こし多くの日本人を殺害していました。 ある夜、地元でも有名な美女( 23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時 不幸にも数人の米兵にレイプされその後殺すにも苦しみながら死んでいくのを楽しむため 体の両腕・両足の付け根の部分に銃弾を叩き込み道路上に放置したまま立ち去りました。 瀕死の状態をさまよっていた時、運良くその場を通りがかった地元でも有名な医者に発見され腐敗していた 両腕・両足を切り落とすことを代償に一命を取りとめました。 しかし、自分の美しさにプライドを持っていた女は生きることに希望が持てず 国鉄(当時)加古川線の鉄橋上へ車椅子で散歩につれられているスキをみて車椅子を倒し、 両腕・両足のない体で体をよじらせ鉄橋の上から走ってきた列車へ身投げし自殺しました。 警察、国鉄から多くの方が線路中で肉片の収集をしましたが 不思議なことに首から上の部分の肉片は全くみつからなっかたとのことです。 しかし時代が時代だったもので数日経過すると、その事件を覚えている者はほとんど居なくなりました。 事件が起こったのは、数ヶ月後のある日です。 朝は元気だった者がなぜか変死を遂げるようになってきました。 それも一軒の家庭で起こるとその近所で事件が起こるといった具合です。 警察も本格的に動き出し、事件が起こった家庭への聞き込みではなぜか共通点がありました。 それは死亡者は必ず、死亡日の朝に「昨日、夜におかしな光を見た」というのです。 実際に当時の新聞にも記載された事件であり加古川市では皆がパニックになりました。 加古川所では事件対策本部がおかれ事件解決に本腰が入りました。 そこである警察官が事件が起こった家庭を地図上で結んでみると、あることに気がつきました。 なんとその曲線は手足のない、しかも首もない胴体の形になりつつあったのです。 こうなると当然 次はどのあたりの者が事件に遭うか予測がつきます。 そこで前例にあった「光」を見た者は警察に届け出るように住民に知らせました。 やはり、曲線上の家庭では「光」を見たといい死んでいきました。 しかし、実は「光」ではなかったのです。 死者の死亡日の朝の告白はこうでした「夜、なぜか突然目が覚めました。 するとかすかな光が見え、見ているとそれはますます大きな光となります。 目を凝らしてみると何かが光の中で動いているのが見えます。 物体はだんだん大きくなりこちらへ近づいてきます。 その物体とはなんと、首もない両腕・両足のない血塗れの胴体が肩を左右に動かしながら這ってくる肉片だった。 ますます近づいてくるので怖くて目を閉じました」というのです。 次からも、その同じ肉片を見た者は必ず死にました。 そこで次は自分だと予想した者が恐ろしさのあまり加古川市と 高砂市(隣の市)の間にある鹿島神社(地元では受験前など多くの人が参拝する)でお払いをしてもらいました。 すると「暗闇のむこうに恐ろしい恨みがあなたを狙っているのが見えます。 お払いで拭いきれない恨みです。 どうしようもありません。 唯一貴方を守る手段があるとするならば 夜、肉片が這ってきても絶対目を閉じずに口で 鹿島さん、鹿島さん、鹿島さんと 3回叫んでこの神社の神を呼びなさい」といわれました。 その夜、やはり肉片は這ってきましたが恐怖に耐え必死に目を開いて「鹿島さん」を 3回唱えました。 すると肉片はその男の周りをぐるぐる這った後、消えてしまいました。 通常、話はこれで終わりますが、やはり恨みは非常に強く、その男が旅へ出てもその先にて現れました。 その後、その方がどうなったかは知りません。 ただ非常にやっかいなことに この話は、もし知ってしまうと肉片がいつかはその話を知ってしまった人のところにも現れるということです。 私(兵庫県出身)が知ったのは、高校時代ですが私の高校ではこの話は人を恐怖に与えるためか 迷信を恐れるためか口に出すことが校則で禁止されました。 皆さんはインターネットで知ったので鹿島さん(地元では幽霊の肉片を鹿島さんと呼ぶ)を見ないことに期待します。 もし現れたら必ず目を閉じず「鹿島さん」を3回唱えてください。

次の

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話まとめ【殿堂入り】

怖い話殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の