ミズノ 920。 ~NO.1フィッティングカンパニーへ向けて~ ゴルフ カスタムオーダー専用クラブ 「Mizuno Pro 920」「Mizuno Pro 520」「Mizuno Pro 120」発売

ギア : 『ミズノプロ920』のアマ試打で大激論。アイアンに「やさしさ」の“中身”を問う必要はあるか?

ミズノ 920

スポーツ用品メーカーとして世界的にも人気が高い ミズノ。 今回特集しているミズノ製アイアンにおいては、タイガー・ウッズなど プロの選手も使用しており、厚い信頼を勝ち得ています。 そんなミズノアイアンは 打感・飛距離・操作性などが非常に高く評価されているという特徴があります。 しかし、それらの特徴を最大限に生かすには、自分に適したアイアンを選ぶことから始める必要があります。 そこで今回は、ミズノアイアンの選び方やおすすめの商品を紹介していきます。 アイアンを選ぶときのポイントとしては、 形状・ヘッド・シリーズがあります。 これらをよく考慮すれば、自分に合ったアイアンを選ぶことが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。 まずは、ボールの操作性に優れた形状であるマッスルバックを紹介します。 コースにおいて、ボールを思いのままにコントロールすることは、それだけ高スコアに繋がります。 マッスルバックを使いこなせれば、ゴルフが上手くなるということ。 一方で 扱いが難しく、ミスショットをしやすいというデメリットもあります。 重心が浅く、スイートスポットが小さいマッスルバックは、上手く飛ばす技術を求められるアイアンです。 主に 中~上級者向けのアイアンといえるでしょう。 ゴルフの腕前を少しでも向上させたいなら、マッスルバックで練習すると手段もあります。 自分の腕前と今後の成長をよく考えて、マッスルバックを選ぶことをおすすめします。 初心者から上級者まで幅広く使えるアイアンとして、キャビティバックがあります。 この形状は、ボールを捕らえやすく設計されているため、 誰でも比較的簡単に良いショットを打つことが出来るのです。 初めてゴルフをする人にもおすすめだと言えるでしょう。 キャビティバックは、ヘッドの後部がくり抜かれたような形状をしているものです。 特徴としては、スイートスポットが広いので、多少打点がズレても前にしっかりと飛ばすことが出来ます。 また、重心が低いので、ボールが上がりやすい点もおすすめです。 アイアンを使うときは、 ボールをしっかりと上げて飛ばす必要性が多くなってきます。 そのため、キャビティバックはアイアンの中でもかなり使いやすい部類に入るのです。 まずは、この形状から入っていく人も多いので、検討してみてください。 目に見える形状ではないのですが、アイアンの中に空洞を作っているものを中空と言います。 これは、ヘッドの形状に厚みを持たせる効果があり、飛距離や弾道が一定になりやすいという特徴があります。 多少トップしても問題なくショット出来るでしょう。 中空アイアンは、特にヘッド後方の厚みが増すようになっています。 そのため、どちらかと言えばウッドに似ている印象を受けるでしょう。 そのため、 ウッド代わりのクラブとして使うことも可能なため、自分の好みで使い分けることをおすすめします。 ですが、やはりある程度アイアンを使い慣れていなければミスショットすることも多くなるでしょう。 そのため、使いにしても、中~上級者になったと自覚したときに初めて試してみましょう。 逆に、早い内から慣れたい人は、初心者から使っても問題ありません。 アイアンのヘッドは、大きいほどミスショットが減る傾向にあります。 そのため、ゴルフを始めたばかりの人は、ヘッドの大きなアイアンを選んでみることをおすすめします。 ミスをしないことにより、ゴルフが楽しくなってくるのです。 また、ヘッドの大きいアイアンを使うことで、ショットのときに安心感を得ることも出来ます。 実際、ヘッドが大きくなると、 スイートスポットも大きくなり、多少打点がズレても問題なくショットを打つことが出来るからです。 ですが、より細かい操作性を求める人には向いていないことも確かです。 そのため、自分の腕前と、どれだけ操作性を求めているかを考えてから、ヘッドの大きさを決める方が良いのです。 単純に、打ちやすさだけを求めるなら、ヘッドの大きいアイアンを選んでみてください。 アイアンのヘッドは、大きいほど打ちやすさが向上するものです。 ですが、ある程度ゴルフに慣れてきた人は、操作性に関してもこだわりを持つようになります。 そんなときにおすすめするのが、ヘッドの小さなアイアンとなります。 ヘッドの小さなアイアンは、スイートスポットが小さくなるので、ミスショットが増えます。 ですが、 ボールをより精密にコントロールして、思い通りにホールを進みたいなら、ヘッドの小さなアイアンは必須となるのです。 初心者がいきなり小さなヘッドのアイアンを使うと、その難易度から挫折してしまうことも多くなります。 ですが、 中~上級者なら、むしろその難易度こそ求めているものになるのです。 さらなる高みを目指すためにも、ぜひヘッドの小さなアイアンをおすすめします。 アイアンヘッドの大きさは、その人の腕前をある程度見極める材料にもなります。 小さいヘッドで、コースを上手く進んでいる人は、それだけ高い技術力を持っているのです。 逆に、小さいヘッドで下手な人は、まだそのアイアンを使いこなせない腕前だと分かります。 ですが、ヘッドの小さいアイアンで失敗することが悪いとは言えません。 むしろ、 たくさん失敗して学ぶことで、その人の技術力は飛躍的に向上していきます。 後は、失敗に挫けなければ、近いうちに頭角を現してくるでしょう。 とはいえ、せっかくゴルフをするなら楽しくやりたいという考えも間違いではありません。 そんな人は、 ヘッドの大きいアイアンでミスショットを減らせば良いだけです。 重要なことは、自分の力量を知って、ヘッドの大きさを決めることなのです。 ミズノ製アイアンの中でも、一定の支持を受けているのがMPシリーズとなります。 このアイアンは、とにかく使う人の調子によって、かなり性能に差が出てくることでも有名なのです。 どのアイアンを使うかによっても違いますが、玄人向けと言えるかもしれません。 玄人向けとする要因は、スイートスポットに当てずらいという点です。 逆に、 スイートスポットにしっかりと当てれば、それだけ精度の高いショットを打てるので、一概に悪いとは言えないでしょう。 つまり、使う人次第のアイアンなのです。 そのため、初心者がいきなりMPシリーズを使えば、挫折の原因になる可能性も高いです。 ですが、 一度使いこなしてしまえば、ほとんどのアイアンを使いこなせるようにもなります。 向上心が高い人や難しいアイアンを使いたい人にはおすすめとなります。 MPシリーズに加えて、ミズノが新たに立ち上げたMizuno Proシリーズも知っておくべきだと言えるでしょう。 ミズノが、 長年培ってきた伝統技術を駆使して作られたアイアンが揃っており、多くの人が愛用しています。 代表的なものは、319と719になります。 319は、打感を進化させたハーフキャビティバックのアイアンであり、気持ちの良いゴルフが出来ます。 ボールの方向性にも優れているので、かなり使いやすいアイアンと言えるでしょう。 また、719に関しては、史上最高の反発性能を有しています。 そのため、飛距離アップにも多いに貢献しており、打感も優しいため、安心してショットを打つことが出来るでしょう。 その他のアイアンも、 軒並み性能が高いので、おすすめのシリーズなのです。 ミズノ製のアイアンでは、GXシリーズも忘れてはいけません。 これは、数こそそこまでありませんが、 優しく飛ばせるアイアンとして、一定の評価を得ているのです。 他のシリーズ同様、多くの人に使われています。 GXシリーズ及びミズノの特徴として、スイートスポットを拡大させているデュアルT-SLOT加工が挙げられます。 これにより、ミスショットが大幅に減るため、初心者でも安心してゴルフを楽しむことが出来るのです。 また、シャフトにおいても、次世代型の新しいものを開発しています。 これにより、 安定感と飛距離を両立できるようになっているため、スコアアップに大きな貢献をしているのです。 他のシリーズ同様、試してみる価値はあるでしょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. MPシリーズやMizuno Proシリーズと比べれば、少し作りにムラがありますが、それでも性能は折り紙付きです。 キャビティバックのため、初心者でも安心して使うことが出来ます。 ネック部分は、ボールの捕まりやすいグースネック、ソールもダフリをものともしないほどのワイドソールとなっています。 これらにより、 ショットが多少安定しなくても、安定してホールを進むことが出来るでしょう。 フェース部分は、慣性モーメントが拡大しており、ブレにも強く、安定した方向性を出すことが出来ます。 反発力が高く、なおかつ範囲も広いので、飛距離に関しても信頼性が高いです。 さすがミズノといったアイアンなので、ぜひ試してみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. このアイアンは、スイートスポットがかなり広いので、 打ち損じてもしっかりと前に飛んでくれます。 また、弾道が上がりやすいので、初心者でも打ちやすいアイアンとなるでしょう。 アイアンとして作られていますが、感覚としてはユーティリティと同じようなものとなるでしょう。 それほど、ショットに対する安定性に優れたアイアンなのです。 初心者のうちはミスショットがトラウマになることもありますが、これならそんな心配もありません。 また、中空構造のため、 飛距離に関しても信頼性が高いです。 ミズノは、初心者が使いにくいと言われることもありますが、このアイアンなら安心して使えます。 どんどんショットして、アイアンの感覚を掴みたい人は、ぜひ使ってみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. また、慣性モーメントがかなり大きいため、 ショットの方向性には絶対の信頼を置くことが出来るでしょう。 重心の深さは、アンダーカットキャビティ構造からきています。 打った時の感触としては、軟鉄を使っている関係から、かなり柔らかく感じます。 ですが、ストロングロフトになっているため、飛距離に関してはかなり期待出来るでしょう。 弾道が上がり、飛距離も伸びれば、アイアンとしては合格点だと言えます。 とはいえ、あくまでもアイアンなので、飛距離に期待するより方向性に注目するべきでしょう。 その点を考えると、かなり優秀な性能を持っており、初心者でも安心して使うことが出来ます。 MPシリーズの中でもおすすめなので、ぜひ使ってみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. キャビティバック部分がかなり深くなっているため、打ちやすさもかなり向上しているので、使い勝手の良いアイアンだと言えるでしょう。 MPシリーズ全般に言えることですが、 打感がかなり良いため、気持ちよくショットを打つことが出来ます。 また、ラウンドソールのおかげもあり、ショットを打った後の抜けが良いです。 この点も、打ちやすさに繋がっていると言えるでしょう。 さらに、スイートスポットも広めになっていることから、多少打点がズレても問題なくショットすることが出来るでしょう。 打ちやすさ・方向性・安定性の3点で高い性能を有しているので、ぜひ試してみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 使われている軟鉄は、ボロン鋼と呼ばれるものであり、非常に粘り強いものとなっています。 これにより、 打感がとても柔らかく、強度も兼ね備えており、反発性能も高くなっています。 また、銅下メッキを施しており、さらに打感がアップしています。 これに加えて、フェースとソールを薄肉化するT-SLOT構造により、反発性能をさらに向上させています。 この構造によって、アイアンの飛距離に磨きがかかっているのです。 加えて、T-SLOT構造により、慣性モーメントもかなり大きくなっているため、スイートスポットも広くなっています。 そのため、 ボールの回転が安定するため、方向性が良い点もおすすめポイントだと言えるでしょう。 使いやすいアイアンなので、ぜひどうぞ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. このアイアンには、デュアルT-SLOT加工がなされています。 これにより、 ウエイトを軽くしつつ、スイートスポットを広くすることに成功したのです。 またデュアルT-SLOT加工に加えて、タングステンウエイトを搭載することにより、さらなるスイートスポット拡大にも成功しています。 そのため、 ミスショットを恐れることなく、どんどんショットを打つことが出来るのです。 また、使われているシャフトには、カーボンナノチューブが使われています。 カーボンは、柔らかいと思われるかもしれませんが、特にその点を感じることはあまりありません。 軽量かつ衝撃強度が高いシャフトが飛距離を伸ばしてくれるので、ぜひどうぞ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ミズノが世界特許を取っている、グレインフローフォージドHD製法が使われており、 打球音が良く打感がかなり向上しています。 また、Mizuno Proならではの銅下メッキにより、打感にさらなる磨きをかけているのです。 さらに、ソールには、3点に丸みを持たせており、ショットの際に振りぬける工夫がなされています。 この工夫も、気持ちの良い打感を生み出す要因となっているのです。 加えて、チタンとタングステンを配置しており、これによりスイートスポットが広くなっています。 よって、 気持ちの良い打感だけでなく、ミスショットの割合も減らせるようになっているのです。 強い味方になってくれるアイアンなので、ぜひどうぞ。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. この製法は、新V字型T-SLOT加工を用いており、 手応えのある打感を実現しているのです。 トゥ側を大きく削ったため、重心距離を短くしているので打ちやすさもアップしています。 また、低重心と重心深度設計のため、ボールもかなり上がりやすくなっています。 これにより、飛距離アップにも繋がっているので、コースでも使いやすいと言えるでしょう。 打ちやすさと飛距離アップを両立したアイアンと言えるのです。 とはいえ、使いこなすとなれば、中~上級者並の腕前が必要になってくるでしょう。 ミズノの中でも、中~上級者に好まれて使われているのがMP-55なのです。 もちろん、早期上達を狙うなら、初心者が使っても問題ないので、ぜひ試してみてください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. これにより、かなりショットが安定するため、思いきりゴルフを楽しむことが出来ます。 慣性モーメントも高めなので、方向性も安定しています。 フェース素材には、ストロングチタンと呼ばれるものを使用しており、 飛距離がかなり向上しています。 また、ストロングロフトでもボールがしっかりと上がるため、これが飛距離に拍車をかけているのです。 ソール部分の形状に関しても、 アッパーブローでは突っかからず、ダフリにも寛容になります。 そのため、ショットが安定しない場合でも、ある程度カバーしてくれるのです。 打球音にもこだわった設計をしているので、ぜひ試してみてください。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo.

次の

NEW✩ミズノプロ アイアン

ミズノ 920

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• ミズノ「ミズノプロ520」アイアン コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2019年9月25日0時00分 ミズノ「ミズノプロ520」アイアン どーもです。 ミズノのニューモデル「ミズノプロ」シリーズ最新モデルアイアンですが、今日紹介するのは「ミズノプロ520」です。 5シリーズは〝チタンマッスル〟を掲げるモデルですよねとは何が違うのか? そしてそれはボクレベルでも感じられるモノなのでしょうか? 早速いってみましょう! まずは見た目から。 バックフェースのチタン部ですが、「ミズノプロ518」のストレートに対して、ミズノプロ520」はトゥ側に山を持ってきています。 これは重心距離を伸ばす効果があると思います。 たいていのクラブの芯はフェース中心ではなかったりしますが、おそらくフェース中心付近に芯を近づけようという試みではないかと思われます。 フェースですが、ボクには大きすぎず、小さすぎずで、ちょうど良い感じの大きさでした。 形状は「ミズノプロ518」とほぼ同じかな! ソール幅もボクには良い感じ! 「ミズノプロ518」はトゥ側に見た目でも分かるようにタングステンウエートが配置されていましたが、「ミズノプロ520」は見た目では分かりません。 でもしっかり配置されています。 なお、先代の18gに対して今作は12gとなっているようです。 ネックはストレートですね。 ボディの厚みですが、「ミズノプロ520」はかなり低重心を意識したような形状に見えました。 「ミズノプロ518」とは別モノでした。 構えてみるとこんな感じ。 「ミズノプロ518」ではトップブレードがやや厚めに感じましたが、「ミズノプロ520」は若干狭めになったように感じました。 その分シャープな顔つきに見えました。 今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの 7。 スペックは、ロフト角32度、ライ角61. 5度、長さ36. 75インチ、総重量418. 0g、バランスD0. シャフトスペックは、重量98g、トルク1. 7、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。 持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めかな。 でも、グリップは良い感じの太さでした。 「ミズノプロ920」よりは確実に太めです。 シャフトを手でしならせてみると、まぁ、しっかりしていますよね。 昨日紹介した「NSPRO Zelos7」がかなりしなる感じでしたので、よりしっかり感を感じたというのもあるかもしれません。 ワッグルしてみると、ヘッドの動き方はそれほど大きくなく、素振りしてみてもシャープに振れるイメージでした。 実際に打ってみると、あらビックリ!! 「何この球の上がり方!? 」って思わず突っ込みたくなるような球の上がり方でした。 「ミズノプロ520」恐るべし・・・!! ここまで球が上がると正直「アレッ!? 」となって飛距離ロスも心配ですが、そんな心配はもちろん不要です。 弾道を見ても吹け上がっているようなイメージはなく、打ち出しからドーンと高弾道です。 しかも、スピン量も適量で最高到達点から良い感じの放物線を描くイメージで、最後にひと伸びがある感じ。 そんな感じで奥のネットに突き刺さっていました。 スカイトラックのデータ的にも平均して5300rpmあたりなので、スピン量は適量でしょうね。 このアイアン、すごいかも!! スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データはこちら。 【3球平均】 HS40. 1度、バックスピン量5365. 4rpm、サイドスピン-1089. 3rpm、飛距離180. 3y 【ベスト】 HS41. 2度、バックスピン量5292. 3rpm、サイドスピン-1391. 7rpm、飛距離182. 7y 打感が柔らかめ。 吸い付くような柔らかさは、ミズノならでは!! 音も違和感のない中高音系で、心地良いですね! 弾道はこんな感じで そのスカイトラックデータはこちら。 弾道的には文句なしの高弾道で、超高弾道といっても過言ではないでしょう! 最近のアイアンは、球を上げる意識は全く必要のないモデルが増えていますが、中でもこの見た目でここまでのモデルは意外と少ないかもしれません。 出球傾向ですが、ボクのスイングで良い感じのドロー系。 この「ミズノプロ520」は「同920」のようにヘッドを右前に放り出すイメージ無しで、良い感じのドローが打てました。 つかまりはほどよいつかまりで、ボクのようなフッカーでもつかりすぎないのは好印象でした。 シャフトフィーリングですが、かなりニュートラルなイメージで、このヘッドとのマッチングもかなり良い感じでした。 打つ前のイメージでは。 もうちょっと大きめのヘッドで低深重心モデルのほうが合いそうかなたとも思いましたが、それは全くの杞憂でした! 切り返しでのヘッドの感じ方、ダウンからインパクトにかけてのしなり感など、このマッチングに文句のつけようがありませんでした。 球の上がり方を考えれば、払い打ち系でもしっかり球は上がりそうですね! でも、おすすめしたいのはボクレベルのプチヒッタータイプかな。 つかまりも程よい感じなので、それほど左を気にせずに打てるアイアンだと思います。 さらに言えば、メッチャシャープに振れます!! 捻れ感なし! フィーリングはもちろんですが、それで計測値180yって・・・!! マイアイアン「Xフォージド」にはまだまだ頑張ってもらうつもりですが、もし変えるとしたらこの「ミズノプロ520」は確実に筆頭候補です。 カーボンシャフト「MFUSION i」「OTi85」「MCI80」「ツアーAD75」ほか。

次の

ギア : 『ミズノプロ920』のアマ試打で大激論。アイアンに「やさしさ」の“中身”を問う必要はあるか?

ミズノ 920

メニュー• Contents• アイアンの選び方。 初心者でも好みのメーカーミズノプロ920を選ぶ。 ミズノのアイアンは永らく「ミズノプロ」「ミズノMPシリーズ」をメインプロダクツとしていました。 プロ、上級者に愛用されてきたためか、ミズノのクラブ全般に難しいアスリートモデルというイメージが根付いてしまいました。 そのため、初級、中級ゴルファーや力が落ちたベテランゴルファーには敬遠されがちでした。 2017年、時代の流れは「やさしさ」に向かっていました。 その流れを受けてカスタムフィッティング専用モデルとして「ミズノプロ」の名前を復活させてポケットキャビティの918を発売しました。 しかしながら、見た目からやさしさが伝わってこないこと、また、ミズノはプロ、上級者が使うアイアンという固定観念からか、特に中級者の受け皿とはなりませんでした。 そこで、2019年「ミズノなのにやさしい」というキャッチコピーで発売したのが 「ミズノプロ920」です。 ミズノプロ920の特徴 このミズノプロ920の最大の特徴は「ダブルポケットキャビティ」にあります。 複雑な構造でも軟鉄鍛造一体成型 深いキャビティのさらに奥がえぐれたダブルポケットキャビティ構造。 ポケットキャビティ部を2段にしてより幅広く、ソール側に深くしたことで低重心化と、フェースの薄肉化、そして45gもの余剰重量を再配分することに成功しました。 この余剰重量の周辺への再配分により、スイートエリアを広くしたことでミスヒットに強く、反発性能も向上しています。 したがって、 シャフトの選択を間違わず、ライ角をきちんと合わせれば、 向上心が強い初級者から女子プロゴルファーまで幅広いユーザーが使えるアイアンになっています。 価格的にはスチールシャフトで1本20000円から、カーボンシャフトで26000円となっています。 やや大きめの面長のヘッドでセミグースネックながら、構えた感じはミズノらしいスッキリとしたフォルムを持っています。 柔らかい打感 ダブルポケットキャビティによって広いスイートエリアを得ながら、ボケることなく、軟鉄鍛造らしい柔らかい打感を持っています。 それは920のヘッドに使用されている 軟鉄ボロン鋼という素材にもよります。 他社の多くの軟鉄鍛造アイアンに使用されているS25Cと呼ばれるマイルドスチールにボロンを添加することで 粘り強い特性を持たせてフェースの薄肉化を実現し、ボディとフェースの溶接を排除して一体化することで反発性能を向上させています。 また、国際特許である「グレインフォージドHD」によって、ホーゼルからヘッド全体まで一体で鍛造することによって、 密度を均一化して鍛流線とよばれる鍛造時にできる繊維状の金属組織の流れを途切れさせずに同一の方向にしたことで心地よい打感と打音を獲得しました。 引き締まった顔つきはプロや上級者のアイアンというイメージですが、カスタムクラブらしく豊富なシャフトのラインナップが用意されています。 ですので、 初心者も見栄をはらずにフィッティングによって最適なシャフトを選べば問題なく使うことができます。 何よりも、キャディバッグにミズノのアイアンが入っていると、向上心とアスリート指向が強いゴルファーと思われます。 それでいながらやさしく飛ばせるとなれば、 選択肢の第一順位になるのではないでしょうか。 ミズノプロ920の評価 発売が2019年9月で、カスタムオーダー専用ですのでまだ実際に使っているゴルファーは少ないようです。 ですが、購入を前提に試打をしたゴルファーの評価は概ね「飛ぶ」「やさしい」と好評です。 中でも目を引くのは「フェースが長いのに返りがいい」という評価です。 これはダブルポケットキャビティによって生まれた45gの余剰重量がうまく配分されているものと思います。 ミズノならではの細かな工夫 つかまりがいいヘッド形状ですが、フラットに見える工夫がされているところはさすがミズノです。 この見た目のカッコよさなのに、打ったらやさしい、初級者には夢のようなアイアンです。 ミズノプロ520の特徴 チタンが生み出すやさしさと打感 オーソドックスな形状で難しいように見えますが、実はやさしく、高いボールが打ちやすいです。 打感も軟らかいです。 ミズノプロ120の特徴 軟鉄がヘッドにギュッと詰まっている ザ・マッスルバックともいえるのがこのモデルです。 打感は軟らかく芯でボールをとらえたときは何ともいえません。 920との違い。 違いはモデルによってヘッドの大きさが違うことです。 ミズノプロ120 ミズノプロ120はスコアラインが切られているフェース部分がボールとほぼ同じ幅という小顔のマッスルバックアイアンです。 これだけ小顔で作ったことから明らかに対象ゴルファーを限定しています。 つまり打点が安定しておりスライス、フックの打ち分けに加えて打球の高低までもコントロールしたいゴルファー、 またそれだけの技量を持つゴルファーにはラウンドが楽しくなるアイアンです。 難しいといわれるマッスルバックアイアンがいまも一定のファン層を持っている理由がすべて詰め込まれた本当の「軟鉄鍛造マッスルバックアイアン」と呼んでも良いかもしれません。 初級、中級ゴルファーでも使えますが、このミズノプロ120の良さと能力を十分に発揮させるにはやはりそれなりの腕前を持つゴルファーが向いています。 ミズノプロ520 ミズノプロ520は120よりはやや長めのブレードを持つアイアンです。 構えた感じはミズノらしい引き締まった顔つきですが、シリーズの中で唯一、複合素材を使用しています。 フェースの裏側下方を削り、ここに比重が軽いチタンを内蔵して左右への重量配分を行っています。 ロングアイアンにはさらにトウ側に比重が重いタングステンを内蔵することで左右の慣性モーメントを高めて芯を外しても飛距離ロスが少ない設計になっています。 このあたりは昨今海外ブランドで人気のアイアンを意識したもので、120より芯が広く、920より操作性がある、という性格を持ったアイアンです。 初級者がこれからどんどん上達しても満足できる、長く使えるアイアンだと思います。 価格はいずれもスチールシャフトで1本20000円からという、カスタムオーダー品としてはむしろ安いのではないかと思います。 他メーカーからの買い替えゴルファーの注意点 ストロングロフト、面長ヘッドとセミグースネックが特徴のミズノプロ920アイアンは、 長くマッスルバックアイアンを使用してきたゴルファーには構えた時のヘッドの長さにやや違和感を感じるかもしれません。 しかし、打感と打音の良さを味わいながら、芯の広さ、ミスに対する寛容さという意味でのやさしさは実感できると思います。 ただ、確実に飛距離は出ますので、1番手は変わると思います。 複合素材を使用した飛び系のキャビティバックアイアンを使用しているゴルファーには、 よりマッスルバックに近い打感ながらアイアン本来のピタリと止まる球が打てますので、若干距離感の修正が必要かもしれません。 まとめ ここ数年のアイアンのトレンドである、やさしさ、飛距離、打感というテーマに対して複合素材ではなく、 あくまで 軟鉄単体でアプローチしたのがミズノプロ920アイアンです。 かつてはタイトリストのアイアンを削るなど、製品精度が高い軟鉄鍛造アイアンを作り続けてきたミズノならではの製品だと思います。 MPシリーズなど長くミズノのアイアンを使用してきたファンがもう少し楽に打てるアイアンを探した時に、違和感なく持ち替えることができます。 かつ女子プロゴルファーが実戦で楽に使用できる、そしてこれから練習してよりいっそうの上達を目指す初級、中級ゴルファーまで吸収できる打感とやさしさ、そして飛距離を実現しています。 カスタムオーダー専用として、シャフトやライ角の選択肢をパーソナルに設定できるようにしているのもそのためであり、このあたりの販売方法にもミズノらしい職人気質を感じます。 なにより、キャディバッグにミズノのアイアンが入っているとスパルタンなアスリートというイメージを抱きます。 それでいながら実はやさしく飛ばせるとなれば、一度はカスタムフィッティングを受けてみても良いと思います。

次の